交響曲は協奏曲より’格上’なのですか?

とは変な言い方かもしれませんが、

同じ作曲家の交響曲と協奏曲が演奏されるコンサートの場合、
例えばまずピアノ協奏曲が演奏され、最後に交響曲が演奏されます。
協奏曲は前座のような扱いです。違うのでしょうか。

私にとっては、下手な交響曲よりは聴き応えのある協奏曲のほうが格上であることもあるのですが、
交響曲はどのような位置づけなのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 まず第一には、協奏曲はソリストのためにある、ということがあります。


 演奏後の拍手で、指揮者の方もソリストに拍手を送ったりしますし、ソリストだけが何回も呼び戻されて称賛を受ける、というところからも明らかです。ソロのアンコールなどもあったりしますし。
 演奏としてもオーケストラはやっぱりソロのバック、という扱いのものも多いです。CDなどの批評においてもまずはソロの評価が対象となっています。

 オーケストラにとって、やはり一番の聴かせどころは自分たちの実力を存分に聴いてもらえる管弦楽曲(特に交響曲)ということになります。招聘オーケストラやアマチュアオケなどでは演奏のアンコールが付いているケースも多く、そうなると、先のソロとは別の曲である方がやり易くなります。

 また、例外は多いものの、一般的に協奏曲には20~30分前後の作品が多いです。最後に演奏されることの多い後期ロマン派の交響曲や管弦楽曲などの30~50分程度と比較してみると、序曲などの第一曲と協奏曲で概ねプログラムの半分程度となるため、休憩を入れるタイミングとして丁度良い、ということもあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

音楽雑誌ではCDなどをジャンル別に紹介する記事では
交響曲、管弦楽曲、協奏曲、室内楽、器楽曲、声楽、現代音楽の順になっていることが多く、
この場合の1番目の交響曲は前座という意味とは程遠く、クラシックを代表するジャンルという扱いでしょう。

お礼日時:2010/05/27 17:47

>協奏曲は前座のような扱いです。

違うのでしょうか。

― それは全然違うと思います。単に慣例としてそのようになっているだけだと思います。実際に管弦楽曲、交響曲が先で、ピアノ協奏曲が後、というコンサートもありますので。
ANo.1の方も述べていますが、演奏される曲の内容に左右されるためだと思います。

私が体験した中では、ブゾーニという作曲家の「ピアノ協奏曲」は「合唱」が付くため後半に演奏されましたし、新実徳英さんの和太鼓とオーケストラの協奏作品「風神・雷神」も後に演奏されました。
ブラームスの2曲のピアノ協奏曲も内容としては「後半」に演奏されても良い作品だと思います。

他にもシューマン、グリーグ、チャイコフスキーのピアノ協奏曲も「交響曲」に匹敵するほどの曲だと思いますので、プログラムの最後を飾ったとしても何ら問題はないのでしょうか。

私は「協奏曲」より最初に演奏される「序曲」や「管弦楽小品」が逆に「前座」のように扱われていると思っていて、曲の内容や演奏自体が軽く見られ「まあ、とりあえず」みたいな感じで演奏されたり、聴いたりされるのは悲しくなります。
たしかにマーラーやブルックナーの交響曲は本当に素晴らしいと思いますが、「良い作品」というものは、演奏時間に関係ないと思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ブラームスの大学祝典序曲など、「序曲」と名のつくものは文字通り最初に演奏されるのがふさわしいということはあると思います。
ブラームスの2曲のp協奏曲も「ピアノを伴った交響曲」と言われますね。ラフマニノフの3番もいいです。

>「良い作品」というものは、演奏時間に関係ないと思いませんか?
はい、ある人にとっては3分のポップスのほうが90分の交響曲よりも’格上’ということもあるかもしれませんね。あえてどっちが格上と決め付ける必要もないとも思いました。

