会社に関係のある方がお亡くなりになり、仕事の事務手続き上、いくつか書類を提出してもらわなくてはいけなくなりました。
そこで、ご遺族宛に封書でお送りする予定ですが、文面をどのように書いてよいのか分かりません。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

関係 会社」に関するQ&A: 会社関係の香典返し

A 回答 (1件)

どなたが亡くなったかにより変わると思いますが、


社員だった方が亡くなり遺族の奥様宛ての文章とします。
違うならそこを変えて書いてください。

○○様(奥様の名前)

△△様(社員の名前)のご冥福をお祈り申し上げます。
深い悲しみのところ、お手数かけますが
事務手続きのため以下の書類を郵送にて
提出よろしくお願い致します。

1~~
2~~
3~~

  
 月 日

             ◇◇会社総務課 ■■
            電話番号   内線    

事務上の手紙ですから簡潔でよろしいと思います。
内線番号も書くのはわからない時は電話してください。
ということです。
健康保険証も返還していただくのですよね。

返信用封筒も同封してあげましょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺族年金をもらうと、今までの年金は減額される?

先日、父が他界したため、母の遺族年金の手続きを行いました。母はこれまで2ヶ月に1度約7万5千円の年金を受給していたのですが、遺族年金の手続きをした事で年間100万円弱の遺族年金を受給できることになりました。そこで心配なのは、遺族年金が受給されるようになった事で、これまで2ヶ月に1度受給してきた約7万5千円の年金が減額されてしまうという事はないでしょうか?(知人が昔そのような事を言ってた記憶があるもので。。) どなたか詳しい方、何卒コメント、アドバイスをよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

19年4月以前と以降では若干考え方が変わっています、
3種類から一番高い金額を選ぶのは同じです。
(1)老齢基礎+遺族厚生(ご主人の)
(2)老齢基礎+老齢厚生(自分の)
(3)老齢基礎+遺族厚生(ご主人の)×2/3+老齢厚生(自分の)×1/3
ですが、以降はたとえば(3)を選んだとしたら、
差額を遺族厚生としてもらえることになります。
つまり、老齢基礎+老齢厚生(自分の)+遺族厚生=(3)
となります。
つまりは、金額高いもの選ぶは同じだが、自分の厚生年金をまずもらった計算になり、差額は遺族厚生として支給されるということになります。

ややこしいんですが、結局3つの組み合わせで高いものを選ぶはおなじです、どちらにしても、トータルとして減ることはありません。

Q会社社長のお父様がお亡くなりになり、もうすでに告別式も

会社社長のお父様がお亡くなりになり、もうすでに告別式も
葬儀も終わっているのですが、ホームページ上でそれを
お伝えする文章を書くことになりました。この場合は訃報
ということになるのでしょうか?

また、文面のサンプルをインターネットで探しましたが、
このような場合の雛形がなかなか見つかりません。もしサンプルや
雛形を載せたサイト、またはご自身の経験からどのように書けば
よいかご存知の方がおりましたら、助言をおねがいします。

Aベストアンサー

訃報になります。それと文面ですが・・・

・社員として書きこみする場合

この度、弊社社長である○○○○のご尊父様が○月○日にお亡くなりになられました。ここに社員一同哀悼の意を表すると共に、これまでお世話になった方々へ、生前のご厚情に対し厚く御礼申し上げます。以上、ホームページ上で大変失礼かと存じますが、ご報告申し上げます

・社長として書きこみする場合

この度、弊社代表である私、○○○○の実父が○月○日に泉下へと旅立ちました。この場を借りまして、父が生前お世話になった方々、ゆかりの深い方々、また弊社とお付き合いさせていただいておりますお取引会社・協力会社の皆様に対し、生前ご厚情いただきました事、厚く御礼申し上げます。弊社ホームページ上で大変失礼かと存じますが、ここにご報告させていただきたく思います。


書くとしたらこうゆう感じで大丈夫です。



亡くなられた御社社長様のご尊父様に対し、哀悼の意を表し、手を合わさせていただきます。

Q被害者遺族が死刑を希望するのに理由が必要ですか?

昔の話ですが、私は大阪教育大付属池田小学校の事件で、子供を殺された父兄の話を直接聞きました。
犯人を殺したいと思うのが当然ではないですか?

死刑執行後に 遺族の苦しみは軽減されたか
死刑直後の遺族のコメントを聞いていると、ほとんどが「良かった」という
ものです。
長期的な感情については、当事者で無いとわかりませんし、逆に加害者だけが
生きているということに対して、怒りしかわいてこないでしょう。

Aベストアンサー

必要ですね、私も貴方のような単純な考え方に呆れと怒りしかわいてきません。
もう少し勉強する事をお勧めします。

Qパートのご親族が亡くられたとき

パートの方のご親族が亡くなったと伝えられた場合
その当日と、そこから数日の
個人事業主がするべきことを教えてください

通夜の参列、香典(一般には1万円でしょうか)などどのようなスケジュールでどのように行うべきでしょうか?
通夜は本通夜に出ればよいのでしょうか、仕事がありますが通夜振る舞いを途中で切り上げるのは失礼に当たるかなど分からないことが多いです
(スケジュールについては葬儀屋などの兼ね合いもありますので一般論で結構です)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

事業主のお立場とのことですが、この手のことで大切なのは「公平におこなう」ことです。
たとえパートさんでも、一人の人にしたことは今後同様に続けていかなければなりません。亡くなった親族の関係、香典の額、対応方法、忌引休暇の与え方等々。

そのために、出来れば社内で「慶弔規定」を制定して全員が承知しておくのがベストですが、そこまで手が回らないのなら自分なりの運用基準を設けておくべきでしょう。

たとえば、
・慶弔の対象は親・子・同居親族に限定する
・香典の金額は5千円または1万円に統一しておく
・参列は告別式のみとし、告別式に出られない時だけ通夜に行く
・あなたが参列する場合は弔電は省略する
・忌引休暇は故人との関係の濃さや、実働年数で差をつける

などです。

もちろんもっと手厚く対応するのも可ですが、そうすると全員に同じことをしなければならなくなることを承知のうえで。

Q遺族年金について質問です。

労務災害の遺族年金ですが、

労働基準監督署が出している年金についての案内みたいな冊子を見ても

いまいち分からないので質問させて頂きました。

冊子には、遺族(補償)年金、遺族特別支給金(一時金)、遺族特別年金と3つあります

質問1:遺族年金、遺族一時金、遺族特別年金の3つ全て受給できるのか

質問2:ともに受給出来て、遺族一時金をもらった場合、遺族年金や特別年金を受給する際に何か金額に差が出るか(一時金を受給した分、年金から引くなど)

年金についてお詳しい方や、実際に受給されている方いらっしゃいましたら

質問にお答え頂けないでしょうか?宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

社会保険労務士の有資格者です。
開業登録していませんので、あくまで受験知識の範囲でお答えしますが、何かしらの参考になればと思います。

遺族補償年金は、配偶者・18歳未満の子・高齢の父母や兄弟姉妹など特定の条件にあてはまる遺族が受け取ることができます。
条件にあてはまる遺族が存在しない場合は年金ではなく、グレードダウンして遺族補償一時金となるしくみです。

これらの遺族給付は3階建てで支給されることになっております。3つ全て受給できるということです。
遺族補償年金 (1階)+遺族特別支給金(2階)+遺族特別年金 (3階)
遺族補償一時金(1階)+遺族特別支給金(2階)+遺族特別一時金(3階)

1階部分は死亡労働者の平均賃金額の○○日分という支給になります。
2階部分は定額制で300万円です。
3階部分は平均賃金には含まれない賞与などを基礎とするもので、1階部分の20%程度になるようです。

これらは建前上それぞれ別の制度ということになっていますが、申請手続き自体は同一の用紙で一括で行うようになっています。
遺族補償年金の場合は様式12号、遺族補償一時金の場合は様式15号になります。
提出先は事業場を管轄する労基署の労災課になりますので、ご確認ください。

社会保険労務士の有資格者です。
開業登録していませんので、あくまで受験知識の範囲でお答えしますが、何かしらの参考になればと思います。

遺族補償年金は、配偶者・18歳未満の子・高齢の父母や兄弟姉妹など特定の条件にあてはまる遺族が受け取ることができます。
条件にあてはまる遺族が存在しない場合は年金ではなく、グレードダウンして遺族補償一時金となるしくみです。

これらの遺族給付は3階建てで支給されることになっております。3つ全て受給できるということです。
遺族補償年金 (1階)+遺族特別支...続きを読む

Qご遺族へのあいさつ文

私は人物のイメージ写真を制作している者です。
先日から亡くなった方のイメージ写真も制作するサービスを始めたところ、遺族の方より問い合わせがあり、作品サンプルを送ることになりました。
送り状を書こうとしたのですが困りました。
今までなら、「拝啓、貴下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」とか書いていたのですが、遺族にこんな書き方は失礼と思いました。(考えすぎ?)
亡くなって半年とのことです。49日は過ぎているし、お悔やみの手紙ではないので「このたびは…」は変と思いますし、亡くなった事が問い合わせのきっかけですから「ご清栄…」というのも引っかかります。
良いお知恵を拝借したいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さすがに
「貴下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」
はマズイですよね。
下の方の書き出しでも良いかと思われますし、もし初めてのお客さんだったら、
相手の名前を手書きで、頭に持ってくるのは常識として
「このたびは弊社をご用命戴き厚く御礼申し上げます」
でもよろしいのではないでしょうか?

Q遺族年金について教えて下さい。

よろしくおねがいします。
現在、60歳で遺族年金を受けています。
検索をしていると以下の文がみつかりました。※~※までです。

※遺族厚生年金の受給対象者が、自分の老齢厚生年金の受給もできる場合は、2の老齢厚生年金を受給するが、1や3よりも低額となる場合は差額を遺族厚生年金として受給できる。

1.遺族厚生年金
2.老齢厚生年金
3.遺族厚生年金×2/3+老齢厚生年金×1/2※

社会保険事務所にはなかなかつながらないので教えて下さい。
これは、これまで遺族年金の額が自分が65歳になった時にもらえる
老齢年金との差額とは自分の老齢年金が極端に少ない場合
遺族年金から自分の老齢年金が差し引かれこれまでの遺族年金より
少なくなるといういみでしょうか
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

始めまして。
少し解釈が違います。
老齢厚生年金は65歳から貰えますが、すでに遺族厚生年金を受給してるので
ダブルで受給は出来ないのです。
でも遺族厚生年金→老齢厚生年金に変わったことで減額になるのは変なので

1.遺族厚生年金
2.老齢厚生年金
3.遺族厚生年金×2/3+老齢厚生年金×1/2※

の受給方法で一番高い金額に合わせた調整を行うと言う物です。

つまり・・・
遺族厚生年金より老齢厚生年金の方が高ければ老齢厚生年金のみの受給
遺族厚生年金より老齢厚生年金の方が低ければ差額を遺族厚生年金より支給する。

トータルの支給額は遺族厚生年金又は老齢厚生年金の高い額に合わせる。
です。
支給額が下がるのでなく、今までと同じ金額か老齢厚生年金が高い場合は高い額を支給するとの事です。

決してダブル支給はありません。

Q亡くなった父の関係のお中元...

昨年末に父を亡くしたのですが、その父がお付き合いしていた関係の方々へのお中元について、どうしたものかと考えております。 母は今、鬱状態になっており、そういった事を考えられないと言いますので、我々娘で何とかしなければ...と思うのですが。
今後もお世話になりそうだと確実にわかる方はいいのですが、これを機会に品物のやりとりはもうお終いにしてもいいかな?と思われる方の方が断然多いのです。 そういう場合、こちらから葉書かなんかで、その旨を先にお伝えした方が良いのでしょうか? その文面もどうしたものか?
恥ずかしながら、なんせ常識がないので、失礼な事をしてしまいそうで困っています><
どなたか教えていただけませんでしょうか...

Aベストアンサー

>恥ずかしながら、なんせ常識がないので、失礼な事をしてしまいそうで困っています><
気遣ってどうするべきか悩んでいるとい言うことは、常識があるということですよ。

さて、お中元ですが、送り主であったお父様が亡くなられたのですから、お母様と関わりのない方については、止めてしまって構わないと思いますよ。
(11月頃になると、年賀状欠礼を出されるでしょうから、お父様のご逝去をご存知ない方もそれで判ると思います)
ただ、お母様とも関わりのある方は続けられ方が良いと思います。その場合は大黒柱を失われたのですから、無理のないよう、お父様の生前より減額されて構いません。

Q遺族年金の受給期間について

遺族年金の受給期間を教えて下さい。
私は59歳の女性です。
夫を3年前に亡くし、今は遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)を受給しております。
私が自分自身の老齢年金を受給できる65歳になった時、
今まで受給していた遺族年金(夫)から老齢年金(妻)に強制的に変わってしまうのでしょうか。
それとも、選択できるのでしょうか。
遺族年金は20万程ありますが、老齢年金になると9万程になってしまいます。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お返事遅くなりました。

結論からいえば、あなたが60才になられた時点で裁定請求(自分の年金の請求手続き)をしてください。
現在も在職中なのかその辺りの事情は不明ですが、60から65歳までは、自分の特別支給と遺族厚生の選択となります。
あなたの遺族厚生は中高齢の寡婦加算(60万弱)+遺族厚生を65歳までは受給できます。
その後65歳から中高齢の寡婦加算は、経過的寡婦加算になり、自分の基礎年金と共にしきゅうされます。
遺族部分については、選択となります、
1、遺族厚生
2、老齢厚生
3、遺族厚生2/3+老齢厚生1/2
この3種類から有利なものを選び、自分の老齢厚生が優先して支給され、差額が遺族厚生となります。

いずれにしても、年金事務所で詳細試算され、選択されたらいいでしょう。
強制的に選択というのはありませんが、いずれを選んでも自分の老齢厚生が優先して支給され、差額が遺族厚生となります。
また、中高齢の経過的寡婦加算がなくなり、経過的経過的寡婦加算に変更されたりもあるので、金額の変動はおおいに考えられます。
簡単に変化なしとはいえませんよ。

Q夫のご兄弟(未婚)がお亡くなりの場合、どういう流れで落ち着くところまで行くのでしょうか?

変な質問で済みません。
新婚です。夫のご兄弟の容態が悪く、お亡くなりになることを見越してどう心構えすればよいかなのですが。
まず、正社員で働いていて休めるかが気になります。就業規則で見ると休みは死亡した日を含め2日だけでした。これだけ短い期間しか設けてないということは間柄的にお通夜に行くだけの関係と見られているからでしょうか?
お葬式は出るべきだと思います。
私の血の繋がる家族ではないですが結婚したから家族と見る方が正しいのか。どんな感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

50代既婚女性です。大変ですね。

こう考える事。あなたの兄弟が亡くなった時と同様に行動すればいいのです。
亡くなった知らせが入る時間によりますが、
病気の場合、危篤の知らせを聞いて、
会社にいれば早退、
自宅だと真夜中であろうと、「タクシーで」病院へ旦那様と駆けつけ、
最期を見届ける。
ここで大事な注意。絶対に車を自分達で運転はしない事。
気が動転して事故につながる。
旦那様が運転するのを止めるのも大事な役目。

その後喪主(旦那さんの父親か?)が中心になり、動きます。
兄弟をどこへつ連れ帰るのか、ご自宅か葬儀場か?
その時は、とにかく旦那様か義親さんの指示通りに動くことです。手伝い支えること。
ひとごとのようにふるまってはいけません。
旦那様は血を分けたきょうだいを失った。
あなた自身の身に置きかえて、同じ気持ちで動くことです。

ご遺体が病院を出るまで、2時間程度は猶予があります。
私は搬送車にご遺体と一緒に乗って、自宅に連れ帰ったことがあります。
(亡くなったのが早朝。夜中に危篤知らせが来て、タクシーで病院へ。そのまま数時間看取る。)
後から来た喪主、は病院で退院手続き(お金の支払い等)をしてから、後から帰宅しました。

通夜は亡くなった翌日の晩が多いので、
亡くなった日、通夜の日、葬儀の日と3日は休みが必要だと考えてください。
亡くなった日はいつの時間帯に亡くなったかによりますが、
とにかく亡くなった時点で、出来るだけ早く上司に連絡を入れ、(真夜中だとしたら、朝7時8時)
故人を自宅に連れ帰るまでは、出勤できない旨伝える事。
通夜葬儀が決まったら改めて連絡を入れ、忌引きと有休申請
一通り通夜葬儀の段取りが決まり、
通夜までに時間があれば、時間外で出勤し、
残務や引継ぎ等可能であればする。

通夜は6時から、7時からと表向きはありますが、
あなたは喪家の人間であり、客ではないので、(お客を迎えるほう)
納棺等の身内だけの儀式もあり(末期の水を故人に含ませる儀式)
通夜の日も正午ごろにはご遺体がある場所へ夫と行っておく必要があります。
ですので、自由に動けるのは、ご遺体を安置した後12時間程度であり、
その間に、残務整理があるなら会社に出ながら、あなた側の親戚へ連絡、喪服の用意、
金銭の用意、通夜の晩に泊まるための支度、
(香典もきょうだいなら多額。葬儀費用建て替えの必要もあるので、
20万、30万~50万は用意しておく。)
後はずっと旦那さんとご遺体の側にいることになります。
たぶん亡くなってから睡眠時間は、ほとんど取れないと考えてください。
危篤で最期を見届けるまでも、眠れないですから、
どれだけ徹夜が続くか。覚悟をしておいたほうがいい。

通夜の日はご遺体の側で徹夜をし、
葬儀の日は12時開始なら客が11時には来るので、(開始一時間前)
10時までには身支度を終えて置く事。
葬儀は一時間だが、火葬も、初七日儀式含めると、
身が解放されるのが、5時6時と考えておくこと。
その後遺骨を持って義実家へ一緒に帰宅、
ごく身内で過ごしますが、親が「帰っていいよ」と言うまではいるしかないですね。
私の記憶では、きょうだい等の親戚が帰ったのは、9時10時になっていました。

翌日は、喪主が近所や親せきにお礼の挨拶回り、遠方なら電話でお礼を言います。
それに旦那様がついて歩く場合もあります。(喪主が疲労困憊の場合等)
さすがに嫁までついてきて挨拶しろとはいかないと思いますが、
旦那様が喪家の立場でまだ動いているし、
義親(特に姑)が心労で倒れていたりすると、
看病や食事の用意などの雑事を頼まれるかも・・・。

ベストは、亡くなった日、通夜の日、葬儀の日、
その翌日まで休みが取れたらいいと思います。

こういうことはお互い様であり、
喪家の立場での葬儀というのは、客として行くのとは違いますから、
休みも融通が利くはずです。
こういう時にこそ、堂々と休みの権利を使わなければね。
「夫が喪主代行なんで」ぐらい言ってもいいと思います。

若くしてきょうだいと別れる旦那様の苦しみ悲しみを第一に考えて、
多少会社に迷惑かけても、
後で仕事で返せばいいのです。
一番辛い配偶者の側で助けることが、
人間として一番大事。
会社の仕事はなんとかなります。
でも旦那様を支えるのは妻のあなたしかいないのです。
こういう時に会社を優先すると、夫婦の信頼関係、絆が揺らぎますよ。

50代既婚女性です。大変ですね。

こう考える事。あなたの兄弟が亡くなった時と同様に行動すればいいのです。
亡くなった知らせが入る時間によりますが、
病気の場合、危篤の知らせを聞いて、
会社にいれば早退、
自宅だと真夜中であろうと、「タクシーで」病院へ旦那様と駆けつけ、
最期を見届ける。
ここで大事な注意。絶対に車を自分達で運転はしない事。
気が動転して事故につながる。
旦那様が運転するのを止めるのも大事な役目。

その後喪主(旦那さんの父親か?)が中心になり、動きます。
兄弟をどこへつ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報