痔になりやすい生活習慣とは?

カテゴリーがちょっとずれていたようなのでこちらであらためて質問します。

今度友人の結婚パーティがあるので、久しぶりに保管していた服を出したら、たたみじわがかなりしっかりと付いてしまっていました。
数日間ハンガーにかけて置いても、ちょっとやそっとじゃ取れないようなしわです。

生地は表地:レーヨン100%、裏地:ポリエステル100%です。
いっそ一度丸洗いしてみようかとも思いましたが、調べてみたところレーヨンは家庭では洗えないようなので、クリーニングに出そうかと思っています。
(自宅でアイロンがけして失敗するのも怖いので…)

クリーニング店のメニューを調べてみましたが、しわ取りに関しては特に記載されていないようでした。
しわを取る目的でクリーニングに出したことがないのですが、綺麗に仕上がるでしょうか?
ちなみにクリーニング店は近所のチェーン店に出そうと思っています。
もし経験者の方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

モノによりますが・・・



シルク好きなので感触が似ているレーヨンもたくさん持ってますが。
レーヨンは家庭で洗えます。
念のため裏返してネットに入れて
洗濯機のメニューはソフト系で。
(私はネット+普通洗い)

干せばレーヨンですからシワは消えますよ(^^)

なので、霧吹きで満遍なくぬらして干しても消えますし
裏返してあて布をしてスチームアイロンをかけてもでも消えます。

クリーニングに出す場合は
普通のメニューで出します。
シミ取りの必要があれば伝えますが
それ以外はお店の人が判断してくれますし
シワも消えて戻ってきますヨ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
レーヨンは家庭でも洗えるんですね。
私が調べたところでは、レーヨンは水につけると縮むと書いてありましたので…。

ちなみにモノはチャイナドレスです。
家で洗濯するにもかなりの大物なので、とりあえずクリーニング店で相談してみます。
あらためてありがとうございました。

お礼日時:2009/10/29 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーヨンの素材は洗濯するとシワになりやすいと聞きます。 シャツ生地でレーヨン81, ナイロン19 の

レーヨンの素材は洗濯するとシワになりやすいと聞きます。 シャツ生地でレーヨン81, ナイロン19 のものは確かに洗濯じわがひどいですが、レーヨン95, ポリウレタン5のカットソー、ポリエステル70, レーヨン30のカットソーはいずれも洗濯後、しわにならずツルンとしてます。

1.レーヨンが入っていてもシャツではなくカットソーであれば洗濯してもしわにならないということでしょうか。100%でなければ大丈夫なのでしょうか。

2.スウェット地だと洗濯じわはどうでしょうか。レーヨン64とナイロン36のスウェットを買おうか迷ってます。

3,ついでに、羽毛が立ちやすいのはアクリルだけ避ければOKですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一言でレーヨンといっても、千差万別。基本的には、再生繊維といって、木材パルプや綿花の綿を取った残りを薬品で溶かして、繊維状にしたものですが、繊維の断面を変えたり、中空ストロー状にしたりと、色々あります。
元々が、綿花なので、レーヨン=木綿みたいな特性、従って木綿と同じく、シワになり易いのです。
ところが、樹脂を浸み込ませてシワになりにくくしたりするので、一概には言えないのです。
ナイロンは、要するに細い釣り糸みたいな物。だからシワにはならないが、感触が悪い。敏感肌には良くない。アクリルは、毛玉は出来にくいが、出来たら取れにくい。
ウールは毛玉になり易いが、取りやすいです。ちなみに、ウールは人間のタンパク質に近いので、違和感が少ないのです。もっと人間のタンパク質に近いのが、シルクです。古代から、人間は、知らず知らずのうちに、絹を選んでいたのです。なるべくシワを防ぐには、絞りを甘くして、干す時に手のひらで挟んで、パンパンと拍手するようにたたくと良いです。

Q洋服にシワがついたときの手入れ

シワをとるミストのような商品を
見かけましたが、そういうのは
水洗いができる水に強い素材にしか
使えないんですよね。

例えばポリエステル70%レーヨン30%など、
水に弱い素材が混ざったスカートを1日着て、
座りジワなどがついたときは
どのような手入れをしたら良いのですか?

