【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

期末テストの国語作文で、原稿用紙の行頭に小さい『っ』が来るため、前の行の最後に入れたところ、「次の行頭に持ってこないと減点!」と教師が言い張ります。
『原稿用紙の使い方』等、『っ』が行頭禁則になっているインターネットサイトを見せても、
「行頭禁則は印刷物の話で、手書きでは『っ』は行  頭!!」と減点のままでした。『ぎゃ』の『ゃ』なども行頭に来るのが正しいと言われました。
私、間違っていますか???
ホントにこれって減点??
高校入試もそうなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

学校教育では、行頭に書くようになっているようです。


特に、字数指定のあるような場合には、字数計算の関係上、1文字に1マス使うべきだと思います。

参考URL:https://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-e …
    • good
    • 14
この回答へのお礼

大変ためになるURLを教えていただいて、ありがとうございました。学校での指導の歴史をさかのぼって、納得!

お礼日時:2003/07/07 21:58

句読点「、」「。

」や、カッコ類(「」、『』など。約物=やくもの、と呼びます)が行頭に来てしまう場合は、前の行の一番下に入れるのは当然ですが、

「っ」「ゃ」などの促音については、禁則処理を行う必要はないと思います。↑にあげた「記号」ではなく、あくまで「文字」ですから。

ですから、減点される可能性はありますね。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

う~ん、しょうがないのか(-_-メ)
記号ではなく文字だから…と言われればその通りかも。

お礼日時:2003/07/07 22:14

こんにちは



句読点は、行頭にきてはいけない事になっていますが、促音や拗音は原則として、禁則処理の対象にはならないらしいです。

参考URL:http://www.nets.ne.jp/~keio/genkoyoshi.htm
    • good
    • 5
この回答へのお礼

私もこのURLをプリントアウトして先生に見せたのですが…『促音、拗音をあらわす際の半音文字(ぇっゃェッャ)カタカナ(ェッャ)は、原則として行頭禁則処置が多い。ひらがなは(ぇっゃ)許容されている。
全般的に行頭禁則処置の対象にならないことが多い』と言う記述でしたよね。
ひらがなは〈許容されている〉。
だからって、行頭に『っ』をおかないことが減点っていうのは納得できないなぁと思ったのです。
皆さんからの回答で、少し納得。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/07 22:29

高校入試で20字などの記述問題では、禁則処理を行わずに行頭に持ってきます。


小論文などの試験については自信ありませんので、述べません。

なお手書きで原稿用紙に記入する場合、禁則文字は前行の欄外落とすように習いました。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

『昔確かに学校で習ったことがある!』と思っている私の記憶が間違いじゃないな、と思える連れがいて嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/07 22:02

最近は、レベルの低い先生も多いようですからねぇ。



原稿用紙としたら、マスメがあるので やむをえない点もあるでしょう。
普通に書く場合は、頭に っ とかは 狙ってでしか
書きません。

「っなバカな~~」 などのように。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=594824
    • good
    • 9
この回答へのお礼

「減点は取り消さない。『っ』を行頭に持ってくる以外の書き方はないし、こんな書き方するなんて、あなたが変だ!」
と先生に言われてから、なんだか胸がスッキリなかったんだけど元気になりました。ありがとう。

お礼日時:2003/07/07 22:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作文の書き方

作文の書き方で、小さい文字(「っ」「ゅ」「ょ」「ゃ」など)が行の頭にくるときは、
改行せずに前の行の最後に書くという風に習いました。
そうすると、「ちょっと」と書きたくて、「ち」が行の
最後に来た場合、どのように書けばいいのでしょうか?
二つとも最後のマスに入れるのですか?

どなたかわかる方、教えてください。

Aベストアンサー

作文って漠然としてどのようなフォーマットのものかわかりませんが
組版の場合は送りを調整して行頭禁則処理をするんじゃないでしょうか。
1行の文字数が決まっている(固定ピッチ送り)場合はワープロなどでも
行頭禁則用に確保されている文字は1文字なので「ち」から次の行にまわりこみ
をさせる、もしくは行頭禁則を行わないのが正解だと思います。

http://www.nakanihon.co.jp/Shimada/bunsyo/BTypingRuleJ/ChapB05.htm

まぁ読む限りそのような文章は工夫して避けろってありますね。

Q原稿用紙にどう数字を書き込めばよいのか?

原稿用紙にどう数字を書き込めばよいのか?

はじめまして。

論文の試験がもうすぐありますが、原稿用紙にどう数字を書き込めばよいのか分からず困っています。

縦書き原稿用紙であれば、漢数字を使って一マスに一字を入れると考えています。
横書きの原稿用紙の場合、普通の数字(1、2、3など)一マスに2字入れると思うのですが、例えば、354年 と書き込む場合は、4をどう一マスに入れるといいのでしょう?
一マスの右寄り、左寄りに入れるのでしょうか?

またキーワード的な単語を書きたいとき、『』で囲めばいいのでしょうか?または会話文と同様「」を使うのでしょうか?

どなたかご存知の方がいらっしゃったなら、ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

横書きの洋数字の書き方は、おっしゃるように1マスに2文字入れます。で、悩ましいのは奇数桁の時です。前と後と、どちらを開けるのか。
これって、決まりはないようなのです。

比較的よく見るのは、|3|45|という書き方です。前に1文字、後ろに2文字。
|34|5|というのもなくはないですが、どちらかといえば少数派のような気がします。
最近は手書きのものが減っているので、あまりたくさんの例を見たわけではありませんが。
私は、なんとなく、2マスの中に平均的に入るように(もちろんマス目を無視するわけではないのですが)書いていました。

この書き方が“間違っている”からと言って、論文なりレポートなりの評価が下がるわけでもないでしょうから、あんまり神経質にならず、読めるように書いていればOKだと思います。

あと、キーワード的な単語、特に目立たせたい単語は、「 」で括る方が一般的だと思います。『 』だと、書名や作品名と勘違いされる場合があります。
他の記号、たとえば“ ”でもいいですし(縦書きにはちょっと不向きかも)、〈 〉でもOKです。
こちらも、特に“これでなければならない”という決まりはないので、“キーワード的な単語はこの記号で括る”と論文の中で統一させていれば大丈夫だと思います。

ただし、お書きになっている論文というのが、大学や会社など、ある“組織”の中で書くものであれば、その“組織”の中でルールが決まっている場合があります。
ですので、先輩の論文を読むか、指導教授、上司など、ルールを知っていそうな方に確認する方が無難かもしれません。

横書きの洋数字の書き方は、おっしゃるように1マスに2文字入れます。で、悩ましいのは奇数桁の時です。前と後と、どちらを開けるのか。
これって、決まりはないようなのです。

比較的よく見るのは、|3|45|という書き方です。前に1文字、後ろに2文字。
|34|5|というのもなくはないですが、どちらかといえば少数派のような気がします。
最近は手書きのものが減っているので、あまりたくさんの例を見たわけではありませんが。
私は、なんとなく、2マスの中に平均的に入るように(もちろんマス目を無視するわ...続きを読む

Q原稿用紙に作文を書く際、行頭に句読点が来てしまうときは前の行の行末マス

原稿用紙に作文を書く際、行頭に句読点が来てしまうときは前の行の行末マスにいれますよね。

では「アメリカ・日本・中国」みたいに並列で書くときの中点が行頭に来るときはどうすればよいのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「・」は、行末に置くのが安心かと思います。

「・」も、「、」「。」と同様に、行頭にはおきません。(行頭禁則)
厳密には、行頭にも行末にも置かない方がよいのですが、行末やむなしの判断が一般的だそうです。
ただ、ものによっては行頭に置いてもいいという考えもあるようです。
(どっちやねんって感じですが)
なので、
どうしても「・」が行末か行頭に来てしまう場合、
どっちがよりいいか、というと、まずは行末が安心です。


ちなみに、
「前の文字と分割できないものは、行頭に置かない」(行頭禁則)
「後ろの文字と分割できないものは、行末に置かない」(行末禁則)
というルールです。
(ややこしいです(-_-;))
そのように考えていくと、「・」は、どっちもダメ、ということになりますよね。
「アメリカ・日本・中国」は並列で、前後どちらの文字とも関係があるので。

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q高校教師の能力不足による懲戒処分について

数学の教師に、試験を行った結果、能力に疑問があるとのことで、懲戒処分になったとの、報道があったと思います。
これは、どこの県で、どのような、内容だったのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪ですね。
詳細は、参考URLを見てみてください。

参考URL:http://www.asahi.com/edu/news/OSK200306250044.html

Qかぎかっこのつけ方について

作文を書く時、文頭は、1マスあけて書き始めますが、文頭がかぎかっこのときも、1マスあけて書き始めるのですか。教えてください。

Aベストアンサー

現役中学校教師に確認しましたら、空けるのが正しいということでした。活字は句読点などが一番上に来ないように、文字間隔を調整したりしている部分があるので、見た目で判断できないようです。また、出版物ではいろいろな書き方をされているようですが、基本的には、空けるということのようです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qカギ括弧内の最後に句読点は間違い?(例:「~。」)

「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに...続きを読む

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q縦書きの数字の表記方法は?

例えば「21」を縦書きで表記する場合、「二一」と
「二十一」はどちらが正しいのでしょうか。
「10」の場合は「一〇」か「十」で悩みます。

Aベストアンサー

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわば便方ですね。このほうが、算用数字に慣れた目には解りやすいし、文字数の節約になる(こういった表記は、活字印刷から始まっています。活字の場合、文字数がそのままコストに跳ね返ってきますので、新聞・出版業界では「123」を「一二三」とするような表記を採用したわけです)
漢字で(二人とか三人という意味の)「にさんにん」と書く場合、「二三人」と書いていたわけです。今でもそう書く人は少なくありません(今では「二、三人」と書く人も出てきていますが)。「23人」を漢字で書く時に「二三人」と書くと、この「二三人」が「にさんにん」のことなのか、「23人」のことなのか、曖昧になる。そのため、二桁だけは「二十三」というように「十」を入れて書こう、というのが暗黙の了解になっているわけです。

基本的に、どちらも間違いではない、ということになるとは思いますが、通常は
・二桁の場合は「二十一」というように、「十」を入れる。
・三桁以上の場合は「一二三」というように、「十」「百」を入れない
・ただし「千」「一万」といったような数の場合には、そのまま漢字で書く

というようにすることが多いですね。もともと日本語で書く時の本則は「百二十三」というように、「十」も「百」も入れるものです。各桁の数字だけ書く、というのは、算用数字の記載法を漢数字の記載に取り入れたための、いわ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング