伊勢谷友介さんって、どんな役者ですか?

ウィキやホームページを観ても凄いな~と思うのですが・・・「あそこが、あ~でココが凄い役者だよ」ってな感じで何かありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

デビュー作「ワンダフルライフ」では、あまり演技がうまくないな、でも存在感はあるな、と思っていました。


(この映画はとても好きなので、見てらっしゃらなかったらおすすめです)
でも、最近のテレビドラマ「白州次郎」や「竜馬伝」の高杉晋作は、役が乗り移ってるような感じがします。
ああいう激しい役があってると思います。
「あしたのジョー」の力石役も見てみたいです。(多分、この役もあって、だいぶ痩せてるのかと思いました)
一度だけ「図鑑に載ってる虫」の舞台挨拶で見たことがあります。
繊細で、優しそうなので、女性にもてるのはわかる気がしました。
絵の作品も、フランス大使館で見たことがあります。
(参照URLの写真です)

参考URL:http://www.flickr.com/photos/mika1210/4299442990/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくお答え頂き感謝です!

存在感ありますネ~確かに・・目力でしょうか
参考にさせて頂きます

お礼日時:2010/09/14 08:38

すいません。


二重に投稿しちゃいました。
「図鑑に載ってる虫」は「図鑑に載ってない虫」の間違いです。
    • good
    • 0

デビュー作「ワンダフルライフ」では、あまり演技がうまくないな、でも存在感はあるな、と思っていました。


(この映画はとても好きなので、見てらっしゃらなかったらおすすめです)
でも、最近のテレビドラマ「白州次郎」や「竜馬伝」の高杉晋作は、役が乗り移ってるような感じがします。
ああいう激しい役があってると思います。
「あしたのジョー」の力石役も見てみたいです。(多分、この役もあって、だいぶ痩せてるのかと思いました)一度一度だけ「図鑑に載ってる虫」の舞台挨拶で見たことがあります。繊細で、優しそうなので、女性にもてるのはわかる気がしました。
作品も、フランス大使館で見たことがあります。
(参照URLの写真です)

参考URL:http://www.flickr.com/photos/mika1210/4299442990/
    • good
    • 0

 個人的には「雪に願うこと」(監督:根岸吉太郎、2006年)が彼のベストアクトだと思いますが、


「嫌われ松子の一生」などのどうしようもないヒモみたいな役が彼はあってると思います。
    • good
    • 0

広末涼子と木村佳乃と交際していたことを宣伝に使い有名になっただけの大根役者。


テレビドラマにはほとんど出演せず「映画俳優」を気取ってはいるが、出演作品は全て大コケ。
ルックスしか取り柄がないのだから、黙ってモデルだけやっているべき。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの映画俳優

アメリカのテレビでは映画俳優とドラマ俳優の扱いは日本と較べてどうなのでしょうか?
日本では、ドラマで認められた俳優が映画出演して、映画寄りの俳優となったり、
ドラマ俳優よりメディアに出てこなくなるといった構図がありますが、
アメリカはどうなのでしょう?
ハリウッド俳優は映画ばかり出ているのでしょうか?
映画俳優とドラマ俳優は別扱い的な要素が強いのでしょうか?
映画俳優はテレビに出てこない勝手なイメージを持っています。
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。アメリカに住んで10年になります。

ハリウッド映画俳優ですが、テレビ俳優とは各が違います。日本とは違い、ハリウッドの俳優が一般的にいわれるお金の安いテレビのコマーシャルやテレビドラマに出るのはあまりステータス状よくないといわれています。

けど、テレビドラマだって、フレンズのように1エピソードで一人1億ドルっていう金額ですから、人気ドラマにでている俳優はそれなりにお金をもらえるようになります。けど、テレビシリーズで人気になった俳優が、シリーズが終わってから仕事が来るかというと、なかなか難しいのが本当の所です。俳優として生きていく為に、長年人気テレビドラマにいつづけると、そのドラマでの役柄が強くイメージとして残りますので、そのイメージのせいで、なかなかハリウッド映画などのキャスティングでひっかかることがないようです。ですから、俳優としてでなく、スクリーンの後ろでやる仕事、例えば監督の仕事ですけど、そういう仕事に、テレビ人気シリーズが終わってから転移するひともいます。

けど、テレビ番組でも、やっぱりそれなりの監督やスクリプトがテレビドラマ作成に関わっている場合は、ちょっと違ってきます。HBOのスペシャルドラマシリーズとかにも、いい俳優さんはでてきますし、それに、この間もオプラ・ウィンフリーが携わっている特別テレビドラマ番組には、オスカーをとった黒人女性俳優 ハリーベリーがでていました。ですので、テレビドラマでも長年やらない、そういった特別にやるテレビドラマや短編シリーズとかで、著名な人がバックにいると、そういった各のある女優・俳優がでてくるの時があります。

