現在カヌーの購入を検討していますが、種類や用途別になっていて、一体どれを選択したらいいのか判断に迷うところがあったので、実際にお持ちの方など、お詳しい方の意見をお聞き致したく、宜しくお願い致します。
さて私は・・・
・キャンプが好きで湖畔へ行きます。
・また、シーカヤックのスクールを開催している海岸に良く行きます。
そこで今まではインフレータブルボートに船外機を付けて釣りしていたのですが、エコロジーだし、早いみたいだし、カヤックに乗り換えようか?と考えました。

用途は釣り(湖・湾内の海)や、乗って楽しむ形になります。
川下り(ホワイトウォーター?!)や、スピードのみを楽しむ使い方は考えておりません。
但し保有には条件があり、
・小さく収納出来、組み立て・収納が容易な事。(各15分位)
・出来れば3名(大人2人子供1人)乗れる事。(無理なら大人2名)
・費用が安い事。
といったところでしょうか。

そんなの無いよ!とおっしゃらず、お知恵をお貸し下さい。
宜しくお願い致します。

因みに「ナチュラム」さんで見た「アドバンスドエレメンツファイヤフライ 2 コンバーチブル」がいいかと思ったのですが、2人乗りなんですよね・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

船外機」に関するQ&A: 船外機のバッティーは?

FRP とは」に関するQ&A: FRPとは?

A 回答 (2件)

> アドバンスドエレメンツファイヤフライ


ヨンキュッパですね。この価格帯で探すのでしょうか?

自分はたまたまアウトドアショップで見かけた
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?produc …
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?produc …
あたりがほしいと思っていますが、買うには至ってません。
カタログでは組み立て時間は10分前後のようです。

#ただし2人乗り。

長いほう(大きいほう)は積載量230キロなので、重量的には提示された3人くらいの体重分は乗れそうな気がしますが、子供を乗せたときの安全性(安定性)が保てるかどうかがわかりません。
(子供は、通常の荷物より重心が上がる&固定物でない為)

あと、費用ですが、パドルや、人数分のヘルメット、ライフジャケットなどの購入で数万円追加になると思います。

この回答への補足

有難うございます。
私も欲しくなってきてしまいました^^
やはりインフレータブルよりフォールディングタイプの方が
良さそうですね。

でもちょっと予算オーバー(泣)
定額給付金足しても届きませんもんね(笑)

こういったフォールディングタイプで比較的安い物は
あるんでしょうか。
もしご存知でしたらお教え下さい。

宜しくお願いします。

補足日時:2009/05/29 17:59
    • good
    • 0

妙なゴムボートを選択しようとしている時点で


かなりハイレベルな勘違いをしています。
「シーカヤックのスクールを開催している海岸に良く行き~」
の現場で勘違いに気付いた時のショックは大きすぎます。
エアーのリンクスでも風に弱く、遅い船で、恥ずかしいです。
FRP製の分割式に改造をして
収納式のアウトリガーを付けるしか方法は無いですが
FRPは意外と改造が簡単ですし、よいものを作れば
保管方法しだいで2代は使えます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初心者が安心して練習できる関東の「カヌー」フィールド

先日「教則本」で質問させていただいたものです。
その節はありがとうございました。

さて、早速ゴールデンウイークにどこか練習をしに行きたいと計画しており関東周辺を色々探しています。

私見では流れのない沼や湖なんかが良いかな?と、思っていたのですが、「意外と川のほうが安全らしい…」と、いうことを聞き、現在迷っています。
実際今日、近所の一級河川で「沈」してしまった時、岸までの距離が近かったため事なきを得た感があり、もし湖の真ん中で沈した場合果たして岸まで泳げたか…と思うとやっぱり「川」のほうがいいのかな?でも、流れの有る川は怖いな…と思っています。

関東では「那珂川」という川が有名と聞いたのですが、初心者二人、車一台で大丈夫でしょうか?

もし他に良いフィールドがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

関東の人間ではないですが、よろしいですか?

川と湖(池)との比較ですが、
風さえなければ湖(池)でも良いと思います。

風があると恐いですよ?
私は関西の人間で「琵琶湖」とか行きますが、風のある日は湖岸が見る見る遠のいていきます。
もちろん、風向きにもよりますが、風上に向かってパドリングするのは異様に疲れます。
「このまま永遠に戻れないのでは?」とか思っちゃいます。

川ですが、これも初心者に3級以上の「瀬」は恐いでしょう。
黙っていても流されていきますから、これも恐くなる原因かもしれない。

最初、川の流れが澱んだ所で練習して、少し慣れてきたら流れに任せて目的地まで下ってみては?

当然、前もって「川地図」で情報を収集して、瀬やダム、張り付きそうな箇所、アプローチするライン、到着場所などをシュミレートしておいたほうがいい。

当日は水の量、到着場所から、アプローチした場所までの交通手段の確保などを確認。

着替え(ショートパンツとTシャツと靴)、車の鍵、最低限の現金、ビール(笑)を防水バックに入れて、カヤック内に厳重に固定。

車を置く場所は上流でも下流でも駐車しやすい方へ。
電車にせよ、バスにせよ、そのままの格好で乗るとヒンシュクを買うので、最低限の着替えを。

まだまだ水は冷たいので、カヤックジャケットは必須。できればポリプロピレンなどのインナーを付けましょう。

メガネ、コンタクトは必ず予備の方を付けて下ること。
沈すると確実に水没です。(ワイヤ付けてもムダ)

ワイヤで思い出した。パドルを体とつなぐワイヤがあります。あれは便利。

最後にライフジャケットは体重にあった物を確実に装着すること。
友人は、ライジャケのおかげで死の淵から逃れることができた。(あの時は「死んだ」と思った)

関東の人間ではないですが、よろしいですか?

川と湖(池)との比較ですが、
風さえなければ湖(池)でも良いと思います。

風があると恐いですよ?
私は関西の人間で「琵琶湖」とか行きますが、風のある日は湖岸が見る見る遠のいていきます。
もちろん、風向きにもよりますが、風上に向かってパドリングするのは異様に疲れます。
「このまま永遠に戻れないのでは?」とか思っちゃいます。

川ですが、これも初心者に3級以上の「瀬」は恐いでしょう。
黙っていても流されていきますから、これも恐くな...続きを読む

Qシットオントップカヤックは、川はだめ?

すみませんが教えてください。
カヌーを始めたいのですが、沈したとき脱出できるか自信がないです。1度スクールを半日体験したんですが沈したら自己責任で脱出してくださいとのことでした。幸いそのときは沈しなかったんですが・・。2日間の川下りツーリングに参加したときも沈しませんでした。今度カヌーを買おうと思っていますが、沈の恐怖もありシットオントップにしようかなと思っています。でもこれは、海用ですよね。川でも海でも使用できませんか。ちなみに高知県に住んでいます。四万十川の江川崎から下流を一度下りたいのですが

Aベストアンサー

私は北海道在住でカヌー暦5年ですが、最初の年、シットオンに乗艇させられ(ほぼ強制的に(笑))、急流域を下らされました。
全く問題ありません。

因みに、沈の恐怖というのはスプレーカバーを水中できちんと取り外せるかどうか?不安ということですよね。
であれば、シットオンは沈=沈脱(もちろんロールなどできませんから)でありますが、流されたときも艇内に水が溜まることもないので拾って岸まで運ぶのも楽です。
また、バランスを取りながらの再乗艇も可能なので慣れるまでこれを使うというのも良いかもしれませんよ。
ただ、やはり将来デッキがクローズドのカヤックに進んでいただきたいので私も自力で沈脱を経験してもらいたいと思います。
因みに、急流で沈して気が動転してカバーの引き手を探せないというのも最初だけで、周りにサポート者がいれば(当然カヌー経験上位者)大丈夫ですよ。
皆、最初はそうです。
コックピットがどんなにきつくても、カバーを外せば入水の威力で体はすんなり抜けるものです。

仮にシットオンタイプのカヤックを買うのであれば、新しいものにお金をかけるよりヤフオク等で中古を買う方が良いのではないでしょうか?
好きになれば、すぐ飽きてきて本格的な艇が欲しくなりますから・・・
あっ、それからカヤック(K-1)にするかカナディアン(OC-1)にすすむか決めていないのでしたら、中古のシットオントップで遊んで、周りのスタイルを観察するというのもイイかもしれませんね。

遊んでください!

私は北海道在住でカヌー暦5年ですが、最初の年、シットオンに乗艇させられ(ほぼ強制的に(笑))、急流域を下らされました。
全く問題ありません。

因みに、沈の恐怖というのはスプレーカバーを水中できちんと取り外せるかどうか?不安ということですよね。
であれば、シットオンは沈=沈脱(もちろんロールなどできませんから)でありますが、流されたときも艇内に水が溜まることもないので拾って岸まで運ぶのも楽です。
また、バランスを取りながらの再乗艇も可能なので慣れるまでこれを使うというのも良いか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報