Aベストアンサー

当て布をすれば、アイロンしてもてからないので大丈夫です。
てかりは摩擦によって、生地がペチャンコに寝てしまうことが原因です。
レーヨンの割合が低くくても、水は避けた方が無難です。
うちにあるエマールで調べたところ、レーヨンの混紡は家庭で洗えない、と書いてありました。
※絹、レーヨン、キュプラ、アセテートと、これらの混紡は洗えない
ただし、「手洗い可」の表示があるものはOKとのことでした。
レースのついたワンピースが手洗いもできないものでしたら、
ドライクリーニングに出すしか方法はありません。

Qレーヨン製品はどうあっても家で洗えない?

「レーヨン」と衣類洗濯表示に書いてあるだけで、
どんなに形が気に入っていたとしても
洗えないから買うのを泣く泣くあきらめています。


このあいだ、すごくかわいいボーダーのニットを
見つけたのですが、
レーヨン55、ナイロン45%でしたので
がっかりしました。
家で洗えるのなら即買いなのですが、
レーヨン製品はどうあっても家で洗えないのでしょうか?
それとも混紡のレーヨンの配分に
よっては洗えるものもあるのでしょうか?
それでしたら
どのような繊維の組み合わせ、配分だったら、
洗えるのでしょうか。

教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。昔繊維関係で仕事をしていたので、すこしでも参考になれば・・・・。レーヨンは基本はクリーニング扱いですが、ちゃんと丁寧にすれば家で洗えますよ。ハイベックなどのドライ扱いの洗剤を使って手押し洗いかネットに入れてドライボタンで「洗い」。製品の状態によりますが、手すすぎの方が傷みにくいでしょう。汚れがひどいときは必ずポイントで汚れを落としてくださいね。あとは陰干し表示であれば室内で使ったネットをハンガー二つ使ってピンと張った上に平らに乗せれば良いでしょう。
ただ、麻+レーヨン+しわ加工などや形(加工)が複雑になってくると・・・・。
 因みに、私は10数年前に買ったレーヨン100のシャツ(平織りプリント)は普通に洗って(ネットに入れてますが)も別に破れていませんし、テンセルやレーヨン100のジーンズはもう通常の洗濯洗剤で洗っています(これはお薦めできませんが)。「手入れが面倒で着ない」よりは、どんどん着てあげましょうね。

Q麻100%のスカートをクリーニングに出したらしわだらけに・・・

クリーニングに出していた麻100%のスカート(DAKS)の出来上がりのことでご相談します。
先ず、(1)購入は1ヶ月ほど前 
   (2)着用は3日か4日ほど
   (3)クリーニング回数・・初めてのクリーニング 
以上の商品です。クリーニングに出すときに麻100%だからと追加料金を取られました。
クリーニングが出来上がってみてみると、スカートの前の部分はアイロンがあたってないような状態。後ろは幅10cmから15cmに渡り、端から端まで横皺が入っています。とても着れる状態ではなくクリーニング店に持っていきました。
再度プレスをしますとのことでしたので、今日取りに行きましたが、前の部分はアイロンがあてられてきれいになっていましたが、後ろ部分はそのままでした。
工場の担当の人と話をしても座り皺だから仕方が無いとの返事。私はアイロンの温度が影響しているように思うのですがどうでしょうか?専門家の方教えて下さい。
またこのまま泣き寝入りになるのでしょうか?

