よく登山の本など読んでおりますと、
夏や天候が安定しているときならツェルトで
テント泊してしまう人もいる、という内容を
目にします。
実際、どうなんでしょうか。
危険性はどのぐらいあるでしょうか。
またそういう方は本当に多くいるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一人での山行きは必ずツエルトです。

バイクツーリングが最近は多いです。
十分使えます。
注意:ツエルトの生地には注意、自分のは完全防水タイプ、雨には完璧ですが、なんと内部に結露がすごいです。重さ400g
普通のナイロン生地のツエルトはバッスイザイを塗布しても防水効果は期待薄、
ゴアテックスのツエルトを購入するのなら(販売してるとして)賛成しません。
そんな購入資金があれば、1から2人用のテントをお勧めします。
ツエルトの選択条件:軽さを最優先して住環境を犠牲にすることとお考えください
ツエルト内での火気の使用は極力やめます(結露防止)
天気がよければ入り口のチャックはなるたけ開けて寝ます。
夏は虫対策のため締め切りますが、覚悟があれば星を眺めて頭はテントの外などいかが
2人で春の山スキーに使ったこともあります
危険性って何のことでしょう
大人数での山行きでも私のツエルトは必ずザックの中です

ツエルトの本来の使い方は非常用簡易テントもどきです
    • good
    • 0

最近ではツエルトとテントの違いは、フレームがあるか無いかの違い


しか無いほどになってきています。

最近のツエルトは材質も様々なものが出ています。ゴアテックス製もあります。
また、フライが欲しい場合には、ツエルト専用のフライも売られています。
高田馬場にある「かもしかスポーツ」にあります。

従って、フレームが無ければ張れない場所(木が無い。ストックや適当な枝などが
無い)に設営する可能性がある場合を除いては、
1~2名程度であればツエルトで十分だと思います。
(でも冬山はちょっと厳しいですね)

もちろん、市販されているほとんどのツエルトが非常用として極力
薄く軽く作られていますので、そのようなものを選んだ場合には
広さ、寒さ、結露、雨漏り、耐久性などをテントより厳しくなると
考えた方がいいと思います。

参考URL:http://www.kamoshika.co.jp/
    • good
    • 1

回答は皆さんの通りです。

 経験者としてアドバイスすると;
 ・風に弱い、狭い、濡れやすい です。
 
近くに小屋とか樹林帯とか、非常時に待避先があるときにのみ有効、と思います。
 沢登りではよくテントを持たずツエルトだけで行きますが、あれは夏季でたき火で暖をとれるからです。
    • good
    • 0

私もツェルトをテント代わりにして山上で一泊したことがありますが、天候が安定している限り、テントと全然かわりませんよ。

ただ、フライシートがないこと、テントのように立てるには2本のポールを立ててロープを張らなければならないことを考えると、テントとして考えるのならコンパクトなドーム型の山岳テントを持って行った方が楽ですね。ツェルトはあくまで小屋泊まりの山行での非常用と考えておいた方がいいと思います。
    • good
    • 0

いますよ。


下手なテントより涼しいですし、何より荷が軽くなる。
更にはシェラフカバーのみの方も目にします。
雨が降ったときの気分が良くないですから大概小屋の側が多いです。

また、稜線付近など風が強い場所でビバークを余儀なくした場合はテントを持っていても飛ばされる危険があるのでツェルトやフライのみを使います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテントとして使うツェルト

山でテント泊をしたいのですが、山岳テントを購入する程のお金がありません。
なのでツェルトをテントとして使おうと思っているのですが、どのようなもので良いでしょうか?

