まぐまぐとかのメルマガにある、個々のメルマガの「発行部数」という欄ですが、
(1)、これはそのメルマガを購読している人の人数で、一回の配信でその人数分発行している。
(2)、それとも、創刊してから今まで発行してきた回数を表している。
のどちらでしょうか?
購読者数とかならすぐに分かるのですが、ちょっと気になったので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まぐまぐでメルマガ発行していたものです。



(1)の、購読している人数=一回の配信数です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまぐまぐのメールマガジンについて・・・・・。

まぐまぐのメールマガジンを登録しようと思うのですが、
料金について気になります。
メールマガジンの受信料は友達などから来たメールとでは
、どちらが安いのでしょうか?????
後、受信料以外に料金はいるのでしょうか???

Aベストアンサー

「まぐまぐ」ですか…
2年程前に登録していたのですが、それはそれはもう広告メールの応酬でした。

ここに登録すると様々な業者からいち日に多い時には5通ほどの広告メールがやってきました。

配信停止の措置をしても止まるのはその業者だけで、他からは容赦なくやってきました。

僕がメールアドレスを変更したのはこういう理由からです。

もし、携帯で受信されるつもりなら料金が大変なことに。

Qまぐまぐでメルマガを発行してみたいと思ってます。

まぐまぐでメルマガを発行してみたいと思ってます。
まぐまぐでメルマガを発行してみたいのですが、勝手が分かりません。
新規発行申請に入力する情報で、「発行元メールアドレス」というのに何に使ってるアドレスを入力すればいいのでしょうか?
普通にいつもメルマガとかを受信してるアドレスとかでもいいんでしょうか?
パソコン自体得意でなく、メルマガも発行したコトがないので、分かる方は教えてください。

Aベストアンサー

まぐまぐさんから、あなたに連絡取るときの
アドレスですので、
あなたが 使いやすいアドレスで、どうぞ\(^^;)


zzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Qメールマガジン「まぐまぐ」の収益構造について

メールマガジン「まぐまぐ」について質問します。

そもそも、「まぐまぐ」の収益構造はどのように
なっているのでしょうか?

記事には有料と無料の2種類ありますが、
無料の記事を書いている人はどういう形で
収益をあげているのでしょうか?

「まぐまぐ」に記事を配信してもらうには
いくらかかるのでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まぐまぐやmelma!のような無料のメールマガジンスタンドの
収益構造は全て広告です。

記事を配信するのにはお金はかかりませんよ。

記事を書いている方はその記事の中で自分のビジネスを
宣伝するなどして収益を上げ、まぐまぐ側は
そのメールマガジン内に固定の広告枠を設けており、
そこから収益をあげています。

質問者様がまぐまぐ内でメルマガを始めるメリットは
まぐまぐには元々メルマガを受信したいというユーザーが
集まってくるため、自分でメルマガ会員を一から募集する
コストや体力をかける必要が無い点です。

他社の広告が入るのはちょっとうっとおしいですが、
メリットも十分あるのではないでしょうか。

Qメルマガの購読人数を多く獲得する方法ありますか?

近いうちにメルマガを発行したいと考えています。
私が発行しようと考えているカテゴリのメルマガを検索してみたのですが、たくさんありましたが、多いメルマガは1万人以上、少ないものは100人にも満たないメルマガでした。こういう差は、もちろんメルマガの内容にもあると思いますが、他に何かたくさんの人が読んでくれるようにするような方法はないでしょうか?
何万人。。。とは期待していませんが、あまりにも少ないと悲しいものがありそうで・・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私もメルマガ発行しています!(「まぐまぐ」さん利用)

どこの発行元を利用するかによっても変わってくると思うのですが、出来るだけ発行者人数(発行部数)の多い発行元さんを選ぶのも一つのポイントだと思います。
それだけ読者数も多い訳で、イコールたくさんの人の目に触れるということになると思います。
メルマガならやっぱり「まぐまぐ」さんかなー…。
http://www.mag2.com/
複数のメルマガ発行元で発行している発行者さんが、「やっぱり『まぐまぐ』での読者登録数がダントツで多い」と書いてるのを読んだことがあります。

こういう発行元は、新着のメールマガジンをオフィシャルメルマガで紹介してくれます。一番の読者獲得チャンスは何と言ってもそこです。
いかに魅力的なメルマガ名にするか、紹介文をいかに魅力的にするか…など、考えることはたくさんあると思います。
(更にまぐまぐさんは、新規読者獲得人数の多いメルマガは、「新着メルマガ読者数ランキング」として、各カテゴリー別にもう一度オフィシャルメルマガに掲載してくれます。それもチャンスです)

最近見つけたメルマガのノウハウを紹介しているサイトを入れておきます。

参考URL:http://www.onda-honpo.com/mail-magazine/index.html

こんにちは。
私もメルマガ発行しています!(「まぐまぐ」さん利用)

