「とてちてた」って何ですか?
意味があるものでしょうか。それともただの言葉遊び?
ご存知の方、教えてください・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

突撃ラッパの音(下記ウエブに詳しい)



参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~toda-m/nanyanen/nanya02.h …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になりました。参考ってのもおかしいですか。
ありがとうございます!

お礼日時:2003/08/12 10:34

No.4の方が大正解です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっとイメージも背景もつかめました。
ありがとうございましたーー!!

お礼日時:2003/08/12 10:31

まんが「じゃりんこチエ」でテツが気分良くスキップでもしているような場面で口ずさんでましたねえ・・・。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あはは、色々使う場面があったんですね。

お礼日時:2003/08/12 10:32

擬音です

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのようですね・・。ありがとうございます。

お礼日時:2003/08/06 15:29

「おもちゃのチャチャチャ」っていう歌の中に出てくる歌詞にありますね。


おもちゃの兵隊が出す音を擬音化してるって感じで使われてますが。

参考URL:http://www.uta-net.com/members/phplib/maphp002.p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

行進しているって感じですね。これ以外にどんな時に使うのかなぁ。擬音だけに感性の問題でしょうか。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/08/06 15:28

おもちゃのチャチャチャ の歌詞にありますよね。



参考URL:http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/o …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、ほんと歌詞にあるんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/08/06 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。

ある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。
例えば「電」という字はもとの意味は「いなずま、いなびかり」という意味ですが、今では「electric」の意味で使っています。雷が電気であることはたしかベンジャミン・フランクリンが確認した事で、古代中国人がそれを知っていたことは流石にない、と思います。
だから「電」の字を「electric」の意味で使い出したのは結構最近のことではないかと思うのです。それがいつからだったのか、辞書に書いてあってもいいと思うのですが、これがなかなかそういう記述が見つかりません。どなたかご存知でしたら教えてください。なお大修館の「大漢和辞典全12巻」にはありませんでした。

Aベストアンサー

漢字(中国語)ではなく日本語についての語誌ということでよければ、『日本国語大辞典』(小学館)がお求めのものにいちばん近いかと思います。

例えば、同辞書の「電気」の項目を見ると、この語が日本で最初に用いられたのが1850年代であることや、その初出の本の中に「(electricityを)支那人近日電気と訳す」という注釈がある(というかこの注釈自体が初出例らしい)といったことがわかります。

「電気」というのは「電」(いなずま)の「気」ということで、この2字でelectricityの意訳となっているわけですから、「電」単独で電気の意味を表すようになったのは、「電気」という語が十分に広まってからということになるのでしょうね。それがいつ頃なのかはわかりませんが。

Q単語の意味が分からないのですが、ご存知の方教えてください。

一葉の心に強さが出来たのである。感情の成熟に従って、やさしくて、弱くて、悲しんでいた心に、清冽な、反抗的な江戸式の感情の力がますます強くなってきた。

質問(1)「江戸式の感情」はどんな感情ですか。

Aベストアンサー

「独立心に富むアメリカ式の感情」というような感じで、著者は「清冽な、反抗的な」感情を「江戸式の感情」と表現しています。
なぜ「清冽で反抗的な」感情が江戸式かと言うと、江戸は庶民文化の街です。
将軍のお膝元でありましたが、えばった侍が多かったせいなのか、権力に対抗するような気風があり、女性でも「長屋のおかみさん」のように、サバサバして気丈な人が多かったように思われています。
この著者はそういう気風を指して、また京風と比較して、「江戸式」と表現したのだと思います。

Q歌集名をご存知の方・・

あどの大夫に鈴をまゐらしょ

歌集名をご存知の方いらっしゃいませんか?
宜しくお願い致します。。

Aベストアンサー

> 選択肢の内2つは和歌で、後の2つが卜養狂歌集,頼政集なのです。

 『頼政集』も和歌集ですよ。それに、源頼政は平安時代末の人ですから、時代も違います。

 『ト養狂歌集』は江戸時代の成立ですし、「翁」は、義太夫など、色々な古典芸能や大衆芸能に継承されたようですから、どちらかといえば、『ト養狂歌集』ということになりそうです。

 けれども、確認できないので、一度図書館で『ト養狂歌集』調べてみるのがいいと思います。

Q「シェイクスピア」の「言葉遊び」

「シェイクスピア」の「言葉遊び」についての質問です。

●以前何かの本で、シェイクスピアは、生涯の作品で、(またはある作品中で)おおよそ、いくつぐらいの言葉遊びを用いていた。という記事を見ましたが忘れてしまいました。(><)

シェイクスピアって、駄洒落や言葉遊びの名手だったことは推測できますが、おおよそどのぐらい使っていたか、ご存知の方ご指導くださませ。m( _ _ )m

生涯の作品中でも、特定の作品中でもかまいません。

Aベストアンサー

【シェイクスピアの言葉遊び】
シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? that rebellion
Had met ill luck?
「The Second Part of Henry the Fourth」

【早口言葉】
But she as far surpasseth Sycorax,
As great'st does least.
「The Tempest」

【Shakespeare Quotes】
My words fly up, my thoughts remain below
Nothing can come of nothing

全く関係ありませんが、「Shakespeare Jokes」というサイトがあります。
洒落のサイトです。
"Do me, or not do me. THAT is the question."
http://www.arches.uga.edu/~erhart/Jokes/Jokes.htm

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html,http://www.allshakespeare.com/quotes/

【シェイクスピアの言葉遊び】
シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/dajare.html

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? tha...続きを読む

Q言葉遊びと数学との関係(ルイスキャロス、ウリポなど)

最近言葉遊びに興味があります。
世界の言葉遊びなどについて調べていくうち、
数学者であり、言葉遊びを含む作品を発表している人物を
何人か発見しました。
ルイスキャロス、レーモン・クノー、フランソワ・ル・リヨネーなどです。

そこで質問なのですが、
1.他にも数学者(数学に明るい、と言う程度でもかまいません)であり
言葉遊びに関する作品を発表した人がいたら教えてください。

2.数学と言葉遊びの関係について述べている、
本やサイトをご存知でしたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二人ほど

Jacques Roubaud 数学者であり詩人
Trente et un au cube, Gallimard, 1973, 131 p
http://www.mollat.com/auteur/jacques-roubaud-9401173337.aspx
http://www.inventaire-invention.com/textes/roubaud_tokyo.htm

Oliver Salon 数学者であり文人、喜劇俳優 janvier 2000からの会員
これからのようです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報