おすすめ等があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身はツェルトは非常装備と考えておりテント代わりに使用する気は有りませんので、ツェルトには特にこだわってはおりません。(ツェルトとテントは言語が違うだけで同じ物だろうなんてことは気にしないで下さい。)
ツェルトがテントと比較して使用しづらい原因は大きく分けて次の三点だと思います。
1.設営が難しい。
 きちんと設営するにはダブルストックと細引き2本は必要になるでしょう。
 木に吊るして、4隅をペグダウンも可。
 ザック等で顔の周りの空間を確保して(呼吸のため)そのままかぶる。
2.透湿性が無い一枚布の為に結露が酷い。
 内側はビッショリ濡れると考えて下さい。
3.通気口が大きく、普通はネットがないので虫が入り易い。

何れも快適さとは程遠いものですが、命を守るための非常装備と割り切ってこそ使える道具です。
私は使ったことありませんが沢登などツェルトを積極的に使用する人にはファイントラックのツェルトは評判が良いようです。
http://www.finetrack.com/product/zelt.html

ホームページを見ていただくとお分かりのように、上記の三点に関してはかなりの改良がなされているようです。但し、値段は多少高くなりますが。
尚、透湿性に関しては、ゴアテックスを使用したツェルトもありますが、テント並みに重くなりますのでツェルトとしては如何
なものかと思います。

又ツェルトではありませんがストックを利用したテント。
http://www.iwatani-primus.co.jp/products/Nemo/004.html

ビビィザック
http://www.arai-tent.co.jp/lineup/shelter/shelter2.html#a
等もあります。
何れもツェルトよりは使用しやすいと思いますが、私は普通のテントを使用いたします。

私自身はツェルトは非常装備と考えておりテント代わりに使用する気は有りませんので、ツェルトには特にこだわってはおりません。(ツェルトとテントは言語が違うだけで同じ物だろうなんてことは気にしないで下さい。)
ツェルトがテントと比較して使用しづらい原因は大きく分けて次の三点だと思います。
1.設営が難しい。
 きちんと設営するにはダブルストックと細引き2本は必要になるでしょう。
 木に吊るして、4隅をペグダウンも可。
 ザック等で顔の周りの空間を確保して(呼吸のため)そのままかぶる。
...続きを読む

Q都内の公園でテント泊

20代♂です
都内の公園で10日ほどテント泊を試みようと思うのですが
安全面など含めどこの公園がよいでしょうか?
又アドバイスがございましたらお願いいたします

夜9時~10時に張って早朝撤収します
登山をよくするのでテント、シェラフなどはございます

お手数をおかけいたしますがなにとぞよろしくお願い申し上げます

Aベストアンサー

難しいと思った方がよいです。

よる9時~10時なんて、人目に付きますよ。運が良ければ、通報されずに一泊くらい過ごせるでしょうが、同じ場所に連泊は止めた方がいいです。
物騒な事件がよく起きていますので、下手すれば、警察からの注意では済まされず、連行されて留置場に入れられる可能性も十分あると思ってください。連行された際、身元を証明してくれる家族の連絡先も、はっきりとさせておきましょう。

浮浪者のたまり場を探して、その一角にテントを張らせてもらえたら、ラッキーかもしれません。
河川敷、橋の下などは快適ですが、怪しい人(不良、逃走者など)も来やすい場所なので、危険です。

登山用のテントは、遭難時に発見されやすいよう、目立つ色なので、ゲリラ的なテント泊には不向きです、念のため。

Q登山用品)購入アドバイスお願いします! ツェルトについて

おはようございます。

20代女・登山初心者です。
これから山道具を色々揃えていきたいのですが、サークルに入っていないのでクチコミの意見を聞くことができずに困っております。
経験者の方のアドバイスをいただけるととても助かります、よろしくお願いいたします。

初心者ですので単独テント泊行などはまだまだ考えていないのですが、いざというときのためにまずツェルトを買おうかな、と思い立ちました。
(夏山でも一応持って歩いたほうが安心かしら、と)

下記サイトのライペンツェルトなんてどうでしょうか?
http://www.rakuten.co.jp/sakaiya/503383/603054/615194/
この商品はポール、フレーム、フライシートがオプションのようですが、これらもやはり買ったほうがいいのでしょうか?確実に使う予定は無く、いざというときのために持ち歩くなら無くても構いませんか?