Aベストアンサー

クリーニング店で受付をしている者です。

麻100パーセントの品物の仕上げはプロでも非常に難しいです。
うちでも追加料金を取らせていただいています。
#1のご回答通り、麻100のアウター物のピシッとした仕上がりというものはあまり期待出来ません。
「シワ(ある程度の)も味のうち」と思って着用していただきたく思います。

ワイシャツでしたら、麻100でもピシッと仕上げることは出来ます。それは水洗い後、かなり糊を利かせ高温のラインで処理しているからです。

といってそれをスカートに施したら、しわがなくなるかわりにおせんべいのような風合いになってしまうと思いませんか。
ある程度のやわらかなシルエットを保つためにはあまり無茶なことは出来ません。
(原則、工場では家庭のような平らなところでのアイロンがけはせず、立体の人型にかぶせ、適度な蒸気を噴出させて仕上げています)
麻だけでなく、綿も比較的座りジワは取れにくい素材です。
仮にとれてもまた次の着用後ついてしまいます。

今の状態に納得できなければ、もう一度かけあってみて下さい。
再プレスは可能です。
ただ、あまり仕上がり自体はあまり変わらないかと思います。
(風合いを損なうからと、工場から断りがはいるかもしれませんが)

シワを無理にとろうとして品物全体を傷め、賠償問題に発展することこそクリーニング店がもっとも恐れるところですので、そこはご理解いただきたく思います。

クリーニング店で受付をしている者です。

麻100パーセントの品物の仕上げはプロでも非常に難しいです。
うちでも追加料金を取らせていただいています。
#1のご回答通り、麻100のアウター物のピシッとした仕上がりというものはあまり期待出来ません。
「シワ(ある程度の)も味のうち」と思って着用していただきたく思います。

ワイシャツでしたら、麻100でもピシッと仕上げることは出来ます。それは水洗い後、かなり糊を利かせ高温のラインで処理しているからです。

といってそれをスカー...続きを読む

Qブラウスのシワが取れず、困っています。

いつもお世話になります。
今、とても困っており、アドバイスいただけると助かります。

先日、買ったばかりで半日着用した、ポリエステル100%のブラウスを洗濯しました。

おしゃれ着洗い用の液体洗剤を使用し、脱水方法もドライで1分間と気を使って洗濯したつもりでしたが、シワが入ってしまい、アイロンをかけても直りません。
そこで、再度水で濡らして、脱水を全くしないで吊るしてみたのですが、それでもシワがついたままになっています。
ポリエステルなので、シワになりにくいと思っていましたし、買ったばかりなので、とてもショックです・・。
ブラウスは百貨店で購入した国内ブランドのもので、高級というほどではないにしても、そんなに安いものでもありませんでした。

どのようにしたら直りそうか、アドバイスをいただけると助かります。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

洗濯後、半乾き状態の時に当て布をしてアイロンを掛ければ、取れるのでは…と思います。
綿のハンカチ程度でよいので、当て布をしてください。
しないと生地の色が変わったり、質感が変わったりします。

Qレーヨン素材の服を洗濯したいのですが、縮むのではないか心配です。

レーヨン素材の服を洗濯したいのですが、縮むのではないか心配です。

そもそもですが、レーヨン68%アクリル27%ポリウレタン5% のインナーtシャツなんですが、これは
レーヨンが7割も含んでおります。


洗濯するにあたって縮む可能性ってかなりありますでしょうか?

もちろん洗う時間を短縮したりするなどの工夫次第ではいけますが、レーヨンを7割ぐらい含んでる服でしたら
ネットにいれて洗濯機で洗えないでしょうか?


またインナーシャツなので、多少縮んでもいいかなぁと思ったのですが、もし縮んでも伸ばしたら元に戻るものなのでしょか?
そこらへんがよくわかりません。


また、レーヨン7割ぐらいでしたら、汗によるシミなどもあまりできないでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、私はクリーニング屋で勤めております。素材的にレーヨンは水分を含むと、繊維が縮みます。しかし、濡れている時には縮んでいますが、乾燥すると(自然乾燥)ほとんど元にもどります。それにアクリルは、逆に水分を含むと伸びます。混紡率がアクリル繊維が少ないのでいいとはおもいます。まず、お悩みのインナーをご家庭でうまく洗濯する方法ですが、洗濯コースのデリケート洗いが良いかと思いますが、洗濯機で洗いますとインナーにレーヨンが含まれているので、洗濯後シワになってしまいます。お勧めは手洗いが良いかと思います。あんまり汚れが無い場合ならば、桶やバケツなどにぬるま湯を入れ、洗剤は中性洗剤を使い、つけ置き洗いで十分です。30分ほどたったら
きれいな水ですすぎ、仕上げに柔軟剤を入れて、おしまいです。干すときなのですが、絞らずにそのままハンガーに掛けて干しますと、乾燥後ほとんどシワになりません。アイロン掛けも楽かと思います。どうしてもご心配の場合は、クリーニング屋にお任せしてみては?

Qドレスのしわは・・・?

提携店でとっても素敵なドレスを見つけて、そこでレンタル(20万)しようと思ったところ、偶然インターネットで全く同じドレスが売り出されていたので思わず購入(2万円)してしまいました。

ドレスもキレイでとっても安く済んだと思っていたのですが、やはり少しドレスにしわがついており、少し気になります。
そこまでひどいものではないのですが、やはり前撮りと披露宴当日はキレイな状態で着たいです。

一度クリーニングに出せば、きれいにもどってくるでしょうか?
それともクリーニングしてもやはりしわはつくでしょうか?

こんなことならショップで手入れされたものをレンタルしたほうがいいかなとさえ思い始めました。

披露宴当日まで、キレイな状態でドレスを保管しておくのに、何かいい方法はないでしょうか?
アイロンをかけてくれたりすることもあると聞いたことがあるのですが
そんな経験された方は居ませんか?

またクリーニングなどでおすすめのお店があれば教えてください。

Aベストアンサー

カメラマンをしております。
実は 布のシワ伸ばしに結構使えるのが ヘアドライヤーなんです。
良く撮影の時など 人が着ている状態でも簡単に出来るのが便利です。

生地によっては[霧吹きがNG]の場合もありますが、ドライヤーの温風~熱風をコントロールしながら、布を引っ張りながら布に強い熱がかかり過ぎないように注意すれば、結構シワは伸びてくれます。

アイロンと違って 布地に直接熱いものを触れさせないので 万が一のミスが防げるんですよね 。。。。

Qポリエステル100%なら、自宅で洗濯しても大丈夫?レーヨンとポリエステルの違いは?

夏は汗をよくかくし、クリーニング代もかなりかかるので、自宅で洗えるものは出来るだけ洗うようにしています。
先週新しく買ったスカートの素材を見ると、ポリエステル100%となっているのですが、よくスカートの裏生地に使われているようなツルツルした感じではなく
「ちょっと麻入ってる?」と思うような(実際は入ってないのですが)加工というか、そんな生地の感じです。手触りとか。
スカートのタグの表示を見ると、「水洗い×、塩素系×、アイロン(中)○、ドライ○」となっています。
で、我が家使用のアクロンの表示では、このような表示の場合でも洗濯OKとなっているので、普段はポリエステル100%のスカートなどは洗濯してます。
よくあるツルツルのポリエステルとは少し加工が違うみたいなのですが、素材的にはポリエステル100%なので、普通に自宅で洗っても大丈夫でしょうか?
ちょっと不安なので、これはクリーニングに出すべきか迷ってます。

また、アクロンのボトルの表示を見ていて思ったのですが、このようなタグ表示の場合でも、「シルク、レーヨンには使用できません」と書いてありました。
シルクとレーヨンは水洗いで縮んでしまうから?ですか。
レーヨンとポリエステルって今まで同じように捉えていましたが、この2つの違いってなんでしょう・・・?
↑これは本当に素朴な疑問なので、もしご存知でしたらで結構です^^;

夏は汗をよくかくし、クリーニング代もかなりかかるので、自宅で洗えるものは出来るだけ洗うようにしています。
先週新しく買ったスカートの素材を見ると、ポリエステル100%となっているのですが、よくスカートの裏生地に使われているようなツルツルした感じではなく
「ちょっと麻入ってる?」と思うような(実際は入ってないのですが)加工というか、そんな生地の感じです。手触りとか。
スカートのタグの表示を見ると、「水洗い×、塩素系×、アイロン(中)○、ドライ○」となっています。
で、我が家使用...続きを読む

Aベストアンサー

ポリエステルとは昔はテトロンと呼ばれ(登録商標)、現在ではペットボトルにも使用されている石油由来の合成繊維です。レーヨンは木材のセルロースから作られる再生繊維です。レーヨンはその主成分が天然ものですのでドライクリーニングが安全だと思います(繊維が水を吸いますのでそれによって縮んだり伸びたりします)。ポリエステルは一般に水洗いで良いですので、簡便なので看護婦さんやその他のユニフォームにも使用されます。ただしファッション性の高いものは、ポリエステルであっても特殊な極細糸や繊細で特殊な織りかたを使用した場合には、ずれや不均一な縮で型崩れの恐れがあります。普通の温度の水でアクロンなどで優しく手洗いには問題ないと思うのですが、(ポリエステル繊維は水は吸いません)上記の様に多少冒険かもしれません。洗濯機は機械的な力が強いので絶対にダメでしょう。

Q革(白)の汚れは落とせますか?

中古で白い(アイボリー?)革の鞄を購入しました。お店で見たときも汚れているので気にはなっていたのですが、デザインがとても気にいったので買ってしまいました。が、やっぱり汚れが気になります。
ペンで落書きとかそういう致命的な汚れはないのですが、全体的に薄汚れて黒ずんでいるかんじです。革そのものの状態は悪くないと思うのですが、皮革の汚れというのは落とせるのでしょうか?
目立たない箇所を、手持ちのミンクオイルを刷り込んでみましたがまあ当然ですが変化は無しです。
今後、白い革の財布も購入検討しているので、出来れば家庭でなんらかの方法で落とせればベストですが、専門店(鞄の修理を頼むとなるとネットで見つけるよりなさそうです。近場にはありません)に依頼したとして、どの程度の改善が望めるものでしょうか。
※極力色の染め替えはしたくないです。

汚れを落として革を復活出来る方法や、あるいは実際に修理に出されて綺麗になったor無駄だった、という方の経験談を聞かせて頂けると参考になります。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは、♯3です。
丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状のクリームで革の「保湿」のための物です。
新品はどんな物でもそれなりに乾燥していますから、まず初回の1発目には必ず塗ってください。
ただし、目的は保湿ですからどんなに塗っても表面に「ツヤを出す」ということは出来ません。
やたらと塗ればいいわけではないので塗り過ぎないようご注意ください。
(2)クリーナー
汚れ落としですので細かい説明は省略しますが、白い乳化状の物以外に液状の「リムーバー」という物もあります。
どちらがいい悪いとかは特に無いので対象の製品に合わせて選ぶといいですね。
ただ、クリーナー等を1度使うと汚れと一緒に前回まで表面に塗ってあったオイル、クリームなども落ちてしまいます。
クリーナーを使った後は必ず保湿用のオイル等を塗る、というのを厳守してください。
(3)オイル、クリーム一式
まぁこれは色んな種類があるのでその革に合わせて揃えるという感じでしょう。
ちなみに「ミンクオイル」は一見メジャーな感じはしますが、実はいわゆる普通の「牛革」程度の革の場合にはオイルの油脂分が強すぎます。
本来はブーツなどによく使われる「オイルドレザー」やその親戚の「ブライドルレザー」辺りに使うのがベストです。
一般的な牛革なら(1)のデリケートクリームを薄く塗っておく程度でも充分ですよ。
表面にもっと光沢を出したいなら色に合わせたワックスなどを塗ればいいだけですから。
(4)セームクロス
ペラペラの「鹿革」で出来た薄い布です。
オイルなどを塗った後にこれで表面をキレイに乾拭きすると見違えるようになります。
普段手入れをしない時でも、例えば週に1度程度で乾拭きをしてあげると後々革の寿命に「差」が出ます。
(5)サドルソープ
これも前回書いた洗剤ですが、現在は固形の物以外にやはり「液状タイプ」もあったりするのでこの辺はお好みで。
洗う際はやたらと強く擦るとかえって「キズ」になります。
それと、汚れが部分的であっても洗う時は必ず「全体を洗う」ようにしないと乾いた後に「色ムラ」の原因になりますから注意してください。

