いつもお世話になっております。
今回、皆様の知恵をお借りしたく質問させて頂きます。

以前読んだ事のある小説なのですが、題名がわかりません。
四万十川の出てくる小説なのです。
知っていらっしゃる方がおりましたら教えて下さい。

覚えている範囲で、あらすじ的なものです。

東京に住んでいた少年が、四国の親戚の家に行く。
そこで、自分を含め一族?が守り人と知る。
対をなす一族に居る少女が四国巡礼をする。
主人公は守人として、聖地?の地場を安定させる為に旅をする。

。。。の様な感じだったと思います。
その中で、四万十川が象徴的に出ていたと思います。

わかりにくいかと思いますが、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「水の精霊」(横山充男・ポプラ社)ではないでしょうか?祖父の住む高知県に行った少年が、少女と出会う物語です。

第二部では、少年は18歳になって京都の夜間高校に通っています。このとき、少女が四国巡礼をしていて、少年と文通をしていたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです!!!
あぁ。。。すっきりしましたw

しかも多分一部しか読んでません(-ω-;)
四部まであるなんて初めて知りました。

有り難うございました!!

お礼日時:2009/05/29 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四万十川観光に関して教えてください

平成100景に四万十川が入っていますが、どのあたりをどの様なコースで
観光すればよいのでしょう。
京都から夜行バスで早朝高知着の一泊を予定しているのですが高知城もふくめて
観光は可能でしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

高知県内の移動はレンタカーを使用した方が良いと思いますが、高知駅前にレンタカー(トヨタ)が
ありますので、事前に予約して下さい。

高知駅前 → 高知自動車道高知IC → 中土佐IC → 国道56号線 → 四万十町窪川 
→ 国道381号線(約1kmで四万十川に出会います)・・四万十川に沿って(途中 沈下橋が沢山あります
 主な沈下橋「茅吹手沈下橋(JRフルムーンの撮影に使われた)」「三島沈下橋」「長生沈下橋(先般の
 台風で落橋」→ 西土佐江川崎で国道441号線 → 「岩間沈下橋」「高瀬沈下橋(釣り馬鹿日誌に使われ   た)」「佐田沈下橋(四万十で観光客が一番多い沈下橋)」→ 四万十市中村 → 国道56号線 → 四万十町
 窪川を経由して → 国道56号線、高知自動車道中土佐IC~高知IC、高知市内

 *走行時間は5時間半ぐらいです
 *見学時間・昼食・休憩時間をどれだけとるかは、tutudesu次第です。
 

 翌日、ゆっくりと高知城が見学出来ます。

 高知市内の夕食は「ひろめ市場」が最適です。
 

Q中国・四国、九州の方言小説について

初めて質問します。中国・四国、九州の方言が出てくる物を小説限定で探しているのですが中々見つかりません。
「切羽へ」、「ブラバン」、「青春の門」、「黄泉がえり」、「69」、「悪人」、「さつまスチューデント」、「東京タワー」、「死国」、「Water」、「がばいばあちゃん」、「明日」、「閉鎖病棟」、「逃亡くそたわけ」、「右岸」、「左岸」、「裸」、「白仏」、夢野久作、松本清張、伊井直行、白石一郎の作品以外でありましたら教えて下さい

Aベストアンサー

こんにちは。
●原田マハ「ごめん」
 短篇集で、表題の「ごめん」は高知が舞台ですので、土佐弁が出てきます。ただしこの土佐弁がかなり微妙です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102534610/subno/1
●原田マハ「でーれーガールズ」
 岡山が舞台。気まずい思いをして別れた友人が岡山で再開するお話です。作者自身岡山で高校生活を送られていたので、岡山弁は正確なのではないでしょうか。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106069255/subno/1
●海堂尊「イノセントゲリラの祝祭」
 有名な医療ミステリーで舞台そのものは関東でしょうが、宇佐見という登場人物がびっくりするぐらいの土佐弁を喋ってます。何か間違いがすごいので、誰が海堂さんにレクチャーしたのか気になる程です(^_^;)。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106167159
●芦原すなお「青春デンデケデケデケ」
 香川県観音寺市が舞台の作者の自伝的小説。映画化もされました。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101073940/subno/1
●有川浩「県庁おもてなし課」
 高知県が舞台です。有川さんは高知出身ですので、土佐弁は違和感なく読めます。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106017514/subno/1
●重松清「あの歌がきこえる」
 岡山弁です。重松さん自身も岡山出身で、自伝的小説です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102706183/subno/1