根本的に「最初からツェルトなんていらないよ」というご意見などもありましたら、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

山岳会等、山の専門家集団ではツェルトを携帯することは常識となっています。

私の知り合いに山岳ガイドがいます。
その方の友達はツェルトを持参していなかったことが原因で死にました。低山でしたが。
それ以来、知り合いの山岳ガイドはどんな低山でもツェルトを携帯するようになったそうです。

日本アルプス等、有名な山よりもむしろ低山や無名の山の方が登山客が少なかったり、登山道が整備されていなかったりしてツェルトの必要性が高いかと思われます。

テント泊を予定している場合には、テントを持参しているのでツェルトは持ちません。
しかし、山小屋泊や日帰り登山の場合には必ずツェルトを持参します。

テントでも体感しますが、いろんな場面でツェルトを使用された経験のある方は御存知かと思われますが、かなり暖かいものです。
「こんなに薄っぺらい、今にも破けそうな生地なのに!」と毎回関心させられます。
こんなペラペラの生地でも一枚あるか無いかで体への負担がかなり違うのです。
これは他の防寒着(たとえば、薄手のフリース約300gや厚手のフリース500g)を持参することには比べ物にならないくらいの効果があるのです。

たとえば、他に非常用装備としてメタ(固形燃料)を持参したりしますが、万が一ビバークしてツェルト泊することになった場合、閉じられた空間の中でメタを燃やすと、かなり暖かい夜を過ごすことができます。
遭難とまでいかなくても、捻挫等怪我をした時に救助隊が登ってきてくれるまでの間ツェルト内で待機できます。
真夏でも高山では疲労凍死した例はいくらでもあります。

今製品として出ているもので最軽量のものは250gぐらいかと思います。
たいした重さではないので是非持参して登ってください。
安心料として、保険として、そしてイザと言う時には最強の武器になります。

せめてグループでひとつあれば何とかなります。

オプションとして、ポール、フレーム、フライシートなどありますが、これはツェルトを積極的に使用される場合に必要となるものです。
これらをすべて揃えるとテントと代わらなくなってしまうのですが、それでもテントよりはコンパクトで軽い装備になりますので、そういう使い方をされる方もいます。

特に積極的に使用する登山の形態としては、「沢登り」です。
テント適地が無い、他に登攀具や沢用具などたくさんの装備を持つ、などの理由でツェルトを積極的に使用します。
1人用ツェルトに2人で寝たりするのが普通です。
ツェルトの両端を細引き(細いロープ)で周りの木々に吊ったり、枯れ枝をポール代わりにしてツェルトを立てたり
工夫します。

ですから、通常の登山では布一枚だけで結構ですので常にツェルトを装備されることをお勧めします。
かぶるだけでもかなり保温効果が大きいです。
できれば細引きぐらいは用意されておいた方がいいかと。
他の用途でも使えますし。

もちろん、何かあった時のための装備ですから、使用される可能性が低いからと言って持参しなくていいと言う理由にはなりません。
街中で何かあっても周りには必ず人が溢れていて何らかの措置をしてくれますが、山ではそうはいきません。
自分の身は自分で守らなければいけないのです。
それを肝に命じておいていただきたいです。

山岳会等、山の専門家集団ではツェルトを携帯することは常識となっています。

私の知り合いに山岳ガイドがいます。
その方の友達はツェルトを持参していなかったことが原因で死にました。低山でしたが。
それ以来、知り合いの山岳ガイドはどんな低山でもツェルトを携帯するようになったそうです。

日本アルプス等、有名な山よりもむしろ低山や無名の山の方が登山客が少なかったり、登山道が整備されていなかったりしてツェルトの必要性が高いかと思われます。

テント泊を予定している場合には、テント...続きを読む

Q伊豆白浜付近でのテント泊について

8月に子供を連れて多々戸浜に海水浴に行くのですが、もし無料でテントを張れる場所があれば渋滞を逃れるために夜の12時くらいに到着してテント泊をしようかなと思っています。
どなたか、いい場所があれば教えてください。
(砂浜でテントを張れればいいのですが・・・)

Aベストアンサー

こんにちは。

ちょっと難しいと思います。
この時期の下田っても~の凄く人か多いのです。しかも「若者」が多いです。当然夜中に砂浜で花火やったり、夜中もブラブラ歩いている若者も多いですよ。ちょっと危険な気がしませんか...?