どこの発行元を利用するかによっても変わってくると思うのですが、出来るだけ発行者人数(発行部数)の多い発行元さんを選ぶのも一つのポイントだと思います。
それだけ読者数も多い訳で、イコールたくさんの人の目に触れるということになると思います。
メルマガならやっぱり「まぐまぐ」さんかなー…。
http://www.mag2.com/
複数のメルマガ発行元で発行している発行者さんが、「やっぱり『まぐまぐ』での読者登録数がダントツで多い...続きを読む

Qまぐまぐメールマガジンの発行

定期的に特定のアドレスへ情報を発送していますが、アドレスをOUTLOOKのグループにまとめてBCCで発信したけれども、メンバー数が100を超えると、送信できません。なので、これからまぐまぐのメールマガジンで発信する予定ですが、発信のアドレスは自分のアドレスに設定できますか。自分持っているグループのアドレスはどのように登録できますか。また、これから登録してくるアドレスを削除したり、チェックしたりできますか。素人なので、教えてください。

Aベストアンサー

> 発信のアドレスは自分のアドレスに設定できますか。

返信先のメールアドレスがメールマガジンの発行者のメールアドレスになります。

> 自分持っているグループのアドレスはどのように登録できますか。

既に手持ちに保有しているメールアドレスをメールアドレスの持ち主に無断に登録することはできません。
よって、これから発行するメールマガジンを読みたい方が自分の意思で購読手続きをするしかありません。

> これから登録してくるアドレスを削除したり、チェックしたりでき
> ますか。

メールマガジンの購読者のメールアドレスを発行者側では削除は不可能です。またメールアドレス一覧も閲覧することはできません。

まぐまぐ 発行者ヘルプ
http://www.mag2.com/help/w000.html

Q同じ内容のメルマガを複数の発行スタンドで発行可能でしょうか

 同じ内容のメルマガを複数の発行スタンドで発行可能でしょうか。
過去の検索結果を見ると4,5年前の回答ではそれは当時の規約に照らして可能とのことですが、今現在の規約に照らしてそのことは可能でしょうか。というのもまぐまぐの無料メールマガジン発行規約 『第3条(発行できないメールマガジン) 二号 自身が発行する他のメールマガジンと同一又は酷似する内容のもの。』とありますがこれはまぐまぐ内に限った事なのでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

配信スタンドが異なれば大丈夫ですよ。
参考に、
http://archive.mag2.com/0000004445/index.html
この↑メルマガ本文の一番下を見てください。
「まぐまぐ」
「melma」
「E-Magazine」
「Mailux」
「めるまる」
「めろんぱん」
「メルモ」
これだけの配信スタンドから同一のマガジンを発行しています。

Qまぐまぐからのメールマガジンが読めません。

まぐまぐのメールマガジンが突然読めなくなりました。
下記の表示が出ます。
どうしたら復活するのか教えて下さい。

OS10.2.8 でMailを使っています。

“メルマガのタイトル”に関する“mag2 ID 00000××××× <mailmag@mag2.com>”からのメッセージはサーバからダウンロードされませんでした。ダウンロードするには、このアカウントをオンラインにする必要があります。

「オンラインにする」とはどのような意味でしょうか?

Aベストアンサー

ネット検索しただけですが、こちらが該当するのでは?

参考URL:http://www.twcu.ac.jp/cis/QandA/Mail/receive_mail-sync.html

Qメルマガのまぐまぐについて。

何回も発行してもいいのですか?

Aベストアンサー

何回も発行できるのは、まぐまぐなどメールマガジンのシステムです。
どうぞ好きなだけ発行して下さい。
読み手が飽きたらいつでも購読解除しますしね。

Qメールマガジンまぐまぐについて「お店の割引きやセール情報」だけを提供するのでもいいのですか?

小さな小料理屋ですが、弊社のホームページにメールマガジン「まぐまぐ」のメルマガをつけたと思います。その際記載内容は、おもに、割引き情報や、セールや、パーティ情報にしたいのですが、特定の地域の人しか見ない(チェーン店ではないので)で、このような内容だといけないのでしょうか?利用規約など読みましたが、このあたりがQ&Aにも書いていなくてさっぱり理解できませんでした。

Aベストアンサー

 別にいいのでは?というより店頭で宣伝しない限りその手のメルマガは、DMと同じ類ですので、あまり登録する人自体居ません。

 内容に関しましてもこちらから言えることはありません。客からしてうれしいのは割引券だけであり、新商品の情報はあまりいらないのかも知れませんが。
 

Qメルマガのまぐまぐについて!

毎日配送すれば、読者は増えるんですよね?

Aベストアンサー

あちこちの掲示板に書き込むと印象悪くなるので、
自分のHPなどにリンクさせたり、googleでヒット
したりする様にしたほうがいいでしょう。

毎日も大切ですが内容を面白くすることを前提に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報