今年の4月ごろに小山へ登った時に見つけたんです。ちょうど季節は
カタクリの花が咲いている頃です。
カタクリは北側の湿気が多い方に咲いていましたが、その小さな花は頂上付近で咲いていました。
白色で1センチにも満たないような小さい花だった気がします。
花びらの先はとんだっており本当に雪の結晶のような形でした。
一輪タイプで沢山花房?があるようなのではないです。

ネットで調べてみましたが、これっていう画像を見つけ出せませんでした。知ってる方いましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>花びらの形が雪の結晶のような山野草の名前は?


白色で1センチにも満たないような小さい花だった気がします。
花びらの先はとんだっており本当に雪の結晶のような形でした。
一輪タイプで沢山花房?があるようなのではないです。

              ↓
私も見てみたい、知りたい・・・と思って調べて見ましたが、候補が沢山ありますね。
「イチリンソウ・エーデルワイズ・ウワヤツデ・乙女スミレ・コミヤマカタバミ・薄雪草・オオミスミソウetc]

開花時期、葉の形状、花の色・花の形状・大きさ(出来れば、愛称又は地元での呼び名とかのヒントがあれば明確に特定されるだろうが)etcで、山野草の名称絞込みが必要ですねぇ~。

推理小説のトリック解明のような好奇心で捜す中で、下記のURLが見つかりました。
既にご存知&調べられたかも知れませんが、目撃者であるmyusgarden様が→ご覧なると一発で解明されるように思いましたので、改めてご参考までに貼付させて頂きます。
http://www.ootk.net/cgi/shiki/shiki.cgi


myusgarden様に於かれましては、皆様からの情報やアドバイスを参考にされ、疑問が「スッキリ」と気持ち良く解決されますよう、心より祈念申し上げます。

この回答への補足

オオゴカヨウオウレンかもしれません。
キクバは分岐して花をいくつかさせてるそうなので。。

補足日時:2009/06/08 20:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こちらのHPは調べてみましたが、絞って検索したので
先ほど、絞らずずべての画像を見てみようと・・・(^^;)

それらしいのを見つけました!
「キクバオウレン」
たぶんこれのような気がします。
まだ全部の画像を見ていないのでわかりませんが・・・

野草のかわいさを知ったのは、この小さな花を見つけたときからです。
なかなか登山には行けないのですが、また出会いたい花です。

ありがとございました

お礼日時:2009/06/08 19:53

葉っぱの形とかわかれば....。



とりあえず、
セリバオウレン(芹葉黄連) 
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …
コセリバオウレン(小芹葉黄連) 
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …
セントウソウ(仙洞草)
http://www.hana300.com/sentou.html
カラマツソウ(唐松草):時期が違いますが。
http://www.hana300.com/karama.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
セリバオウセンがくさい・・・(^^)
これなのかな~って感じです。
似てます。イヤ、そうなのかもしれない
オウレン他にもしらべてみます。

お礼日時:2009/06/08 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比重について

炭酸カルシウム・・・比重2.6、見かけ比重0.40g/ml
とあるのですが、比重と見かけ比重はどう違うのでしょうか?
また、かさ比重(g/ml)という言葉もあるのですが、これらはどう違うのでしょうか??

Aベストアンサー

ml/g なんてのを見たことはありませんので,誤植かもしれないしなんともいえませんね.
ml は液体の単位ではありません.「体積の単位」です.固体にも気体にも体積はあります.粉の場合は粒子間の隙間を含んだ体積(かさ体積)なのか,固体部分そのものの体積なのか,そこがみかけ密度(かさ密度)か真密度かの違いでしょう.