伊豆というとノンビリとしている感じがしますが、下田の海近辺は地元を初め関東近郊から来る人も多くはっきりいってナンパの場です。白浜辺りは凄いです。そんなところにはテント張らないほうがいいですよ~

参考にならない話ですが、忠告として聞いて下さいね。

Qツェルトでテント泊について御意見聞かせてください。

よく登山の本など読んでおりますと、
夏や天候が安定しているときならツェルトで
テント泊してしまう人もいる、という内容を
目にします。
実際、どうなんでしょうか。
危険性はどのぐらいあるでしょうか。
またそういう方は本当に多くいるのでしょうか。

Aベストアンサー

一人での山行きは必ずツエルトです。バイクツーリングが最近は多いです。
十分使えます。
注意:ツエルトの生地には注意、自分のは完全防水タイプ、雨には完璧ですが、なんと内部に結露がすごいです。重さ400g
普通のナイロン生地のツエルトはバッスイザイを塗布しても防水効果は期待薄、
ゴアテックスのツエルトを購入するのなら(販売してるとして)賛成しません。
そんな購入資金があれば、1から2人用のテントをお勧めします。
ツエルトの選択条件:軽さを最優先して住環境を犠牲にすることとお考えください
ツエルト内での火気の使用は極力やめます(結露防止)
天気がよければ入り口のチャックはなるたけ開けて寝ます。
夏は虫対策のため締め切りますが、覚悟があれば星を眺めて頭はテントの外などいかが
2人で春の山スキーに使ったこともあります
危険性って何のことでしょう
大人数での山行きでも私のツエルトは必ずザックの中です

ツエルトの本来の使い方は非常用簡易テントもどきです

Q冬山テント泊を少しでも快適に過ごす方法は?

こんにちは。

このお正月、八ヶ岳に登って来ました。
私にとっては冬山デビューであり、冬山テントデビューでもありました。
でも結局は、天候・時間的な問題で、
目的地点としていた赤岳には登頂出来ず、とっても残念(´`;)
悪天の為、見晴らしも悪かったし・・・・・
(初めてだし、無理はしなかったんです)

でも、冬山はとっても楽しかったです!!
こんな楽しみもあったのかあ~とワクワクしました。
もうすっかり虜です(*´▽`*)

しかーし!!!!
雪の中でテント泊ってのは、思ってたよりも辛かった・・・。
あの寒さが何よりもこたえたんです(ρ_;)
まさか、あんなに寒いとは・・・・
やっぱり春夏秋のテント泊とは全く違うんですよね~
分かってた事とはいえ、さすがにびっくりでした。

そこで質問なのですが、
冬山テント泊を少しでも快適に過ごす為に、
皆さんが工夫している事、お薦めの装備品、過ごし方、食事・・・・
どんな事でも結構ですので、教えていただきたいなあ~と思います。
寒さはとってもこたえたけど、でも何だか楽しかったテント泊まり。
次に行く時も、ぜひテントで泊まりたいなあ~と思っています。
どうぞよろしくお願いしまーす(〃⌒ー⌒〃)

こんにちは。

このお正月、八ヶ岳に登って来ました。
私にとっては冬山デビューであり、冬山テントデビューでもありました。
でも結局は、天候・時間的な問題で、
目的地点としていた赤岳には登頂出来ず、とっても残念(´`;)
悪天の為、見晴らしも悪かったし・・・・・
(初めてだし、無理はしなかったんです)

でも、冬山はとっても楽しかったです!!
こんな楽しみもあったのかあ~とワクワクしました。
もうすっかり虜です(*´▽`*)

しかーし!!!!
雪の中でテント泊ってのは、思ってた...続きを読む

Aベストアンサー

元登山愛好者、山は子育てで育児休業?数年前から中年ハイカーの仲間入りで時期を問わず月一度の日帰りの山歩きをしている者です。(今は雪山ですね)
テント泊といっても単独がほとんどでしたから私はツエルトでした。

