gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

7月の中頃、北海道の幌尻岳に登るのですが登山口から山小屋まで沢渡りがたくさんあるようですが、沢渡り沢登り用の地下足袋タイプの靴を釣具屋で買いました。指を入れるところが親指と他の4本の指を入れる所に分かれているのですが、店では靴下ははかないで素足ではいてよいと聞いたのですが、山小屋までは水の中だけでなく陸上もかなりの距離を歩くようですが、薄い靴下でも履いたほうがよいでしょうか、それともこのタイプの靴専用の靴下があるのでしょうか、経験者の方どうでしょうか。時たま地下タビで登山している人を見かけますが。勿論山小屋から上は普通の登山靴を用意します。
もひとつ、この時期山小屋から頂上まで残雪はどうでしょうか、残雪対策は必要ありませんか。2年前この時期にトムラウシには登ったことがあるのですが。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

靴下はあったほうがよいと思います。


わたくしは別のタイプを使っていますが、渡渉時に小石が進入し無い場合にはたいへん苦労をしました。
専用靴下が無い場合でも普通の靴下が足を保護してくれるでしょう。

渡渉は11回を記憶しています。
それなりの悪路もあるので足もとに注意してください。
また手をかける石の上にも無数のムシがいるので注意してください。

小屋からはやはり登山靴がベストです。
雪渓はありますが、軽アイゼンも必要ないほどです。
七つ沼カールにも7月中旬ではコース上に雪はないでしょう。

余談ですが、「車上狙い」には注意してください。
駐車場も狭いので早めの確保を・・・。

7月中旬では水もかなり少なくなっているでしょう。
お楽しみください。

参考URL:http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?catego …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速御回答有難うございました。地下足袋でしたら、小さい砂や小石が入る事があるのですね。私が買ったのは「フイシングたび」と言う商品名で売られている中国製の品物で、底は厚さ1cm程度のフェルト製で、地下足袋の布の部分は厚手の靴下状になっていて、その靴下が脛(足の膝より下)の中ほどまで来ます。つまり地下足袋の上の方は厚手の靴下になっています。紐などは付いていません。モンベル製品とはかなり違います。価格は1850円でした。これでも小石が入るでしょうか。
又フエルトが剥離しないかも心配です。登り下り1回程度ではそういう事も起こらないかとも思っていますが。
残雪は心配無用なのですね。

お礼日時:2009/06/28 19:34

>底は厚さ1cm程度のフェルト製で、地下足袋の布の部分は厚手の靴下状になっていて、その靴下が脛(足の膝より下)の中ほどまで来ます。



以前は沢登りにこのタイプのものを使っていました。安いので重宝していました。黒部の源流もこれで行きました。
靴下は足袋ソックスを使っていました。
靴下がないとやはり痛いです。足の出し入れでも靴下があるほうが楽です。靴下はホームセンターの作業用品の売り場で買っていました。
軽いですので渡渉用にリュックの底に忍ばせておくという使い方が出来ます。安いですからフェルトが痛むということはあまり気にしなくていいでしょう。減るというよりは圧縮で薄くなるという感じです。

今は山の店で売っている沢登り用の渓流足袋を使っています。靴下は厚手の物を使っています。足が足袋の中で動かないようにピッタリしたサイズにしていますので歩くと疲れます。

近くの山に行かれて沢筋を歩いてみられるといいと思います。
膝ぐらいまでの深さであれば積極的に水の中を歩かれるといいでしょう。濡れた石の上でのグリップの具合を確めておくといいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、まとめてお礼申し上げます。御回答有難うございました。
靴下を履いたら安物地下足袋でも問題ないようですので安心しました。
大変参考になりました。回答全部に20点差し上げたいのですが、それは出来ないようですので、古い回答順でお許し願います。

