人気雑誌が読み放題♪

真空管のギターアンプを電車で運搬されている方(見たことはないですが...)が
もしいらっしゃったら聞きたいのですが、
運搬の際に気をつけていることや、経験談など教えてください。
もちろん、他の方からのアドバイスも大歓迎です。
ちなみにわたしは、フェンダーのプリンストンリバーブを、
電車で運ぶか否かを思案中です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

電車内ベタ置きは全く問題ありません。


後は普通と同じ、車でも駐車場からは同じ条件です。
15Kgですから疲れたら、休みながら運べます。
背負子等が理想です。
私は製作・修理もしますがショックを与えて状態復旧も本当の事、過剰な心配は無用です。

この回答への補足

たびたびのご回答、ありがとうございます。
背負子はよさそうですね。
検討してみます。
バイブロラックスに比べれば、
プリンストンリバーブは大分軽いですし(笑)。

ショックを与えて状態復旧というのは、
リバーブに関してでしょうか?
わたしも以前、リバーブボックスが故障したとき、
何回か叩いたら直ったことがありましたが...。

補足日時:2009/05/27 15:40
    • good
    • 2

ショック療法は真空管式に限らず、効果を発する場合があります。


リレー接点間の埃離脱(ピーターソン、倒立させて)接触性の復旧(真空管のピンとソケット間、その他)現場では色々なアクシデントがあり倒されたり、自分で倒してしまったり…、楽器車(トラック)、台車での搬入等々、問題は起こりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
今まで分からなかったことが大分よくわかるようになりました。
ベテランの方に丁寧にお付き合いいただき、大変助かりました!

お礼日時:2009/05/27 17:16

私は先の回答で挙げたキャリーで数回自宅から10分くらいの駅までコロコロと運んだ経験があります。


特に今のところ不具合は出ていません。

参考まで・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご回答有難うございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/27 17:12

http://www.amazon.co.jp/OGK-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E …
パレードで充電池型AMPの背負いに考えた物です。
結果的にはAMPに吊金具を付けカメラ用品の背負いバンド(デイバッグの背負いバンドの様な)で実現させた。
折りたたみ式のキャリーも良いと思いますよ!
混雑した電車では人への安全も配慮が必要です。
    • good
    • 0

本体にキャスターを装着するかキャリアカートで運んで下さい。



http://www.konna.jp/shop/goods/A165.htm

この回答への補足

ご回答有難うございます。
チューブアンプは振動などに弱いと言いますが、
アスファルトの上などをゴロゴロ引いても大丈夫なのでしょうか。
振動対策で運搬時だけ真空管を抜くという人も聞いたことがあるのですが...

補足日時:2009/05/26 20:35
    • good
    • 0

追伸:バイブロラックス購入時は電車で持ち帰りました。


(心配し過ぎです、ツアーなどにも全く問題ありません)

この回答への補足

ご回答有難うございます。
電車は主に中央線の混雑時に乗ることになりそうなんで、
いろんなことを心配してしましましたが、
とりあえず、壊れることはないぞ、ということですね。
あとは筋力の問題でしょうか。

補足日時:2009/05/26 20:29
    • good
    • 1

全く問題ありません!


車の時代になったので見かけないだけです。
特に心配する事もありません。
プリンストン、バイブロラックス、ツインのユーザーより。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Qアンプやベースを持って電車やバスに乗るってあんまりしない行動ですか?

アンプやベースを持って電車やバスに乗るってあんまりしない行動ですか?
凄く大変そうなんですが…。

ちなみに持って行こうとしてるのはCUBE-20Xです。

Aベストアンサー

いつも電車でアンプとベース運んでますけど.
しかも,アップライトベースなんでベースだけで10kg超えます.
なので,アンプは極力軽くするため,Micromark か Phil Jones Bass CUB です.カートにくくりつけて運んでます.バスもタクシーも乗ります.
体力的にしんどいときは,エレベにします.超楽w
まあ,もっとしんどいときは,エレベでも Sinsonido を使いますw

コントラバスもってバスに乗ったこともあります.コントラバスの時は,さすがにアンプは持って行けません.重さより容積の問題ですがw

Q安くていい仕事をするギターのリペアショップ

ギターの修理・メンテナンスって結構高いですよね楽器全般に言えますが)。
東京23区内かその周辺(都下、近県)でエレキギターの修理・メンテナンスがとても良く、なおかつリーズナブルな料金のお店を知っていますか?
また料金は普通でも仕事が確実で色々と相談に乗ってくれるお店なんかも紹介していただけると幸いです。
どうもギターショップと言うとノータリンな店員ばかり雇っている店が多く、仕事も雑で信用できない店ばかりで困っています。

Aベストアンサー

こんにちは。
原宿にある、「松下工房」はおすすめです。
お金はそれなりにかかりますが、金額に見合ったいい仕事をしてくれると思います。
雨の日に楽器を修理に持っていくと割引サービスがありますよ。
参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.matsushita-kobo.com/

Qギターアンプ ライブで使えるW数

ドラムの音に負けないぐらいの音量が出るのは、何Wぐらいのアンプからですか?

5Wの今使っているVOXのでは少々キツイかなと思い、新しいアンプの購入を考えています。

おすすめのものがあったら是非教えて頂きたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

Peavey Bandit 112をお薦めします。
以下、重複部も含みますが過去の回答を貼っておきます。

ジャズギタートーンも良い歴史的なロングセラーです。 初来日のジム・ホール、バーニー・ケッセルも使っていました。

youtube で「peavey bandit112」 キーイン 1ページ目http://www.youtube.com/results?search_query=bandit112+&aq=f

Peavey を紹介しておきます。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉価直売で楽器店店頭に並ばず知る人ぞ知るの存在、リンク先レビューの如く間違い無く優れもの。
ほぼ真空管同様の音色、テストの為購入した下位機種ENVOYIIで私の愛器'66 Fender Vibrolux Reverbと比較、遜色無し、むしろファット、お奨めです。出力調整機能付き。PEAVEY BANDIT 112
値段は安いけれど一生物の価値あり。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5EBANDI...ギターアンプはこの位の出力が必要なのです
youtubeサンプル(チェックしたい事をキーインすれば良いので活用してください)
http://www.youtube.com/watch?v=K9J3wqrguWU
http://www.youtube.com/watch?v=ithxOtJaAGQ
http://www.youtube.com/watch?v=GvwltTuJrnU
http://www.youtube.com/watch?v=85i8ZvpLWdc
http://www.youtube.com/watch?v=i9ds2Xc73A4
http://www.youtube.com/watch?v=LfcDdO7njfQ&feature=related

日本では事実上、総代理店が廉価直売している為、店頭には並ばないメーカーになっていますがアメリカ映画の酒場等の1シーンにも出てくる程、全米一の音響メーカーです。
実に勘所を捉えている音色、BANDIT 112はそのベストセラーで歴史もある機種です。
特に真空管の必要性を感じさせない音色、TRANSTUBEシリーズの最高位の製品でもあります。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉価直売で楽器店店頭に並ばず知る人ぞ知るの存在、リンク先レビューの如く間違い無く優れもの。
ほぼ真空管同様の音色、テストの為購入した下位機種ENVOYIIで私の愛器'67 Fender Vibrolux Reverbと比較、遜色無し、むしろファット、お奨めです。出力調整機能付き。PEAVEY BANDIT 112 値段は安いけれど一生物の価値あり。
ギターアンプはこの位の出力が必要なのです。http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5EBANDI...

ZTもThe Clubなら実用出来ますが価格が少し高めです。

事実上Bandit 112に勝るアンプはありません。購入者レビューの通り優れものです。
繰り返し改良を重ねて来た製品は次元が異なるのです。

真空管アンプでも15や30Wでは使い物になりません。
ジャズコンボでもPrinceton Reverbは音量不足、Vibrojux Reverbでどうにか、結局Twin Reverbで決着。
しかし後年ソリッドステートのPeterson、Polytoneも使用、実際には使われているスピーカー音色で決まります。
Banditの良さはEminence製スピーカーBlue MarvelとTransTube回路によります。価格が破格に安いことも特筆出来ます。