冬山のテント泊は寒いですね。(^^
以前は日常的生活の中でできるだけ薄い布団で寝るような耐寒訓練もしました。

暖かく過ごせるだけの装備が背負えれば良いですが、そうも行きませんね。

シュラフは厳冬期用のダウンの多い物を、シュラフカバーは当然使用します。
テントで泊まる時に寒さを感じるのは、背中から腰と股のあたりと足先です。
背中から腰にかけてマットを集中的に使用し、尻皮などあればそれを使うと良いですね。出来ればシングルの羽毛服くらいあれば良いかと・・・。
(雪山山行では欲しいので今、良い尻皮を探しています。)
股の部分は、私は行動用にウールのベストを使っていましたのでそれを履きました。これはお薦めです。

足先は予備の靴下など持っているものを履いて防寒足先にはザックを引いてその上へ足を乗せます。
膝からくるぶしまでは寒さを感じにくいので厚着の必要はありません。

今はアンダーウエアーも良い物が沢山有りますので、まず下着から暖かい物を利用すると良いですね。
ズボンはSOMMET(サミット)の物がお薦めです。長年の使用で目も詰まって本当に暖かいですよ。

とにかく、良い物を使い、持っていった物は最大限利用するしかないですね。

装備の無い頃、白根南嶺単独山行の尾根上でのビバークで寒さで目が覚めた時は抱えて寝たポリタンの水が凍りつく寸前でした。下山して早々に羽毛服を買いました。今から20年以上前の話ですが・・・。(^^

食料はレトルトを使いました、水場の少ない藪山歩きもしたため、温めたお湯をそのまま飲料水に利用していました。
レトルトの赤飯とシチューは良く利用しました。

元登山愛好者、山は子育てで育児休業?数年前から中年ハイカーの仲間入りで時期を問わず月一度の日帰りの山歩きをしている者です。(今は雪山ですね)
テント泊といっても単独がほとんどでしたから私はツエルトでした。

冬山のテント泊は寒いですね。(^^
以前は日常的生活の中でできるだけ薄い布団で寝るような耐寒訓練もしました。

暖かく過ごせるだけの装備が背負えれば良いですが、そうも行きませんね。

シュラフは厳冬期用のダウンの多い物を、シュラフカバーは当然使用します。
テントで泊まる時...続きを読む

Qニュースの「~病院へ搬送されましたが・・・」について

病院へ搬送されましたが軽傷でした
病院へ搬送されましたが重体です

軽傷の場合でも命にかかわる重体や重症の場合でも「搬送されましたが」と言う言い回しをニュースでは使っています。この「が」についてですが、病院へ搬送するような状況、つまり怪我を治療するために病院へ搬送するわけですが、死亡や重体の場合のみ「病院へ搬送されましたが重体です、または死亡しました」と言う伝え方で、命に別状はない場合や軽傷の場合は「病院へ搬送し軽傷です、または命に別状ありません」など区別するべきだと思いますがどうでしょうか?

要するに、死亡した場合でも、軽傷でも「病院に搬送されましたが」と言う言い回しは視聴者に誤解があると思います。仮に、知り合いや家族友達のことだったらその瞬間「病院へ搬送されましたが」と、この時点でドキドキしませんかね?なぜこの「が」は命に関わらなかった場合にも使用しているのかがまったくわかりません!”!”

Aベストアンサー

重症なのか、軽症なのか、死亡しているのか、心肺停止なのか

判断するのは搬送先の病院の先生ですから、「病院へ搬送されましたが(そこでの診断の結果)xxでした」で良い様な気がします…。

Qテントと車中泊ではどちらが快適でしょう

連休なので
軽自動車に自転車を積んで遠出して遊びに行きたいのですが
泊まるところはテントと車中泊ではどちらが快適で良いでしょうか。

Aベストアンサー

軽自動車とテントならばテントの方が体を伸ばせますし寝返りも打てるのでテントの方が快適でしょうね。
軽自動車ですとあまり体を動かせないでしょうし、エコノミークラス症候群のリスクも有るでしょう。
今では手足を自由に動かせるシュラフもありますから、シュラフを被った、いや着たまま外にも出られますし。(笑)