また、映画界でもハリウッドではなくインディペンデント映画関係に出る俳優さんも下にみられがちですが、でも、やっぱり脚本が良かったりなんかするとそういった映画に出るハリウッド俳優・女優はもちろんいます。俳優として自分をアピールさせてくれる脚本があれば、それに飛びつくのは俳優としては当然のことだと思います。

それから、話はちょっと違ってしまいますけど、ラッセル・クロウがいっていた言葉ですが、ブラッドピット、ジョージ・クルーニーなどの俳優は、海外のテレビコマーシャルでお金設けをしているが、それは俳優にとって恥ずべきことだといっていました。高いお金が得られるコマーシャルだけに携わり、俳優としての名誉を傷つけているっていうようなことを言っていたそうです。

ハリウッド映画俳優でも、もちろんそのランクはあります。顔で売れているだけの俳優とちゃんとした俳優がいます。でも、顔も売れていて俳優としてもそこそこの俳優もいます。

生活をするためには、お金が必要ですから、そんなに俳優として地位が高くなくても、顔が売れていて人気のある俳優がそういった短いテレビコマーシャルでお金を設けてしまうのも、ある意味分かりますけど、でも、俳優という仕事を心から誇りに思っているひとは、やっぱり仕事を選んでいると思います。それが、テレビドラマであろうが、ハリウッド映画であろうが、インディペンデントフィルムであろうが、俳優として自分を成長させてくれる脚本に出会えたらそういう仕事を取りたいと思うのが本当の所だと思います。

ただ、私がいえるのは、俳優として生きるのに、数年以上かかわるテレビドラマシリーズに出ることは、お金が良かったとしても、長い目でみると、将来的に俳優としての仕事が来なくなる可能性があると思いますから、そこでテレビに出ないほうがいいというのはあると思います。確かに、テレビドラマシリーズが終わる頃には、死ぬまで生活していけるお金はきっと貯まっているでしょうけど、俳優という仕事に一生携わっていきたいのであったら、そういうテレビシリーズにいつづけるのは、俳優としては大変だと思います。でも、やっぱり短編や特別ドラマの番組でも、いい脚本であるのなら、俳優としてプラスになると思います。ゴールデングローブ賞に引っかかることもあると思いますしね^^

こんにちは。アメリカに住んで10年になります。

ハリウッド映画俳優ですが、テレビ俳優とは各が違います。日本とは違い、ハリウッドの俳優が一般的にいわれるお金の安いテレビのコマーシャルやテレビドラマに出るのはあまりステータス状よくないといわれています。

けど、テレビドラマだって、フレンズのように1エピソードで一人1億ドルっていう金額ですから、人気ドラマにでている俳優はそれなりにお金をもらえるようになります。けど、テレビシリーズで人気になった俳優が、シリーズが終わってから仕...続きを読む

Q伊勢谷友介

最近、伊勢谷友介さんがとても気になって
いるんですがオフィシャルホームページが
わかりません。というよりあるのかどうかも
不安になってきました。誰かしりませんか?

Aベストアンサー

調べたところ、現在オフィシャルサイトは製作中らしいです。

Q映画俳優になるには……

私は今大学3年なのですが、将来の選択が迫っています。映画俳優が一番の夢なのですがそれに向かって活動してることと言えば、学生映画にちょこちょこでてるくらいです。本格的に映画俳優を目指すにはどうしたらいいでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

高校の時の先生が、大手の劇団(ひまわりとか東俳とかみたいなやつ)の出身者でした。役者を目指して、高校2年の時に入団し、学業とレッスンを両立していたそうです。

そういう劇団に入ると、劇団の公演に出演するチャンスも生まれるし、ドラマ・映画・舞台などのオーディションの話もたくさん舞い込んでくるそうです。ただし、モノにできるかどうかは、本人の才能次第。

その先生の同期の人は、誰一人役者として成功しませんでしたが、1期前と1期後の中からは、有名役者が誕生したとのことでした。(←名前は書きませんが、1人は映画やドラマ・1人は舞台・ドラマで活躍中)
劇団に入って基礎を積んで、オーディションを受けまくるのがいいのでは?

私の先生は、目が出なかった時の保険として教員免許を取っていました。「卒業後3年間、劇団員として頑張り、ダメだったら諦めて教員になる」という感じで、期間を設けたそうです。オーディションを受けまくったものの、一度も合格することなく、3年後に教員になったそうです。

役者を目指すことでの「リスク」が心配なのであれば、私の先生のように期間を定めて頑張ってみるのもいいかもしれません。

高校の時の先生が、大手の劇団(ひまわりとか東俳とかみたいなやつ)の出身者でした。役者を目指して、高校2年の時に入団し、学業とレッスンを両立していたそうです。

そういう劇団に入ると、劇団の公演に出演するチャンスも生まれるし、ドラマ・映画・舞台などのオーディションの話もたくさん舞い込んでくるそうです。ただし、モノにできるかどうかは、本人の才能次第。

その先生の同期の人は、誰一人役者として成功しませんでしたが、1期前と1期後の中からは、有名役者が誕生したとのことでした。(←名...続きを読む

Q伊勢谷友介さんについて

こんにちは。
ぼくは伊勢谷友介さんにあこがれているんですが、伊勢谷さんは東京芸術大学を卒業されたと聞きました。そこでHPとかにも行ってみたんですが何学部何学科に入ったかということまでは書いていませんでした。誰か知っている方がいましたらどうか教えてください!

Aベストアンサー

遅くなりました。補足を拝見しました。

伊勢谷さんがどこで実技を学ばれたのかは分かりませんでした。

伊勢谷さんとは全然関係ないですが、
芸大のデザイン学科に行った人を知っていますが、
その人は高校1年の時から美術の専門学校に通って、
実技の勉強をしていましたので、伊勢谷さんも
どこかで勉強されたのではないか、とは思うのですが‥。

きちんとした回答になっていなくて、申し訳ありません。

Qあなたの憧れの映画俳優は?

あなたの憧れの映画俳優を教えて下さい。
その俳優を好きになった映画のタイトルや、
その俳優のどんなところが好きなのか、
など、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

イーサンホークはどうでしょうか。ハリウッドのセレブリティーともなるとたまには利益目的だけのためにでなければいけない映画というのもあるような気がしますが、彼は出る映画をちゃんと選んでいるように思います。好きになったきっかけはリ“アリティ・バイツ”。役がものすごくクールでいいです。“ガタカ”、この映画でのジュード・ロウもかなりいい味でてるのですか、やっぱりイーサンホークは有無を言わせません。他にも“大いなる遺産”Etc。お勧めです。

Q伊勢谷友介じゃなくて高良健吾じゃなくて、、似たような感じの俳優だれだったけ!!もやもや!!あんまり出

伊勢谷友介じゃなくて高良健吾じゃなくて、、似たような感じの俳優だれだったけ!!もやもや!!あんまり出てないけど、、。あーもやもや!

Aベストアンサー

窪塚洋介?

Q香港映画俳優で爆笑問題の田中祐二に似ている人

香港系 映画俳優で爆笑問題の田中祐二に似ている人の名前を教えてください。

あいまいな記憶ですが

男性で
50歳くらい
長く映画俳優やっています。
かなり有名です
ジャッキーみたいにアクションもする俳優
です。
体重は結構重そうです。80キロ~90はありそうです。

最近では1年半くらい前に深夜でドラマみたいなのがあっていました。↓
黒人?と田中裕二似の俳優が警察をやっていたような記憶があります。

誰か知ってる人いませんか~!  ヘルプミー

Aベストアンサー

今晩は
もしかしたらサモ・ハン・キンポーでしょうか?↓

http://homepage3.nifty.com/asiastar/stars/japanese/sammohung.html

違ってたらごめんなさい。

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=4624

Q女性の役者さんは女優と呼びますが男性の役者さんはなぜ俳優なんですか?男優じゃだめなんですか?

女性の役者さんは女優と呼びますが男性の役者さんはなぜ俳優なんですか?男優じゃだめなんですか?

Aベストアンサー

男優さん・・・、なんか卑猥に聞こえますね。
だからじゃないですかね。(^_^;)

Q昔の映画俳優は京都でよく豪遊していたのですかね?

昔の映画俳優は京都でよく豪遊していたのですかね?
昔の映画俳優は京都でよく豪遊していたのですかね?

1950年代から1960年代の映画全盛期の時代は東映と今は無き大映が京都撮影所を持って多くの俳優やスタッフが映画を
作っていましたが、一部の俳優は豪遊もすごかったそうですね。
今も東映京都撮影所があるので、まだ一部のスターの豪遊があるかもしれませんが-----。

何か京都各地に残る裏話があったら教えてくださいませ。


1950年代から1960年代の映画全盛期の時代は東映と今は無き大映が京都撮影所を持って多くの俳優やスタッフが映画を
作っていましたが、一部の俳優は豪遊もすごかったそうですね。
今も東映京都撮影所があるので、まだ一部のスターの豪遊があるかもしれませんが-----。

何か京都各地に残る裏話があったら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

大映に在籍していた頃のK.S太郎氏は撮影後すぐに俳優仲間や付き人を引き連れ飲みに行き、二軒三軒とハシゴする旅に、そこで飲んでいた人たちをも仲間に引き入れ、やがて数十人もの酔っぱらい達が大名行列のように毎夜毎夜、祇園街を闊歩していたそうです。

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報