【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今日 友達にEメールのマナーがなっていないとクレームをつけられました。
私は相手メールの文章の下に
それに対する自分の答えや感想を書き もちろんそれに
新たに伝えたいことがあれば加えて返信することがよくあります。
メールのやり取りしている人達もほぼそのようにしていますので。

それが今日
「あなたはよく私のメールを貼り付けて返してくるけど
あれはもらった手紙に添削して返すのと同じ行為で
とても失礼なことです。
アンタはこんなこと書いてよこしたけどもう一回読んでみ.って
指図していることになりますよ。」
とクレームのメールが。

手紙なら来た手紙に書いて送り返すことは失礼ですが
Eメールはそれが「できる利便性」のあるものだと思っていました。
あなたの文章の何に対して私がこう思っているのか
一目でわかるむしろ便利なことだと。
来たメール すべての文章をそのまま返信するのではなく
相手メールの必要な文章以外削除もします。

でも私の考えが間違っているのでしょうか?
ネット検索で調べていますがこれがマナー違反とあるのは
見つかっていません。

ちなみに 私は50代 彼女は40代後半でメールも好きですが
今も 手紙のやり取りも好きな方です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>来たメール すべての文章をそのまま返信するのではなく


>相手メールの必要な文章以外削除もします。

すばらしいです。
必要な文章を表示させ、わかりやすくメールにしていることですので、
マナー違反にはならないですよ。

会社に来たメールも
私はもちろん、いろいろなテーマや質問が書かれている場合、

「以下にコメントいたします。」と記述して、
相手からのメールの内容を">”付きで表現し、

一行空けて回答を書きます。


会社のメールでは、こういった書式で書きますが、
お友達へのメールは、そこまで形式ばっていなくてもいいと思いますし。

気になさらなくていいと思いますよ。
相手は、かなり気にする方なのでしょうね。


その相手にだけは、”引用”を使わないほうが、
人間関係がうまくいくのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
素敵で頭のいい方ですね、LovePcさん。
私を肯定して励まして下さると同時に
「こういうことは大丈夫だった?」と
プライドを傷つけないように聞いてくださっていて。

嬉しくてなんか涙がでてきました。
さっきから友達が「私なんか面白くないでしょ」って
携帯メールを送ってきているので許してくれるかもです(だったらいいな)

はいまた 友達としてメールやり取りできそうなら
引用はもう絶対この人にはやりません(苦笑)

お礼日時:2010/01/05 13:25

返信そのものはマナー違反とは思いませんが、あなたの返信の仕方に問題があるように感じます。


他の方も指摘されていますが、相手の文章の下に書き足しは失礼だと思います。
挨拶や、お礼、などをまず書いてから自分の考えなどを書いた後、どうしても相手のメール内容を引用して答えたいならば、その事を言ってから引用してはどうでしょうか。例えば「失礼ながら下記文中にて回答します」などです。
最低限の相手の文章の引用になるように不要な所を削除するのは当然でしょう。

ただし、クレームが来た相手にはそのようなやり方も避けた方が無難です。
全部自分の言葉で書いたほうが良いと思います。どうしても引用したかったら、あなたは「xxxxx」とおっしゃっていますが私は○○○と思います。などとしてはいかがですか。

親しさの度合いでも書き方は変わると思いますが、この親しさの感じ方が自分と相手でずれていてトラブルになりがちです。あなたの質問からも少しこのあたりを感じます。
「親しき仲にも礼儀あり」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

はじめに挨拶や御礼などは書いておりましたが
引用しますなどは書いていませんでした。

私の周りはほとんど全文引用でそれこそ
お天気のことまで私の文を引用して。。という方が多かったので
そういうものだと思い込んでいました。

今後は気をつけたいと思います。
ご指摘ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/05 13:30

考え方は人各々です。


ご質問の件がマナー違反とは思わないですが、それを気持ち悪く思う人が私の知り合いにもいます。
そういう人には今回の様な書き方は止めた方が良いと言うことです。
この先、どの書き方にするのかは、相手をよく見て決めて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうなんですね 私 こういう質問しながら当初
私は間違ってないやんねえって正当化したかったんだと思います。

嫌に思う人がかなりいらっしゃることに気づきませんでした。
はい 引用に関しても相手を見て 。。気をつけます。

お礼日時:2010/01/05 13:27

普通は、こういう書き方になると思いますけど?



