「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

マシンガンとアサルトライフルの違いはなんですか? 対人では実用性はどちらが高いですか?

A 回答 (4件)

こんにちは




> マシンガンとアサルトライフルの違いはなんですか?

マシンガン(機関銃)とライフル(小銃、自動小銃)の中間に位置
するものが、俗に"アサルトライフル"と 呼ばれていますね。

元々、(自軍の陣地に近づいてくる)敵兵を一人一人確実に倒すた
めのものがライフルで、一定の範囲に(当たろうが、当たるまいが
(^^ゞ)ともかく弾をバラ蒔いて、敵を近づけないようにしたり、
一時的に敵の攻撃を抑制したり、するのがマシンガンなんです。

そうやって、お互いジリジリ敵(の陣地)に近づいていって"イザ、
白兵戦"という時に、ライフルじゃあ連射性が落ちるし、さりとて
マシンガンは"クソ重たくて"取り回しに不便だし、まさか銃剣で
エイヤーって時代でもないし (~o~)、つーことで最初は「一人でも
扱えるマシンガン」ってのを作ったんです。
これが俗に言う"サブマシンガン(短機関銃、機関拳銃)つーヤツ
なんですね。

で、そのサブマシンガン君は、使い始めると、近接戦では確かに
エラく使い勝手が良かったんですが、そのうち、「もしもし、ライ
フルとサブマシンガン、両方持ってないとやっぱダメなの?
2つって重いし、超 面倒いんですけどーーー」って事になって(^^ゞ
んじゃあ、両方のいいとこ取りしますか? ってーので 開発されたの
が"アサルトライフル"なんですね。

つまり、ライフルのような遠距離交戦にも有効な確実な射撃性と、
サブマシンガンのような近距離での面制圧にも使える連射性、の両方
の特徴を備えたヤツってことですね。

でも、これって明確な定義があるワケじゃなくて、あくまも"多くの
人は 現在そう言う(解釈をしてる)ようだ"ってことです。

最近ではアサルトライフルの中でも(大口径弾:7.62mm以上?)を
使うタイプのヤツをわざわざ"バトルライフル"とか言って区別する
こともあるみたいですんで、将来的にはまた違う呼び方なり区分け
が出てくるかもしれないですね。


> 対人では実用性はどちらが高いですか?

ん~~ "使う場所、状況"によりけり、なんでしょうが・・・、
前述のように アサルトライフル は ある種のユーティリティーさ
を追求して生まれてきたヤツですんで、応用範囲が広い、といえば
まぁそうなのかなぁ、と・・・。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます!おかげでナゾが解けました!!!

お礼日時:2010/10/03 11:43

 アサルトライフルは単発と連発の切替が出来る歩兵用の自動小銃のこと。

携帯用の火器なので装弾数に限りがあり、連射による制圧範囲は余り大きくはないが、小型・軽量なので即応性と機動性に優れている。使用する小銃弾は貫通力が高く、射程距離も長い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5% …

 マシンガン(機関銃)は、連発機能に重点を置いた支援火器で、装弾数が多く広範囲の制圧に適している。威力は大きいが、大型で重量もあるため、機動力に乏しい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E9%96%A2% …

 サブマシンガン(短機関銃)はマシンガンの欠点である携帯性を改善するため、使用する弾丸を拳銃弾とすることで小型・軽量化を図ったもの。弾幕を容易に張れるものの、アサルトライフルやマシンガンに比べて威力に乏しく、一部の重を除き、グレードの低いボディアーマーでも防ぐことが出来てしまう。ただし、貫通力に劣る分、ストッピングパワーにおいては小銃弾よりも優れているともいわれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96% …

>対人では実用性はどちらが高いですか?

