最新閲覧日:

一太郎11で新聞風のものを作ろうとを企んでいます。
で、紙を4段組(B4の紙を横にして横書き4段)にしたのですが、2段以上にまたがるような画像を配置できないことに気がつきました。これって、そういうものなんでしょうか。どうしても出来ないのであれば、G・CREWでも買うしかないかなと思っているところです。いい方法を知っている方、教えてください~

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (5件)

emichinさんが的確な回答をくださったので助かりました(^_^;)



>>しかし、この状態で複数のレイアウト枠にまたがった位置に画像を置いて、文字が画像の下敷きにならない方法というのはあるのでしょうか。
挿入(I)→絵(G)→画像枠作成(I)で、絵を貼りつけるフレームを作成する際に、文字の配置で「よけ方」を設定するプルダウンがありますよね。
ここで、「重ねて配置」以外の適切な設定を選べば、文字が絵をよけてくれると思うんですが。
もしそういう意味ではなかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昼間にあいた時間がとれたので、ジャストシステムのサポートに電話をしてみました。画像枠の「枠の基準」を「固定」にするとよいとのことで、無事解決しました。皆さんありがとうございました。

お礼日時:2001/03/27 13:39

通常はそうします。


画像をよけてレイアウト枠をいくつか作るほうが編集がスムーズです。
というか、もうレイアウト枠を作られているのなら、枠を選択して、■マークをドラッグで枠の長さを画像にかからないように調整して下さい。
リンクされていれば、収まりきらなかった文章は次の枠に流れ込みます。

枠を追加するのなら、コピーペースト(いまある枠を選択~ドラッグ~Ctrl+離す)で、■マークをドラッグで枠の大きさも簡単に調整できます。
画像上に文字をもっていきたいのなら、画像を選択して右クリックで表示されるメニューから、枠の上下変更-文字の背面へ移動 を選択します。
    • good
    • 0

リンクを設定すれば、枠に収まりきらなかったデータがリンク先へ流れ込みます。



1. リンクさせる順番に、Ctrlキーを押しながらクリックして枠を選択します。(リンクさせる枠がすべて枠選択状態になります)

2. 挿入-レイアウト枠-リンク設定を選択します。(クリックした枠の順番にリンクが設定されます)

一太郎は他とは比べものにならないくらい、複雑なレイアウトもスムーズにできる優れたワープロソフトですから、がんばって使いこなしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。複数のレイアウト枠に文章を流せるんですね。早速やってみて、一太郎の高機能ぶりに感動しました。
しかし、この状態で複数のレイアウト枠にまたがった位置に画像を置いて、文字が画像の下敷きにならない方法というのはあるのでしょうか。画像をよけるようにレイアウト枠をいくつも用意して、それをリンクで繋げていくしかないのでしょうか……?

お礼日時:2001/03/25 19:20

本文記事を段組ではなく、レイアウト枠で作ればいいと思いますよ。


挿入(I)→レイアウト枠(T)でまず4段分の枠を作っちゃいます。
あとはその枠の位置・幅を調整して画像を配置するためのスペースをとり、そこに貼り込めばいいんじゃないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。この方法だと、画像をのせたときに自動的に文字が逃げてくれませんよね? 画像をのせたときに自動的に逃げてくれるような状態になってくれると助かるのですが……。

お礼日時:2001/03/24 18:35

私のは一太郎9ですが、画像を配置する所を段組解除してはどうでしょう?


けど、これだと画像の上下(空いているスペース)の段組も解除されちゃいますよね。
レイアウトボックスを追加するにも段組と同じ設定をするのは面倒ですから、私だったら画像を扱うのなら段組じゃなくレイアウトボックスを使用します。
これなら画像も文字の配置も自由自在です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。レイアウト枠からレイアウト枠へ、文章を流すことは出来るのでしょうか。レイアウト枠Aで入りきらなかった分を、自動的にレイアウトBに入れるということです。それが出来ないと、修正などをしたときにえらいことになるので……。
DTPソフト的な使い方をしたいのですが、一太郎では無理なのでしょうか。

お礼日時:2001/03/24 18:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