>私は相手メールの文章の下に
引用するときは、こんな感じで。

まあ、相手にあわせて臨機応変に対応するのが無難かと。





>今日 友達にEメールのマナーがなっていないとクレームをつけられま>した。
>私は相手メールの文章の下に
>それに対する自分の答えや感想を書き もちろんそれに
>新たに伝えたいことがあれば加えて返信することがよくあります。
>メールのやり取りしている人達もほぼそのようにしていますので。
>
>それが今日
>「あなたはよく私のメールを貼り付けて返してくるけど
>あれはもらった手紙に添削して返すのと同じ行為で
>とても失礼なことです。
>アンタはこんなこと書いてよこしたけどもう一回読んでみ.って
>指図していることになりますよ。」
>とクレームのメールが。
>
>手紙なら来た手紙に書いて送り返すことは失礼ですが
>Eメールはそれが「できる利便性」のあるものだと思っていました。
>あなたの文章の何に対して私がこう思っているのか
>一目でわかるむしろ便利なことだと。
>来たメール すべての文章をそのまま返信するのではなく
>相手メールの必要な文章以外削除もします。
>
>でも私の考えが間違っているのでしょうか?
>ネット検索で調べていますがこれがマナー違反とあるのは
>見つかっていません。
>
>ちなみに 私は50代 彼女は40代後半でメールも好きですが
>今も 手紙のやり取りも好きな方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお返事頂きありがとうございました。
そうなんです、maimai_sanさんが例をあげてくださったようには
していたのですが 臨機応変にすべきでしたよね。
どこかで友達は嫌な様子があったかもしれませんね。

お礼日時:2010/01/05 13:22

その方法、私も時々します。

最近は減りましたけど、昔は必ずしてましたね。10年くらい前は、PCメールじゃみんなそうしてました。逆にそうする事がマナーだった気もします。

今でも海外とのメールのやり取りにおいて、相手がそうする事も多々ありますし、失礼だとは思いません。

ですので
>あれはもらった手紙に添削して返すのと同じ行為で
>とても失礼なことです。
というのは、その人の個人的な意見です。
(↑下に返信とはこういう感じですよね)

複数の話題になるときには、アナタの方法の方が良いでしょう。
3,4行空けて見出しを入れる方法もありますけど。
相手に読みやすいよう好き好きで。

一方で、相手がそう感じているなら、その相手に対しては辞めておくべきじゃないでしょうか。

ただ、携帯メールだとこの方法はちょっと長くなるので、使わない方がいいかも。私の友達にも1人メールに付ける人いますが、正直気持ちはわかるけど付けなくていいのにと思いながら毎回読んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく教えてくださってありがとう。
いま moonmistさん(素敵なハンドルネームですね)に
お返事書こうとしたらまだ回答を寄せてくださってる方達がいて
嬉しくて泣きながら書いてます。

そうなんです、そういう感じの返信なんです。
教えてもらったサイトでみると 引用は失礼にあたらないけど
相手を考えるべきでしたね。

moonmistさんの優しい文章にお人柄がしのばれますね。
大事な友達なので ゆっくり言葉を考えて
彼女に連絡しようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/05 13:17

昔はデータ量の面から(ネットワーク回線が遅く、データ量が多い事は読み込みが遅いとともに料金が跳ね上がる事があった)全文引用はしないようにというマナーがありました。

もっとも、今はそれほどやかましく言われませんけどね。
http://www.hi-ho.ne.jp/yuh_sumiyama/bekarazu/be1 …
http://www.kt.rim.or.jp/~atsato/beginer/part5/re …

逆に今では全文引用する場合も多いですよ。長くなるとさすがに消しますけど。

>もらった手紙に添削して返すのと同じ行為
というのは初耳ですけどね。どうも独自解釈の域を出るものではないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトまで教えていただきありがとうございます。
読ませて頂きました。