 シチュエーションに依ります。
 分隊規模同士の戦闘ではマシンガンは威力を発揮しますが、遮蔽物が多いとそれも半減してしまいます。
 弊所では携帯性の高いサブマシンガンが有利ですが、あいてがボディアーマーを装備している場合はP90のような貫通力の高いカートリッジを使用する銃以外は致命傷を与えることは難しいです。
 ただし、アサルトライフルも現在主流となっている小口径高速弾は中距離での殺傷能力に乏しいといわれていて、相手にダメージを与えられない場合も想定できます。また、幾ら小型軽量とはいっても長ものであることには変わりないので、弊所では取り回しに苦労します。
 つまり、交戦距離を含めた戦闘区域の状況により有効な火器のタイプも変わってくると云うことです。実際、最近の戦闘区域では交戦距離が大きくなっているので、むしろ口径が大きく射程距離や威力に余裕のある銃が有効だともいわれています。遠距離からの攻撃の方が自軍の損害も小さくてすむからです。
 小数規模もしくは個人対個人のような条件であれば、あらゆる戦闘状況への対応が可能なアサルトライフルに分があるでしょうね。マシンガンは大きくて重いし、サブマシンガンは威力や射程距離の問題があります。
    • good
    • 1

銃身の大きさ & 弾の大きさ



使い勝手 & 場所 次第
障害物が少ない場所ならライフル
多い場所ならマシンガン

ところで、実用性って?
ヘタな場所で使えば お巡りさんが飛んできますよ。
    • good
    • 0

マシンガンはライフル弾を使用してフルオート(トリガーを引いている間は弾が出続ける)で発射出来るものを云いますが、アサルトライフルの場合は極一部(民間向け等)を除きこのフルオート機能を有しています。


乱暴に云えばアサルトライフルもマシンガンの仲間です。
但し、アサルトライフルの場合口径が大きくても.308win程度ですが、マシンガンの場合.50BMG(M2Browning等)と云う大口径もあります。
因にサブマシンガンはピストル弾(又はそれに準ずる口径)を使用するものを指します。
対人と言うのは非常に微妙ですが、ライフル弾自体が口径が大きくなればそれはanti materialつまり対物を想定していますし、射程距離も口径も銃そのものも大きくなればなるほど長くなりますからどちらかと言うとアサルトライフルの方になります。

余談ですが、ライフル弾の場合ピストル弾に比べ遥に貫通力が高いので当たり所にもよりますが人体の場合貫通するよりしない方がダメージは大きいのです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアサルトライフルとスナイパーライフルの違い

純粋な質問です
アサルトライフルとスナイパーライフルの違いって何でしょう?
スコープが付いていたらスナパー?
ボトルアクションだとスナイパー?

Aベストアンサー

日本語にすると、アサルトライフルは突撃銃。スナイパーライフルは狙撃銃。

前者は普通の歩兵が持ってる銃で、たいてい自動化されてます。
つまり、引き金を引いてる間は、撃ち放しになります。
一度に多くの敵と対峙するので、自動化が必要なのです。
また、軽量化もされてます。

後者はかなり遠くの敵を一撃で仕留める必要があるので、自動化は必要ありません。
狙撃銃に旧式のボトルアクションがあるのはそのためです。
また、軽量化より正確さを重視してるので、多くの場合、重く長いです。

なお、アサルトライフルは300mくらいなら狙撃銃として使う場合もあるので、
スコープを取り付けることがあります。

Qスナイパーは本当に1km 先の標的に命中させられるのでしょうか?

スナイパーは本当に1km 先の標的に命中させられるのでしょうか?

今、読んでいる小説にスナイパーが登場します。 50口径のライフルを使っているのですが、射程距離は2km あるとか。

そのライフルを使って、屋外で1km 先の人間を撃つのですが、チャンスは1回コッキリ。 しかし、見事、命中させるという話なのですが、これって本当に可能なのでしょうか?

話の設定では前日に照準を合わせ、何度も試し撃ちをしてはいるのですが、屋内ならまだしも屋外では、素人が考えても、実際に1km 先の標的となると、その瞬間の気圧、天候、気温、湿度、特に風向や風力によって大きく影響されるのでは? と思うのですが、そういった情報無しで可能なのでしょうか?

たとえば撃った瞬間、途中で突風でも吹けば1km 飛んでいる間に大きく弾道が変わる事もあるのではないでしょうか?