Q高山に咲く花の名前

この花の名前を教えてください。

時期:5月中旬
場所:谷川岳の中腹、残雪が残るような場所
サイズ:花の大きさは指の爪より少し小さいくらい、高さは20cmもない。

Aベストアンサー

こんにちは

葉がオダマキみたいに見えますが
http://alpine.sppd.ne.jp/echigo/tanigawa_main/

Q比重と比重量

こんにちは
ぜひとも、わかりやすく教えてください。

(1) 比重と比重量の違い
(2) 単位体積重量と比重量の違い
(3) 比重と単位体積重量の違い

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

比重は、ある体積を占める物質についての、同じ体積の水(1気圧,4℃)に対する質量の比です。
単位体積重量は、(質量)密度とも言い、ある物質単位体積あたりの質量です。

比重瓶という実験器具をご存知でしょうか。単純で正確な形状をもたない場合、物体の体積を正確に測ることは難しいのですが、この場合でも、容器内の水と置き換えたときの重量変化は、比重瓶を使って正確に測定できます。そこで、実測上、密度に代えて、比重(水に対する密度比)がよく用いられるのです。

1気圧,4℃の水の密度は 0.999973gcm^-3です。したがって、比重1の物体というのは、密度が0.999973gcm^-3になります。そこで、実用上、比重と密度の数値部分は同じだと思って差し支えないです。

「比重」を「比重量」と表現するのは、私はあまり見たことがありませんが、同じことだと思います。

Q富士山の頂上から、どこまで遠くが見えますか

富士山の頂上から、どこまで遠くが見えるのでしょうか。
但し、天気が快晴で、雲によって視界を遮られることがないものとします。

Aベストアンサー

富士山が見える場所は、逆に富士山からも見えることになります

最遠方は和歌山県那智勝浦町口色川  色川富士見峠 付近322.9kmからの記録があります

参考URL:http://fyamap.folomy.jp/fujiienbo2011-4.htm

QpHと比重について

液体のpHと比重の関係について質問させて下さい。
現在、連続密度比重計である液体(アルカリ性)の比重を、
ハンディpH計でpH値を測定しています。
この場合、比重値とpH値は比例関係になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.1さんのおっしゃる通り、比例関係にはなりません。しかし、関係づけることはできます。ただし、ほかのいろいろなものが分かっていないといけません。
 pHの定義は、
pH=-log(c(H+)/(mol dm^(-3))) …(1)
です。c(H+)は、H+のモル濃度です。いま、液体がアルカリ性とのことなので、水のイオン積Kwと
Kw=c(H+)・c(OH-) …(2)
の関係にあります。また、このアルカリ性を与えている塩基(塩基とアルカリは、この場合同じ意味と考えてかまいません)をBとして、Bが強塩基か弱塩基かにもよりますが、一般的に次の電離平衡
B + H2O ⇔ BH+ + OH-
が成り立っているとします。Bは、例えばアンモニアNH3などを考えるとよく、その場合は、
NH3 + H2O ⇔ NH4+ + OH-
となります。このときの、OH-が元の塩基Bに対してどれだけ存在するかを表す電離度をαとおくと、c(OH-)は、元の(仕込んだ)塩基のモル濃度のα倍になります(0≦α≦1)。
 また、ある溶液について、そこに溶けている溶質のモル濃度c(溶質)と、その溶液の密度ρ(溶液)は、溶質の溶液中での質量分率w(溶質)(質量パーセント濃度のことだと思って下さい)、溶質のモル質量M(溶質)(溶質の分子量に単位g/molをつけたものです)を用いて、
c(溶質)=ρ(溶液)・w(溶質)/M(溶質) …(3)
の関係にあります。溶質を塩基とすると、さきほどの電離度αを用いて、
c(OH-)=c(溶質)・α …(4)
の関係があります。
 式(1)のc(H+)に式(2)のc(H+)を代入し、そこに式(4)のc(OH-)を代入し、さらにそこに式(3)のc(溶質)を代入して計算すると、
pH=log(ρ(溶液)/(g/cm^3))-log[{M(溶質)/(g/mol)・Kw/(mol/dm^3)^2}/{w(溶質)/10^(-2)・10α}]
となります。比重は、厳密に言えばあるものの密度の4 ℃の水の密度に対する比で、4 ℃の水の密度は0.999973 g/cm^3という報告がありますが、おおよそρ(密度)/(g/cm^3)を比重として大丈夫なので、比重の記号をdとすると、
pH=log d-log[{M(溶質)/(g/mol)・Kw/(mol/dm^3)^2}/{w(溶質)/10^(-2)・10α}] …(5)
となります。式(5)が、比重dとpHの関係式です。これを簡略化して見ると、
pH=log d+(何とか)
の形になっています。つまり、pHは、比重の対数の1次関数、という関係です。比重の対数を取るということと、それに定数項を差し引きするということになりますので、比例ではありませんね。
 ちなみに、式(5)のM(溶質)/(g/mol)、Kw/(mol/dm^3)^2、w(溶質)/10^(-2)は、それぞれ溶質のモル質量、水のイオン積、溶質の質量分率を、単位g/mol、(mol/dm^3)^2、10^(-2)(すなわち%)で表したときの数値を表しています。こうすると実用上便利ですので。

