【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

歴史物の映画で考証のしっかりしたオススメの名作を教えてください。

歴史の題材を扱う映画は多いけれども、くだらない歪曲や逸脱し過ぎた創作物ばかりでこれといった物になかなか巡り会えません。
古代でも中世でも、ヨーロッパでも中国でも、扱う時代や洋の東西は問いません。派手な物でなくともいいので、例えばショーン・コネリー主演の『薔薇の名前』(Le Nom de la Rose、1986年)のような渋くても名作に数えられるような作品をお教えいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ナポレオンものなら、



ワーテルロー

これは史実に非常に近く作られている、ナポレオン戦争映画のベストでしょう。それと、ソ連が作った

戦争と平和

も、軍服はおろか、ドレスまで完全に再現しています。

二次大戦戦争映画だったら、

空軍大戦略
ウィンター・ウォー
パリは燃えているか
ヒトラー最期の12日

は、かなりいい線行っています。

邦画でしたら、多少の誇張はありますが、

日本の一番長い日
太平洋奇跡の作戦 キスカ

は、おすすめです。特にキスカは、史実がそうであったように、珍しくハッピーエンドの気持ちいい映画なので、いいと思います。
    • good
    • 0

「アマデウス」


天才モーツァルトと、それを妬まざるを得ない、努力の人サリエリの物語です。ヨーロッパの宮廷での音楽と庶民の娯楽としての音楽、宮廷作曲家の脚の引っ張り合いなどが描かれています。
「パフューム ある人殺しの物語」
歴史上の事実ではないでしょうが、ヨーロッパの徒弟制度や貧民街の雰囲気など、かなり詳細に作り込んでいると思いました。

大作モノでは、
「アレキサンダー」
公開時の評判はいまいちだったかもですが……、アレクサンドロス大王の東征を大長編で描いてくれたのは嬉しかったです。
    • good
    • 1

「トロイ」


…元が神話に近いので「考証のしっかりした」とはいいにくいのですけど武器や戦い方はタブン当時のやり方を再現しようとしているかなと思えます。また、神話的要素をなるべく排除しようとしているのが感じられます。とはいえ、アキレスの最後はやはりあれか、ってのはありますが。
「300」
…ま、ちょっと人間のどろどろした面を強調しすぎている気がしますが、それほど逸脱はしていないかと思います。
「キングダム・オブ・ヘブン」
…ネタが、ハッティンの戦いの裏側なのでマイナーネタですが。主人公達は創作かもしれませんけど(実は歴史の中では細かい話なので知らないだけかもしれません。)、舞台と進行は歴史的事実をそのまま。
「グラディエーター」
…ストーリーは完全に作っているのでお勧めかどうかは?ですけど、
実在した通称「剣闘士皇帝」が敵役なんで、私はまあありかなとおもいました。ストーリー以外はたぶん、わりと歴史に忠実。
    • good
    • 0

『エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事』


はいかがでしょう。終始、ナレーターが、「当時のニューヨークでは…」と言いながら、本筋よりもむしろ、時代考証に焦点を当てて描いた、ウィノナ・ライダー主演の恋愛映画です。19世紀末のタイムズスクエアの再現は、なかなか圧巻です。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …
    • good
    • 0

ヴィスコンティ監督の作品はいかがですか。

全てが彼の拘りで再現されていて手抜きがありません。
    • good
    • 1

ウィレム・デフォーがキリストを演じた「最後の誘惑」は誇張されてはいるでしょうが、キリストを初めて一人の男・人間として描き、物議を呼びました。


映像も素晴らしく、音楽もかっこよいですが、マグタラのマリアと男としての生活を夢見るキリストや、己の身の上におそれを成し弟子に救いを求めてしまう姿、など自分の弱さに苦悩しながら、周りに助けられながら、架けられた十字架の上で、悟り、成就する姿を描いています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの歴史映画・・・

おすすめの歴史映画・・・

高校の授業でも日本史や世界史が本格的に始まりました。
そこで、歴史に興味が沸くような、
何か実際に起こった歴史上の出来事について、教科書で文字として習うのとは違って・・・
イメージが沸くような映画があれば教えてください。