お礼日時:2010/05/27 17:58

前座とは反対で、コンサートにおいては協奏曲の方が”格上”(上席)なのだと思います。



披露宴でも新郎の上司と新郎の父のスピーチは前者のほうが先ですよね。
協奏曲のソリストはいわばお客さんで、しかもなるべく早く帰りたい(笑)ので、先に演奏されます。

ただ純粋にどちらが格上?と訊かれたら、少なくとも「協奏曲が上」とは答えられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おもいろい観点です。確かにソリストは早くお帰りになります。

お礼日時:2010/05/27 17:39

結論から言えばやはり交響曲が(あらゆるジャンルに比べても)格上でしょうね。



管・弦・打楽器をフルに使い、純粋音楽(一部、標題音楽も)において作曲家が自身の生涯で音楽上最高の表現が出来る最大の形式が交響曲ではないでしょうか。

協奏曲はソリストがメインですのでオーケストラ・パートはあくまで補助的な役です。ロマン派以降のスケールの大きな協奏曲と言えども(たとえ対等の立場でも)主役は独奏楽器です。
また、器楽や弦楽四重奏などの室内楽は作曲家自身の内面や精神的な深さを表現するのに向いています。

>下手な交響曲よりは聴き応えのある協奏曲のほうが格上・・・
どんなに駄作?でも交響曲は一応、協奏曲より位が上なのですね。勿論、作品として傑作である協奏曲を立派に演奏するソリスト自身、素晴らしい音楽家であることは言うまでもありません。そういう意味でオケと対等、またはそれ以上の音楽性を持った偉大な芸術家です。

この回答への補足

お名前のjupitanさまはモーツアルトのジュピターにと関係がおありですか。

モーツアルトの六大交響曲と呼ばれるものは聞いていて確かに気持ちはいいのですが、演奏時間が30文程度とやや小ぶりで、風格と言う点でもの足りません。演奏時間だけで良さははかれませんが・・・。

補足日時:2010/05/27 18:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

>作曲家が自身の生涯で音楽上最高の表現が出来る最大の形式が交響曲ではないでしょうか。

ベートーベンの「合唱つき」、チャイコフスキーの「悲壮」、ブラームスの第4など、有名な曲はそれぞれの作曲家の最高傑作と言われることも多く、やはり交響曲は格上なのかなと言う感じもします。

お礼日時:2010/05/27 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリス人作曲家の交響曲について

エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトン、ティペット、ブリトゥン等の交響曲のCDを所有はしていますがエルガーの1番以外は私には相性が悪いらしく、殆ど聴く気が起こりません。

これ等作曲家の交響曲と日本人との相性は一般的にどんな按配なのでしょうか?

又、或る曲の人気のバロメーターとして、アマチュアオーケストラが其れを取り上げるか否かにある、と勝手に想像しているのですが(好例として、カリンニコフの1番)日本のアマオケではイギリスの交響曲は、よく演奏されているのでしょうか?

Aベストアンサー

余談です。

>エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトン、
>ティペット、ブリトゥン

皆、合唱曲は日本でもそれなりに人気があってCDも結構
出ているんですけどね…。
#アカペラのいい曲もいろいろあるので学生合唱団にも
#人気があったり…。

イギリス人作曲家(パーセルからラターまで)は、交響曲を
書く人も書かない人も、日本人受けする程よくまとまった
美しい合唱曲を書く印象がありますが、それらの多くは
あんまり交響曲的ではないような気がします。

#上手くいえませんが,#2さんの敵(?)、ヴェルディの
#「聖歌四篇」なんか間違いなく交響曲的(というか
#イタリアオペラ的??)な合唱曲です。

日本人が「交響曲」に求めるダイナミクスとか派手さが
ひょっとしたら彼らの作品では控えめすぎるのかも、
しれません。
#あまり彼らのオケ曲を聞かずに回答、失礼しました。