私が返信したのは全文引用ではなく(引用って言葉でしたよね。。
それもすぐ出てこないレベルです)
「正しい引用」でした。

そうですね、添削というのは彼女独自の捉え方のように思いますが
おっしゃるように独自解釈の域を出ないですものね。

引用の使い方はどうやら間違っていないけれど 引用に関しては(も)
ネチケット違反ではないにしても嫌う人もいることに
気がつかないといけないですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/01/05 13:07

気になる点が一つ。

相手のメールの下に返信をうつ?普通はやっても上に書くでしょ。長文だった場合、読みもせずに返してきたと思うよ。わざわざ、どこから始まるかスクロールしない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答を頂きありがとうございました。
実は 質問タイトルを「返信」とするところを「返送」としてしまったことに気づき
 削除してもう一度質問しようとしたらその時点で
もう二通の回答が届いていて驚き そして嬉しく思いました。

yUF8pZ3Hさん 私の書き方が悪くてごめんなさい。
上のmoonmistさんが書いてらっしゃることなんです。

私 こんな風に言いたいこともちゃんと書けてないから
ちゃんと書けないんなら 慌てずに整理して投稿すればいいのに
。。だから怒っている友達の気持ちに全く気づかなかったのかもです。

下にも書きましたように既にほぼ同じ質問が2007年に
出ており 色々な回答もありましたので
今回の質問に関しましては閉じることにしました。

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2010/01/05 13:00

 それは彼女が間違っています。

もともとE-mailはそうやって返信するものです。彼女はネチケットを知らない、田舎者です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答を頂きありがとうございました。
実は 質問タイトルを「返信」とするところを「返送」としてしまったことに気づき 削除してもう一度質問しようとしたらその時点で
もう二通の回答が届いていて驚き そして嬉しく思いました。

先に過去の回答例をもっと確かめればよかったのですが2007年に
私とほぼ同じ質問がすでに出ており 色々な回答もありましたので
今回の質問に関しましては閉じることにしました。

私が正しいような書き方をしてくださってありがとうございます。
過去の回答例を見ると色々な捉え方 考え方があることが
わかりました。
結構 自分は正しいのにって思い込んでいたので
勉強になりました。

お礼日時:2010/01/05 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q返送?ご返送?

丁寧語について教えてください。
ある文書が送られてきてそれに記入後返送することについて、
・相手にお願いするときに「ご返送願います」
・相手へ返送する際に「ご返送いたします」

どちらに「丁寧の「ご」」がつくのかわかりません。
それとも送る際は「返送」ではなく普通に「お送り致します」の方がスマートなのでしょうか。

また、よくこのテのこと(どちらに丁寧語をつけるのか)で悩むので参考になるHP等あればアドレスを教えていただきたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「ご返送願います」は尊敬+丁寧(ます)
「ご返送いたします」は謙譲+丁寧(ます)
で、どちらも正しい日本語です。
「お送りいたします」も謙譲+丁寧(ます)です。

「ご/お~になる」は尊敬表現ですが、「ご/お~する/いたす/申し上げる」は謙譲表現です。
自分の行為でも、その結果が相手に及ぶときに、「ご/お」を付けるのです。丁寧語ではありません。
相手の行為について「ご用意してください」などと言ってはなりません。
単に尊敬語が欠けているというのではなく、「ご用意する」という謙譲表現を使っているからです。

「100万円までお預け入れできます」「お持ち帰りできます」
は、相手の行為に謙譲表現を用いた誤用です。
(「お持ち帰り」を名詞と見て「お持ち帰り【が】できます」の省略形のように誤解しているのかも知れません。)
「ご用意できます」「お答えできません」のように、自分について言うときに使うべき表現です。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Qビジネス文書?で「御署名・御捺印の上、御返送」っていいのでしょうか?

「御署名、御捺印の上、御返送ください」ってどうなのでしょうか?
文書を書く時、『御』が多いと返って失礼、というのを聞いたことがあります。
また、他に良い文章があれば教えてください。

Aベストアンサー

下記の書き方が一般的です。


http://la-loo.jp/jp/flow/

お見積もり金額をご確認頂き、ご契約書を送付致します。
ご署名・捺印の上、ご返送下さい。
弊社にご契約書が届きましたら正式受注となります。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご紹介いただく」は二重敬語でしょうか?

「ご」は「紹介」に対しての、
「いただく」は動作に対しての敬語のように思うのですが、
おかしいと指摘されました。

敬語やマナーに詳しい方、どうかご教授ください。

Aベストアンサー

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案内していただいた。」は,「先生が私を
案内する」ことを謙譲語I「御案内する」で述べているため,「私」を立てることになる点が不適切
であり,結果として「御案内してくださる」あるいは「御案内していただく」全体も不適切である。
「して」を削除して「御案内くださる」「御案内いただく」とすれば,「お(ご)……くださる」「お(ご)
……いただく」という適切な敬語のパターンを満たすため[本節の1の(1)(1),及び2の(1)(1)
を参照(24ページ及び26ページ)。],適切な敬語となる。「……ください」の場合についても同様
である。)
(注) ただし,この場合についても,例えば,次のような限られた場合には,問題のない使い方となる。
事情は,先の「伺ってくださる・伺っていただく」の場合と同様である。
(1)「田中さんが先生を御案内してくださいました。」,「田中さんに先生を御案内していただきました。」
(2)「鈴木さん,すみませんが,先生を御案内してくださいませんか。」<<

二重敬語というのは「いらっしゃられる」のように、一語に二つの敬語を使うことをいいます。この場合は「行く」に、「いらっしゃる」という敬語動詞と「れる」という尊敬の助動詞を使っていますね。

先日(本年二月二日)、文化審議会から答申された「敬語の指針」(全文は下記URLをご参照ください。)から、ご質問に該当する部分をコピーしておきます。参考になさってください。

>>2 謙譲語I
(1)動詞の謙譲語I
(1) 動詞の謙譲語Iの形
「訪ねる→伺う」のように特定の語形(特定形)による場合と,「お(ご)……す
る」(例:届ける→お届けする,案内する→御案内する)のように広くいろいろな
語に適用できる一般的な語形(一般形)を使う場合とがある。
【特定形の主な例】
・伺う(←訪ねる・尋ねる・聞く)
・申し上げる(←言う)
・存じ上げる(←知る)
(注) 「存じ上げる」は,「存じ上げている(います,おります)」の形で,「知っている」の謙譲語I
として使う。ただし,否定の場合は,「存じ上げていない(いません,おりません)」とともに,
「存じ上げない」「存じ上げません」も使われる。
・差し上げる(←上げる)
・頂く(←もらう)
・お目に掛かる(←会う)
・お目に掛ける,御覧に入れる(←見せる)
・拝見する(←見る)
・拝借する(←借りる)

【一般形の主な例】
・お(ご)……する(後掲【補足イ】参照。)
・お(ご)……申し上げる(後掲【補足イ】参照。)
・……ていただく(例:読む→読んでいただく,指導する→指導していただく)
・お(ご)……いただく(例:読む→お読みいただく,指導する→御指導いただく)
(注) 「お(ご)……いただく」を作る上では,前掲「1(1)(1)」の【補足ア:「お(ご)……になる」
を作る上での留意点】(25ページ)に準じる留意が必要である。<<

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

「ご~いただく」で、謙譲語の一般形です。「~」には動詞連用形、あるいは動作性の名詞(サ変動詞の語幹)が入ります。
「ご紹介いただく」を常体で言えば「紹介してもらう」です。変ですか? 変ではないですよね。これは二重敬語ではありません。もちろん間違いではなく、正しい言い方です。
「ご紹介していただく」という言い方は誤用です。その理由を下記URLよりコピーしておきます。

>>・御案内してくださる・御案内していただく
(例えば「先生は私を御案内してくださった。」「私は先生に御案...続きを読む


人気Q&Aランキング