 九州がないんですが、良かったら読んでみてくださいm(__)m。

こんにちは。
●原田マハ「ごめん」
 短篇集で、表題の「ごめん」は高知が舞台ですので、土佐弁が出てきます。ただしこの土佐弁がかなり微妙です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102534610/subno/1
●原田マハ「でーれーガールズ」
 岡山が舞台。気まずい思いをして別れた友人が岡山で再開するお話です。作者自身岡山で高校生活を送られていたので、岡山弁は正確なのではないでしょうか。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106069255/subno/1
●海堂尊「イノセントゲリラの祝...続きを読む

Q四万十川観光について(車なし)

来週、大阪から高齢の両親と三人で四万十川に行く予定です。
新幹線→特急南風で中村まで向かいますので、現地での足はございません。宿泊は河口付近の「四万十の宿」に二泊になります。
ネットや旅行ガイドで色々調べたのですが、やはり車がないと、現地移動は難しいのでしょうか?両親には自転車は無理なので、タクシー移動が無難なのでしょうか?(屋形船乗り場・沈下橋観光等の為。)
又、四万十市のHPによると「まちバス」というものがあるそうですが、為松公園やトンボ公園、水車等の観光に利用できますか?(途中まで行けるだけで助かります。)
本日、観光協会にも電話をしてみたのですが、いまいち事情がつかめず、不安を感じております。
足なしの観光について、ご存知の方いらっしゃいましたら、是非お知恵をお貸しください!宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

去年の夏ですが、私も公共交通機関のみで足摺岬と四万十川へ行きました。
屋形船は、一番河口に近い「四万十川観光開発」なら、中村駅から高知西南交通バスで10分弱の「甲ヶ峰」というバス停まで行くと、乗ることができます。
バスの本数は少ないですが、遊覧船の乗船時間(約1時間)にうまく合わせると、効率よく中村駅との間を行き来できるパターンもあります。
沈下橋付近の屋形船は、やはりタクシーで行くしかないと思います。
「神川」という屋形船に乗りましたが、タクシーで行きました。片道15分ぐらい。屋形船は佐田沈下橋-三里沈下橋間の遊覧で、おもしろかったですよ。
帰りは、行きと同じタクシーが迎えに来てくれて、沈下橋を歩いて渡らせてくれました。(対岸で待っていてくれました。)
「まちバス」というのは、よくわかりません。
市街地の観光は、中村駅から「一条通」まで高知西南交通バスで行って、一条神社-日曜市-為松公園(郷土資料館)-赤鉄橋と歩き、
「一条通」からバスで中村駅まで、というルートでした。このバスの本数も少ないので、中村駅のバス案内所か観光協会で調べておくのがよいでしょう。
ちなみに、私は足摺岬へも、高知西南交通バスで往復しました。

去年の夏ですが、私も公共交通機関のみで足摺岬と四万十川へ行きました。
屋形船は、一番河口に近い「四万十川観光開発」なら、中村駅から高知西南交通バスで10分弱の「甲ヶ峰」というバス停まで行くと、乗ることができます。
バスの本数は少ないですが、遊覧船の乗船時間(約1時間)にうまく合わせると、効率よく中村駅との間を行き来できるパターンもあります。
沈下橋付近の屋形船は、やはりタクシーで行くしかないと思います。
「神川」という屋形船に乗りましたが、タクシーで行きました。片道15分ぐらい...続きを読む

Q「四国お遍路」をテーマにした小説。知りませんか?