お礼日時:2009/07/11 11:44

3年前の7月15日に行きましたが、残雪は少量で問題なかったです。


貴方が購入の物を想像すると、足首までの靴下がお勧めでしょう。
ただ、フェルト底の滑り状況を自宅浴室でのテストが必要と思います。
渡渉まで2時間位、林道を歩く時は登山靴が良いです、というかフェルト底が痛みます。
渡渉は20回位あったと記憶してますがスティック類は必需品です。
水の深さ調べとバランス維持に役立ちます。ちなみに必ず浅い所があるので丹念に渡渉場所を探って下さい。
渡渉時の登山靴はザック内に収納します。外に吊り下げると渡渉時に不安定になります。
私は幌尻山荘の予約が取れず、2:30出発、16:30着の日帰りでした。
大雨の翌日等の水量の多い日は強行しないことを忠告致します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q渓流シューズと地下足袋の差

いつもお世話になっています。すでに還暦をすぎているオヤジです。

私は以前(といっても40年ほど前ですが)に沢登りにいっていたときに靴をもって
いかず地下足袋のみで歩いていました。当時は「わらじ」使用がベストなんていわれて
いましたが、わらじよりもはるかに地下足袋の方がフリクションが効いて、快適に
遡行することができました。下りの時にツメを痛めるのがたまに傷でしたが・・・

さて、最近では遡行記録をみると渓流シューズの使用という記述をよく見るのですが
わらじや地下足袋の記述はまずありません。

つきましては地下足袋と渓流シューズとの差についてご教示いただきたくよろしくお願
いします。

Aベストアンサー

 登山歴35年ほどです。沢登りの経験も30年ほどあります。

 地下足袋とワラジの時代から沢登りをやっていますが、地下足袋、滑りますよ。
 もっとも、ゴム製ソールの「濡れた岩に対するグリップ力」は、ゴム質によって大きく異なるので、滑りにくい地下足袋もあったのかもしれません。私が履いた十数足の地下足袋はどれも沢ではまともに行動できないほど滑りましたが。
 私は学生時代は生協で売っていた1,000円の運動靴で沢登りをしてました。これが最もグリップしたので。
 左右をまとめてジーパンの尻ポケットにつっこめるくらいペラペラで、ソールも見る間に減ったしアッパーの造りも柔くてすぐ穴が空いたので、3~4日の遡行だと2足くらい予備を持っていかないと不安なくらいでしたけど。

 最近はまともなワラジの生産者がいなくなったため、「地下足袋+ワラジ」という遡行スタイルはほぼ絶滅しています。
 替わりに出てきたのが渓流シューズというモノです。

 地下足袋のみの遡行は、普通はまずあり得ません。ウエット状況でよくグリップする地下足袋は現在でも存在するかもしれませんが、そもそも地下足袋という商品が「沢登り用」として開発・販売されているものではないので、その当たり外れは自分で試行錯誤するしかありません。「ハズレ」を引いたときは(ほとんどの製品はハズレだと思いますが)、入渓して100mも歩かないうちに遡行を断念せざるを得ないほどグリップしないでしょう。

 渓流シューズは、ほとんどがフェルトのソールなのですが、濡れた岩に対してはよくグリップします。
 乾いた岩や砂礫、草付きでは頼りないですが、沢では総合的に考えて最も無難な選択だと思います。

 キャラバンがラバーソールの渓流シューズを出しています。下記サイトで「○○アクア」というネーミングのモデルがそれです。

http://www.caravan-web.com/caravan/keiryuu/index.html

 これはファイブテンというソールメーカー(靴も作ってますが)が開発したアクアステルスというソールを使ったモデルで、キャラバンの他には秀山荘がアクアステルスモデルを作っています。

 このアクアステルスは、私はかれこれ10年で4足ほど使っていますが、グリップは抜群です。
 まあ、ラバーソールの場合は「どんな岩でも」というわけにはいかず、相性が悪い岩質の場合はかなり頼りないですが、概ねどんな岩でもよくグリップしますし、乾いた岩や砂礫、草付きといったフェルトが苦手とする場面でも平均してよくグリップします。もしくはフェルトほどグリップが落ちない、というべきでしょうか。
 特に乾いた岩では、元々クライミングソールですから異次元のグリップ力です。