あとアマオケが取り上げることが人気のバロメーター、の
件ですが、往々にして曲の編成と団員の出番と力関係で
派手な曲が決まりがち、の傾向はあるかと思います。

余談です。

>エルガー、ヴォーン・ウィリアムズ、ウォルトン、
>ティペット、ブリトゥン

皆、合唱曲は日本でもそれなりに人気があってCDも結構
出ているんですけどね…。
#アカペラのいい曲もいろいろあるので学生合唱団にも
#人気があったり…。

イギリス人作曲家(パーセルからラターまで)は、交響曲を
書く人も書かない人も、日本人受けする程よくまとまった
美しい合唱曲を書く印象がありますが、それらの多くは
あんまり交響曲的ではないような気がします。

#上手くいえませんが,#2...続きを読む

Q交響曲  協奏曲 との違い

クラシック初心者です。
よくTVなどで流れててほしいと思うのですが、
沢山ありすぎてどれがいいのかわからないです。
アマゾンでクラシックを見てみると
いろんなカテゴリに分かれていますが、
とりあえず、交響曲  協奏曲 の違いから教えてほしいです。
好きな音色はピアノ、バイオリン、です。
あと、クラシックを視聴など出来るサイトありますか?
おねがいします。

Aベストアンサー

とりあえず交響曲と協奏曲の違いから。
交響曲は簡単にいうとオーケストラで演奏するソナタです。
協奏曲はそれに独奏者がいてオーケストラを伴奏に技術を披露する曲で、必ずカデンツァという独奏者の技術をアピールする独奏箇所があります。
古典音楽にはこの二つが一体化した協奏交響曲といものもあります。
一般には3~4楽章で構成されますが、作曲者によってはそれ以上や単一楽章のものもあります。

試聴はタワーレコードなどでできます。MIDIですといろいろあります。

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~mfujimot/music/

Qベートーベン交響曲第7番の最近の名盤

ベートーベン交響曲第7番のCDを買いたいのですが、
以下の条件に当てはまるものを知っていれば型番を教えてください。

○2000年以降録音されたもの
○デジタル録音されたもの
○オーストリア・アメリカ・イギリス・フランスの楽団ではないもの
(ジャーマンオーボエが聴きたいのでドイツが理想)
○ど下手ではないもの

お詳しい方何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

最近のドイツのオーケストラによるベートーヴェンの交響曲というと,次のものが比較的有名だと思います。

☆アバド指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005HMCT
☆ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3-%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC/dp/B0002RNBIY

(URLはどちらも交響曲全集です。バラ売りもあったと思うのですが,ネット上では見つかりませんでした)


どちらも7番そのものは聴いたことがありませんが,他の曲を聴いた印象としては,伝統的なドイツ風の重厚さからはかなり遠い演奏だと感じました。特にノリントンのものは軽快です。

アバド盤でオーボエを吹いているのは,たぶんシェレンベルガー氏ではないでしょうか。(確証はないですが,録音年代と音からの推定)
もちろん,下手であろうはずがありません(笑)

ノリントン盤は,人に借りてちょっと聴いた事があるだけなので,申し訳ありませんが,オーボエまでは印象に残っていません。


*(おそらく)初のベーレンライター校訂版による全集として話題になったジンマン指揮/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団のものも,最近だと思っていたのですが,録音は2000年よりは前だったようです。最近増えている「現代楽器による古楽風の奏法での演奏」というアプローチの元祖のような録音です。
念のためURLはつけておきますので,よろしければご参考に。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC7%E7%95%AA-%E7%AC%AC8%E7%95%AA-%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89/dp/B00005EH54

こんにちは。

最近のドイツのオーケストラによるベートーヴェンの交響曲というと,次のものが比較的有名だと思います。

☆アバド指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005HMCT
☆ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%...続きを読む

Q完成度の高いと思う交響曲・協奏曲・室内楽は?