でも、実際にスナイパーって、どこの国でもいそうな感じがしますし、不思議です。

Aベストアンサー

M107は海兵隊用のM82(以後M82と記載)を陸軍用として製造された
対物狙撃銃です。
M82は、12.7x99mmNATO弾(.50BMG)を使用しています。
12.7x99mmNATO弾は全長138mmあり重さも650g以上あります。
M82から発射された12.7x99mmNATO弾は、最大6800m飛び最大有効範囲は
1800mとされています。
よって他の回答にあるよう1000mの狙撃は可能と考えられます。
但し特定人物や物の狙撃には、複数の条件が必要となります。

まず一般的に人に対する狙撃は対人狙撃銃やアサルトライフルを使用します。
それぞれ7.62mmNATO弾、5.56mmNATO弾を使用し有効射程距離は
700m、400m前後となります。
対人狙撃銃やアサルトライフルの重量は共に5Kg前後ですが
M82は12Kgを超え長さも1.5m近くあるので機動性を
伴う作戦や地理的条件に制限がある場所では使用できません。

では狙撃が可能な複数の条件ですが、対物狙撃銃、対人狙撃銃、
アサルトライフル共にピンポイントで狙撃を行う場合は以下条件が
必要となります。
1.軍特殊作戦用(ピンポイント専用)に製造された銃を使用する。
  例えばM82は10万丁以上製造されていますが狙撃専門の銃は
  米国政府の許可において限定数しか製造されません。
   性能的には
   一般向け、通常軍務(警察)向け<競技向け、警察狙撃用<軍特殊作戦用
   となります。
  この軍特殊作戦用であれば長距離でも正確な射撃が可能となります。
2.同様に使用する弾も専用の弾が用意されます。
  ・一般向け、通常軍務(警察)向け<競技向け、警察狙撃用<軍特殊作戦用
  軍特殊作戦用はすべてシリアル番号で管理されており使用状況は全て軍で
  管理されます。
3.複数人によるチーム、衛星(GPS、情報衛星)及びコンピュータの支援が
  必要です。

と言ってもM82であれば一般向け或いは競技用で、通常弾砲でも1kmの
狙撃は可能と思います
M82を使用する軍特殊作戦では1.5km以上の射撃を行います。
この目的は敵に対する恐怖心を植え込む為に行います。
M82から発射される12.7x99mmNATO弾は、秒速800m以上で飛びます。
つまり1600mの的まで2秒となります。
しかし発射音は4.7秒後に届きます。
当たってから2.7秒後に発射音が届くという事です。
さらに12.7x99mmNATO弾が人の腹に当たった場合は人は
2つに分裂し吹き飛びます。
つまり的の周りにいる人達は今そこにいた人がいきなり
引きちぎれるのを見ます。
パニックの絶頂で発射音が届いても彼らにはそれが聞こえません。
狙撃手は1.6km先にいて見えません。
これが軍特殊作戦の目的です。
彼の戦意は恐怖で完全に失せてしまいす。

M107は海兵隊用のM82(以後M82と記載)を陸軍用として製造された
対物狙撃銃です。
M82は、12.7x99mmNATO弾(.50BMG)を使用しています。
12.7x99mmNATO弾は全長138mmあり重さも650g以上あります。
M82から発射された12.7x99mmNATO弾は、最大6800m飛び最大有効範囲は
1800mとされています。
よって他の回答にあるよう1000mの狙撃は可能と考えられます。
但し特定人物や物の狙撃には、複数の条件が必要となります。

まず一般的に人に対する狙撃は対人狙撃銃やアサルトライフルを使用します。
それぞれ7.62mmNATO弾、5....続きを読む

Q銃器の話ですが3点バーストって何ですか?

タイトルの通りですけど、どういうものなんでしょう。
自動小銃の撃ち方の設定の一つのようですが、ちょっと詳しく教えてください。

Aベストアンサー

フルオート:引き金を引いている間発射される
セミオート:引き金を引くと1発だけ発射される
3点バースト:引き金を引くと3発だけ発射される

Qマシンガンとショットガンの違い

カテ違いでしたら、申しわけありません。

ライフルは何となく分かりますが、自動連射タイプのものが区別付きません。
マシンガンだけでなく、サブマシンガンというものまで(本で)出てきて、意味不明です。

見た目の違いも能力の違いも分かりません。
画像比較できるサイトでも結構ですので、お分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

「ライフル」本来は銃身内部に銃弾を安定させるための線、施条(Rifle)を刻んだ銃。ある意味では「拳銃」や「戦車砲」もライフル。
現代では一般的に「小銃全般」をライフルといいます。

