堕天使ルシファー/天使ルシフェル(いずれかでも両方でも)
が登場している作品(物語)、もしくはモデル、モチーフしてる作品を漫画、ゲーム以外であれば教えて下さい。
神曲、失楽園は知っているので、それ以外でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

・ヤコブ・ベーメ「黎光(アウロラ)」


・アナトール・フランス「天使の反乱」

映画ですが
・ケネス・アンガー「ルシファー・ライジング」

こんなところが思い浮かびました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
入手が困難そうですが、頑張って探してみようと思います。

お礼日時:2010/03/17 00:53

魔王サタン(=堕天使ルシファー)ですが名作漫画です。



永井豪「デビルマン」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
漫画、ゲーム以外で知りたかったのですが、名作なのであれば読んでみようと思います。

お礼日時:2010/03/13 01:41

夢枕獏氏の小説でありましたが、題名を思い出せません


ミカエルが主人公には妄想癖があるかのような言動ながら
「外国の貴族や王族、(日本の)皇族のうちの一人にも思えるような」気品のある人間として出てきて、
「るーしー(ルーシー)」にあうのに主人公の男が巻き込まれる、
だったかな? 「るあぶ(LOVE)」がどうのとかで多分議題にかなう内容だとは思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
早速、調べてみます!

お礼日時:2010/03/13 01:40

ライトノベルでもいいなら


中島望「十四歳、ルシフェル」「地獄変-十四歳、ルシフェルII」
六道慧「大神伝」
伊藤イツキ「緋色のルシフェラーゼ」
丸本天外「喚ばれて飛び出てみたけれど」
杉井光「さくらファミリア!」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ライトノベルでも結構です。
たくさん教えて下さって、どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/03/13 01:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qけしき=寵愛

大学受験生です。
私が使っている古文単語帳で、「けしき」の訳として「寵愛」が挙げられていました。
しかし例文は載っていませんでした。
どうもしっくりきません。
どうして「寵愛」の意味にとれるのか?さらに古典中で「寵愛」の意味で使われているものがありましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

>どうして「寵愛」の意味にとれるのか?・・・

・けしき の意;
a:ようす。けはい。
b:ありさま。
c:顔色。機嫌。
d:気受け。
e:思し召し。
f:わけ。仔細。
g:品(しな)を造る。
h:おぼえ。

寵愛は h: の由来からです。
古典語では「御覚え」の形で文字にすると思います。
その意味は、上の人から思われること。寵愛を受けること。

例句として、源氏物語「桐壺」を参照してください。
『亡きあとまで、人の胸あくまじかりける、人の御おぼえかな』
意訳:(亡くなった後までも、人の心が晴れそうに無かった、あの人(=桐壺の更衣)のご寵愛の受けようだこと)

現代風で「思し召しより米の飯」が好例です。

*「けしき」でさがすよりも「けはい」「けはひ」「けわい」「おぼえ」のほうがよろしいかも。古文単語帳が手元にないので、あしからず。

QSF小説で未来の地球上に変な生物が登場する作品は?

ブライアン・W・オールディスの「地球の長い午後」や、椎名誠の「アド・バード」が大好きです。
こんな感じの、未来の地球が舞台で、超進化(?)した生物や植物が登場するようなSF小説があれば教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

ロバート・シルヴァーバーグ「夜の翼」。これ、絶品です。

あと、「地球上」ではなく「地球周辺の宇宙空間」が舞台なのですが、
藤崎慎吾の短編集「レフト・アロ-ン」の中の、
「コスモノーティス」。
宇宙空間に自らを適応進化させた人類が描かれています。
最近読んだ日本人SF作家の作品の中で、特に傑作だと強い感銘を受けたのであえて上げておきます。

Q元・天使長ルシフェルはいつ堕天したのですか

天使長ルシフェルがクーデターを画策して天からおとされた事件は、創世記のどの時期に起きたのでしょうか。

Aベストアンサー

ルシフェルの堕天に関しては、いろいろな説があり、一定していません。

そもそも堕天しておらず、「神の指示により、堕落する人間を調べている」とする説もあります。

キリスト教の異端の一つで、「グノーシス派」の考えでは、「堕天したのは、エホバの神であり、サタン(ルシファー)は、真の神ソフィアの忠実なるしもべ」とされています。

これは、キリスト教の中に存在する二元論的異端の考え方が、暴走したものです。

全宇宙の英知であるソフィアは、世界を創るにあたり、エホバ神をつくり、彼に世界の創造をゆだねます。
エホバ神は、自分を崇めさせるためだけの奴隷として、人間を作ります。
その人間の精神を開放させるため、サタンは、禁断の実を人間に食べさせ、人間の精神を開放させます。
怒ったエホバ神が、人間をエデンの園から追放します。

こんな調子でつづいてゆきます。

他のキリスト教の二元論的考え方では、「大天使ミカエルと、ルシファーは、同一であり、見る方向が違うだけである」
といったことも考えられています。

人間に慈悲を与える時がミカエルであり、罰を与える時がルシファーであると。


このような「悪魔学」は、聖書が成立したずっと後、中世後期に発達しますが、各自勝手に体系化したため、定まった理論が無いのが実際です。

ルシフェルの堕天に関しては、いろいろな説があり、一定していません。

そもそも堕天しておらず、「神の指示により、堕落する人間を調べている」とする説もあります。

キリスト教の異端の一つで、「グノーシス派」の考えでは、「堕天したのは、エホバの神であり、サタン(ルシファー)は、真の神ソフィアの忠実なるしもべ」とされています。

これは、キリスト教の中に存在する二元論的異端の考え方が、暴走したものです。

全宇宙の英知であるソフィアは、世界を創るにあたり、エホバ神をつくり、彼に...続きを読む

Q歴史をモチーフにした現代ミステリー

昨日22時からフジテレビ系列で放送していた「カイドク~都市伝説の暗号ミステリー~」は原作の小説などはあるのでしょうか??あれば一度読んでみたいので教えていただけないでしょうか??

あとあのドラマのように歴史・伝説をモチーフにしたミステリーに興味があるので、そういう小説で面白いものがあれば教えて下さい。時代は鎌倉~明治維新前くらいの時代のものがいいのですが。。。

※卑弥呼など縄文・弥生文化や奈良時代などはちょっと時代が古すぎてあまり興味がないので除外させてもらいます。

Aベストアンサー

面白いかどうかは分かりませんが(自分は面白いと思っています)高田崇史の「QED」シリーズは歴史を深読みしまくったミステリー小説です。

QED 百人一首の呪
QED 六歌仙の暗号
QED ベイカー街の問題
QED 東照宮の怨
QED 式の密室
QED 竹取伝説
QED 竜馬暗殺
QED ~ventus~ 鎌倉の闇
QED 鬼の城伝説
QED ~ventus~ 熊野の残照
QED 神器封殺
QED ~ventus~ 御霊将門
QED 河童伝説
QED ~fluman~ 九段坂の春 
QED 諏訪の神霊

今はこれだけ出ています。

Q稲田朋美使えねー石破茂さんと交代だ!なぜ安倍さんは稲田を寵愛するの?

稲田朋美使えねー石破茂さんと交代だ!なぜ安倍さんは稲田を寵愛するの?

Aベストアンサー

頭悪いから。頭の悪い女ってかわいい。それにしても寵愛どころか溺愛だね。大臣の器じゃない。自衛隊員がかわいそう。
石破は次を目指すから内閣には入らない。

Q茅田 砂胡 「暁の天使たち」について。

「暁の天使たち」を読んだ方、教えて下さい!
デルフィニア戦記を読み終えたのですが、その続きが「暁の天使たち」なのでしょうか?
それとも「スカーレットウィザード」なのでしょうか?
スカーレットウィザードのあらすじを読むとデルフィニアの続きって感じがしないのですが・・・。
スカーレットを読まなくても暁の天使たちを読んでも大丈夫でしょうか?
内容についていけますかね?!
詳しい方みえましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「暁の天使たち」は「デルフィニア戦記」の続きであり、「スカーレット・ウィザード」の続きでもあります。

「デルフィニア戦記」のラストでリィは自分の世界に返っていきます。
それが「暁の天使たち」の世界であり、「デルフィニア戦記」の世界とは別次元?の世界です。

「スカーレット・ウィザード」の世界は「暁の戦士たち」と同じ世界であり、つまり、リィが「デルフィニア戦記」の世界から戻ってきた、別次元?の世界と同じ世界です。
「スカーレット・ウィザード」第1巻の時代は、リィが「デルフィニア戦記」の世界から戻ってきた時代より、約40年ほど前の話であり、リィは「スカーレット・ウィザード」には出てきません。
「スカーレット・ウィザード」の主人公もケリーという人物です。
ただし「スカーレット・ウィザード外伝」のラストで、リィがこの世界に還ってきた事を窺わせるような描写があります。