Q119通報人と搬送人の責任義務はどう違ってくるのか

 
危篤状態に陥った身寄りのない人を119通報して救急車を呼んだ場合、通報人は何らかの義務を負うのでしょうか。
また119通報しないで自ら近くの病院に搬送した場合、搬送人は何らかの義務を負うのでしょうか。
この場合、搬送人は同時に付添人とみなされるのでしょうか。
119通報した通報人と自ら搬送した搬送人は、そのあと責任義務として法的にどのような違いが生じますか。
 

Aベストアンサー

"危篤状態に陥った身寄りのない人を119通報して救急車を呼んだ場合、
通報人は何らかの義務を負うのでしょうか。"
   ↑
法的義務は負いません。
ただ、事実上色々事情を聞かれることが
あるかもしれません。


”自ら近くの病院に搬送した場合、搬送人は何らかの義務を負うのでしょうか。”
     ↑
この場合は、法的には「事務管理」が成立
しますので、一定範囲で義務を負う場合が
ないではありません。

ただ、病院に搬送したのであれば、通常はそれ以上の
義務は発生しません。


”搬送人は同時に付添人とみなされるのでしょうか”
     ↑
そういうことはありません。
通常は、病院に搬送すれば、それで十分です。



(事務管理)
民法第697条
1.義務なく他人のために事務の管理を始めた者(以下この章において「管理者」という。)は、
その事務の性質に従い、最も本人の利益に適合する方法によって、
その事務の管理(以下「事務管理」という。)をしなければならない。
2.管理者は、本人の意思を知っているとき、
又はこれを推知することができるときは、
その意思に従って事務管理をしなければならない。


(緊急事務管理)
第698条
管理者は、本人の身体、名誉又は財産に対する急迫の危害を免れさせるために
事務管理をしたときは、悪意又は重大な過失があるのでなければ、
これによって生じた損害を賠償する責任を負わない。

(管理者の通知義務)
第699条
管理者は、事務管理を始めたことを遅滞なく本人に
通知しなければならない。
ただし、本人が既にこれを知っているときは、この限りでない。

(管理者による事務管理の継続)
第700条
管理者は、本人又はその相続人若しくは法定代理人が管理をすることが
できるに至るまで、事務管理を継続しなければならない。
ただし、事務管理の継続が本人の意思に反し、
又は本人に不利であることが明らかであるときは、この限りでない。

"危篤状態に陥った身寄りのない人を119通報して救急車を呼んだ場合、
通報人は何らかの義務を負うのでしょうか。"
   ↑
法的義務は負いません。
ただ、事実上色々事情を聞かれることが
あるかもしれません。


”自ら近くの病院に搬送した場合、搬送人は何らかの義務を負うのでしょうか。”
     ↑
この場合は、法的には「事務管理」が成立
しますので、一定範囲で義務を負う場合が
ないではありません。

ただ、病院に搬送したのであれば、通常はそれ以上の
義務は発生しません。


”搬送人は同時に付...続きを読む

Q夏の登山はキツイですか?

今月、登山に行く予定なんですが夏の登山って
暑さの関係できついですか?

今日みたいな暑い日には避けて行こうと思ってるんですが、
ちなみに山は都内から近い低い山です。

暑さに弱いので、分かる方教えてください

Aベストアンサー

 非常にきついです。朝晩は涼しいですが、日中は非常に暑いです。一般的に標高が100m上がると気温は0.6℃下がると言われていますが、その分運動しているのでやっぱり暑いです。

 暑い日を避けるといっても夏ですから、たいして変らないと思います。曇りの日を選ぶと山は雨が降ったり・・・。

 水は飲みすぎると汗ばかり出て、かえってバテますが、どのくらいがちょうど良いかは経験を積まないとなかなか判りません。

 でも、下山したあと温泉でも入って、冷たいビールでも飲めば暑さも吹っ飛びます。がんばって下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報