他にもブラシ類など色々ありますが、まぁまずはこれだけあれば凌げるだろうと思います。

次にレザーの「経年変化」の件ですが、コメントを読んだ限りでは質問者さんはおそらくヌメ革の「キレイなアメ色」を求めているようですね。
まぁ現実的には、白いレザーでヌメと同じ風合いを出すのはほぼ不可能と言っていいと思うんですが。
前回も書きましたがやはり白は「変色」だけは避けられません。
ですが、一方のヌメもアメ色にするのにただ長く使えばいいということではありません。
この辺はご存知かもしれませんが、最初は専用のオイルを塗り、表面を「天日干し」をして・・これを何度か繰り返すことであのアメ色になっていきます。
更に表面が独特の「黒光り」をするのは、実は持ち主の「手の脂分」が革に染み込んでいくからなんです。
なので、ヌメの製品は同じ物であっても持ち主によって色の出方が全て変わるんです。
ですから例えば白いバッグを使っていて、何時の間にか「持ち手の部分だけ真っ黒け」というパターンがよくありますが、これも全て手の脂分が原因ですから、これで変色した場合は元の色に戻すのはまず出来ません。

最後に「染色」についてですが、コメントにある「染めQ」は私も知っています。
今市販されている補色用品の中では比較的便利で使いやすいようですね。
ちなみに私の場合は部分的な補色をする際はコロンブスが出している「アドカラー」という製品を使っています。(実物は検索をするなどしてご覧ください)
ちょっとしたキズ程度ならこれで充分だなぁという感覚なので普段から愛用してます。
ですが、例えば白い物を丸ごと赤や青に塗りかえるという話となると、素人的にまず思うのは革の「通気」はどうなのか?、というところ。
前の色を全部落としてから塗るなら別ですが、そうでないなら「重ね塗り」になるわけですからここの部分はかなり不安要素ではあります。
で、重ねたなら長く置けば必ず「剥離(はがれる)」ということも起きるでしょうから、そうなったら余計に悲惨だと思うわけです。
この辺のことがあるので未だに使えないままでいます。
もし経験者の方などがいればお話をお聞きしたいですね。

今回も非常に長くなってしまいまして失礼しました。
革の種類の選択、色の選択も含め、今後新しい物を購入される際に参考にしていただければ嬉しく思います。

こんばんは、♯3です。
丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状の...続きを読む

Qかなり時間の経った服のシミの対処法をご教授ください

先日、衣替えで冬服を出したらシミがついた服が出てきました。(何のシミかは不明)

服は綿100%の白いジャージで、袖や背中には赤色や青色のカラーデザインが入っています。

漂白剤で洗濯したり、漂白剤をつけてブラシでこすってみたりしてもシミは落ちず、漂白は無理かな~・・・という状態です。


そこで、漂白をするのではなく、シミの上に白を塗って隠そうかと思っています。
牛乳、歯磨き粉、白インク、絵の具・・・いろいろあると思いますが、うまく隠すには何が最適でしょうか?
また、もし漂白できる手があるのならぜひご教授ください。

Aベストアンサー

私もお気に入りのシャツ(カッターシャツみたいなの)の
古いシミに困ってた時にTVでやってた方法でやったら
キレイに取れたのでやってみてください。

用意する物
・重曹(ドラッグストアで売ってます)
・お酢
・やかん

(1)シミの部分に重曹をふりかけます
(2)その上にお酢をかけます
化学反応が起き、しゅわしゅわと泡立ちます
(3)さらにやかんの蒸気をあてます
15~30秒は当ててください

これだけです。
重曹とお酢で化学反応を起こし、やかんの蒸気の更なる化学反応で
シミを撃退するんです。
重曹は余っても入浴剤に使えます。お肌がスベスベになるので
オススメですよ。


人気Q&Aランキング