四国お遍路をテーマにした小説を集めようとしています。
どなたか、ご存じでしたら教えて下さい。
なお、エッセーでも、面白いもの、文学性に富んだものなら歓迎です。

Aベストアンサー

なんとなく、西村京太郎などの旅情ミステリでお遍路さん殺人事件みたいなのはお探しのテーマではない気がするので(あくまで気がするだけですが)、それ以外で。

短編作品で「花のお遍路」野坂 昭如、「お遍路」丹羽 文雄、というのがありますね。
未読なのでどんな話かはちょっとわかりませんが、「花のお遍路」のほうは『感じて。息づかいを。』という光文社文庫の恋愛小説アンソロジーに収録されているので恋愛物のようです。

また野坂氏のエッセイ「阿波の遍路」が『日本の名随筆15 旅』(作品社:1983)に収録されています。

『ふるさと文学館 第43巻 香川』ぎょうせい(1994年刊)
このシリーズは各都道府県にゆかりのある小説・エッセイ・戯曲などを集めたものです。
目次を見ても「四国第八十八番霊場大窪寺」とずばりお遍路のものがありますし、「彷徨える信仰」「讃岐の旅」などのもしかしたらお遍路テーマかな、と思わせるものも入っているようです。

『ザ・ピルグリム』島村 洋子著 中央公論新社(2005年刊)
これはちょっと変化球かもしれません。動物園から脱走したキリンと世話係と母親に無理やりお遍路に出された小学生が登場人物なので。

なんとなく、西村京太郎などの旅情ミステリでお遍路さん殺人事件みたいなのはお探しのテーマではない気がするので(あくまで気がするだけですが)、それ以外で。

短編作品で「花のお遍路」野坂 昭如、「お遍路」丹羽 文雄、というのがありますね。
未読なのでどんな話かはちょっとわかりませんが、「花のお遍路」のほうは『感じて。息づかいを。』という光文社文庫の恋愛小説アンソロジーに収録されているので恋愛物のようです。

また野坂氏のエッセイ「阿波の遍路」が『日本の名随筆15 旅』(作品社:1...続きを読む

Q四万十川と高知観光

今週、高知に2人で旅行に行きます。

四万十川で川下りをしたいなと思ってるんですが、
どこの屋形船がいいのか全くわかりません。
コース・乗船場もそれぞれみたいなので・・・。
できれば沈下橋を通るコースに乗ってみたいのですが。
土佐くろしお鉄道の中村駅からのアクセスや所要時間等わかれば教えてください。

あと、高知市内に1泊しますが、
せっかくなので、皿鉢料理かかつお料理を
食べにいきたいと思っています。
オススメのお店も教えていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『四万十川遊覧船マップ』という資料(確か、中村駅横の観光協会でもらったものだったと思いますが)によれば...
上流から、(かっこ内は中村駅から乗船場までの所要時間)
大川遊覧船(車25分、自転車80分) 勝間沈下橋-高瀬沈下橋付近
なっとく(時間表記なし) 高瀬沈下橋付近
四万十の碧(車20分、自転車70分) 三里沈下橋-佐田沈下橋付近
神川(車15分、自転車60分) 佐田沈下橋-三里沈下橋間
さこや(時間表記なし) 佐田沈下橋付近
松廣屋(車12分、自転車45分) 佐田沈下橋よりも下流
舟母船(車10分、自転車25分) 佐田沈下橋よりも下流
船辰(車10分、自転車25分) 赤鉄橋よりも上流
四万十川観光開発(車10分、自転車30分) 四万十大橋付近
です。
四万十川観光開発以外は、中村駅からタクシーか自転車で行くしかないと思います。
四万十川観光開発は中村駅から高知西南交通バス 足摺岬行きで8分の「甲ヶ峰」というバス停で降りると、すぐ前が乗船場です。
バスの本数はあまり多くないので、あらかじめ調べておくのがよいです。
http://www.kochi-seinan.co.jp/index.html
例えば、中村駅8:20のバスで行って『四万十川観光開発』の遊覧船に乗り(9:00-9:50)、
甲ヶ峰10:25のバスで中村駅へ戻る、という行程が可能です。

昨年7月に行った時、実際に上記の行程で下流の遊覧船に乗った後、
タクシーで行って中流の『神川』の屋形船にも乗りました。
中流の『神川』は2つの沈下橋の間を行き来する、実におだやかな四万十川の風情を楽しめる屋形船でした。
下流の『四万十川観光開発』は案内の方の話もおもしろく、投網の実演などもあり、中流域とは少し違った四万十川の自然を味わえました。

『四万十川遊覧船マップ』という資料(確か、中村駅横の観光協会でもらったものだったと思いますが)によれば...
上流から、(かっこ内は中村駅から乗船場までの所要時間)
大川遊覧船(車25分、自転車80分) 勝間沈下橋-高瀬沈下橋付近
なっとく(時間表記なし) 高瀬沈下橋付近
四万十の碧(車20分、自転車70分) 三里沈下橋-佐田沈下橋付近
神川(車15分、自転車60分) 佐田沈下橋-三里沈下橋間
さこや(時間表記なし) 佐田沈下橋付近
松廣屋(車12分、自転車45分) 佐田沈下橋よりも下流
舟母船(車10分、自転車...続きを読む

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Q高知の観光ルートについて

 5/1(土)の夕方名古屋から車で高知(2泊3日)に向けて出発する予定です。5/2~3日は、高知駅近郊に宿の予約ができました。主な観光コースとしては、坂本竜馬のゆかりの地を中心に観光し、四万十川の観光船にのったり、あしずり岬を観光する予定です。そこで、初日(5/2)に四万十川+あしずり岬を観光した方がいいか?それとも、最終日にあしずり岬+四万十川コースの経由して名古屋に帰ってきた方がいいのか?アドバイスお願いします。スムーズにいく観光ルートを教えてください。後、四万十川の観光船に乗る場合って、事前に予約をした方がいいですか?

Aベストアンサー

四国高知県は初めてですか?
 ドライブ特に一般道を運転すること自体が好きですか?もし、運転すること自体が好きで、車を走らせながら車窓を楽しむだけで満足って感じなら、四万十川に沿って走ったり、足摺岬までの険しい道なども楽しんでドライブしまっくってください。
 しかし、移動自体は苦痛だというなら、高知の観光は観光地だけを足早につまみ食いするようなハードスケジュールの旅より、たとえ半日でも1つの街に移住した気分でゆったりスケジュールに空き時間を持って滞在し、地元の人の集まる喫茶店や居酒屋、お店、公園などに行き、地元の人に「この街でどこに行ってみたらいい?」「今は何がおいしい」「どのお店で食べられる?」「何かイベントはしてない」とか聞いて、教えてもらった所一箇所でも行ってみるくらいの時間的に余裕をもった旅の方が高知の旅ではいいですよ。
 2泊3日といっても、1日目は夜出発して宿泊せず夜通し運転して高知へ着く予定ですか?複数運転手がいて交替で運転しながら交代で仮眠して来るのですか。どちらにしろ、1日目はなく、2日目も夜通し渋滞を抜け着いたらかなり疲れると思いますので、ちょっと休憩したほうがいいと思いますよ。名古屋へ帰った次の日はお仕事ですか?次の日もお休みで名古屋への帰着は遅くなって、場合によっては翌朝になってもいいくらいですか?そうだとしても、実質1泊2日ですね。早めに名古屋へ帰らなければならないなら、実質高知滞在は1日だけですね。
 高知初めてで、1日少々でそれもゴールデンウィークの混雑真っ只中なら、あまり無理をせず、高知市中心部でずっとのんびり滞在して、高知市内に移住した新住民の気分で、地元の人にいろいろ移住先の高知のことなど聞いて、いいお店など教えてもらって、夜は高知市中心部ではしご酒を楽しんではいかがですか?
 高知では、女性が一人で深夜まではしご酒しても、別に変な目で見られない自由で安心な街です。宿などに車を置いて、昼は路面電車などで街歩きなど楽しみ、夜は1軒目はオープンな居酒屋でカウンターなどで地元の人と相席で飲んで、隣席の初対面の地元の人に、いろいろ聞いて教えてもらって飲むといいですよ。昼間も、路面電車の中や道で、ふらっと入った喫茶店で、地元の人と目が合ったら「すみません」とか「高知初めてですが」とか、ちょっと挨拶して、後は何でもどんどん聞きましょう。「どこに観光に行ったらいい」「ここはどうやっていったらいい」「ここはお奨め?」「今は何がおいしい」「どのお店がいい」・・・、高知では初対面の知らない人でも、ちょっと挨拶したら後はどんどん話ししても全くOKです。知らない人でもみんなうすい親戚の人といった感覚で話ししてOKです。道など尋ねられるのも、自分が頼りにされて大喜びで教えてくれる地元の人が多いですよ。ぶっきらぼうで一見こわそうな地元の人が多いですが、話し好きでほんとうに親切な人が大半ですから、誰でも頼って話し掛けて、地元の人とのコミュニケーションを楽しみましょう。それに、高知は海の幸・山の幸、そして高知県内19の酒蔵で造られるおいしい日本酒と県外で知られていない美味しい物がいっぱいです。地元の人に聞いて高知の本物の美味しさを満喫してください。
 ゴールデンウィークは桂浜など大渋滞になることが多いです。桂浜駐車場がすぐ満車になって、駐車場待ちの車が延々つながり周辺はずっと手前から大渋滞になると思います。今年は「龍馬伝」で特に桂浜観光客が倍増すると思います。1台帰ったら1台分進むといった状態がずっと続くと思います。ゴールデンウィークは直接桂浜までマイカーで行くのは避けて、バスなど公共交通で行くほうがいいですよ。いつもの年は、高知市中心部周辺の駐車場に車を置いて桂浜までシャトルバスが出ると思いますが、まだ先ですから近づいたら情報に注意して下さい。
高知に初めてじゃないなら、あちこちの観光はやめて海岸のリゾートホテルや山間部の秘境の温泉又は農家民宿など早めに予約して、そこでゆったりぼんやり大自然を満喫してリフレッシュする旅もお奨めですよ。
 以下など参考にして下さい。
http://www.ryoma-deaihaku.jp
http://www.attaka.or.jp
http://www.welcome-kochi.jp
http://www.webkochi.net
http://www.kcb-net.ne.jp/jjjsss/
http://www.kojyanto.net
http://www.duck-co.com/web-kanko/
http://machi-log.jp/st/2008/kochi/
http://www.kbiz.or.jp/kumiai/sake/
http://www.attaka.or.jp/tosa_shoku/
http://www.chisan-chisho.com/shokuzai/index.htm
http://www.kochi-shakou.org
http://www.attaka.or.jp/event/index.html
http://accesskochi.com
http://www.tosaden.co.jp/train/rosen.html
http://www.pref.kochi.lg.jp/~chisan/gt/green.index
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4229263.html ANO.4
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4349222.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4674940.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4682735.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4693987.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4886557.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4883235.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4875539.html ANO.1
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5048134.html ANO.5
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4208997.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4216321.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4198961.html ANO.4
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4182307.html ANO.5
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4886239.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4869578.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4402351.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5585543.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5340460.html ANO.7
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5234030.html ANO.4
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5270331.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5194479.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4717652.html ANO.4
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4781959.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4200825.html ANO.4
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5187202.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5160795.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4647516.html ANO.5
 
 また、ときどき気軽に、高知へ遊びに・飲みに来てください。普通の土日に一人で高知へ来て、高知へ移住した人住民になった気分で、初対面の地元の人と飲みまわるのも最高ですよ。

参考URL:http://www.shimantonoyado.co.jp,http://www.morinokunihotel.com,http://www.jr-eki.com,http://www.jr-shikoku.co.jp/bus

四国高知県は初めてですか?
 ドライブ特に一般道を運転すること自体が好きですか?もし、運転すること自体が好きで、車を走らせながら車窓を楽しむだけで満足って感じなら、四万十川に沿って走ったり、足摺岬までの険しい道なども楽しんでドライブしまっくってください。
 しかし、移動自体は苦痛だというなら、高知の観光は観光地だけを足早につまみ食いするようなハードスケジュールの旅より、たとえ半日でも1つの街に移住した気分でゆったりスケジュールに空き時間を持って滞在し、地元の人の集まる喫茶...続きを読む

Q切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出て

切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出てきます。
オススメの切ない小説ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

東野圭吾の「秘密」は読まれましたか?