要は前述の各アンプと並べてジャズギタートーンの音色合わせ込みが出来るレベルのアンプであると言うことです。

Peavey Bandit 112をお薦めします。
以下、重複部も含みますが過去の回答を貼っておきます。

ジャズギタートーンも良い歴史的なロングセラーです。 初来日のジム・ホール、バーニー・ケッセルも使っていました。

youtube で「peavey bandit112」 キーイン 1ページ目http://www.youtube.com/results?search_query=bandit112+&aq=f

Peavey を紹介しておきます。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉...続きを読む

Qアンプを配送業者に任せて大丈夫か

アンプを工房に修理に出すため(今回が初)、自分でもっていくか、配送業者に集荷を頼んで持っていってもらうか迷っています。できれば、配送業者に頼みたいのですが、真空管がはいっているため心配です。これまでに同じような経験した方いらっしゃいませんか?本当に慎重に扱ってくれるよう手配できるのでしょうか?

Aベストアンサー

もしご自身で運べるなら、それが一番だと思います。

私の場合ギターですが、とある超大手配送業者でこわれもの指定をして送ったことがありますが、途中でネックを折られました。
同社でアルバイトをしたこともあるのですが、働きに行った配送センターでは「こわれもの」「貴重品」なんてお構いなしに荷物をぶん投げていましたし、足で蹴っ飛ばしたりもしていました。別々に扱っていませんでしたね。
丁寧に運んでいたら、反対に怒られましたよ。

大量にさばく方が、弁償しても儲かるんでしょうね。

どこの運送会社も似たり寄ったりだと思うので、大切なものでご自身で運べるならそれが一番だと思います。

Qギターアンプの音質・音量改善(Fender Princeton Reverb)

Fender USAの'65 Princeton Reverbを使用しています(新品で購入し、半年ほどストックのままライブ等で使用)。
改善したい点は、下記の通りです。

・歪ませたときの低域のボヨンボヨンした音をもっとタイトでカリッとした音にしたい。
・現在ヴォリューム6~7くらいからかなり歪んでしまうが、できるだけ歪みにくくしたい。
・もっと音量が出てほしい。

ヴォリューム4~5くらいのクランチの音は文句なしの音なので、
それがそのまま大きくなってくれればいい感じです。
別の言い方をすると、全体の方向性としてはツインリバーブに近づけたい感じでしょうか。。。

スピーカーの12インチ化か(現在はジェンセンのC10R)や、
真空管の交換などで改善できるものでしょうか?
また、スピーカーを12インチ化すると、バッフルボードの加工も必要でしょうか?

とにかく金が無いのでできるだけ自分でパーツを入手して取付けまでやりたいのですが、
経験者の方、あるいはお詳しい方、どんなことでも結構ですのでアドバイスをいただければ幸いです。

Fender USAの'65 Princeton Reverbを使用しています(新品で購入し、半年ほどストックのままライブ等で使用)。
改善したい点は、下記の通りです。

・歪ませたときの低域のボヨンボヨンした音をもっとタイトでカリッとした音にしたい。
・現在ヴォリューム6~7くらいからかなり歪んでしまうが、できるだけ歪みにくくしたい。
・もっと音量が出てほしい。

ヴォリューム4~5くらいのクランチの音は文句なしの音なので、
それがそのまま大きくなってくれればいい感じです。
別の言い方をすると、全体...続きを読む

Aベストアンサー

良かった1
お金の件で手持ちのアンプ併用を連絡したかったところです。
昔から大きなところではツインでも二台併用(増設アンプはメインのIN2に接続して)で使われていました。

私もプリンストンを使っていて後にバイブロラックス、ツイン等に変えて来ました。

要はそれぞれ良いところをうまく使い決して無理(音色的に)を要求しない使いこなしがポイントです。
場合によってB等を絞って結果的に腰を出してやります。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qベースアンプで、ヘッドとキャビを購入するにあたり注意すること

この度学園祭でライブをすることになりました。それで、今自分が持っているアンプでは出力がぜんぜん足りないので、新しくキャビとアンプヘッドを購入を検討中なのですが、初めてヘッドとキャビを購入するので、注意すべき点があると思い投稿しました。

今懸念していることが二つあります。
一つ目は、Ω値の関係です。どちらも同じΩ値にしなければならないのでしょうか。どちらかが小さいと壊れてしまうということはあるのでしょうか。

二つ目は、キャビとヘッドの出力値の関係です。今検討中なのは、キャビが600wでヘッドが450wです。この出力だとお互いの性能は存分に発揮できるでしょうか。

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EBX4500H%5E%5E

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EBA115%5E%5E

↑検討中のキャビとヘッドです。また、このヘッドにこだわりがあるわけではないので、このキャビの性能が引き出せるヘッドがありましたら、教えていただきたいです。
以上の点についての解答をよろしくお願いします。

この度学園祭でライブをすることになりました。それで、今自分が持っているアンプでは出力がぜんぜん足りないので、新しくキャビとアンプヘッドを購入を検討中なのですが、初めてヘッドとキャビを購入するので、注意すべき点があると思い投稿しました。

今懸念していることが二つあります。
一つ目は、Ω値の関係です。どちらも同じΩ値にしなければならないのでしょうか。どちらかが小さいと壊れてしまうということはあるのでしょうか。

二つ目は、キャビとヘッドの出力値の関係です。今検討中なのは、キャ...続きを読む

Aベストアンサー

このアンプヘッドは、真空管式のアンプヘッドみたいに、出力トランスでインピーダンスマッチングをするタイプでなく、トランジスター式なので、つなぐキャビネットのインピーダンスで、出力が増減します。
定格出力が4Ωで450Wなので、4Ωより高いインピーダンスのスピーカーキャビネットが使用できますが、8Ωのキャビだと225Wの出力、16Ωだと113Wの出力になります。
8Ωのキャビ2台をパラレル接続で4Ωで使えば、450Wの出力と+3dB音量が増えるので、4Ωのキャビ1台で450Wの出力の音圧と比べて、スピーカーの効率(感度)が同じなら、実質900W相当の音圧を出す事ができます。
4Ωのキャビ2台をシリース接続で8Ωで使えば、225Wの出力と+3dB音量が増えるので、実質450W相当の音圧になります。
電気的な解説は、これくらいにして、経験から、15インチのスピーカー入りキャビネットは、重低音の音圧があり迫力はありますが、ベードラの帯域と喧嘩したりして、聞き易い音とは限りません。
ライブ会場では、ベース弦の原音を出すと、こもってしまい、聞き易い音にするため、70Hzより下の音をイコライザーでカットして2倍音から出るようにすることもあります。
むしろ10インチスピーカーが2個入ったタイプのほうが、一般人がベースの音として認識しやすい音質です。
又、30Kgを超える重量は、搬入・撤収がきびしく、できれば1台あたり20Kg以下にすることをお勧めします。

このアンプヘッドは、真空管式のアンプヘッドみたいに、出力トランスでインピーダンスマッチングをするタイプでなく、トランジスター式なので、つなぐキャビネットのインピーダンスで、出力が増減します。
定格出力が4Ωで450Wなので、4Ωより高いインピーダンスのスピーカーキャビネットが使用できますが、8Ωのキャビだと225Wの出力、16Ωだと113Wの出力になります。
8Ωのキャビ2台をパラレル接続で4Ωで使えば、450Wの出力と+3dB音量が増えるので、4Ωのキャビ1台で450Wの出力の音圧と比べて、スピーカー...続きを読む

Q路上ライブでの機材運びについて (振動の影響)

私はバンドでベースをやっているのですが、路上ライブでの機材の移動について質問があります。

路上でアコギ弾き語りやバンドのライブをしている人たちがいますが、アンプなどの機材運びはキャリーカートを使っているのをよく見かけます。

私は現在自宅練習用に10wのギター・ベース併用アンプを使っているのですが、出力音質ともによくないので近々新たに購入しようと思っています。
できるだけ軽く小さいストリート用を買って担いで移動するか、ストリート用でもノーマルのでもキャリーカートで運ぶようにするか迷っています。

そこで質問なんですが、もし路上ライブをやるとしてキャリーカートでアンプを運ぶとなると当然振動が起きますが、その振動はやはりアンプによくないでしょうか?
基本的にモノには衝撃を与えないほうがいいですしね・・。

私はストリート用のバッグで担げるサイズや重さのものを選んだほうがいいのかな・・と考えているのですが、多くの方がキャリーカートで運ばれているので別に平気かな・・とも思ってしまいます。

また、アコギやエレキベースなども振動は避けたほうがいいのでしょうか?

みなさんのアドバイスをお待ちしております!

私はバンドでベースをやっているのですが、路上ライブでの機材の移動について質問があります。

路上でアコギ弾き語りやバンドのライブをしている人たちがいますが、アンプなどの機材運びはキャリーカートを使っているのをよく見かけます。

私は現在自宅練習用に10wのギター・ベース併用アンプを使っているのですが、出力音質ともによくないので近々新たに購入しようと思っています。
できるだけ軽く小さいストリート用を買って担いで移動するか、ストリート用でもノーマルのでもキャリーカートで運ぶよ...続きを読む

Aベストアンサー

仲間内の素人バンド相手に、素人PAをよくやっている者です。
私自身も、ヘボ素人バンドのヘボベース弾きでもあります。

ヘボ素人バンドといえども、地域行事等で「平ステージ」ながらも正規の許可を得てストリート仕立てのライブをやることが良くありますが、ぶっちゃけ『野外ステージ用機材は、多少は消耗品』と割り切らざるを得ないですね。
運搬もそうですが、曲がりなりにも正規許可まで取ったイベントだと、多少の雨風でも決行…なんて時もありますから、そういうシーンを考えれば、振動など有る意味大した問題ではない…ってことすらあります。

まぁ、ある程度まともなアンプであれば、運搬で多少は手荒な扱いを受けるのは承知の上…の造りになってますから、カートに積んで「人力で」転がすくらいの振動は『予定の範囲内』です。ある程度の格のアンプが、筐体がカーペット貼り仕様になっていたり、かなり頑丈なABS樹脂仕様になっていたりするのは、運搬機器の荷台等で機材同士が多少はぶつかり合うような事態を想定してのことで、決してダテや見栄えだけでカーペット貼りしているわけではありません。

強いて言えば、真空管式のアンプは、私もあんまり振動与えたくはないです。まぁ、未だかつて真空管が割れたりソケットから抜けたり…なんていう事態に出会ったことはないですが、かなり『お高い』アンプの運搬を、それも結構荒っぽく行うことが予想される時には、持ち主に「心配ならチューブ抜いて自分で持ってきてくれ」と言うことは、たまにあります。

話変わって、ベース弾きでストリートライブするなら、ライブ場所で電源が取れるのであれば、予算と自分の体力の許す限り、大型で重く頑丈なアンプを使われることをお薦めしたいところ。
「体力の許す限り」が難しい所ですが、20~30Wのベースアンプでは、ストリートでは音が散ってしまって、居ても居なくても良い存在に成り下がってしまいがちです。場所や仕立て、バンド構成にもよりますが、可能なら50W級は欲しい所です。
そして、それくらいのクラスになれば、まぁ大抵のベースアンプは「人力カート」くらいの振動ならビクともしませんから、その点では安心感がありますね。

私自身が、駅前広場的な仕立ての会場で、ストリート仕立てでライブする時は、単に「ちょうど良いのはこれしか持ってない」という理由でSWRのLA
12(60W 約18kg)を使ってますが、この程度の重さ/大きさのアンプなら、振動のことはそんなに気にしなくても大丈夫ですね。
また、「野外ライブはある程度は消耗品」という点では、廉価な割に出力が大きくて頑丈なBehringer製も、個人的にはお薦めです。

仲間内の素人バンド相手に、素人PAをよくやっている者です。
私自身も、ヘボ素人バンドのヘボベース弾きでもあります。

ヘボ素人バンドといえども、地域行事等で「平ステージ」ながらも正規の許可を得てストリート仕立てのライブをやることが良くありますが、ぶっちゃけ『野外ステージ用機材は、多少は消耗品』と割り切らざるを得ないですね。
運搬もそうですが、曲がりなりにも正規許可まで取ったイベントだと、多少の雨風でも決行…なんて時もありますから、そういうシーンを考えれば、振動など有る意味大...続きを読む

QDIとエフェクターのつなぎ方

今、ギター録音のためにDIの購入を考えています
そこで疑問に思ったのですがDIを使用した際にエフェクターはどうやってつなぐのでしょうか
プリアンプつきとそうでないものの双方教えていただければうれしいです。


・・・ちなみに、DIとミキサーをつなげる録音方法はいいのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

D.Iはインピーダンスをマッチングさせて、電気信号の伝達のロスを少なくすることが目的です。
S/N比の向上やミスマッチング時のハイ落ち現象などが改善されます。

エフェクターはギター用でしたら当然ギターのピックアップ出力に合わせてマッチングさせていますので、ギター→エフェクター→D.Iの順序が良いと思います。
D.I側に拡張機能としてエフェクトセンドがある場合はそちらを利用する手もあります。
プリアンプというのはアクティブタイプのギターだと解釈しますが、特にルーティングを変える必要はないです。
また、プリアンプのおかげでご自身の中でS/N比などの問題が改善されるなら、無理にD.Iをかます必要性もありません。

D.Iというのはインピーダンスをマッチングさせるためのものと説明しましたが、「じゃあマッチングってどういう状態よ?」てことになると思います。
業界用語ですが「ロー出しハイ受け」という言葉がありまして、出力側のインピーダンスが低い値で、受けて側のインピーダンスが高い値だと良好な関係になるという意味です。
説明書の仕様欄などにインピーダンスの記述があると思いますので、「どういう数値関係なんだろう?」と思ったら調べてみると良いですよ。

ちなみにXLR⇔フォンなどの変換ケーブルを用いたりすると、「ロー出しハイ受け」のルールを守っていてもノイズが多かったりと、必ずしもインピーダンスの値だけで判断できるものではないのがマッチングの難しいところで、このあたりを知らないと「このD.Iは安ものだから全然音が良くならないじゃん。使わなくてもいいや」みたいな勘違いをされてしまうケースもあります。

ルーティングをいろいろと試してどれが最も良い音になるかはご自身の好みも含めて判断されるのがベストです。
(音づくりの技として故意にミスマッチングにすることもあります)

ミキサーに繋ぐ際はD.Iアウトがフォン端子を使用している場合はミキサー側もフォン端子で、かつインストゥルメント端子やHiZ端子などと呼ばれる入力インピーダンスがギターなどの弦楽器用に最適化されている個所に繋ぎます。
シンセサイザーなどの音源を繋ぐためのフォン端子だと音量が極端に下がったりノイズが乗ったりするのですぐに気づかれると思います。

ただ、メーカーによってD.I側でどの程度インピーダンスを変換するかは異なるケースもあると思いますので、やはりご自身でいろいろ繋ぎ変えて気に入ったルーティングを見つけるのが良いと思います。

D.IアウトがXLRの場合はミキサー側のXLR端子に繋ぎます。

ちなみにミキサーにはPADと呼ばれるスイッチ(アッテネーター)が搭載されているケースも多く、スイッチのオン・オフで±20db程度の音量差が出る場合があります。
(入力信号が大きすぎたり小さすぎる場合に入力感度を調整するスイッチだと思ってください)

このPADによって入力ゲインを下げてしまうと後からアウトプットで音量を上げてもS/N比が悪くなります。これをインピーダンスのミスマッチングで音量が上がらないと勘違いされるケースもありますのでご注意を(笑)

ご参考になれば幸いです。

D.Iはインピーダンスをマッチングさせて、電気信号の伝達のロスを少なくすることが目的です。
S/N比の向上やミスマッチング時のハイ落ち現象などが改善されます。

エフェクターはギター用でしたら当然ギターのピックアップ出力に合わせてマッチングさせていますので、ギター→エフェクター→D.Iの順序が良いと思います。
D.I側に拡張機能としてエフェクトセンドがある場合はそちらを利用する手もあります。
プリアンプというのはアクティブタイプのギターだと解釈しますが、特にルーティングを変える必要はないです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報