最近、JPEGファイルの情報管理に、Exif情報とIPTC情報がある事を知りました。
例えばWindowsVista上で、
タグ・・・犬
作成者・・・太郎
タイトル・・・ペット
と入力すると
"ファイル情報を更新しています"のようなメッセージが表示され、以降例えばPhotoshop Elementで写真のプロパティを見ると
キーワード・・・犬
作成者・・・太郎
タイトル・・・ペット
と表示されるようになります。
JPEGの場合、上書き保存を繰り返すと画像が劣化すると聞いておりますが、上記のようにIPTC情報を書き換えると、ファイルを上書きしているイメージがあるのですが、画像も劣化してしまうのでしょうか?
また情報を書き換える際に、書き換え失敗などでファイルが破損する可能性はないのでしょうか?
関連してWindows上でJPEGファイルのファイル名を変えると、これも上書きのイメージがあるのですが、上記のように画像自体の劣化などはあるのでしょうか?
ご存知の方がおられれば、ご教示頂ければうれしく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

イグジフなどの管理ファイルですが、このファイルはバイナリー(テキストだったかも?)形式のファイルが管理情報保存領域に埋め込んでいます。



ソフト名は忘れましたけどイグジフデータを編集したり抽出できるフリーソフトがNikon辺りから配布されてまして、これを使うと管理情報データだけを入出力出来ます。
回答としては専用の領域に保存しているので画質が劣化することはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなりました。
申し訳ございませんでした。
あまりパソコンに詳しくないので、ファイル構造の情報を頂き、ありがとうこざいました。
下記にも書かせて頂きましたが、MSから配布されているMS Pro PhotoToolを使うと埋め込まれている殆どの情報を編集できるようですが、Saveボタンがあり、これを押した時に画像も劣化してしまうのでは?と気になっていました。貴重な情報をありがとうございました。
重ね重ね御礼申し上げます。

お礼日時:2009/06/02 16:19

劣化はないです。


メタデータ付け加える度に画像が劣化していたら困りますもん。
jpegだと、不可逆圧縮(データを間引いて保存する)なので、
画像を展開、保存すると、画質が悪くなります。

縦向きの画像を横に回転し、それを保存すると劣化します。

多分、こんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。
そうですね、情報を変更する度に画像が劣化してたらプロの報道カメラマン(ネットで知る限りだと、JPEG写真の情報に著作権者や撮影者などを記入する事ができるそうなので…MSのProPhotoToolで見るとですが…)とマスコミの写真のやりとりなどで困った事になる事も考えられますよね。
重ね重ね、お礼が遅くなった事をお詫び申し上げるとともに貴重な情報をありがとうございました。

お礼日時:2009/06/02 16:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIPTCについて教えてください

こんにちは。
とあるサイトで写真データを「IPTCファイルでも受け付ける」と記述されていたのですが、このIPTCというのは具体的にどういうものなのでしょうか。用語辞典を見てもいまいちよく分からなかったので、ご存知の方教えていただけませんか?

1.ベクターイラストをJPGのようにIPTCファイルに変換できますか?
2.この場合ファイルの拡張子は.iptcといったものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 -misaki-さん こんばんは

 デジカメの画像データーは、実際に撮影した画像データーとEXIFデーターと呼ばれるカメラの設定・撮影時間・サムネイル画像等がセットになって作られています。アマチュア等の多くのカメラマンの場合はこのEXIFデーターは有効活用されておらず、インデックスプリントを作るためにサムネイルを用いる等にしか使われてない様です。

 ところで「xx新聞社」や「AP通信」等の報道機関では、1社当り全世界で何百人(もしかした何千人??)のカメラマンが1日総トータル何万カットもの画像を撮影しているわけです。それを検索し易い様に細かなフォルダーを付けて分類していたら、直ぐにコンピュターのデーター記録装置の容量がパンクして足らなくなってしまいます。そこで考えたのが、ホルダー数を増やさないでEXIFデーターを有効活用して検索出来ないかと言う事だったんです。
 例えば「松田聖子」と言う大まかなフィルダーの中に聖子ちゃん関係の画像を全て(離婚記者会見や各コンサートの画像等)を入れ込み、後はEXIFデーター内の撮影日時等のデーターから検索して必要な画像を選び出すと言う方法はどうだろうと言うことを考え出したわけです。

 ところでデジカメの画像データー内のEXIFファイルは、撮影画像の説明(撮影時のカメラの設定状態や撮影日時等)的なデーターであって検索する為に作られたデーターではないため、非常に検索がし難い事が解ったわけです。
 したがってEXIFデーターをより検索向きのデーターに作り替える必要があると言うことなんです。このEXIFデーターをより検索向きにしたデーター+撮影画像データーと言うファイルの事を「IPTCファイル」と呼びます。

 「IPTC」ファイルは、デジカメの画像ファイルのう内言ってしまえばEXIFデーターを加工したファイルですから、その時点で通常のデジカメファイルと同じではないわけです。ソフトによってよっては、きちんとしたデジカメのファイル形式(画像データー+きちんとしたEXIFファイル)でないと読み込めないソフトも存在します。と言う事より、とあるサイトに書いてあった「IPTC打いるでも受け付ける」と言うのは、報道関係でIPTCファイルを常用している方でもそのままでOKと言う意味です。

 以上よりお解りと思いますが、超大量の画像データーを保存し、その保存した画像データーの中から検索する必要のある方には使い易いデーター形式でしょうが、一般カメラマン(アマチュア~プロまでを含めて)には使い辛いデーターである事が解ると思います。

 と言う所までは知っているのですが、それ以外の事は私自身使った事が無いのでわかりません。
 

 -misaki-さん こんばんは

 デジカメの画像データーは、実際に撮影した画像データーとEXIFデーターと呼ばれるカメラの設定・撮影時間・サムネイル画像等がセットになって作られています。アマチュア等の多くのカメラマンの場合はこのEXIFデーターは有効活用されておらず、インデックスプリントを作るためにサムネイルを用いる等にしか使われてない様です。

 ところで「xx新聞社」や「AP通信」等の報道機関では、1社当り全世界で何百人(もしかした何千人??)のカメラマンが1日総トータ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報