「暁の天使たち」では、この世界に帰還したリィ達と、「スカーレット・ウィザード」の主役ケリーとその仲間達が、手を組み活躍する事になります。
つまり「デルフィニア戦記」と「スカーレット・ウィザード」が合体したのが「暁の天使たち」です。

「暁の天使たち」の次のシリーズである「クラッシュ・ブレイズ」シリーズもリィやケリー達が活躍する話です。

先月、発売されたばかりの新シリーズ「天使たちの課外活動」は「クラッシュ・ブレイズ」シリーズの続きではありますが、今のところリィ達の生活に焦点を当てたものとなっています。

「デルフィニア戦記」を読んだのなら、次は「スカーレット・ウィザード」シリーズをお読み下さい。
そうしないと「暁の天使たち」を読んでも???という事になります。

「暁の天使たち」は「デルフィニア戦記」の続きであり、「スカーレット・ウィザード」の続きでもあります。

「デルフィニア戦記」のラストでリィは自分の世界に返っていきます。
それが「暁の天使たち」の世界であり、「デルフィニア戦記」の世界とは別次元?の世界です。

「スカーレット・ウィザード」の世界は「暁の戦士たち」と同じ世界であり、つまり、リィが「デルフィニア戦記」の世界から戻ってきた、別次元?の世界と同じ世界です。
「スカーレット・ウィザード」第1巻の時代は、リィが「デルフィニア戦記...続きを読む

Q明治天皇と乃木大将

明治天皇の乃木大将に対する姿勢は、寵愛そのものであったと思います。どうして明治天皇はそこまで乃木大将を寵愛されたのでしょうか

Aベストアンサー

>明治天皇の乃木大将に対する姿勢は、寵愛そのものであったと思います。

その通りですね。
反対に、乃木大将は「明治天皇崩御の時に、殉死」していますよね。

>どうして明治天皇はそこまで乃木大将を寵愛されたのでしょうか

先ず、双方共に「似た境遇」だった事が大きいでしようね。
明治天皇は、父である孝明天皇が暗殺されましたよね。
岩倉具視犯人説が高いですね。
三条実美の日記では「統幕に煮え切らない態度を取る孝明天皇をよりも、幼少の息子(祐宮)を頂いて倒幕挙兵を行なう。その為に、御所に攻め入り祐宮を人質にする」との記述があります。
事実、蛤御門の変?では7卿と一緒(人質)に都落ち(長州行き)しています。
この非道が許されるのか?という疑問が出ますよね。
長州閥の伊藤博文が、手をうちました。
大日本憲法第3条「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」
この条文で、天皇に対する関与行為行動は「一切治外法権・不問」としたのです。
既に、藩閥政府の飾りに過ぎなかった明治天皇としての気持ちは・・・。
乃木希輔にしても、大した功績も無く大将に飾られたに過ぎませんよね。
乃木が立てた作戦は、多くが失敗しています。
秋月の乱では、陸軍大佐・福原和勝は「豊津での戦闘以外に戦闘しないで、援軍を要請した事に激怒」しています。
西南戦争では、乃木軍は大敗北。連隊旗を西郷軍に奪われました。
日露戦争でも「突撃将軍」として、世界中で有名です。
「敵1人を打つ為に、10人以上が死ね!」という作戦ですからね。
(恐ろしい事に、1945年まで陸軍の基本戦術になりました)
こちらも、乃木が望むか否かは関係なく軍首脳部で決定した作戦の頭として乃木が飾りになったのです。

次に、乃木大将の人間性でしよう。
軍人としての能力・知識・行動力は別にして、人間味があふれた人物だった様です。
今の会社・組織でも「能力よりも、人間性」で出世が決まる事がありますよね。
結果を残していても、出世しない人。結果が無くても、上司に可愛がられて出世する人。
乃木大将の場合、まさに後者に該当します。
「人なつっこい人物」との評価は、乃木が全国の連隊指揮官として赴任した地域で逸話として残っています。

