最初中性洗剤等で洗った後
レジンキットやプラモにサーフェイサーを吹いた後、ヒケや傷、気泡が
見つかりその処理でべたべた手で触ってしまいますよね。
その時付いた手油とかはどうすればいいのでしょうか?
もう一度中性洗剤で洗ってもいいのでしょうか?
手袋するとか?
製作本やサイトには特に載ってなかったので不図思いました。
初歩的な質問で済みません。

A 回答 (3件)

要は「脱脂」すればいいので、必ずしも洗う必要は無いんです。


手脂だけならアルコールで拭き取れば十分だと思います。

ただ、個人的には、サフ後の修正で汚れている(ペーパーの粉などが付着してる)と思うので洗いますけどね。
この場合だって、エアで飛ばしてもいいだろうし、ホコリ取りみたいな道具を使ってもいいと思うし。

つや消し塗装とか、水性アクリルを使う場合とかで、塗装面に手脂がつくとマズい場合(筆塗り)は、手袋を着用してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
そんなに心配しなくてもよさそうですが、臨機応変に洗いと手袋を活用していこうと思います。

お礼日時:2009/05/26 12:33

洗ってももちろん構いませんけど、そんなに気にする必要もないですよ


表面処理が終わったら即サフ吹きでも問題ありません。
触った部品がギトギトになるほどの脂性の方は別ですけど。
私はサフ吹き以降にどんなにキットに触っていても再度洗剤で洗ったことはないです。今まで特に塗装がはげるなどのトラブルはないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
makaizeruさんは平気だったんですね。

お礼日時:2009/05/26 12:30

そんなに難しく考えることは有りませんよ


手油などはもう一度中性洗剤で洗ってやればいいだけですよ
中性洗剤で洗ったくらいではサフはおちたりしませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
中性洗剤で洗ったぐらいではサフは落ちないんですね。

お礼日時:2009/05/26 12:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンプラの墨入れについて

僕はよくガンプラを作っています。墨入れのやり方は知っているのですが、実際に墨入れをやったことがないし持っていません。どこで売っているのか、またはペンや筆など何か変わりになるものはあるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

墨入れ用ペンなども、ガンダム系として販売されていますが。
使用する塗料としては、タミヤから出ているエナメル系塗料を使います。溶剤も専用のものを使いますので注意。

最近は、扱っていないショップが多いです(素材を減らす模型店に、未来は無いのに…)。でかい模型店で聞いてみてください。

リンク先に、商品情報を貼っておきます。

参考URL:http://www.marunekodo.com/shop/cgis/goodslist.cgi?this_num_genre=&genre_id=00000038

Qレジンキットに使うサーフェイサーのおすすめは?

レジン製のガレージキットに使うサーフェイサー(またはプラサフ)はどこのものがオススメでしょうか?
以前はsoft 99のカープラサフを使っていましたが、最近のものは質が変わったのかいまひとつ食いつきが悪い気がします。
メーカーのカタログ・広告にこう書いてあったという情報ではなく、実際に使ってみて良かったものの情報をご回答いただければありがたいです。

(サフ吹きの前には、中性洗剤+クレンザーで洗浄し、ペーパーがけできる部分には400-800番のペーパーをかけています)

Aベストアンサー

私は、ソフト99を使っていますが。旧製品より薄く吹けるので重宝しています(逆に言えばたれやすいですが。たれる時点で腕の問題)。塗装前に中性洗剤+クレンザーでパーツを洗って、600番でマスキングの境界などは荒らしていますが。今まで食いつきに問題を感じたことはありません。

旧ソフト99が欲しければ、ボークスで販売している造形村ブランドのサーフェイサーが、旧99と同じ成分です。

もっとも最近は。白の下地塗装が必要な場合には、グレーのソフト99は使わずに、グンゼのホワイトサフを使っています。こちらも、クレンザー磨きをしっかりしてあれば、食いつきに不安が出たことはないです。
ただ。同グンゼのベースホワイトは食いつきがどう以前に塗膜がもろいので、これを使うと、下地がどう以前に、あまりよろしくありません。WAVEから出ているHGホワイトをお奨めします(安いし)。

Qガンプラの墨入れとトップコートについて

今ガンプラを作っていて、スプレー(半光沢)による塗装まで終わりました。次に水性ガンダムマーカーを使って墨入れをしたいのですが、ネットで調べたところ、墨入れをする前にトップコートの光沢をすると書いてありました。これはスプレーで塗装した時もやった方がいいのですか?あと、光沢をかける理由についても教えてください><

Aベストアンサー

既に経験されたようですが、墨入れ前のトップコートは墨入れ時にはみ出た塗料等をふき取り易くする意味もあります。
つや消し・半光沢は表面が凸凹していて、そこに塗料が入るとふき取りにくいのです(もちろんミクロなレベルですけど)
ですから最初はつや有りを吹いて墨入れ後、最終的な仕上げとしてつや消し等を吹きます。

Qプラモのパーツ洗浄ってどんな洗剤でもかまわないのでしょうか?

プラモのパーツ洗浄ってどんな洗剤でもかまわないのでしょうか?

食器洗いの「除菌もできるキュキュット」や洗濯用の洗剤など家にありますが。。

Aベストアンサー

塗装前ならどの洗剤でも使えます。

塗装後の洗浄は、塗膜への影響を避けるために中性洗剤を使います。

塗装を剥がす目的であればアルカリ性の洗剤を使います。

Qガンプラ 墨入れ

ガンプラの墨入れの質問です。
白地のパーツに黒で墨入れしてみたのですが、
かなりうるさく感じました。
そこで、より細い線にしてみたのですが、
それでも強すぎました。
かといって、薄めるとムラができて汚く感じました。
こんな場合どうしたらいいのでしょうか?
グレーやブラウンなど、明るい色を用いることで解決しますか?
黒いところは黒!という感覚の塗装しかしたことが無いので、
とても不安です。
どなたかアドバイスください。

Aベストアンサー

パネルラインの墨入れに関しては、外で「大きな建築物」を観察してみると良いと思います。高層マンションのドアはどのように見えるでしょうか?窓の縁は?

おそらくラインそのものはガンプラで掘られている線よりも「ずーっと細い線」なのではないかと思います。それを同じように「真っ黒」で塗ってしまってはうるさく感じて当然でしょう。

No.1さんのように、「筆を洗った後の液」で墨入れをするのも良い方法だと思います。また「同系色の更に暗い色(赤→茶、グレー→黒、白→グレーなど)」で行うのも良い方法ではないかと思います。No.1さんの方法ですと「隅っこに溜った来たない汚れ」を表現できますし、同系色なら「チョットした影」が表現できるでしょう。
薄めてムラが出来てしまった場合には、墨入れに使った塗料の薄め液を含ませたティシューなどで後から拭くと「隅っこに溜って良い感じ」になりますよ。

Qサーフェイサーについて。  かなり薄めてエアブラシでサーフェイサーの吹

サーフェイサーについて。  かなり薄めてエアブラシでサーフェイサーの吹き付けを行ったのですが、表面がざらついてしまいます。 本来サーフェイサーとはそれが普通で、ざらついた塗装面の上からペーパー掛けをしてそれから塗装に入るものなのでしょうか? 使用したのは、田宮のビン入りのサフです。エアブラシで行う場合は1000、1200のサーフェイサーを使用した方が良いですか?自分は主に大戦中の戦闘機を製作してる者です。何かアドバイスを頂ければ幸いです。  

Aベストアンサー

なぜサフを吹くのかを考えて下さい。サフ吹きは絶対的なものではありません。例えば、段差や隙間を修正するのに大量のパテを使用したとか、エッチングパーツやレジンなど素材の異なる物でディティールアップをしたなど、素材そのものが混在している場合など、その素材による塗装面の影響(塗装後の色合いや喰い付き度合い)を均一にするためにサフを利用して下地処理を行ないます。
今回、ビン入りサフをエアブラシで吹き付けて使用されたようですが、サフの希釈不足で濃度が濃すぎるとざらついた感じになります。逆に薄すぎるとサフが弾かれてしまって流れてしまったりします。適度な濃度で吹き付けても、乾燥後は多少ざらついた感じになりますので、耐水サンペの1000番以上の物(使い古しの物の方がいいかも?)で軽く水研ぎして表面を均して下さい。(サンペ掛けのあとは良く水洗いして乾燥させて下さい。)

私も大戦機ファンでドイツ機や日本機のキットを良く作ります(モデラー歴40年)が、最近の国産キットでは殆どサフを使用しなくなりました。それくらい国産キットは良く出来ていると言う事です。大戦機でしたら、1000番程度のサフで充分ですが、上にも書いたように絶対的なものではありませんので、使用するかしないかは質問者さんご本人次第です。

なぜサフを吹くのかを考えて下さい。サフ吹きは絶対的なものではありません。例えば、段差や隙間を修正するのに大量のパテを使用したとか、エッチングパーツやレジンなど素材の異なる物でディティールアップをしたなど、素材そのものが混在している場合など、その素材による塗装面の影響(塗装後の色合いや喰い付き度合い)を均一にするためにサフを利用して下地処理を行ないます。
今回、ビン入りサフをエアブラシで吹き付けて使用されたようですが、サフの希釈不足で濃度が濃すぎるとざらついた感じになります。...続きを読む

Qユニコーンガンダム(ユニコーンモード) 墨入れ

ガンプラ HG ユニコーンガンダムのユニコーンモードが完成したため、墨入れをしようと思いました。
しかし、このガンダムはユニコーンモードのときは全体的に白く、またデストロイモードに変形したとき、部位が開き赤く光るので、下手に墨入れすると見た目が悪くなり、赤く発光する部分が出てくるところを墨入れするのはどうかと、考えています。

アドバイスなどあれば、教えてください。

Aベストアンサー

セミプロモデラーをやっています。
我が家のHGユニコーンは、エナメルの赤 70%+ジャーマングレー 30%の
若干茶色がかった色で墨入れしています。

あまり発光を意識しすぎるといけませんし、黒だけだと
違和感が出ますし…

コードギアス劇場版「亡国のアキト」のアレクサンダを
ご存知でしょうか?

あれと同じで、白地に茶色って親和性がとても高いです。
ぜひお試しいただきたいです。

QHOME1とかいうプラモ屋

ある日 ホームページで、HOME1
とか言う プラモ GK ツールなどが結構安く売られている お店(オンラインショップ?)を見かけましたが
最近、このキーワードで検索かけてもヒットしません

どなたかこのお店に心当たりの方は、アドレスを教えたください、お願いします。

Aベストアンサー

鉄道模型のHOME1であれば、下記URLだと思います。
オンラインショップですね。
多分、これであってると思いますよ。

参考URL:http://www.e-homeone.com/hobby/ngauge.htm

Qガンダムマーカーでの墨入れはブラックだけで大丈夫?

ガンプラの墨入れをするためにガンダムマーカーを購入しようと思っています。
1本ものからセットものまで色々種類がありますが、セットものだと必要のない色まで入っているのでどうしようか迷っています。
墨入れは初めてですが、基本的に墨入れはブラックだけで大丈夫ですよね~?
ちなみにマーカーで色づけなどは一切考えていません。
最低限この色だけは持っておいたほうがいいというものありましたら、ぜひ教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の塗装しないのであれば、基本的に黒さえあればOKです
ガンダムマーカー
GM01 スミ入れ用極細ペン(ブラック)

ただ脚部が白いので黒だと目立ち過ぎるからグレーがあったほーが違和感なく出来あがります。

黒だと墨入れしたよー、って逆に目立ちますから。

塗料だったら薄め液で濃度を変えて色々調節できるんですけどねぇ

Qガレージキットとレジンキット

最近、『レジンキット』ということばを見つけたのですが、
ガレージキットとは違うものなのですか?

Aベストアンサー

レジンキット=製品の材質を現している物

製品の材質が2液性ポリエステルレジンで出来ている物。
このレジンを型に流し込み、化学反応によって常温硬化させた物。
この際に使われる型は射出成型のように高温高圧にならないので、
シリコンゴムなどでよく、安価に生産できるのがメリットです。
逆にデメリットはシリコン型など簡易な型を使うため、大量生産に向かず、
型が壊れたらそれで生産終了になる可能性が高く、再生産の可能性が非常に低いです。
反対に一般的なプラモデルは主材質がプラスチック(主にポリエチレンスチロール)を
金型を使い射出成型によって成型させたもので出来ている模型で、精密な金型を使うので、
金型に対する費用がかなりの高額になります。
(タミヤ 1/48一式陸攻の金型が1億円超えると聞いた事があります。)
そのため、ある程度以上の企業でないと設備投資に見合っただけの利益が見込めないので、
殆どのインジェクションモデル(一般的なプラモデル)は大きなメーカーで生産しています。
一部例外はありますが。

ガレージキット=製品の生産規模をたとえた物

タミヤやハセガワのように大メーカーが大規模な生産設備を使って大量生産している製品に対して、
主に個人や少数規模で経営されているメーカーで、1つの製品の生産数が数百個から
多くても数千個他単位の少量生産で、上記理由などの関係により生産終了した製品の再生産の可能性は非常に低い。
ガレージキットだから必ずしも製品の材質がレジンやホワイトメタル、バキュームフォームとは限りません。
ガレージッキットクラスの生産規模でもプラスチックのインジェクション成型で生産しているメーカーもあります。
この場合は大メーカーのインジェクションモデルと違い、簡易金型と言う制作費の安い金型を使うので、
大メーカーの製品のような数万個から数十万個と言った生産数は作れません。
数千個作れば金型が壊れてしまいますので。

レジンキット=製品の材質を現している物

製品の材質が2液性ポリエステルレジンで出来ている物。
このレジンを型に流し込み、化学反応によって常温硬化させた物。
この際に使われる型は射出成型のように高温高圧にならないので、
シリコンゴムなどでよく、安価に生産できるのがメリットです。
逆にデメリットはシリコン型など簡易な型を使うため、大量生産に向かず、
型が壊れたらそれで生産終了になる可能性が高く、再生産の可能性が非常に低いです。
反対に一般的なプラモデルは主材質がプラスチック(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング