プーケットに行くにあたり両替レートの一番ベストな方法は?

来月、プーケットに行くにあたり、日本円→バーツへの換金を考えております。
日本の銀行、プーケットの空港、現地両替所、現地ホテル等の中ではどこが一番お得に両替出来そうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

バンコク乗り換えであれば乗り換えの飛行機待ちの時間にバンコク空港内で


プーケット直行でしたら、プーケット空港で1万円ぐらいをまず両替、
ホテルに落ち着いてからホテル周辺にある両替所で必要金額を両替されれば
いいと思います。ホテルの場所を書かれていないので絶対に上記のようにすれば
いいとは言えません。パトンやカロン、プーケットタウンなどの「街中」で
あれば両替所があります。リゾートホテルなんかだと周りに何もないところも
あるので、そうであれば空港の両替所でまとまった金額を換えていかないと
困るかもしれません。タイでは空港や市中の両替所の大部分が銀行の直営ですから
銀行で換えても両替所で換えても同じレートです。銀行間で若干の差が
あります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ありません。
結局、日本では一切換金せず、現地の空港にて両替しました。
今回、街中のステイは少なく離島などが多かったので、
利便性を考えると空港でまとまった金額を換えてしまってよかったです。
とても参考になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/14 10:40

ベストの方法はバンコク市内で下記のサイトを参考にその日に一番良いレートの両替所で両替することです。



http://thailand.ryogae.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/14 10:41

こんにちは。



両替するなら現地空港か現地両替所となります。
日本の銀行と現地ホテルでのレートは最悪ですので!

プーケットはバンコク経由で行かれるのでしたら
バンコク(スワンナプーム空港)で乗り継ぎの際、
両替をお勧め致します。(レートはプーケット空港と同じ位です)
並ぶ事も無く両替が出来ます。
20B紙幣はチップ等で使いますので多めに用意された方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ありません。
結局、日本では一切換金せず、現地の空港にて両替しました。
確かに、混雑もなくスムーズに換金できました!
ご回答大変ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/14 10:38

私の経験からですが・・・プーケットなら



わたしは、現地の空港で少し両替して移動とその日の食事代程度用意し ホテルのチェックインの時は、カードで(実際現金を見せてもカードの方が良いとフロントの人は言いますし(苦笑)) 本格的には、翌日プーケットタウンなどの銀行で必要な分を両替します。

日本の銀行では、手数料が高いです。

現地のホテルも手数料は、現地では高めです。

空港や街中の両替所がお手ごろですが 一番安いのは、現地の銀行でした。

両替する際 20Bの紙幣にも少し替えておくといいですよ。

ホテルでポーターやハウスキーパーの方へ トゥクトゥクの運転手さん 食事をするなら食後にテーブルに置いたりと チィップとして20B紙幣を使いますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ありません。
結局、日本では一切換金せず、現地の空港にて両替しました。
今回、街中のステイは少なく離島などが多かったので利便性を考え
るとよかったです。
ご回答大変ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/14 10:36

7月27日AM10:00現在、1バーツは、2.7円。

何処で両替しようと滅茶苦茶な差額はありません。これが1000円くらいなら、血眼になって両替所を探しましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/08/02 11:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅行記を探しています(日本国内。できれば船旅)

私は旅行好きなので、旅行記を読むのが大好きです。
特に船旅が好きなので、出来ればフェリーを利用した旅行記(日本国内)で
オススメのものはないでしょうか?

また、フェリーでの旅行記でなくても結構ですので、日本国内の旅行記で
オススメのものがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検索したもので読んでませんが...

奥田英朗「港町食堂」
http://www.shinchosha.co.jp/book/134471/
Coralway「沖縄島々 旅日和―宮古・八重山編―」「沖縄島々 風便り―本島と周辺の島編―」
http://www.shinchosha.co.jp/book/602101/
http://www.shinchosha.co.jp/book/602115/
カベルナリア吉田「スロー・トラベル 島めぐりフェリーで行こう!」「スロー・トラベル フェリーボートで行こう!」
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/4487798841/
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/4487797837/

Qタイに行くにあたり、どちらの国での両替が有利か?

お世話になります。

(1)円→バーツ
(2)バーツ→円

に両替する場合、一般的にどちらの国で両替するのが、レート的に有利なのでしょうか。
また、お勧めの両替場所ご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

100%タイです。何が心配なのが日本空港で両替してる人見かけるが、もったいない。まずタイの空港で少額(3千円ぐらいで充分)両替して(市街地のタクシー代と水買うぐらい、1人で電車なら千円で足りる)市街地の両替所や銀行でしたほうが良い。夜の場合でも歓楽街なら両替所やってる。ホテルでも出来ると思う(私はホテルに泊まった事ないけど、聞いたことある)私のオススメはタニヤ通りの酒屋の中にある両替所がレートが良い。(電車から来て右手にある) うるおぼえなので1つ通りが左右ずれてるかもしれません。きをつけていってらっしゃい

Qユーモアあふれる旅行記を探しています

ユーモアあふれる旅行記を探しています

北杜夫「どくとるマンボウ航海記」を読んで旅行記にはまりました
どくとるマンボウのようなユーモアといたずら心にあふれた著者が書かれた旅行記を教えてください

ほのぼのしているものでも過激なものでも良いです
「ガリバー旅行記」や「旅のラゴス」のようなフィクションではなくノンフィクションの本が良いです

※他のサイトに同様の質問をしています

Aベストアンサー

 こんばんは。私も北杜夫ファンです。北さんのほのぼのとしたユーモアが大好きです。北さんの他の旅行記は既に読まれていますか?私が爆笑ものはお友だちの遠藤周作さん、阿川弘之さんとヨーロッパに旅行した「マンボウ周遊券」です。個性の強い3人の作家の様子がとっても魅力的です。ですが、北さんはドイツ語、遠藤さんはフランス語、阿川さんは英語は堪能ですのでお互いに助け合っている所もまた面白かったりします。絶版になっていますが、図書館や古書店で探してみて下さい。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1100299352/subno/1
●蔵前仁一
 バックパッカーですが、とても自然体に旅行をしている姿がとても面白いです。旅行好きが高じて旅行人という出版社を立ち上げていますが、旅行人が発行している旅行記はどれもハズレがありません。「ゴーゴーインド」などが代表作ですが、一番すきなのは「旅で眠りたい」。何せ東京からジワジワと沖縄→台湾と飛行機を使わずにインド方面まで行ってしまいます。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101532899/subno/1
●宮田珠己
 イチオシの旅行作家です。タマキングというあだ名なんですが、とにかく面白い!笑いを狙ったんじゃないと思うし、よくある辺境自慢や貧乏旅行自慢もありません、「私達の失った笑顔」を求めてもおらずとにかく変な銅像とか訳の分からないモノが大好きという、とにかく絶対読んで欲しい作家です。お勧めは「東南アジア四次元日記」決して一人で電車で読まないで下さい。「52%調子のいい旅」もお勧めです。台湾の謎の辞書のくだりなんてもう・・・。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102949034/subno/1
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101975703/subno/1
●村上春樹「辺境・近境」
 村上春樹さんの小説は何となく自分のリズムにあっていないので読みにくいんですが、これはすっごく面白く読めました。讃岐うどんを食べまくった話なんて声を出して笑いました。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102520180/subno/1
●田丸公美子
 イタリア語通訳者の第一人者の方です。彼女のエッセイはどれもこれもすっごく面白いんですが、旅行記もやはり期待通り面白いです。しかもガイドブックとしても役立ちそうな1冊です。やはり語学と文化に精通しているので旅行記が厚みをもった面白さになります(タマキングと正反対)。「シモネッタの本能三昧イタリア紀行」です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106021537/subno/1
●斎藤政喜
 シェルパ斎藤さんとしてアウトドア作家の有名な方です。タイトルに惹かれて読んだ一冊ですが、とにかく「トイレ」中心に旅をしていくという所が個性的で、しかもイラストも精密。よくぞこんな所で!という所が次々と出てきます。他の旅行記も沢山ありますが、犬好きなら「犬連れバックパッカー」もお勧めです。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101752888/subno/1
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101512973/subno/1
●阿川弘之
 前述の北杜夫さんのお友だちであり、ご存知かと思いますが阿川佐和子さんのお父様です。乗物マニアの阿川さんの旅行記は語学力と乗物の知識に裏打ちされてとても興味深いです。沢山あるんですが自選集がとっかかりとして良いのではないでしょうか?遠藤さんと船で中国まで旅行する話は面白いですよ。「汽車に乗って船に乗って」です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106032462/subno/1
●椎名誠
 ご存知王道の旅行作家です。椎名さん自身エッセイで北さんの旅行記が好きだそうです。辺境作家という名前通り沢山旅行記を出しているんですが、一番好きなのは初期の「地球どこでも不思議旅」です。サラリーマンを辞めた頃の開放感にあふれた感じが清々しいです。海外から日本まで独自の視点がガシガシ歩いているといった感じです。あやしい探検隊シリーズのアフリカ篇も好きです。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1100465374/subno/1
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101282521/subno/1

 長文になって申し訳ないです。紹介させていただいた本の中に絶版のものもありますが、良かったら図書館などで探してみて下さい。何かお気に入りの1冊の参考になれば幸いです。
 

 こんばんは。私も北杜夫ファンです。北さんのほのぼのとしたユーモアが大好きです。北さんの他の旅行記は既に読まれていますか?私が爆笑ものはお友だちの遠藤周作さん、阿川弘之さんとヨーロッパに旅行した「マンボウ周遊券」です。個性の強い3人の作家の様子がとっても魅力的です。ですが、北さんはドイツ語、遠藤さんはフランス語、阿川さんは英語は堪能ですのでお互いに助け合っている所もまた面白かったりします。絶版になっていますが、図書館や古書店で探してみて下さい。
http://www.7netshopping.jp/b...続きを読む

Q仁川空港での両替レート 空港到着時にとりあえず10000円を韓国ウォンに両替をしようとおもっています

仁川空港での両替レート
空港到着時にとりあえず10000円を韓国ウォンに両替をしようとおもっています。
4名でいくので合計40000円を両替することになります。


ここで、
①10000円を4人が別々に両替する
②40000円を1人がまとめて両替する
で金銭的な損得は発生するでしょうか。


ある国(両替所)では金額に応じて手数料が変わるような場所もありましたので、高額のほうが好レートであればまとめて両替しようと思っています。
現地窓口で確認でもいいですが、言葉の問題でうまく会話ができるか不安なのでこちらで質問させていただきました。
ご存知の方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

空港の両替所なら、手数料は何パーセントという形なので、両替する金額によって異なる、ということはありえないです。もっとも、空港内の両替所によってほんのちょっと手数料が違う、ということはありえるようですが、探す手間のほうが高いぐらいの差しかないでしょう。

Q旅行記を書くのに最適なブログサービス

旅行記を書きたいのですが、
写真のアップロード機能はもちろん、旅行記を書くのに便利な機能がある、旅行記を書くのに最適なブログサービスを教えて下さい。

Aベストアンサー

旅行のクチコミサイト フォートラベル

参考URL:http://4travel.jp/

Qgwのプーケット旅行について 女友達4人(みんな26歳)でプーケットに行きます。 いくつか質問させて

gwのプーケット旅行について
女友達4人(みんな26歳)でプーケットに行きます。
いくつか質問させて下さい。

①パトンビーチのエリアに宿泊しますが
ホテルにプールが付いていません( ; ; )
ビジターでも入場料を払いプールに入れるホテルはありますか?
同時にスパの利用などがあってもかまいません。
プールでお酒が飲めるところがあると聞きましたが
それもどちらでもかまいません。
できればパトンビーチからアクセスの良い場所でお願いします。

②もし四日間フリーの時間があるとすれば
みなさんはどのようにプランを組みますか?
5月はパトンビーチで泳げないですよね?

③ピピ島でゆっくりしたいのですが
日本から申し込んで行った方がいいですか?
あとタイガーキングダムと、象にも乗りに行きたいのですが、それもオプショナルの方がいいですか?

④現地滞在は水木金土でいけますが、おすすめのマーケットはありますか?

わかるところだけで大丈夫です。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

① パトンのホテルが日帰りプール利用できるかは分かりません。ツアー会社に確認してみるか、英語ができるならめぼしいホテルにメールしてみるのもいいと思います。

 一応、普通のプールとしては「スプラッシュジャングル ウォーターパーク」というのが空港のすぐ近くにあります。

②プーケットの五月は「微妙」です。プーケットが5月または6月からオフシーズンになるのは、雨季であることと季節風が強くなるからです。強い西風が吹き、パトンビーチなど有名なビーチは西側にあるため、砂ぼこりでくつろげなくなるのです。プーケットは西洋人が多いので、一日中寝てられる、というのが多くの人の過ごし方なのです。

4日フリーなら
・プールとスパ
・ピピ島
・プーケットタウンなどの観光(象にも乗ります)
・パトンビーチとジャンクセイロン(パトンの中にあるショッピングセンタ―)

③ピピ島やその他オプショナル
英語ができるかどうかで決まります。英語ができないなら、日本から予約していく方がいいと思いますが、天候の問題もあるので、ツアー会社と相談するほうがいいでしょう。英語ができるなら、いろいろな方法があるので、現地で選んでもいいと思います。ただし、雨季は海が荒れるのでなるべく大きめの船のほうが安全です。

ピピ島を含めて島の東側は雨季でも海に入れます。(ピピドンは入江が奥深いので波は穏やかです。)
タイガーキングダムはパトンから車で30分はかからないでしょう。そのうち15分はパトン市街から出る時間です。

④土曜日の夜に滞在しているなら、
ウィークエンドマーケット(Weekend market wat naka)
がお勧めです。プーケットタウンの寺院でやっています。

他はちょっとね。衛生面があれなんですよ。ホテルでお勧めを聞いてみるのがいいと思います。

TIPS
プーケットは意外に衛生状態が悪いです。悪いというより「注意が必要」です。現地の人は、ウエットテッシュを常に持ち歩いて、スプーンやコップを拭いてから使います。日常的に利用している、おなかの薬は持って行く方がいいですよ。

パトンに限らず、プーケットは「西洋人」が多くいて、西洋人向けの観光地、特にパトンは男性向けのお店がビーチサイドにならんでいます。露出した格好の東洋人女性は、現地のバーガールと間違えられて不愉快な思いをする可能性があるので、注意してください。

またパトンの夜の治安は女性にとっては「悪い」と言っていいでしょう。

さらに、西洋人(ファランと呼びます)が幅を利かせていて、東洋人は馬鹿にされる傾向があります。これは男性でも同じですが、そういう場合は思いっきり抗議する必要があります。少なくとも、そういうことがある、と分かっているだけがっかりしないでしょう。

タクシーは必ずホテルまたは大きなショッピングセンタ―から乗ってください。ベルボーイにチップを上げて呼んでもらってください。泊まっているホテルじゃなくてもいいんです。ボーイが運転手の顔を覚えているだけで、犯罪の抑止力になります。

怖いことを書きましたが、海外旅行になれていれば常識だと思います。最低限のことを守れば、楽しく遊べます。

① パトンのホテルが日帰りプール利用できるかは分かりません。ツアー会社に確認してみるか、英語ができるならめぼしいホテルにメールしてみるのもいいと思います。

 一応、普通のプールとしては「スプラッシュジャングル ウォーターパーク」というのが空港のすぐ近くにあります。

②プーケットの五月は「微妙」です。プーケットが5月または6月からオフシーズンになるのは、雨季であることと季節風が強くなるからです。強い西風が吹き、パトンビーチなど有名なビーチは西側にあるため、砂ぼこりでくつろげなく...続きを読む

Q旅行記を書く仕事

将来、旅行記を書く仕事をしたいと思っています。
しかし、これは一つの仕事として成り立つものなのでしょうか?
旅行記を書くことを仕事としてやってらっしゃるかたはいらっしゃいますか?
それとも多くの方は「ライター」として、旅行記以外の文章も書きながら、仕事の一つとして書かれているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トラベル系ではありませんが、ライターです。

「旅行記」はエッセイの一分野になると思いますが、エッセイで生活するのは、とても困難だと思います。エッセイはあまり売れない上に、一見簡単そうに見えて、売り物になるほどうまく書くのがとてもむずかしいからです。純文学の小説家と同じようなものだと思った方がいいでしょう。

旅行を専門分野にするライターになるのは、それほどむずかしくありません。ただ、ぜいたくを言わなければ1人で生活していける程度にほど稼げるというレベルで、家族を養っていくほど稼げるようになるのは、かなりむずかしいと思います。

旅行を専門分野にするライターというのは、イベントを一覧表にまとめたり、ホテルに電話して掲載情報を確認するなどの細かい作業もこなす仕事です。ベテランになるに従って、体験記などの仕事も入ってくるようになるかもしれません。

旅行以外の分野も含めてエッセイ調の文章だけを書くライターというのは、最初に書いたようにむずかしいですね。ライターというのは、一般の人が考えているのとは違って、文章力よりも情報力が要求される仕事です。

旅行を専門分野にするライターになるには、大きく分けて2つの方法があります。1つは、その方面を扱っている編集プロダクションや出版社にアルバイトでもいいのでもぐりこみ、仕事を覚えて人脈を作ってから独立すること。

もう1つは、ほかの仕事で生活しながら自腹で旅行にのめりこんで、旅行のプロになることです。ただ、普通の旅行会社の社員レベルの詳しさでは、足りません。「この人は異様に旅行に詳しい」と旅行の本などを扱っている編集者(つまり一般人よりもずっと詳しい)に思わせるような人になれば、記事を書かせてもらえるチャンスは出てくるでしょう。

ただ、どちらも、その道に進めばすんなりとやっていけるというわけではありません。仕事を軌道に載せるのはむずかしいのですが、いったん軌道に乗っても、飽きられたり需要が減って、仕事が来なくなることもあります。

トラベル系ではありませんが、ライターです。

「旅行記」はエッセイの一分野になると思いますが、エッセイで生活するのは、とても困難だと思います。エッセイはあまり売れない上に、一見簡単そうに見えて、売り物になるほどうまく書くのがとてもむずかしいからです。純文学の小説家と同じようなものだと思った方がいいでしょう。

旅行を専門分野にするライターになるのは、それほどむずかしくありません。ただ、ぜいたくを言わなければ1人で生活していける程度にほど稼げるというレベルで、家族を養っていく...続きを読む

Q韓国旅行に行きます。円からウォンに両替するときのレートの読み方がわかり

韓国旅行に行きます。円からウォンに両替するときのレートの読み方がわかりません。

ヤフーだと、1円→0.07ウォン、韓国旅行サイトだと100円→1300ウォンと
表示されていて、どういう計算方法でレートが示されるのかまったくわかりません。

両替所によって表示方法が違うのでしょうか。
計算方法がわからないので、比較しようがないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちくは。

http://quote.yahoo.co.jp/m5?a=10000&s=JPY&t=KRW

はい。どーど。
今のとこ、1万円をウォン換金すると、約14万ウォンになるようですね。
まぁ、両替所の手数料なりなんなりがあるので、13.5万とかぐらいになるんでしょうが。


http://www.konest.com/data/rate_top.html


こっちのが計算はしやすいか。。。

>>計算方法がわからないので、比較しようがないので、よろしくお願いします。

あまり、労力を費やすところじゃないです。

・現地空港内の換金所で換金。
・現地銀行で換金。
・現地換金所で換金。(街中にある奴。
・現地ホテルフロントなどで換金。

多分、上から順番にレートがマシかと。


ただ、一度に数十万円換金するわけでもないならば、個人で行く旅行でレートが及ぼす影響なんて、「数十円~数百円」ですよ。

表記に関しては。。。
「KRW→JPY:0.07」「JPY→KRW:14.0」とか。。。
そんなだったかな~。。。記憶に薄いから結構てきとーです。
「こりあー(韓国)うぉん→じゃぱーん(日本)えん:0.07」「じゃぱーんえん→こりあーうぉん:14.0」
んな感じで。


まぁ、5万円をウォンに換金したかったら、換金所に表示されてる「日本円→ウォン」とかって表示の数字をかけて
持ってるウォンを円に戻したかったら「ウォン→日本円」とかって表示の数字をかければOKです。
(ただ、ウォンから日本円換金は、「1000ウォン」単位でしかできなかったかも。細かくなりすぎるので。。。


まぁ、個人の意見で言うと、とりあえず、現地の空港ついたら換金。
足りなくなったら街中の銀行へ。(その際はパスポート持参で。というか、なくしたら困るから常にパンツの中でOK・w・
銀行もなくてどうしても困ったら、街中の換金屋へ。

で十分かと。差は上でも言ったとおり、個人の旅行レベルなら、多くても1~200円とかそんなもんかと。
自分も行く際には結構気にしていたところなので気持ちは分かりますが、行ってみるとそこまで苦労して計算しておくべきものではないので、
行きたい店をチェックしてみたり、観光計画たてるほうに時間を費やすことをオススメしますよ。では。

こんちくは。

http://quote.yahoo.co.jp/m5?a=10000&s=JPY&t=KRW

はい。どーど。
今のとこ、1万円をウォン換金すると、約14万ウォンになるようですね。
まぁ、両替所の手数料なりなんなりがあるので、13.5万とかぐらいになるんでしょうが。


http://www.konest.com/data/rate_top.html


こっちのが計算はしやすいか。。。

>>計算方法がわからないので、比較しようがないので、よろしくお願いします。

あまり、労力を費やすところじゃないです。

・現地空港内の換金所で換金。
・現地銀行で換金。
...続きを読む

Q旅行記探してます!

僕は旅行記が好きです。
読んだらわくわくするような旅行記でみなさんのおすすめの一冊教えてください。
文庫本だと有り難いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旅行というより探検ですが、河口慧海の「チベット旅行記」、スヴェン・ヘディンの中央アジア三部作、「馬仲英の逃亡」、「シルクロード」、「さまよえる湖」、等はいかがでしょう。スヴェン・ヘディンのは中公文庫から出ています。

Q大晦日プーケットでのバーツ両替

大晦日と元旦にプーケットに行きます。
クルーズ旅行なので空港は利用しません。
ロイヤルカリビアンです。
ホテルにも泊まりません。

大晦日でも、プーケット(オールドタウンやパトンビーチ)で両替所は開いているでしょうか?
不確かな場合は、大分目減りしてしまいますが日本で両替していくしかないと考えています。
恐らく、日本で円をUS$に両替 → 船でUS$をタイバーツに両替 するよりも
大黒屋あたりで日本円をタイバーツに両替するほうがまだ良いかと。
いかがでしょうか?

もし、ここなら大晦日でも絶対開いてるよ! という両替所がありましたら詳しく教えていただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

観光で成り立っている島ですから、大晦日でも両替所は、普通に営業しています。

特に、パトンビーチは50mも歩けば1件はあるくらいたくさんあります。
夜も10時くらいまでは確実に開いていますので心配することはないですよ。

もし、それでも、閉まっていたらバングラ通りを海側から歩き、突き当りを右に行くと右手に大型ショッピングセンター(ジャンクセイロン)があります。この地下に銀行がありますから、そこは、やっています。

もちろん、両替所によって、レートは違いますので、何か所かみてレートのいいところで替えるのがいいと思います。
と言っても何十万も替えるのなら違ってきますが、そんなに気にならない差ですが、、、。

で、万が一、どうにもならなかったら、大きいホテルに行って宿泊客のフリをして両替をするのも手です。
(もちろんホテルなのでレートは悪いですが)


人気Q&Aランキング