余談ですが・・・。
乃木希輔ほど、後世の評価が分かれる人は居ませんね。
「乃木は、名将だ」「乃木は、愚将だ」
フィンランドでは、ロシアに勝利した乃木は名将扱いです。
「乃木ビール」が、今でも販売中ですよ。^^;

>明治天皇の乃木大将に対する姿勢は、寵愛そのものであったと思います。

その通りですね。
反対に、乃木大将は「明治天皇崩御の時に、殉死」していますよね。

>どうして明治天皇はそこまで乃木大将を寵愛されたのでしょうか

先ず、双方共に「似た境遇」だった事が大きいでしようね。
明治天皇は、父である孝明天皇が暗殺されましたよね。
岩倉具視犯人説が高いですね。
三条実美の日記では「統幕に煮え切らない態度を取る孝明天皇をよりも、幼少の息子(祐宮)を頂いて倒幕挙兵を行なう。その為に、御所に攻...続きを読む

Q「天使の爪」どこまで行ってるの?

大沢在昌「天使の爪」を週刊ポストで連載しているらしいですが
ああいうものって連載はどのくらい続くのでしょうか?
「天使の牙」には原稿1100枚って書いてありましたけど
また連載終了から単行本として創刊されるまで
どのくらいかかるものでしょうか?
そんなもの分かりっこないとは分からないでもないんですが
だいたいの見当で教えてください。

Aベストアンサー

一般読者に公表されることは少ないけど、作家に依頼するときに、だいたいのボリューム(一回分の文章量と連載回数。はじめっから単行本で出すなら何ページ分とか)やコンセプト&ギャラなどを交渉し契約が成立して、小説が執筆されるのではないでしょうか。

新聞の連載小説なんかは、「これから×ヶ月間連載する予定です。お楽しみに」なんて前宣伝してますがね。

連載をはじめてみて好評なら当初の予定より長くしてみたり、いまいちなら途中で打ち切りということもあるようですが。(テレビドラマでもありますよね)

大沢在昌氏なら人気があるから(…って、読んだことないけど)、しばらくすれば本が出るでしょうけど、連載小説が必ず単行本として発刊されるというきまりは、ないと思いますよ。

ワタクシゴトキが今まで見てきた中では、連載物が本になるまでに経った年月は、その著作(作品)の種類にもよりますが、早いもので1~2年、だいたい2~3~5年という感覚なのですが。

だいたいの見当です。

(余談--ちょびっとずつ読むのは面倒だから単行本になったら教えてって、知人によく頼まれるんです。--私って一体…)

一般読者に公表されることは少ないけど、作家に依頼するときに、だいたいのボリューム(一回分の文章量と連載回数。はじめっから単行本で出すなら何ページ分とか)やコンセプト&ギャラなどを交渉し契約が成立して、小説が執筆されるのではないでしょうか。

新聞の連載小説なんかは、「これから×ヶ月間連載する予定です。お楽しみに」なんて前宣伝してますがね。

連載をはじめてみて好評なら当初の予定より長くしてみたり、いまいちなら途中で打ち切りということもあるようですが。(テレビドラマでもありま...続きを読む

Qルシファーが

堕天使ルシファー/天使ルシフェル(いずれかでも両方でも)
が登場している作品(物語)、もしくはモデル、モチーフしてる作品を漫画、ゲーム以外であれば教えて下さい。
神曲、失楽園は知っているので、それ以外でお願いします。

Aベストアンサー

・ヤコブ・ベーメ「黎光(アウロラ)」
・アナトール・フランス「天使の反乱」

映画ですが
・ケネス・アンガー「ルシファー・ライジング」

こんなところが思い浮かびました。

Qウサギが登場する本を教えて下さい。

エッセイでも小説でも構いません。ウサギが出てくる本ってありますか?
「絵本・児童書」「漫画」以外で探しています。
フィクション・ノンフィクション、長編・短編は問いません。
ウサギを飼っているので、読んでみたいと思っています。
知っている方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

『うさぎと暮らせば幸福になれる』田所 静子 (著)
をおすすめしますよ。エッセイです。
ウサギを飼っていた時に購入しました。
残念ながら我が家のウサギは老衰で亡くなりましたが、今でもこの本は愛読してます。
アマゾンのマーケットプレイスで古本は入手できるようですが、すでにお読みの本でしたらスミマセン。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報