時代や国は問いません。
完全に忠実なものじゃなくてもいいです。
レッドクリフとか、ダヴィンチ・コードとか・・・
と言ったような、歴史に興味が沸く、勉強になるというのと同じぐらい、
作品として魅力的なものであれば嬉しいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

では、レトロなものを。

キリスト教徒が、なぜイエスの教えに惹かれ、信じているかを理解する一助になるのが、「ベン・ハー」だとおもいます。長いし、旧い映画なので冗長なシーンもありますが、実は非常にこまかい考証まで気をつかった作品なので、一見の価値アリでしょう。
イエスの最後を克明に再現した、「パッション」、も「ベン・ハー」のあとにみると、ひときわグッとくるでしょう。

「ヒトラー最後の12日間」、も、主演の俳優が非常に巧く、歴史的再現度も高い作品です。事前に、ナチス関係者について予備知識を入れておくといいと思います。

邦画だと、「二百三高地」は、よくできていると思います。これも日露戦争の予備知識を入れておくと、おもしろさ倍増でしょう。変化球ですが、昭和34年新東宝作品「明治天皇と日露大戦争」も、サヨク映画、戦争悲劇がほとんどだった中で、なんとか日露戦争を戰っていく明治日本のことを、明治天皇を主人公にするというおもしろい切り口から撮っているので、よかったら見てみてください。

ソ連映画1本入れておきます。エイゼンシュタインの「イワン雷帝」 ロシアにおける権力者とはなにかを、考えさせてくれます。

ドイツ映画で、「橋」という作品があります。二次大戦ドンズマリ1945年、ある「橋」を守れと徴兵されたばかりの少年兵たちに命令がくるのですが……
当時のドイツの日常がわかります。この作品の監督、ブォルフガンク・ヴィッキが、のちに有名な「史上最大の作戦」のドイツ・パートの監督をすることになります。

では、レトロなものを。

キリスト教徒が、なぜイエスの教えに惹かれ、信じているかを理解する一助になるのが、「ベン・ハー」だとおもいます。長いし、旧い映画なので冗長なシーンもありますが、実は非常にこまかい考証まで気をつかった作品なので、一見の価値アリでしょう。
イエスの最後を克明に再現した、「パッション」、も「ベン・ハー」のあとにみると、ひときわグッとくるでしょう。

「ヒトラー最後の12日間」、も、主演の俳優が非常に巧く、歴史的再現度も高い作品です。事前に、ナチス関係者について予...続きを読む

Q映画で日本史の勉強!

レンタルビデオで日本史の勉強をしたいんですけど、
おすすめは何かありますか?
上川達也が出演してる『竜馬が行く』は見ました。

Aベストアンサー

いろいろ書かれていますが、それらのドラマや映画に関してはフィクションや誤りが多すぎて、あまりお奨めできません。細かいのはまだ許せても、義経を悲劇のヒーローにしたり、吉良上野介や石田三成を一方的に悪玉にするのはひどすぎるからです。
たとえばここ20年ぐらいの大河ドラマなどは主人公が美化されすぎて正義の味方のように描かれ、その敵は悪玉扱いです。
例としては山岡荘八原作なら徳川家康のことが美化されすぎていますし、新田次郎原作なら武田信玄が美化されています。小説やドラマはそういうものです。
真実を理解するためには本が一番いいですが、「映像の世紀」のようなドキュメンタリーや「東京裁判」のような記録映画の方が勉強になりますよ。
どうしてもドラマ的なものと言うなら、
大河ドラマ「翔ぶが如く」「花神」「風と雲と虹と」など、TBSドラマ「関ヶ原」が脚本、役者の質がよく、比較的ウソや間違いが少ないです。
映画では「おろしや国酔夢譚」とかがいいですね。
フィクションだと承知の上でいろいろ見て、それから専門書などでどこがフィクションなのかを知るのもいいと思います。

いろいろ書かれていますが、それらのドラマや映画に関してはフィクションや誤りが多すぎて、あまりお奨めできません。細かいのはまだ許せても、義経を悲劇のヒーローにしたり、吉良上野介や石田三成を一方的に悪玉にするのはひどすぎるからです。
たとえばここ20年ぐらいの大河ドラマなどは主人公が美化されすぎて正義の味方のように描かれ、その敵は悪玉扱いです。
例としては山岡荘八原作なら徳川家康のことが美化されすぎていますし、新田次郎原作なら武田信玄が美化されています。小説やドラマはそういう...続きを読む

Q中国・歴史物の映画でお勧めの映画を教えてください。

中国史が好きなので、映画化されているものを見てみたいと
思っています(史実、フィクション問わず)。

始皇帝暗殺、神話は見ました。
それ以外でお勧めのものがありましたらよろしくお願いします。
基本的にどの時代のものでも良いのですが、
三国志系、史記(漢楚絡み)などが特に好きです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金庸の「射チョウ英雄伝」「神チョウ侠侶」とか「天龍八部」なんてのは?
テレビドラマでしたけど、面白いです。
一応、史実上の人物が登場します。
とはいっても、荒唐無稽、宗教の開祖が武術の達人ですから。
それがとても楽しくて、良いですけどね。
熱い男のドラマでもあります。
時代的には、南宋の時代になります。

「英雄 HERO」
見ていないわけがないとは、思いますが。
始皇帝の天下統一直前の話です。

「水滸伝」
これも、やはり南宋の時代ですね。
日本のテレビドラマだと、ラストが思いっきり違いましたね、これが。

「国姓爺合戦」
鄭成功 の話で有名ですが、映画化されてます。
明代末期、清朝初期というところでしょうか。

Qローマ帝国が崩壊した理由。

ローマ帝国が崩壊した政治・経済・宗教上の理由ってなんですか??

教えて下さい。。。

Aベストアンサー

まず言っておきたいのは、領土(図体)が大きくなりすぎた事を念頭に入れておいて下さい。

政治的には領土が広すぎた為に軍司令官や属州総督を派遣するといったシステムが多かった様です。と言うのも東西だけで言うと最盛期にはスペインのジブラルタル海峡からロシアの黒海沿岸やイラク北部に跨っていました。今でこそ飛行機で何時間といった距離ですが当時は風任せ・人力便りのガレー船と徒歩や馬で街道を進むしか方法が無かった時代です。そんな交通事情では例えば蛮族(周辺住民)の組織的な侵略や略奪。或いは自然災害や飢餓等で一々首都ローマの皇帝に指示を貰って動いていたら今の日本のお役所仕事よりも状況は悪化します。なので担当者を派遣して急場は彼らが処理して根本的な対処(立法や公的資金の注入。軍の配置等)は事後報告を受けた皇帝が担当することになりました。
しかし皇帝が後継者を残さずに死んだりネロ等の様に住民や元老院に見放された皇帝が出てきたらついムラムラっと支配欲に燃える人も多かったりします。それが上り坂の時代ならば多少は許容されるのですが下り坂で蛮族の侵入が重なったりしたら内乱に乗じられたりする訳です。

経済的には政治的な内容と重なりますが内乱と蛮族の侵入が重なるとどうなると思いますか?
ここでは北アフリカを挙げたいと思います。内乱等で軍隊が指揮官の皇帝即位の為に他のライバルを武力討伐する為に他の地域へ移動すると周辺民族が侵入してきます。彼らは簡単に言うと銀行強盗の群れだったので街や村を略奪して回ります。そうすると住民は暴力を嫌って難民となり他所へ流れて行くことになります。基本的に経済は農作物や鉱山からの収益或いは貿易で成り立ちますし農業はそれらの基本です。そして農地は常に人が手入れしないと荒れる物です。信じられないかもしれませんが当時の北アフリカは砂漠では無く穀倉地帯だったんです。で荒れるに任せて砂漠化しました。これは他の地域では荒地になったり森林になったりして収穫は激減していったのです。
しかも強盗は略奪する物が無ければ支配して搾り取る方法にして居座り続ける事を始めたので二重の意味でダメージになりました。

宗教的には色々ありますが政治的・経済的行き詰りとキリスト教の普及が重なった事が大きいでしょう。ローマ古来の神々は我々を見捨ててしまった。そんな思いに駆られたローマ人の心のスキマにキリスト教は漬け込んだんです。曰く、今の状況は真の神を蔑ろにしたローマ人の所業のツケである。曰く、しかし真の神に帰依すれば救済されるとでも言ったのでしょう。ここで最後の審判で救われると言うのがミソです。来るかどうかも分からない最後があると言って置きながらそんなものは20世紀が終わってもありはしなかったのですからね。まぁこれは今だから言える事ですし当事者はパニックで冷静に考える余地が無かったのですけど。
それからカトリック教会とローマ法王という形で国家内にもう一つの国家を作り上げて寄生されたのも痛かったですね。飢饉で神父やシスターが難民にパンを配る・・・美しい光景ですが何の解決にもなっていません。解決するには行政サイドが動くしか無いのですがガタガタの帝国にはそんな力は残されていなかった。これでは教会に入る人が増えるし帝国に見切りをつける人が増えるのは止め様がありません。


最後に追加ですが戦争のやり方が変ったのも重要です。かつては重装歩兵が主力を担っていたのが騎兵に取って代わりました。単純に考えて甲冑と槍で済んでいたのが追加で馬が加わります。これがクセモノでして俗に牛飲馬食と言う言葉がありますがこれは飲み食い意が激しいのを牛馬に例えた言葉ですが馬を飼うには餌場を順々に回る遊牧生活か金で買って入手するしか方法がありません。しかも手綱や鞍を付けないと乗れませんし牧場や厩舎を作ったり練習の為の馬場も必要です。
これは何故かと言うと大陸の東のモンゴルとかの遊牧民が食い詰めてヨーロッパ方面に移動しました。と書くと穏やかですが戦争しながら原住民を土地から追い出して居座ると言う形で成されました。それでゲルマン人も食い詰めてローマに・・・と言うわけです。なので力関係では負けてるので弱ってるローマで略奪や居座りして新生活を始めよう・・・とそういう次第なんです。



纏まりが無く内容が重複した文章ですがそう私には見受けました。

まず言っておきたいのは、領土(図体)が大きくなりすぎた事を念頭に入れておいて下さい。

政治的には領土が広すぎた為に軍司令官や属州総督を派遣するといったシステムが多かった様です。と言うのも東西だけで言うと最盛期にはスペインのジブラルタル海峡からロシアの黒海沿岸やイラク北部に跨っていました。今でこそ飛行機で何時間といった距離ですが当時は風任せ・人力便りのガレー船と徒歩や馬で街道を進むしか方法が無かった時代です。そんな交通事情では例えば蛮族(周辺住民)の組織的な侵略や略奪。或...続きを読む

Q15~18世紀ヨーロッパが舞台のおすすめ映画

暮らしと服装史の勉強のため色んな資料を集めてます。
実際に着て生活している様子が知りたいので映像で観たいと思ったのですが、
15~18世紀頃のヨーロッパ(地域は問いません)が舞台で、
貴族ではなく中流階級や平民の服装がわかる作品でおすすめはありますか?

マニアックなものでもいずれは探したいのでよいのですが…
できればレンタルなどで借りやすいものが希望です。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

《ルネサンス》あたりからのものをズラッと
並べました(フランス後半は19世紀にくいこんでいる
作品も含んでいますのでご注意を)が、
貴族と平民ごった煮の作品も
多いので以下適当に列挙します。
詳細は
http://www.allcinema.net/prog/index2.php
http://movie.goo.ne.jp/
でお調べください。

これ以外でも
【ヴィドック(2001)】◎
【レ・ミゼラブル】の
(2000)(1998)(1982)(1957) 版
【モンテ・クリスト伯】の
(1998)(2002)版
【ジェーン・エア】の(1983)
【ジェイン・エア】の(1996)
【真珠の耳飾りの少女(2003)】
【スカーレット・レター(1995)】
等々 様々なジャンルで素材でとりあげられていますので
あげればきりがありません。
また「15~18世紀頃のヨーロッパ(地域は問いません)」
と範囲がかなり広いですからね。
その意味で、記憶の許す限り「平民の衣装関連」
で特にお奨めのものには◎マークをつけておきますね。

《ルネサンス》
【デカメロン(1970/仏伊)】
【カンタベリー物語(1971/伊仏)】
【レオナルド・ダ・ビンチの生涯(1972/伊仏他)】
【華麗なる激情(1964/米・伊)】*ミケランジェロ
【ロミオとジュリエット(1968/米)】
【じゃじゃ馬ならし(1967/米伊)】

《大航海時代》
【1492・コロンブス (1992/米仏スペイン)】◎
【コロンブス(1992/米)】◎

《宗教改革》
【ジョン・ウィクリフ(1984/米)】*14世紀イギリス

【マルチン・ルター(1953/米、西独)】
【カルヴァン&ツヴィングリ (2001?)】*ドキュメンタリー
【キング・フォー・バーニング(1994/独)】◎

《三十年戦争(1618年~1648年)》
~~カトリック教国vs新教国~~
ドイツVSデンマーク、スウェーデン、仏等
【クリスチナ女王(1933/米)】*17世紀スウェーデン
(スウェーデン皇帝グスタフ・アドルフの娘)

《七年戦争(1756年~1763年)》
*オーストリア継承戦争(1740~1748)が原因
オーストリア・露・仏等VSドイツ・イギリス等
【バリー・リンドン(1975/英)】*18世紀イギリス
【アマデウス(1984/米)】*18世紀オーストリア
(神聖ローマ皇帝カール6世の娘)マリア・テレジア女帝の時代。

《16世紀~イギリス》
【ヘンリー八世の私生活(1933/英)】◎*英国国教会
【1000日のアン(1969/米)】
【キング・オブ・ファイヤー(2003/英)】◎
【わが命つきるとも(1966/英)】*トーマス・モアの半生
【レディ・ジェーン(1985/米)】*9日間の女王
 (【愛と運命のふたり~レディ・ジェーン(1985/米)】)
【レジェンド・オブ・サンダー(2004/英)】◎
【エリザベス(1998/米)】
【エリザベス R(1971/英BBC)】
【女王エリザベス(1939/米)】
【エリザベス女王(1912/仏)】
【恋におちたシェイクスピア(1998/米)】
【無敵艦隊(1937/英)】
【クロムウェル(1970/英)】*清教徒革命
【ロブ・ロイ ロマンに生きた男(1995/米)】◎
*アン女王がスコットランドを併合し大ブリテン帝国を
成立(1707年)した頃のスコットランドの実在の英雄“ロブ・ロイ
”を描く。
【英国万歳!(1994/英米)】*ジョージ三世
【ヴィクトリア女王(1937/英)】

《16世紀~フランス》
【ノストラダムス(1994/米英独)】◎*アンリ2世
【三銃士(1993/米)】
【王妃マルゴ(1994/仏)】シャルル9世の妹
*新教徒サン=バルテルミーの虐殺事件
【宮廷料理人ヴァテール(2000/英)】ルイ14世
【女優マルキーズ (1997/仏)】
【仮面の男 (1998/米)】
【危険な関係 (1988/米)】
【マリー・アントワネットの首飾り(2001/米)】
【愛、革命に生きて(1988/仏)】
【ベルサイユのばら (1979/仏日)】
【グレースと公爵(2001/仏)】
【ラ・マルセイエーズ(1938/仏)】◎
*1789年7月のパリ・バスチーユ監獄
【ダントン(1982/仏ポーランド)】◎
【ナポレオン(1926/仏)】
【キング・オブ・キングス(2002/仏他)】◎
【ワーテルロー(1969/仏ソ連)】
【炎の英雄 シャープ(1993/英)】*イギリス陸軍の英雄
【美女ありき(1940/英)】
【征服(1937/米)】
【王妃デジレ(1954/米)】
【戦争と平和(1956/米伊)】
【戦争と平和(1965~1967)】
【会議は踊る(1931/仏)】
【レ・ミゼラブル(1997/米)】
【残虐の掟~フランス革命海賊秘話(1967/伊)】

【デュエリスト(1977/英)】ルイ18世
*ブルボン王朝の復活

【ゾラの生涯(1937/米)】第三共和制期

《ルネサンス》あたりからのものをズラッと
並べました(フランス後半は19世紀にくいこんでいる
作品も含んでいますのでご注意を)が、
貴族と平民ごった煮の作品も
多いので以下適当に列挙します。
詳細は
http://www.allcinema.net/prog/index2.php
http://movie.goo.ne.jp/
でお調べください。

これ以外でも
【ヴィドック(2001)】◎
【レ・ミゼラブル】の
(2000)(1998)(1982)(1957) 版
【モンテ・クリスト伯】の
(1998)(2002)版
【ジェーン・エア】の(1983)
【ジェイン・エア】の(1996)
【真...続きを読む


人気Q&Aランキング