数あるクラシック音楽の中で、好みや聴き易さとは別に、完成度が高い曲は何だと思われますか。

交響曲・協奏曲・室内楽別に、ベスト5~10曲を挙げて頂けますか。
 
 

Aベストアンサー

作曲家や指揮者のように楽譜を分析しての判断ではありませんが,
転調したり,主題が展開したりするのに,長いつなぎ部分がなく,
しかも,内容が濃いと思われる曲で考えてみました。

◇交響曲
ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」
モーツアルト 交響曲第41番
モーツアルト 交響曲第40番
モーツアルト 交響曲第38番
モーツアルト 交響曲第39番

好みではブラームスの4曲を挙げたいのですが,
上記の方がすっきりしていると思いました。
その他
ベートーヴェン 交響曲第9番
シベリウス 交響曲第4番,第7番
チャイコフスキー 交響曲第6番
マーラー 交響曲第4番

◇協奏曲
ブラームス ヴァイオリン協奏曲
シベリウス ヴァイオリン協奏曲
ブラームス ピアノ協奏曲第2番
モーツァルト ピアノ協奏曲第20番,21番,23番
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番

前置きなしで,いきなり魅力的なソロで始まる
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲も捨て難いです。

◇室内楽(器楽曲と分類されるものを除く)
モーツァルト 弦楽四重奏曲第19番「不協和音」
モーツァルト 弦楽四重奏曲第16番
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第15番
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」
ブラームス 弦楽四重奏曲第1番

弦楽四重奏ばかりになってしまいました。

名曲として長く親しまれ,今日まで残ってきた曲は,どれも完成度は
高いです。選曲に私個人の好みが入ってしまっていると思います。
無駄がなく,すっきりしているという観点で考えたつもりですが,
作曲家が片寄ってしまいました。
無駄がなく高度な完成度と言えばJ.S.バッハが一番かもしれませんが…。

作曲家や指揮者のように楽譜を分析しての判断ではありませんが,
転調したり,主題が展開したりするのに,長いつなぎ部分がなく,
しかも,内容が濃いと思われる曲で考えてみました。

◇交響曲
ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」
モーツアルト 交響曲第41番
モーツアルト 交響曲第40番
モーツアルト 交響曲第38番
モーツアルト 交響曲第39番

好みではブラームスの4曲を挙げたいのですが,
上記の方がすっきりしていると思いました。
その他
ベートーヴェン 交響曲第9番
シベリ...続きを読む

Qオススメな交響曲、お好きな交響曲教えて下さい☆

いつもお世話になっております。
今度は交響曲のことです。
皆さんがオススメする交響曲は何ですか?
あるいはお好きな交響曲は何ですか?
教えて下さい!名盤なども教えていただけると幸いです。宜しくお願いします。

私が好きなのは
ブラームスの交響曲第1番
ブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」
ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
などです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が個人的に好きな曲は,文面からにじみ出るものから察してください(^^

☆交響曲の父 ハイドン
現在の交響曲の形を作った人。すっきりとした明快な曲想は,やっぱりこれが基本だよね,と思わせます。
私はあまり詳しくないのでオススメは割愛します。ごめんなさい。

☆神童 モーツアルト
ぱっと聴いても魅力的,じっくり聴けばどこまでも奥深く。
まずは39番,40番,41番の後期三曲を。

☆楽聖 ベートーヴェン
何はともあれ,9曲全部聴くべきです!(笑)
俗に,偶数番(2, 4, 6, 8)は女性的,奇数番(1, 3, 5, 7, 9)は男性的などと言われますので,選ぶときのご参考に。

☆真摯で誠実な シューベルト
第8(7)番「未完成」
いたずらに熱しすぎず,でも,十分に心のこもった愛すべき素敵な曲です。オススメ♪
これが気に入ったら,第9(8)番「グレート」に挑戦してもよいでしょう。

☆爽やかに メンデルスゾーン
快晴の青空のようにすっきり爽やかなメンデルスゾーンからは,まずは第4番「イタリア」を。冒頭を聴くと本当にウキウキします。
第3番「スコットランド」もよいです。

☆詩情豊かな シューマン
あくまでも個人的な印象ですが,シューマンに一番ロマン派っぽさを感じます。
第1番「春」は楽しく軽快に,第3番「ライン」は流麗に。2番,4番もいい曲だと思いますよ。

