なぜ、近年高齢馬が活躍するようになったのか?


高齢馬がよく活躍する時代となったと巷で言われますが、
その理由について、まとめてみました。
他にも理由が無いかについてご意見のほど、よろしくお願いいたします。


・医療技術の向上により、脚部不安による引退が少なくなった。
・長い不景気のため、馬主の経済事情により、名馬の名誉のための
 引退が少なくなった。
・ダートで突き抜けた実力を発揮する馬は、種牡馬価値が低いが
 高齢になってもレースには勝てるという事情があるため引退できない
 (障害戦では昔から同じことが言えるが、近年ダート戦線が
  確立されたため、新たに生まれた事情でもある)。
・以下のような勘違いにより、実際以上に高齢馬が引退しない
 ように考える人が多い。

-----------------------------------------------------------------
勘違い例(1)

今の若い人は、インターネットにより昔の競走成績データに簡単にアクセス
できるものの、その競走馬について成績以外の情報を得にくいため、
以下のように勘違いする。

・トウカイテイオーは5歳で有馬記念を勝った後すぐに引退した。
・ミホノブルボンは3歳で菊花賞を勝った後すぐに引退した。
・サニーブライアンは3歳でダービーを勝った後すぐに引退した。

実際には、現役を続行するために数ヶ月間も治療&調整を続けたが、
当時の技術では何とも出来ず、やむを得ず引退したということである。

-----------------------------------------------------------------
勘違い例(2)

昔は現役で賞金を稼ぐより、種牡馬にした方が儲かったのでは
ないかと勘違いする。

実際には、SS、BT、TBの仔たちが種牡馬入りする前は、内国産種牡馬として
活躍したのは、トウショウボーイ、マルゼンスキーなどごく一部であった。
そのため、内国産種牡馬の需要は現在よりも低かった。
社台がノーザンテースト最高傑作のアンバーシャダイを日高に売り払った
ことがそれを象徴。

-----------------------------------------------------------------
勘違い例(3)

昨年の天皇賞・有馬記念ではカンパニー、エアシェイディといった高齢馬が
活躍したため、実際以上に現役続行の高齢馬が多いかのように勘違いする。

-----------------------------------------------------------------

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前より、高齢馬の走った回数が減ったのでは?


以前は、ダービーから菊花賞に出るまでにそれこそ数回もレースをさせていましたが、ステップレースの考え方が変わり、可能ならぶっつけ本番でも勝ち負けができるようになったように思います。

あとは、蹄鉄の技術の向上。
ミスターシービーは、シンボリルドルフに古馬になってから大敗をしますが、シービーは爪が薄く欠けやすいため4歳馬(いまだと3歳かな)の時点ですでにレースを走らせるのがやっとの状態だったようで、古馬になってからまともな状況ではなかったようですね。今では接着剤なども使えるようになっていると聞いています。(昔は、通気性が悪くて壊死が怖くてよほどの時以外は使わなかったようです)
あと、削蹄の技術向上はかなりのもののようですね。

育成技術の向上。
以前は、今の足の骨をコンクリートのように硬くするように調教を積み、結果、質問にも書かれているように「治らない足」にせざるを得なかったようです。
この辺の考え方も少し変わったようですね。

馬場の向上で、あまり高速にするより、馬の負担を減らすという方向に技術の余裕ができてきたというのもあるのでは?
以前は、ジャパンカップにきた外国馬がレース後けがをしているというのがよくありましたが。

あとは、種牡馬のシンジケートが組みにくいなど、経済環境の状況もあるのでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ダービーから菊花賞に出るまでにそれこそ数回もレースを
>させていましたが、ステップレースの考え方が変わり、

栗東馬が増えて、皐月賞、ダービー間の連戦を行う馬が
少なくなったことと、神戸新聞杯⇒京都新聞杯⇒菊花賞という
ローテーションが不可能になったことも原因なのでしょうか…。

古馬になってからのスケジュールということで言えば、スケジュール
カンパニーは8才まで走って、30戦あまりですが、
イクノディクタスは6歳まで走って50戦超。
昔の方がタイトなスケジュールで走らされていそうですね。
(マンハッタンスカイは現在の馬ですが高齢で
過密スケジュールですけどね…。)


>あとは、蹄鉄の技術の向上。
>シービーは爪が薄く欠けやすいため

同じく爪の薄いディープインパクトは,エクイロックスという
接着剤固定により、爪の問題を克服したといいますね。

サクラローレルは海外遠征で満足な装蹄を受けられなかったため、
競走能力喪失してしまいました。

この要素は大きそうですね。


>以前は、今の足の骨をコンクリートのように硬く
>するように調教を積み

坂路調教は、骨硬化を減らしつつ心肺機能を高める
調教だと聞きます。調教技術向上は重要ですね。


>馬場の向上で、あまり高速にするより、馬の負担を減らす
>という方向に技術の余裕ができてきたというのもあるのでは?

これについては、ちょっとわかりにくかったので
説明を追加いただけると助かります。


>種牡馬のシンジケートが組みにくいなど、経済環境の状況も
>あるのでしょうが。

2000年以降、人気種牡馬の種付け頭数上限が倍になり、
それと同時に生産頭数も漸減しているため、
新種牡馬の需要は昔より厳しくなっている状況がありますね。

お礼日時:2010/01/31 15:04

高齢馬の活躍で一番の要因は斤量体系の変更でしょう。


たくさん賞金を稼いでもハンデ戦では59.5kgまでに抑えられる、別定も増えにくくなった。
交流に至っては勝ち鞍別定ですから、走れる舞台が増えましたね。

それともう一つはレースに対する回避や早期引退、全体の早熟傾向で残っている高齢馬の実力の順位が上位でいられる事が想像できます。

他にもあると思いますが、大きな所はこの辺りかと。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>たくさん賞金を稼いでもハンデ戦では59.5kgまでに抑えられる、
>別定も増えにくくなった。

ナリタトップロードは京都記念を60kgを背負って勝ちましたが、
現在の条件だと59kgで出走できますね。
おっしゃるとおりだと思います。

>全体の早熟傾向

この根拠となる資料がございましたら、
ご提示いただけるとありがたいです。

補足日時:2010/01/31 15:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未勝利馬の条件戦

デビュー戦が500万クラスだったり、未勝利の馬が500万に出走してる事があるのですがどう言う事なのでしょうか?
何か特別な扱いなのでしょうか?どういう馬が未勝利で条件戦に出走する事が出来るのでしょうか?未勝利戦で2着連発で本章金を加算すれば…と思えばなんとなく納得も出来ますが、デビュー戦が条件戦というのは…??

Aベストアンサー

条件戦の設定は○○万「以下」なので、賞金が足りなくて出走できない事はありません。フルゲートを超えたら除外される順番が早いだけです。
未勝利馬に限らず、本来のクラスより上のクラスに出走する事を格上挑戦などと言い、他のクラスでもよく見られる事です。
自己条件に適当な番組(芝、ダート、距離など)が無い場合には、相手が強くなってもより適した番組を選んだりします。

未勝利馬は、3歳の秋になると中央場所(東京、中山、京都、阪神)には出られなくなるので、裏開催に回ります。裏開催なら特別競争でも出られます。
その裏開催でも11月の福島からは未勝利戦が無くなるので、それ以降も使いたければ500万クラス(以上)に出るしかありません。「ダビスタ」では未勝利のままここまで来ると引退ですが、実際は年齢制限はありません。ですから故障等でデビューが遅れてしまった馬などでも、期待が大きい馬などは古馬になってからデビューなんて場合もあります。

ところで賞金の計算ですが、レースの出走資格に関係ある「本賞金」は1着のみ加算されます。重賞に限って2着も加算されるので、未勝利馬は何回2着しても0円のままです。

条件戦の設定は○○万「以下」なので、賞金が足りなくて出走できない事はありません。フルゲートを超えたら除外される順番が早いだけです。
未勝利馬に限らず、本来のクラスより上のクラスに出走する事を格上挑戦などと言い、他のクラスでもよく見られる事です。
自己条件に適当な番組(芝、ダート、距離など)が無い場合には、相手が強くなってもより適した番組を選んだりします。

未勝利馬は、3歳の秋になると中央場所(東京、中山、京都、阪神)には出られなくなるので、裏開催に回ります。裏開催なら特別競争...続きを読む

Qビワハヤヒデの評価が低いのは何故?

まず、贔屓目がかなり入っていることはご容赦ください。

私が競馬をやり出したのが、ビワハヤヒデの全盛期でした。当時は、ウイニングチケット、ナリタタイシンと共に三強と言われていた頃です。
クラシック戦線では、皐月賞、ダービー共に2着に甘んじましたが、菊花賞ではレコード勝ちで圧勝しました。その年はGIで1勝ながら年度代表馬に。

翌年、古馬の仲間入りしてからは強さに磨きがかかり、天皇賞(春)と宝塚記念とGIを2勝して最優秀5歳以上牡馬に選出されました。
残念ながら、その年の天皇賞(秋)でレース中に屈腱炎を発症し引退を余儀なくされましたが、それでも5着と掲示板内。

ビワハヤヒデの何が凄いのかと言えば、言わずと知れたデビューから15戦連続連対で、これはシンザンに次ぐ歴代2位の記録で、20年経った今でも破られていません。生涯で連対を外したのは最後のレースとなった天皇賞(秋)の1回のみです。

とにかく競馬を始めた当時は、ビワハヤヒデが出走するレースは、軸にして馬連を数点買えば必ず勝てるというものでした。(当時は3連関係やワイド馬券などなかったので)
正に「葦毛の怪物」で、今の同じ葦毛のゴールドシップとは比べようがないくらい強かった印象です。4コーナーを回った時点で先頭に立ってそのまま何馬身も開けて圧勝する走りには魅了されたものです。

ただ、その後、私は競馬から10年以上遠ざかり、オルフェーヴルやブエナビスタが活躍をし出した3年前くらいから競馬を再開したために、ディープインパクトなどの凄い馬がどれほど凄かったのかを知らないのです。

競馬の殿堂と言われる「JRA顕彰馬」にはそうそうたる馬が選出されていますが、ビワハヤヒデは選出されていません。GI3勝では物足りないのでしょうか?
通算成績16戦10勝、GI3勝、16戦15連対、レコード勝ち4勝、という実績を持ちながら、あまり評価されていないような気がします。実際に競馬友達と話していても、ビワハヤヒデには「?」という感じで、少し悲しくなります。

そこで競馬ファンの皆さんにお尋ねしたいのですが、皆さんのビワハヤヒデに対する評価はどのようなものでしょう? また、実績の割に評価が低いのはどうしてなのでしょうか?

お時間のある時にご回答頂ければ幸いです。

まず、贔屓目がかなり入っていることはご容赦ください。

私が競馬をやり出したのが、ビワハヤヒデの全盛期でした。当時は、ウイニングチケット、ナリタタイシンと共に三強と言われていた頃です。
クラシック戦線では、皐月賞、ダービー共に2着に甘んじましたが、菊花賞ではレコード勝ちで圧勝しました。その年はGIで1勝ながら年度代表馬に。

翌年、古馬の仲間入りしてからは強さに磨きがかかり、天皇賞(春)と宝塚記念とGIを2勝して最優秀5歳以上牡馬に選出されました。
残念ながら、その年の天皇賞(秋...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様と似たような時期に競馬を始めたものです。

ビワハヤヒデは、確かに実績の割に評価が低いように感じますね。
私が思うに、その最たる理由は「盛り下げちゃった感」だと思います。

ビワハヤヒデが最も強かった1994年。
競馬ファンが一番期待していたことは、有馬記念でのナリタブライアンとの兄弟対決です。

ブライアンが皐月賞を勝てば、ハヤヒデが天皇賞(春)を勝ち、
ダービーを勝てば、宝塚記念を勝ち、
こりゃ、一体どっちが強いんだと。
しかも2頭は兄弟だと。

でも実現しなかった。
しかも、ハヤヒデは天皇賞(秋)で5着、そのまま引退。
ブライアンは有馬を圧勝。

おそらく大半の競馬ファンは、ブライアンの晩年の不調を差し引いても、
ビワハヤヒデよりナリタブライアンの方が強いと思ってしまっています。
(正直、私もそう思っています)

せめて天皇賞(秋)に出走せずに引退していれば、
ハヤヒデとブライアンはどっちが強かったという論争が、今でも酒の肴になったと思います。


人気Q&Aランキング