マシンガン:全自動装填(引き金を引くだけで弾丸が連続的に発射される)される銃砲全般。口径20ミリ以上を「機関砲」、未満を「機関銃」と言います。大口径の物は車両や航空機などに搭載される「機載銃」として良く使用されます。

サブマシンガン:マシンガンの内、9mmパラベラム弾や45ACP弾などの「拳銃弾」を使用するもの(中には専用銃弾を使用する物もあります)。短機関銃、マシンピストルなどとも言います。拳銃サイズの物(マイクロUZI、ベレッタM93Rなど)もあります。全自動装填式、3連発式が有ります。同じ形式でも連発出来なくしてある物は拳銃(UZIピストルなど)です。乗り物や建造物内での使用に向くので、対テロ部隊などで良く使用されます。

アサルトライフル:マシンガンの内、比較的小口径のライフル弾(7.62mmや5.56mmなど)を使用した物。比較的小型で取り回しがいいので、軍隊で良く使用される。突撃銃とも。全自動装填式(フルオート)よりも、2発、3発連射式(2ポイントバースト、3ポイントバースト)の方が最近の主流です。

ライフル:12.7mmから5.56mm程度までの「ライフル弾」を使用する銃。小銃。ボルトアクション(単発)式の物から、自動装填式の物まで。大口径の物は「アンチマテリアル(対物)ライフル」とも言われます。狙撃銃、対戦車銃など。

ショットガン:散弾(一度に複数の銃弾が発射される)を発射する為の銃。大口径で細工がしやすいので、スラグ(一発玉)、ゴムスタン弾などが発射されるケースもあります。ポンプアクションやレバーアクションによる単発、自動装填による連射など、たくさんの形式があります。狩猟や暴徒鎮圧などにもよく使われます。

蛇足とは思いますが。

「ライフル」本来は銃身内部に銃弾を安定させるための線、施条(Rifle)を刻んだ銃。ある意味では「拳銃」や「戦車砲」もライフル。
現代では一般的に「小銃全般」をライフルといいます。

マシンガン:全自動装填(引き金を引くだけで弾丸が連続的に発射される)される銃砲全般。口径20ミリ以上を「機関砲」、未満を「機関銃」と言います。大口径の物は車両や航空機などに搭載される「機載銃」として良く使用されます。

サブマシンガン:マシンガンの内、9mmパラベラム弾や45ACP弾などの「拳銃弾」を使用す...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q第二次大戦でのライフル装弾数は何故5発なのか?

第二次大戦における各国主力小銃を見ると、装弾数が数発しかありません。
38式(日)・99式(日)・M1903(米)・Kar98k(独)・MAS 36(仏)・M1891(ソ)
このあたりの主力小銃はみんな5発です。もっと装弾数を増やせば、弾込めにかかる手間も節約できて便利だと思うのですが、なぜ各国示し合わせたように5発なんでしょうか?

それにM1ガーランド(米)なんてオートマチックなのに僅か8発です。少なすぎですよね・・・

Aベストアンサー

 元の銃を真似て作ったから、という元も子も無い答えになっちゃうんだが(^_^;

>もっと装弾数を増やせば、弾込めにかかる手間も節約できて便利だと思うのですが

この手の質問をするんだからある程度の知識があると思うけど

5発マガジンに装填が5秒としよう
10発マガジンが倍の10秒とすると、10秒で弾込めがができるかというと、そうではなく、もっと掛かるんんですよ。

マガジンの中にはバネがあって、それが次の弾を押し上げてくるっていうのは理解してるよね?

1~5発までを事前にマガジンに装填するのは楽だけど、7発、8発となってくると、押し返してくるマガジンの中のバネも強くなって、ギューと押し込んでるにの弾が入らない状態で10発も入れると相当な時間が掛かります。

そのマガジンを沢山用意しておけば戦闘時に次から次へと交換していけばいいんだけど

戦闘は、今日の午後3時に開始しますから、よろしくー
って敵味方が打ち合わせがあって始まる物じゃないのは判るよね?