 キャラバンなどのアクアステルスモデルのページには、ヌメリがあったり苔むした岩には適さない、などと書かれていますが、岩質によってはヌルヌルに水垢が着いた岩でもまったく問題なかったりしますし、逆に水流に洗われているヌメリも苔もない岩でも意外に頼りなかったルすることもあるので、岩質による差の方が大きいと感じています。

 私自身は、アクアステルスの靴だけで沢登りをすることについて、何の問題も感じていません。多少頼りなく感じる場面はあっても、普通の靴よりは遙かにグリップしますし、草付きやアプローチ、退路を含めた総合的な場面で、最も平均して高いグリップ力があるので、むしろアクアステルスがベスト、と思っています。なので10年前にアクアステルスに出会って以来は、沢靴はアクアステルスモデルしか買っていません。

 耐久性については、もちろんフェルトよりはゴム底の方が圧倒的に長持ちします。
 フェルトでも天然素材のゴートフェルトはさらに耐久性が低いです。
 アクアステルスはグリップが高いだけ、普通のゴム底よりは減りが早いですが、それでも普通の使用状況でしたら2~3シーズンは持つと思います。毎週末必ず沢に入るような使い方だと1シーズンしか持たない人もいるようですが(その人はフェルトだとシーズンに2回張り替えるそうです)。

 登山歴35年ほどです。沢登りの経験も30年ほどあります。

 地下足袋とワラジの時代から沢登りをやっていますが、地下足袋、滑りますよ。
 もっとも、ゴム製ソールの「濡れた岩に対するグリップ力」は、ゴム質によって大きく異なるので、滑りにくい地下足袋もあったのかもしれません。私が履いた十数足の地下足袋はどれも沢ではまともに行動できないほど滑りましたが。
 私は学生時代は生協で売っていた1,000円の運動靴で沢登りをしてました。これが最もグリップしたので。
 左右をまとめてジーパンの尻ポケ...続きを読む

Qガスカートリッジの購入 その他

金曜日の午後7時頃新千歳空港に着きます。その後、レンタカーで国道337→274号経由でトムラウシの短縮登山口へ向かい、朝イチで登山を開始します。

そこで、質問です。
1 途中でガスカートリッジを購入したいのですが、夜9時以降もあいているお店がありますか?
→ホーマックは夜8時までの営業のようで、レンタカーの手続を考慮すると、購入は厳しいかなと。
2 途中で夕食が食べれるようなお店はありますか?
→なさそうなら、空港で食べていこうかと思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

空港内で扱っているという情報がありました。↓
http://members.jcom.home.ne.jp/s.ohata/2006hokai/2006tarumae.htm
問合わせてみてはいかがでしょうか?

Q幌尻岳、日帰りまたは1泊2日で登れますか?

今度、北海道に行ったときに幌尻岳登山を考えています。
あまり時間が取れないので、日帰りまたは1泊2日ぐらいで登れればと思っています。
登山ルートを見ると結構ハードそうですが、可能なものでしょうか?
体力は中の上ぐらいだと思います。
これまで、白馬岳日帰り、槍ヶ岳1泊2日で登ったことがあります。

途中まで自転車を使うなど、ちょっと変わった方法を使えばできそうというのがありましたら、合わせて教えて頂けると幸いです。
また、幌尻岳はヒグマの生息状況はどうでしょうか?

以上です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

3年前の7月に日帰りで行きました。当時61歳です。
理由は幌尻山荘が混んで予約が取れなかったからです。

前日の明るい時間に林道ゲートで 同じ理由の日帰り組を集め、計4名との同行を約束し車中泊する。
翌日は2:40出発、勿論真っ暗なのでヘッドランプ装着です。
ダム取水口に着く頃(3:50)は明るくなり、幸いに熊とは遭遇しませんでした。
4名で徒渡し山荘着は5:25でした。その後は自然に解散でした。

幌尻岳には8:20着、30分休憩して林道ゲートに14:20着でした。

12時間の長い登山となりますが、金峰・瑞垣山の日帰りで経験しており それ程苦痛でもなかったでしたが1泊がお勧めでしょう。

林道は凹凸が少なく自転車の通行は可能で日帰り11時間コースですね。
必ず額平川の水量の少ない日のみ、徒渉してください。

Q日帰りで行ける涼しい山(東京から)

 山には行きたいのですがまとまった休みが取れません。
今の季節日帰りで行ける東京近郊の山は登るに暑そうですが、その中でも割合涼しそうなお勧めの山はございませんでしょうか。

Aベストアンサー

日光は中禅寺湖周辺は、下界より10度気温が低いです。
標高を調べていくと、目的地の大体の目安になります。用意する上着を選ぶのも楽です。

日光白根山などは如何でしょう?近くに立ち寄り湯もあります。

Q剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当時の剣岳登山はあんなに困難を極めていたのでしょうか?行者も登っていたと映画で出てましたし。ただ単に天候に恵まれなかっただけなんじゃないでしょうか?

また、このルートは見た目は迫力あるのですが登りの長治郎と頂上までの最後の岩場も難なく上れました。不安を感じたのは頂上直下の岩場だけ位でした。

よく剣岳を登るのは大変だとか初心者にとっては危険だと山をよく知っている人から聞きます。剣岳登山は厳冬期の方が登りやすいのでしょうか?そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで
私だけが初心者でした。夏は登山をしたことがありません。

そのときに元気な若者たちは源治郎尾根とか赤谷とか何とか窓というグループに分かれていました。
私は年配者のグループでした。

剣岳登山は本当に難しいものなのでしょうか?

剣岳点の記を昨日、テレビ映画で見ました。
私は約10年前に厳冬期(12月下旬)に仲間と剣岳登山をしたことがあります。丁度本格的登山を夏から始め、初めての雪山でした。
映画に出てくる長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。お天気に恵まれ、雪崩もなく、雪庇も踏み外すこともありませんでした。

ルートは扇沢 黒部ダム 内蔵助平 真砂沢 長治郎谷 剣岳頂上 早月小屋 早月尾根 馬場島
でテントは真砂沢、早月小屋の横の2泊3日でした。
映画の当...続きを読む

Aベストアンサー

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かったのではないかと思います。
携帯用コンロなんてものはありませんし、ゴアテックスの雨具もないです。
現代の登山は、用具もノウハウも当時とは比較にならないほど進化しています。
結果、体力にしても根性にしても、今と比較できないほど登山は危険に満ちていたはずです。

あなたが登った厳冬期ですが…あなたはゴアテックス&羽毛の最新ウェアを着ないで、フリーズドライの食品を利用せず、携帯用コンロを利用しないで、LEDの懐中電灯もなく、ナイロンのテントを布の重いテント(ナイロンテントの3~5倍近い体積と重さになるはずです)を背負って!というのを想像できますか?あ、シュラフもシュラフカバーも使わないでくださいね。

>そのときのメンバーは大学登山の経験豊富な方々ばかりで私だけが初心者でした。
経験豊富な先輩方がいたから、しかも初心者が一人だったから登れたのです。
その、経験豊富なメンバーも「経験を積み重ねて」「ノウハウを得ている」から登れたわけで、地図を作るための人は目的が違いますし、登山の専門家でもないです。当然、当時はアルピニズムのノウハウなんかも日本では殆ど無いに等しかったのです。

もっと低い山でも、遭難事件は起きています。
ツアーでは当然経験豊富なガイドが付いているにもかかわらずです。初心者が多ければ、経験豊富なガイドがいても…昨年は8人が北海道でなくなっているのじゃなかったでしたっけ?

あなたの場合、恵まれた環境で登山ができただけで、決して、それが当然だとは考えるべきではないです。

>長治郎谷ルートで全く難なく成功しました。
ルートがなかったんです。
そのルートは、先人が「登りやすい路はどこにあるのか」を経験を重ねて見つけ出し、整備しているものです(整備というと木道や階段などを想像しがちですが、北アルプスにおいてはそれと限りません。)
もちろん、扇沢までも路などはありませんから、そこまで行くのさえ苦労したはずです。
(というか、当時は黒部ダムはありませんから富山側から立山経由で行くしかなかったはずです)

装備も、非常に簡素であったでしょうし、食料も重かっ...続きを読む


人気Q&Aランキング