☆渋く重厚に ブラームス
1番がお好きならば,これも全部(1~4番)聴くべきでしょう!(笑)
田園がお好きなら,2番は特にオススメできそうですね。(ブラームスの田園交響曲,と呼ばれたりします)

☆フランス人による名交響曲ふたつ
ベルリオーズ 幻想交響曲
彼の幻覚が音になった,とてもロマン派前期に書かれたとは思えない掟破り・型破りな曲。
サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
最後の盛り上がりが最高にかっこよく,ゆったりした部分の旋律も大変に美しい名曲です。オススメ♪

☆土の香りの ドヴォルザーク
郷愁をさそう第9番「新世界より」が名作なのは言うまでもないとして,端正でバランスのとれた第8番も素敵な作品です(第3楽章はよくご存知と思いますよ)。

☆ロシアの大地が咆哮する チャイコフスキー
まずは激しく燃え上がる後期三曲(第4番,第5番,第6番「悲愴」)だと思いますが,前半三曲もあまりねちっこくなくて魅力的,という方もいらっしゃるようですね。

☆巨大なスケールで圧倒する ブルックナー
好きな人にはどうにもたまらない魅力がありますが,嫌いな人には退屈でかなわん,という不思議な作曲家です。
「ロマンティック」がお好きならばきっと質問者さまは大丈夫でしょう(^^
一般的には後期三曲(第7番,第8番,第9番)が有名ですが,個人的には,第5番を非常に激しくオススメしたいです!!!ブラ1とロマンティックが好きなら絶対に気に入るはずです!

☆自然と人間のすべてがここに マーラー
全部オススメ!!
若々しく爽やかな1番 メルヘンチックな3番,4番 壮大な迫力の2番「復活」,8番
オケの全ての楽器がフルに大活躍の5番,6番,7番 東洋的無常観の「大地の歌」,諦めと憧れが葛藤する9番
彼の第9番は交響曲の究極の姿だ,という人もいらっしゃいます。

☆清冽な北欧の空気 シベリウス
北欧の景色を知らない人にも北欧の情景を思い浮かばせる凄い人です。
個人的には,これも,全部オススメ!・・・と言いたいところですが(笑),まずは2番,5番,7番は少なくとも聴いていただきたく。
ぎゅーっと濃縮された7番が特に大好きな曲です♪

☆天才?ひねくれ者? ショスタコーヴィチ
ベートーヴェン以来の「第九の壁」を破った数少ない人ですね。今年生誕100周年です。
深読みしだすとキリがないクセ者(笑)
第5番「革命」をまず聴いて,他は,これを聴いて興味が持てれば,でよいかも。
(本当はあれこれオススメしたいですが・・・)


---(余談)---
☆ギネス公認(今はどうか分からないですが,少なくとも昔は) 世界一長くて世界一人数がたくさん必要な曲
 ブライアン 交響曲第1番「ゴシック」
NAXOSから安いのが出ています。
私は怖いものみたさで買ってみましたが・・・(内容はノーコメント^^;)

☆マニアックながら質問者さまには特別にオススメ,遅れてきたロマン派 ラフマニノフ
こちらは,アシュケナージの指揮者としての出世作となった録音です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=570670
濃厚でセンチメンタルな雰囲気の交響曲第2番は,彼のピアノ協奏曲ファンにはとても人気があります。
3番や交響的舞曲もいい曲だと思いますよ。

---
上記の印象は,あくまでも「個人的なもの」ですので,質問者さまなりの聴き方・感じ方をしていただきたいと思います。(あえて申し上げなくても分かっていらっしゃると思いますが^^)

大変な長文,読んでいただき,ありがとうございました。

こんにちは。
ついに来ましたね,ストライクゾーンど真ん中♪
覚悟してください(笑)

私は好きな曲が多すぎて絞れないので,交響曲というジャンル全体像の紹介に近くなると思います。ご自身で聴く曲を選ぶときのご参考にしてください。
また,オススメCDについてですが,曲も紹介しつつ演奏の紹介もしていると,とんでもない分量になってしまいますので,今回は曲の紹介に絞りたいと思います(それでもとんでもない・・・)。
お目当ての曲がありましたら,オススメ演奏はまた別途ということで(笑)
私が...続きを読む

Q現代音楽では交響曲や協奏曲は書かれている?

18世紀が専門の者です。
20世紀以降、特に近年の現代音楽では交響曲や協奏曲は書かれているのでしょうか?この他、オペラ・オラトリオ・カンタータ・モテット等の劇・声楽作品や弦楽四重奏曲・ピアノ三重奏曲・ヴァイオリンソナタ・ピアノソナタ等は今でも健在的に書かれているのでしょうか?また、セレナードやディヴェルティメントは廃れてしまったのでしょうか?健在なジャンルと廃れたジャンルが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば、「近現代音楽の作曲家一覧」とWikipediaで検索します。
そこから、その作曲家の項目に飛びます。
それぞれの作曲作品をご覧になってください。
シュニトケとか吉松隆さんとか、有名どころだけ見ても、けっこうその手の作品はありますね。

てっとり早いのは、楽譜を売っている店の人に聞いてみるとか。
学問的な回答は出来ませんが、ご参考までに。

Q交響曲は協奏曲より’格上’なのですか?

交響曲は協奏曲より’格上’なのですか?

とは変な言い方かもしれませんが、

同じ作曲家の交響曲と協奏曲が演奏されるコンサートの場合、
例えばまずピアノ協奏曲が演奏され、最後に交響曲が演奏されます。
協奏曲は前座のような扱いです。違うのでしょうか。

私にとっては、下手な交響曲よりは聴き応えのある協奏曲のほうが格上であることもあるのですが、
交響曲はどのような位置づけなのでしょう。

Aベストアンサー

 まず第一には、協奏曲はソリストのためにある、ということがあります。
 演奏後の拍手で、指揮者の方もソリストに拍手を送ったりしますし、ソリストだけが何回も呼び戻されて称賛を受ける、というところからも明らかです。ソロのアンコールなどもあったりしますし。
 演奏としてもオーケストラはやっぱりソロのバック、という扱いのものも多いです。CDなどの批評においてもまずはソロの評価が対象となっています。

 オーケストラにとって、やはり一番の聴かせどころは自分たちの実力を存分に聴いてもらえる管弦楽曲(特に交響曲)ということになります。招聘オーケストラやアマチュアオケなどでは演奏のアンコールが付いているケースも多く、そうなると、先のソロとは別の曲である方がやり易くなります。

 また、例外は多いものの、一般的に協奏曲には20~30分前後の作品が多いです。最後に演奏されることの多い後期ロマン派の交響曲や管弦楽曲などの30~50分程度と比較してみると、序曲などの第一曲と協奏曲で概ねプログラムの半分程度となるため、休憩を入れるタイミングとして丁度良い、ということもあるかもしれません。

 まず第一には、協奏曲はソリストのためにある、ということがあります。
 演奏後の拍手で、指揮者の方もソリストに拍手を送ったりしますし、ソリストだけが何回も呼び戻されて称賛を受ける、というところからも明らかです。ソロのアンコールなどもあったりしますし。
 演奏としてもオーケストラはやっぱりソロのバック、という扱いのものも多いです。CDなどの批評においてもまずはソロの評価が対象となっています。

 オーケストラにとって、やはり一番の聴かせどころは自分たちの実力を存分に聴いてもらえ...続きを読む

Qピアノを使う交響曲(ピアノ協奏曲は除く)と言えば、何でしょう?

ピアノを使う交響曲(ピアノ協奏曲は除く)と言えば、何でしょう?