3時になったのに、えー?!まだ8発しか詰めていないよー、戦闘するのはちょっと待って、と言っても待ってくれないですし

で、5発ぐらいの楽に装填できるマガジン(素早く装填できるマガジン)を多数持って、という事になるわけですが、弾を沢山持てば(マガジンを沢山持てば)重いので移動に難があって、というのになります。

で、徴兵で集められた兵士は、元はパン屋だったり、障子の張替えとかしてる人だったりとかで、沢山のマガジンを持ち歩くだけの体力が無かったりするし

ちゃんと狙って撃っても弾は敵に当たらないという状態になって、逆に敵に撃ち殺されたりするわけで、装弾数はあまり必要ではなくなります。

30連マガジンができても30人の敵が殺せるかというと、そうではなく錬度の低い兵士だと30発撃っても一発も当たらないですから、それなら錬度の高い兵士に5発だけ与えても5人は倒してくれますから、そちらのほうが効率はよくなります。

30連発のマシンガンなんて沢山の人を殺せそうだけでど、実際は人と人の間に隙間があって、そこにも弾が飛んでいくので誰にも当たらなくて、数打ちゃ当たる、にはなら無いんです。

ということで、ちゃんと銃を使いこなせる人(職業軍人)になら、5発あれば、それで事足りるわけなので、5発や6発の装弾数の銃が偶然(まあ、元の銃をコピーしてるので似るのですが)同じように揃ったわけなんです。

M1ガーランドの8発は、錬度の低い徴用兵に合わせて数打ちゃ当たる作戦?で作られたんです、38でちゃんと撃てる人だったら、錬度の低い敵を5人は殺せて退治できましたからね。

 元の銃を真似て作ったから、という元も子も無い答えになっちゃうんだが(^_^;

>もっと装弾数を増やせば、弾込めにかかる手間も節約できて便利だと思うのですが

この手の質問をするんだからある程度の知識があると思うけど

5発マガジンに装填が5秒としよう
10発マガジンが倍の10秒とすると、10秒で弾込めがができるかというと、そうではなく、もっと掛かるんんですよ。

マガジンの中にはバネがあって、それが次の弾を押し上げてくるっていうのは理解してるよね?

1~5発までを事前にマガジンに装...続きを読む

Q世界の弓の威力について

歴史上の戦闘でもっとも威力があって射程距離が長かった弓はどこの国の何時代の弓ですか?それと比べて日本の弓の優劣はどのようですか?またそういったことを扱ってる本とかURLをご存知の方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

当方弓道をやっておりますので、知る範囲でお答えします。
威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。

 一般論になりますが、弓は当然ながら”強い弓”をより引き尺をとって使えば威力・射程とも上がります。
しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。
 正確には、「引き絞っていく途中の加重の積分値」が弓のエネルギーになります。
(平たく言えば、弓の引き尺に対しての加重をプロットしたグラフの、その曲線の下の部分の面積)
 木製・合板の弓や単純な湾曲の弓ではこの引き尺と加重がほぼ比例します。(和弓もだいたい比例します)
 しかし、強靭な材料を使い、湾曲を複雑にすれば、この曲線を上に膨らますことができるので、前者の弓と引き絞ったときに同じ加重でも(つまり、同じ筋力の射手でも)、より威力のある矢を飛ばせます。
 
この後者の条件に当てはまるのが、騎馬民族系の大きく湾曲した弓で、トルコ弓などとも呼ばれます。
(ちなみにコンパウンドボウという現代の弓は非常に高効率、正確なことで知られていますが、この弓をヒントに作られました。)

 そのため形状で言えば単純湾曲弓より、上記のような特徴を持つ湾曲弓のほうが高性能でしょう。実際、トルコ弓の最大飛距離は実用の矢で400m、遠矢用で約600mだそうです。
材質は、木だけのものは、折れるのを防ぐため引き尺が取れず(ロングボウは折らずに引き尺をとるために長いのです)しなりが少ないため不利で、木竹をあわせた合板弓(和弓はこれ)や、さらにはより強靭な角・腱・革を使ったもののほうが高性能でしょう。

結論として、ご質問のものは時代はわかりませんが、騎馬遊牧民族系の弓だと思います。

和弓では、長い距離を飛ばす競技で最高400mという記録がありますが、これは専用の軽い矢を使った記録なので、征矢では最大でも200m位だと思います。
因みに和弓は、番える位置が中心より下寄りになっているため矢は先端をやや上げて飛行し、遠くに飛びやすくなっています。

有効射程となると一口で言うのは難しいですが、
~2,30m だいたい急所を狙える
~40m だいたい人を狙える
~7,80m だいたい騎馬を狙える
くらいだと思います。
威力ですが、フライパンぐらいなら結構簡単に射抜けますし、
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/kyouken/kamakura/kyuba.html
かつて明珍の鉄兜を串刺しに射抜いた人もいます。

書籍ですが、確か歴史群像シリーズの『北条時宗』で蒙古弓と和弓の比較をしていたと思います。
あとは検索で見つけましたが
http://www.coatl-head.com/arc.html
の『武器の歴史(Weapons)』(マール社)が詳しそうです。
キャッシュでしか見られませんが
http://72.14.203.104/search?q=cache:gEp-EUHAqMkJ:
www.if-n.ne.jp/member2/netdh/Item/mktext.pl
%3Fcorpus%3D0%26id%3DOTAwNjU
も詳しいです。

当方弓道をやっておりますので、知る範囲でお答えします。
威力と射程は矢により変化(一般的に矢重に比例する威力と、矢重に反比例する射程はトレードオフの関係)するので、弓自体の性能についてお話しします。

 一般論になりますが、弓は当然ながら”強い弓”をより引き尺をとって使えば威力・射程とも上がります。
しかし引き絞った時に強いからといって弓にパワーがあるというわけではありません。
 正確には、「引き絞っていく途中の加重の積分値」が弓のエネルギーになります。
(平たく言えば、弓...続きを読む

Q太平洋戦争当時日本軍が三八式銃を使用していた理由は

三八式銃とは、明治38年 に発明された旧式の銃らしいですが、
これを太平洋戦争当時でも使用していたそうです。
戦争中の兵器の進歩は日進月歩なのが普通なので、
これは不思議なことです。
使用し続けた理由は何でしょうか?

大量に余っていたとしても新式に鋳直せばよいだけのことです。
現に戦闘機などはどんどん改良を重ねています。
なにか特別なことがあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られていますね。
新しいともいえませんが、それほど古いともいえません。つまり、ボルトアクション式では、すでに三八式は「決定版」ともいえる代物だったのです(No12の方が言っているように日本人にとって扱いやすいのも大きい)。
決定版なので、それ以上のものは戦術的転換がないかぎりは不要です。現在でもピストル、小銃などは50年以上前の設計の物だって十分現役で使っている国もあります。これらは現代の戦術では決定版足りえる代物だからです。

さて、先ほどから「戦術」という言葉を使っていますが、これが、三八式におきた一つ目の悲劇です。
時代は第1次大戦、火器は「小銃による打ち合い(砲は補助的)」から「重砲と機関銃(小銃は補助的)」による戦術に「転換」しました。

つまり三八式の作られた時代の戦術概念と第2次大戦では大きく様相が変わったのです。
基本的に新しく作られた戦術というのは、前に使われていた戦術よりも優れています(優れているから採用される)。
つまり、三八は世界的な戦術である、火砲、機関銃の大量使用による弾幕戦と戦うようには対応していません。
諸外国のようにそれらの「補助兵器」として使うならば十二分の性能だったでしょう。

当時の戦術において勝利を決めるのは火砲、機関銃、戦車といった兵器で、小銃はすでに勝利を左右する兵器ではなくなっていました。
しかし、日本軍にはそれらで力のある兵器はありません。

勝利を左右する兵器を持っていない軍隊と、勝利を左右する兵器を大量保有している国が戦えば・・・どうなるかはわかりますね?

日本軍が、(あくまでボルトアクションから進歩した存在であり、補助兵器の域を出ない自動小銃はともかくとして、です。諸外国がこれの更新を遅らせたのは、他に国力を注いでいたためです)火砲や機関銃の大量配備を嫌ったのは、塹壕戦による経験が薄かったために有効性を信用しきっていなかったのもありますが、最大の理由は、工業力がこれらの兵器を「全軍にいきわたらせて、かつ戦えるだけ」の力を持ち合わせていなかったことです。
国力と軍事力の兼ね合いが著しく悪いとも見れます。海軍でもいえますが、国力以上の軍事費は維持費や更新費用の面で国家を破綻させます。弾薬についてもそうです。自国の国力でまかなえる以上の弾薬を使う軍隊を持てば、補給にひずみが生じて、供給が追いつかなくなります。
かといって軍隊を減らすわけにもいかない状態ですし、そのおかげで更新(つまり戦術転換)に使う国力もない。新しい戦術では弾薬を多く使うので、転換したところで維持できるだけの国力もない(諸外国は生産量を増やしたのですが、日本ではそれができるだけの国力すら残っていなかった)。
日本軍が抱えていたひずみとかゆがみが、小銃にも現れているのです。

もう一つの悲劇が、1つ目の後半とかぶりますが日本の工業力の低さです。
当時、日本の技術力はとにかく欧米に追いつけということでタッチアップを図っていましたが、まだまだ追いついていません。
よく「日本の技術力は世界一だった。アメリカに物量で負けた」なんていう人がいますがこれは大間違いです(空技廠から上がってきた航空機の図面で、「この部分は鋳型をつかった鋳造で」となっていても金型が作れずに削り込み部品にしたというのはよく聞く話です。つまり当時の技術はその程度)。
中でも惨憺たる分野が重工業全般の中でも最重要分野の鉄鋼業でして、製鉄も自国では補完できない、鋳型技術も低い状態です。
さらには、精密機械技術が発展途上でして、とにかく精度が悪い(戦前の日本兵器において「統一規格」はありません。というより作れなかったのです。精度が維持できないのですね)。そのため小銃ですら調整しないと命中精度が維持できない上、部品の互換性がない。これは前線において問題です。
別々の箇所が壊れた銃をばらして一つの壊れていない銃にするというのは、軍隊ではある程度普通ですが、日本ではこれが出来ない。つまり不経済な状態です。
また、弾薬の製造精度も悪いため、弾詰まりが多い。これは自動小銃のほうで批判されますが、こちらについては「吐き出す量が多いためハズレに当たる確率が高い」だけなのです(まあ、自動小銃のほうが若干弾詰まりを起こしやすいというのはありますが・・・)。

ながくなりましたが、結局は日本と日本軍の構造上の問題なのです。
日本において三八式が評判が悪いのは、本来的に責任はない三八式に、日本の抱える問題を添付してしまっているからです。結局問題は日本自体にあるのです・・・
というわけで、三八自体の設計は優秀ですし、ボルトアクション式小銃の決定版でもあります。

銃は、航空機、戦車、潜水艦のいわゆる三大新兵器とは違う「熟練した兵器」ですので、寿命は桁外れに長いです。
ほかに寿命の長い兵器は、歴史的に見ると刀剣があります。日本刀は、太刀~打刀に変わったりと、若干の変更がありますがおおむね形は変わりません。これは刀は、熟練した兵器であり、戦術的な変革がなければ、仕様を変える必要がない代物だったといえるでしょう。

さて、三八式についてですが、これも似たようなものです。諸外国の兵器と比べた場合の旧式度合いについては、すでに前に語られてい...続きを読む

Q威力の強い防鳥用のエアガンを探しています。

現在畑で果樹を栽培しています。そろそろ収穫時期に近づいてきました。
しかし収穫時期に必ずといっていいほど鳥被害が出ます。
防鳥ネットで囲っているのですが、必ず侵入してきます。
カラスは大きいので侵入されても追い回してスタミナ勝負で対処できるのですが、スズメほどの大きさのムクドリに困窮している状況です。
動物にむけて打つことには抵抗がありますが、被害額に換算すると毎年何十万という金額になります。そこで、(1)ハンドガンで畑の中でも取り回しのいいもの。(2)威力はある程度強いもの(3)命中率の高いやつ(4)手入れが簡単(5)予算は1万から2万円です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法律や倫理的な話は置いといて・・・

私の実家の田舎でも良く聞く切実な悩みですので良く判ります。

そんな訳で違反と分かっていても書き込みます。

ガスガンだと連射するとガス圧が低下して連射出来なく成ります。
従って、電動ガンが良いです。

東京マルイの電動ハンドガンM93R、グロック18C、H&K UPKの3種が発売されています。
命中精度ですがどれも大差有りません。
参考までにムクドリサイズなら取り合えず私の腕なら15mぐらいでも十分当てられます。
連射するともっと効果的でしょう。

ただし、命中すると鳥の場合は死んでしまいます。(試した事有りませんが、15mでは即死でないにしろ絶対に殺すことに成ると思います。)

電池の持ちですが、答えられないぐらい良く持ちます。
値段は充電器とバッテリーが別売りなので本体込みで2万前後です。

別売りのホルスターとスピードローダー(玉を素早くこめる奴)の購入をお勧めします。
農作業の傍らなので出っ張りの少ないの奴が良いでしょうが、個人的にはM93Rが全長が長いので狙いも付け易いので良いかと思いますがその辺はご自身で決めてください。
ホスルターも上記3種なら大型用に成ると思います。

対照商品を検索出来ない環境なので直リンク貼れないので申し訳有りませんが、ご自分で検索してください。

頑張ってくださいとも言えませんが・・・とりあえず、我ら「食べるだけ」の愚民の為に日々の農作業ありがとうございます。

法律や倫理的な話は置いといて・・・

私の実家の田舎でも良く聞く切実な悩みですので良く判ります。

そんな訳で違反と分かっていても書き込みます。

ガスガンだと連射するとガス圧が低下して連射出来なく成ります。
従って、電動ガンが良いです。

東京マルイの電動ハンドガンM93R、グロック18C、H&K UPKの3種が発売されています。
命中精度ですがどれも大差有りません。
参考までにムクドリサイズなら取り合えず私の腕なら15mぐらいでも十分当てられます。
連射するともっと効果的でしょう。...続きを読む

Q散弾銃の威力について教えてください

小説で、散弾銃を撃ったが逸れて、相手が立っている戸口の淵に当たってしまい、
相手は耳を負傷しただけの軽傷で、大したダメージを与えられなかった、というシーンがありました。
散弾銃って近距離だとそんなものなんですか?
例えば2m離れた相手を撃った場合、相手は正面からどのくらい離れれば被弾を避けられますか?
また、まともに被弾したら、相手はどのくらいの損傷を受けるのですか?

散弾銃の種類はよく分からないのですが、
日本でも猟銃として所持できる一般的な物として教えてください。
何かの資料にするのではなく、ただ気になっただけなので、大体の感じでかまいません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No,1の方が仰っているのは距離的に有効射程(目標を倒せる距離 最大射程とは異なる)の場合ですね。

銃身を切り詰めたりしていないのであれば2mなら日本で使われている散弾なら範囲は恐らく最大でも直径20cm程度でしょうか?

体にまともに喰らったらまず助かりません。と言っても体が吹っ飛んで穴が開くわけではなく、出血多量や内蔵機能障害で死亡します。手足なら指などは無くなるでしょうが丸ごとは無くなりません。頭だったら即死とは行かず(衝撃の被害の方が多い?)重態・その後死亡と言った所でしょうが?
玉の単体自体が軽いので骨を打ち抜くほど威力がないからです。

さて、銃を避ける方法ですがこの距離だと相手の目を見て素早くしゃがむ・その後腰を抱きこんでタックル。
銃身が長いので撃たれても足です。多分助かります・・・・

相手の手ごと銃を地面に押さえ込んで、反対の手で手首をチョップして銃を取り上げる。
素人ならコレで何とか成るかな?
相手が訓練された人間では無理でしょうが・・・

指の動きを見ていたのでは遅すぎます。この距離なら初弾を避ける事に専念しましょう(そんな場面に合いたくないですが)。

No,1の方が仰っているのは距離的に有効射程(目標を倒せる距離 最大射程とは異なる)の場合ですね。

銃身を切り詰めたりしていないのであれば2mなら日本で使われている散弾なら範囲は恐らく最大でも直径20cm程度でしょうか?

体にまともに喰らったらまず助かりません。と言っても体が吹っ飛んで穴が開くわけではなく、出血多量や内蔵機能障害で死亡します。手足なら指などは無くなるでしょうが丸ごとは無くなりません。頭だったら即死とは行かず(衝撃の被害の方が多い?)重態・その後死亡と言った所で...続きを読む


人気Q&Aランキング