映画にもなっているし今度はドラマにもなるようですが。

かいつまむと、交通事故をきっかけにして死んだはずの母の心が娘の体に入ってしまいます。その日から夫は、体は娘で心は妻という奇妙な関係で生活し、心は戻らないまま娘は成長します。夫婦のつながりを大切にしたい夫と、自分は娘として生まれ変わったと気持ちを切り替え男女交際を含む学生生活を楽しむ妻。衝突と心の葛藤。そして結末はとても切ないです。夫婦ではありますが、恋愛とは違った心の機微が描いてあり、読むたびに切なくなります。

Q朝松山から四万十を観光しながら夕方高知に着きたい。

来週の土曜日に朝8時ごろ松山市内を出発して四万十川を観光しながら夕方6時ぐらいには高知に着きたいと思っています。四万十川が長いのでおすすめの観光できそうなスポットとなるべく走りやすいルートを教えてください。

Aベストアンサー

松山(8時)から四万十川経由で高知(18時)でしたら、充分時間はありますので
ゆっくりと四万十観光は出来ます。

松山自動車道松山ICから大洲北只道路を経由して松山自動車道三間ICで降りて下さい。
降りたら右折して200m位の信号を左折(県道ですが何号線か度忘れしました)して
鬼北町近永で国道320号線を左折、約400m位(左側に道の駅「森の三角帽子」)を
右折、国道381号線を暫く進むと高知県に入ります。約5kmで四万十市西土佐江川崎
(信号があります)を右折、国道441号線に入ります。左側を四万十川が流れています。
そのまま441号線を四万十市中村まで四万十川に沿って走行して下さい。
観光は四万十川には、沈下橋と言って大水が出ると水没することもある橋があります。
江川崎から中村にかけては、「岩間沈下橋」や、釣り馬鹿日誌の撮影のあった「高瀬沈下橋」
観光客の多い「佐田沈下橋」があります。(佐田に行くには、国道441からの入り道を
確認して下さい)。時間の余裕があれば屋形船にのることも出来る場所が数箇所あります。
(約1時間位の乗船時間です)
中村まで出たらば、出来れば河口まで行って下さい。
中村からは国道56号線で中土佐まで行き、高知自動車道中土佐ICから高知ICで降りれば
高知市内は直ぐですから、気をつけて運転して下さい。

松山(8時)から四万十川経由で高知(18時)でしたら、充分時間はありますので
ゆっくりと四万十観光は出来ます。

松山自動車道松山ICから大洲北只道路を経由して松山自動車道三間ICで降りて下さい。
降りたら右折して200m位の信号を左折(県道ですが何号線か度忘れしました)して
鬼北町近永で国道320号線を左折、約400m位(左側に道の駅「森の三角帽子」)を
右折、国道381号線を暫く進むと高知県に入ります。約5kmで四万十市西土佐江川崎
(信号があります)を右折、国道441号線に入り...続きを読む

Qリズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説を探しています。

最近小説に興味を持ち、出来れば書いてみたいと思って手本にする文章(作家さん)を探しています。

そこで、リズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説に少しでも心当たりのある方、どうか教えて頂けないでしょうか。
多く兼ねそろえているモノだとなおいいです。

ジャンルは一切問いません。純文学、ライトノベル、短編長編、小説でさえあればなんでもいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分が今まで読んできた中ですと、森見登美彦さんの小説が
そういう雰囲気でした。
もしかしたらすでに読まれているかも?
時代がかったような古くて臭い言い回しを妄想の力で怒濤のように
読ませてくれる、洒落っ気の効いた作品が多いです。
デビュー作の四畳半神話体系、新作の有頂天家族などおすすめです。


人気Q&Aランキング