(たとえば、レスピーギ作曲「ローマの松」では、ピアノソロの部分と、ピアノが伴奏になっている部分の両方があるのが印象的です。)

曲名と作曲者名をお願いします。

Aベストアンサー

 「交響曲」といいながら、ほとんどピアノ協奏曲であるという、

ヴァンサン・ダンディ作曲「フランスの山人の歌による交響曲」

というのがありますね。

↓参考まで:
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3536374

 ピアノがソロとして華々しく出てくる交響曲、というのはあまり思い浮かびませんが、ピアノが打楽器的に、ちょろっと、しかし印象的に出て来るものとして、次のものがあります。

・ショスタコーヴィチ/交響曲第1番:第2楽章で主題提示的に出てきます。

・ショスタコーヴィチ/交響曲第5番:第1楽章の展開部で、ホルンの低音主題を導き出す部分で、低音弦楽器のピチカートとユニゾンで出てきます。


 交響曲ではありませんが、管弦楽曲ではストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」などが、ピアノが印象的ですね。(このジャンルだと、もっといろいろありそうですね)

Qハイドンの交響曲

今まで、ベートーヴェン、マーラー、ブラームス、ブルックナー、その他の交響曲を聞いてきましたが、「交響曲の父」といわれる、ハイドンの交響曲を聴いたことがありません。

ハイドンは交響曲だけでもかなり作曲していてどれから聴いたらわからないので、最初の1曲としていいなあと思うものを教えていただきたいです。

また、ハイドンを得意としている指揮者も教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

最初の1曲というのなら,
第96番《奇跡》
がおすすめです。
すでに候補として挙がっているロンドン交響曲のうちのひとつです。
第94番《驚愕》,第100番《軍隊》,第101番《時計》のように特に有名なフレーズはないし,どちらかというと地味な曲ですが,何度聴いても飽きない,むしろ聴けば聴くほどに味わいが深まる曲です。
標題の由来はハイドン自身が付けたものではなく後から付けられたものですが,その由来は,この曲の終演後,ホールのシャンデリアが落下したが,聴衆はその曲の素晴らしさゆえハイドンを一目見ようとステージに駆け寄っていたため“奇跡”的にケガ人は出なかったというものらしいです。

【おすすめ】
交響曲第93-104番
フランス・ブリュッヘン指揮
18世紀オーケストラ

交響曲第96-99番
ニコラウス・アーノンクール指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

その他,既に候補に挙がっているものはどれもハズレがないと思われます。標題の付いているものから聴いてみてはいかがでしょうか。

それ以外では第6・7・8番でしょうか。
それぞれ《朝》《昼》《晩》という標題が着いています。原題はドイツ語でも英語でもなく,フランス語です。

【おすすめ】
第6・7・8番
ニコラウス・アーノンクール指揮
ウィーン・コンツェルトゥス・ムジクス

最初の1曲というのなら,
第96番《奇跡》
がおすすめです。
すでに候補として挙がっているロンドン交響曲のうちのひとつです。
第94番《驚愕》,第100番《軍隊》,第101番《時計》のように特に有名なフレーズはないし,どちらかというと地味な曲ですが,何度聴いても飽きない,むしろ聴けば聴くほどに味わいが深まる曲です。
標題の由来はハイドン自身が付けたものではなく後から付けられたものですが,その由来は,この曲の終演後,ホールのシャンデリアが落下したが,聴衆はその曲の素晴らしさゆえハイド...続きを読む

Q交響曲協奏曲即興曲前奏曲などについて

単刀直入に・・・
交響曲や協奏曲、即興曲や前奏曲、など曲の種類について知っている限り教えてください。
出来れば、1行ごとに「○○曲・・・説明」のような感じで。

時間があれば、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

交響曲(シンフォニー) 管弦楽ソナタのことです。古典派以降のジャンルであり、ロマン派を代表する形式です。

協奏曲(コンチェルト) 独奏楽器と合奏が分かれている管弦楽あるいは管楽や弦楽等のソナタです。バロックを代表する形式です。

即興曲 即興っぽい感じ(実際は即興ではない)の曲です。

前奏曲(プレリュード) オペラや組曲の冒頭におかれる曲のことです。また冒頭の曲っぽい雰囲気を出す曲に付けられる場合もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報