 No.1さんのおっしゃる通り、比例関係にはなりません。しかし、関係づけることはできます。ただし、ほかのいろいろなものが分かっていないといけません。
 pHの定義は、
pH=-log(c(H+)/(mol dm^(-3))) …(1)
です。c(H+)は、H+のモル濃度です。いま、液体がアルカリ性とのことなので、水のイオン積Kwと
Kw=c(H+)・c(OH-) …(2)
の関係にあります。また、このアルカリ性を与えている塩基(塩基とアルカリは、この場合同じ意味と考えてかまいません)をBとして、Bが強塩基か弱塩基かにもよりますが、一般的に...続きを読む

Q富士山頂上の天気予報

富士山に7月に登山するつもりです。ですが富士山の頂上の天気予報がどこのサイトを探しても載っていない気がします。
どこで見れば良いですか?

別件ですが登山される方でヘルメット着用の方ってけっこういますか?

Aベストアンサー

下の参考URL 参照
但し7月のシーズンにならないと夏山天気予報は始まりません。
シーズンになったら右窓の夏山天気をクリックすると
有名な山の天気予報が見れます。

参考URL:http://www.tenki.jp/

Qかさ比重

比重とかさ比重、真比重の違いを教えてください。
粉末、液体、それぞれでの違いも教えてもらえたら嬉しいです。
お願いしマース。

Aベストアンサー

一般に多孔性物体や一定量の粉体、粒体、繊維体のように実質以外の空間を含む物体では、3種類の密度を考える必要があります。
1.真密度:実質のみの密度(ρ)
2.みかけ密度:多孔性物体のように実質以外の空間がその物体の構成要素を為している場合密度(ρ(1-P))
3.かさ密度:粉体、粒体、繊維体などをある容器に詰めたとき、個々の粒子や繊維の間に存在する空間を含めた密度であって、同じ物体でもその詰め方によって値が違ってくる(ρ(1-ε)(1-P))
※pは孔隙率、εは空間率
ちなみに、これらを真比重、みかけ比重、かさ比重ということもあります。
また、単に比重という場合は、標準物質(液体ならば4℃における水が、気体ならば、標準状態における空気、水素等が標準物質となります。)に対するある物質の質量であり、特に上記のような物体でない場合にはこちらを使用すればいいと思います。実用上、密度と比重は同じものとして差し支えないと思います。

Qザックをおいて頂上往復

お手数ですがご存知の方教えて下さい。
登山をされるの記録などで「○○ヒュッテに荷物をデポして頂上往復しました」というのを拝見します。

・荷物をデポするというのは、料金がかかったりするのですか?
・それとも、単に勝手においていってなくなっても自己責任みたいな感じなのでしょうか?

山小屋利用の経験がなく分からないので、教えていただければと思います。

※私が荷物をデポしたいヒュッテには宿泊しません。

Aベストアンサー

山小屋にザックを置いて空身のピストンで費用が発生したことはありません(今まで、聞いたこともないです)、通常は一声掛けて他の利用者に迷惑が掛からない場所に置きます。晴天時であれば出口の脇、雨天時には小屋の好意が得られれば玄関の隅、そうでなければザックカバーを被せて出口の脇です。

#3の方が書かれているように、盗まれるようなことは滅多にないでしょう。そもそも、そこまで空身でこられる訳のない場所がほとんどですから、ザックを二個背負って下山する馬鹿はいないでしょうし、逃げ場のない小屋のスタッフがなにかすると言うことも無いでしょう(邪魔になったので場所を移されたことはあります)。ただ、貴重品については自己責任ですから、身につけておくべきでしょうね。

これは、ピークが縦走路から外れているような場合も同様で、分岐点にザックを置いて往復というのは良くある話ですが、それで盗まれたという話は聞きませんね(無かったとは断言できないが)。

山小屋は、利用者だけではなく、訪れる登山者全体の安全を考えて運営しています。単純に利潤を追求するだけの商業施設ではないのです。ですから、ある程度の利便は図ってくれます。

山小屋にザックを置いて空身のピストンで費用が発生したことはありません(今まで、聞いたこともないです)、通常は一声掛けて他の利用者に迷惑が掛からない場所に置きます。晴天時であれば出口の脇、雨天時には小屋の好意が得られれば玄関の隅、そうでなければザックカバーを被せて出口の脇です。

#3の方が書かれているように、盗まれるようなことは滅多にないでしょう。そもそも、そこまで空身でこられる訳のない場所がほとんどですから、ザックを二個背負って下山する馬鹿はいないでしょうし、逃げ場のない小...続きを読む

Q比重と体積に関して

比重と体積に関して
比重が低いと、体積や重量はどうなるでしょうか。(逆も)
比重の重さ・軽さで流速は変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、比重は、大きい・小さいと表現します。
「重さ」と言ってしまえば、単位が付きます(例 Kg)
比重は、重さ÷重さ の答えです、つまり分子、分母ともにKgが付き、答えでは消えます、したがって比重には単位が付きません、(重さ・軽さと言う表現は間違い)。
比重と体積または重量と直接の関係はありません(比重が〇だから体積は×でなければならないと言う関係)、ただし、体積、重量のいずれかの条件を同じにしたときは、もう一方の値は比重に比例する形で変化します。
水と油を混ぜて流せばどうなるか試してみましょう。
※ 言葉の定義ができていません、言葉の本当の意味も理解できていません、あかの他人とのコミ二ュケーションには正しい日本語が必要です(日本では)。
もっと、自分で試し、実験し、考えましょう。

Qザックをおいて頂上へアタック

時々登山の番組をみていると、
「ここでザックを置いて 必要なものだけ持って頂上へ・・」

と、そのへんの山道にザックをおきっぱなしにしますが、

盗難の危険はないのですか?

登山用品は高価なブランドが多いし、
オークションでも良い値段で売れますから、

中身はぶちまけて外側だけ持っていかれても、不思議ではないのですが・・・

それとも、山へ行く人には悪い人はいない、という事でしょうか。

Aベストアンサー

ザックについては、わたしの意見ですが、登山者は、それほどお金に困ってるひとも少ないし、じぶんのザックに愛着を持ってますから、他人の高額とはいえ汚れたザックを持ち帰るなんて、考えられないですね。
わたしは、テン場のテントの中に入れて、登ることはあります。
それに、置いておくザックは、たぶん大きなものだろうから、簡単に折りたためないし、ハーネスなどが芯として入ってればなおさらだし。1kgぐらいはあるだろうし、持って下山するのは大変だと思うはずです。
ご心配なら、その辺の木に、自転車用ワイヤー鍵などで、くくりつけとけばいいと思います。ナイフでベルトなどを切ってまで盗む人はいないと思います。
>山へ行く人には悪い人はいない
とういうか、かなり上まで上って来る登山者は、それほど貧乏なひとは、いないと思います。今ではほとんど中高年ですしね。
もしもそんなことに遭遇されたら、「山の神さまの罰にきっと当たるだろう」とでもあきらめてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング