ミステリーかSFで一番印象に残っている作品を教えてください!

誰が何と言おうとこの作品が自分にとって一番なんだという作品がありましたら教えてください。
お願いします!
ちなみに私は連城三紀彦の「桔梗の宿」という短編がミステリーで一番印象に残る作品でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

SFミステリの傑作は、アイザック アジモフ の鋼鉄都市。


ヴァン ダインの二十則はクリアしてると思います。

SFでは同じくアジモフ ファウンデーション。

ミステリでも、またまたアジモフ 黒後家蜘蛛の会 といきたいのですが、ここは、バーナビー ロス の 最後の悲劇 。
XYZと順番に読んでからお進みください。

もし、気に入ったなら、クリスティでも、ポアロの全作品を読んだあとに カーテンを読まれると似た体験ができます。

そうそう、SFに飽きたら、
銀河ヒッチハイクガイド
をどうぞ。
間違いなく名作ではありませんが、たった1冊だけ勧めるなら、私の独断なら、これです。


なお、SF雑誌が流行ってた時代、毎年、歴代のベストを選ぶイベントがありました。ふつう、小説なんですが、そこでの常連だった漫画があります。
私を月まで連れてって
小説では表現できないSFといわれてました。
わたしは、漫画なら、とべ!人類!! がとても印象的でした。
    • good
    • 0

 創元新社版「レンズマン」シリーズ全6巻。

今でも私に取っての座右の書。
 ちなみに、あまりの大ファンだったので、早川版や英語原書も買ってみましたが、結局は創元新社の小西宏氏の訳のおかげと分かりました。ときおり古書店で見つける小西氏の訳本はなるべく買うようにしている。
    • good
    • 0

A・E・ヴァン・ヴォークト「武器製造業者」


・・・SFで、一応、武器店二部作の2作目。
「イシャーの武器店」の続きになります。
ただし、書かれたのはこちらのほうが先で、舞台が一緒なのと、
共通する登場人物が何人かでてくるというだけで、
ストーリーは別物です。
ネタバレになるのはいやなので、内容については、
ま、読んでみてくださいとしか言いませんけど。
展開の速いストーリーや、
登場人物の思考や行動が設定と違和感なく書かれているところ、
悲劇に終わるべく進んでいった最後のどんでん返しと
読者に想像させるに任せたその後と
言ったところで、ヴォークトの作品で1、2を争う傑作と思っています。
(個人的には最も好きだったSFですが、他人の評価はどうなんでしょうねぇ・・・。
 宇宙船ビーグル号のほうがいいという人のほうが多いのかもしれません。)
    • good
    • 0

ベスター「虎よ虎よ」


SFはこれしかないですね。
高校生の時に早川の新書版で読みました。
イメージだけが強烈に残っています。
    • good
    • 0

エリック・ガルシア「さらば、愛しき鉤爪」(ヴィレッジブックス)



探偵小説だけど、SFでもある作品です

ウィキ)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA% …

原作とだいぶ異なりますが
一応、映像化もされています
http://www.spo-x.com/trailer/2005/rex.html
    • good
    • 1

何よりも優れてるかは分かりませんが、私がSFに本格的に手を出すきっかけになったのは伊藤計劃の「虐殺器官」です。

今でも印象に残ってますね。

ミステリーのジャンルにいれていいのか分かりませんが舞城王太郎の「煙か土か食い物」も良かったです。初めは文体にビックリしましたが・・・。
あとは定番ですが松本清張の「点と線」。王道の面白さというのを改めて感じた作品でした。
    • good
    • 0

東野圭吾の「白夜行」です。


あの感動は今でも忘れられません。
この作品をきっかけに、ミステリー小説を読み始めました。

SFは読まないので、すみません。
    • good
    • 0

ミステリーでは


宮部みゆきの『火車』
_
SFでは
アイザック・アシモフの『夜来たる』
    • good
    • 0

題名がうろ覚えですが、江戸川乱歩の鏡地獄。


狭義で言ったら、ミステリーとは言えないかも知れませんが、
一応ミステリーの大家の作品という事で。
    • good
    • 0

中学生の頃は、コナン・ドイルの「赤毛連盟」、秀逸だと思います。


高校生の頃は、アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」。
衝撃的なんですが、その頃は許せなかったですね。
これで、10年くらいミステリーを読むのを止めました。
この辺は読む順番が大事だったな、と今では思います。

ここ数年では、夢野久作の「ドグラ・マグラ」、
印象深いといったらこれかもしれません。
これから「瓶詰の地獄」を読もうかといったところです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんなエピソードが出てくる短編ミステリー

若い女性が飼っている熱帯魚の水槽を日のあたる窓際に移動して、熱帯魚を死なせてしまい、落ち込む、というエピソードなんですが。その女性は熱帯魚のことをおさかなさんと呼んでいたような覚えもあります。肝心の事件やなぞはまったく思い出せません。
作者名、タイトル、収録されている本のタイトルが違う場合はそちらも教えてください。頭になんとなく残ってる雰囲気から北村薫さんの覆面作家シリーズかなーと思うのですが。

Aベストアンサー

北村薫『覆面作家は二人いる』(「覆面作家」シリーズの一作目です)に所収の
「覆面作家は二人いる」という短編に入っているエピソードです。

Qラリー・ニーヴンの短編の作品名が分かりません。

ラリー・ニーヴンの短編の作品名が分かりません。

キーになるのは、

1.SF。未来の物語。
2.「動きに無駄がない」という理由で年齢を見破る。
3.整形と謎の技術によって外見を変えることができる。

これで、題名が分かりますか。

Aベストアンサー

ラリー・ニーヴンの未来の物語は、それぞれが一連の共通した時代背景設定のもと書かれており、その世界は「ノウンスペースシリーズ」と呼ばれています。
整形といくつかの化粧技術、そして細胞活性剤(ブースタースパイス)を使って年齢や外見を変えることができるようになっています。

一連のシリーズの中で一番のクライマックスとなってくるのが、「リングワールド」に始まる大作の連作でありその主人公がルイス・ウーとなります。
「中性子星」をはじめとする前半の中核をなすシリーズの主人公であるベイオウルフ・シェイファーは、ルイス・ウーの義理の父親ということになっているそうです。

短編集「中性子星」(ハヤカワSF文庫)の最後に収められている「グランデル」では、フラットランダーと恋に落ちたのに子供を作る権利が得られなかったばかりに失恋したベイオウルフ・シェイファーと自分の年齢を隠していた女船長マーゴの馴れ初めの短編です。
最後のほうで、マーゴが自分の年齢を隠していたことを話すシーンがあり、ちょっと敷物につまずいたり転んだりしてみせることで若く見せていたのに、といったくだりが出てきますので、多分これがお探しの短編かと思います。

ラリー・ニーヴンの未来の物語は、それぞれが一連の共通した時代背景設定のもと書かれており、その世界は「ノウンスペースシリーズ」と呼ばれています。
整形といくつかの化粧技術、そして細胞活性剤(ブースタースパイス)を使って年齢や外見を変えることができるようになっています。

一連のシリーズの中で一番のクライマックスとなってくるのが、「リングワールド」に始まる大作の連作でありその主人公がルイス・ウーとなります。
「中性子星」をはじめとする前半の中核をなすシリーズの主人公であるベイオウル...続きを読む

QSF 作者、題名のわからない作品

SFの文庫を探しています。作者、題名のわからない作品です。
内容でうろ覚えなのは、

1.主人公がネイティブアメリカンでハンター
2.かなり強いエイリアンと惑星上(地球?)で追いつ追われつの闘いを繰り広げる。
3.街角に転送ポッドがあって、それを使って逃げたりする。

先日から思い出そうとしているんですが、どうしても思い出せないんです。どなたかこれだけのヒントで分る人いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

うろ覚えなんですが、引退したハンターじゃなかったですか?
 
たぶん、ロジャー・ゼラズニイ氏の「アイ・オブ・キャット」かと。
街角に転送ポッドがあったかどうか思い出せませんが、、、(笑
本があったはずだが見付かりませんでした、、、。

Q一押しのミステリー

 こんにちは。本は結構読むほうですが、ミステリーは未開拓です。「これを読んでないなんて、おまえはかわいそう!」っていう作品がありましたら、教えてください。「お一人様、2タイトル厳守」でお願いします。わたしが今まで読んだ中で感銘を受けたのは次の二つです。
 
 フレデリク・フォーサイス「ジャッカルの日」
 ジャック・ヒギンス「鷲は舞い降りた」

 推理だけに焦点をしぼったものは、あまり好きじゃないです。時刻表などを駆使して、ちまちま解いていくようなやつです。それよりも、作品全体にえもいわれぬ雰囲気が漂っていて、最初のページから引き込まれ、ノンストップで最後まで一気にもってかれてしまうような作品が好きです。それとできたら外国の作品がいいです。ただ、本当に一押しでしたら、わたしの好みは無視して教えてください。よろしく!
 
 

Aベストアンサー

昔は異常なくらいサスペンスを読み漁りましたが、最近(といっても10年単位です・・・)読んでいないので、一つだけにさせてください。

ルシアン・ネイハムの「シャドー81」(新潮文庫)

私にとってのピカイチ作品です。サスペンス物では、唯一、何回も読み直しました。(というより、ピカレスク物というほうが近いかも)
あまりに面白いので、珍しく人に貸したら、戻ってきませんでした。

マックイン主演で映画化されるといううわさがあったのですが、立ち消えでがっかりしたことを思い出しました。

このご質問で懐かしくなり、本屋で探してもう一度読んで見ようと思いました。

Q読み出したらとまらないクローズドミステリー

読み出したらとまらないクローズドミステリーを教えてください。

Aベストアンサー

どんなテイストのものがお好みかはわかりませんが…
東京創元社刊の有栖川有栖のシリーズはいかがでしょう?
英都大学推理小説研究会の個性豊かな面々が事件に遭遇するシリーズ。
噴火する火山や南海の孤島など、舞台は様々ですがどれもクローズドミステリです。

「月光ゲーム -Yの悲劇'88」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=994044429X

「孤島パズル」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9960575675

「双頭の悪魔」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9972396738

いずれも文庫で手に入ります。
ミステリ研のお話だけあって作中でも色々なクローズドミステリについて語られていて
そういう点でも面白く読めると思いますよ。

どんなテイストのものがお好みかはわかりませんが…
東京創元社刊の有栖川有栖のシリーズはいかがでしょう?
英都大学推理小説研究会の個性豊かな面々が事件に遭遇するシリーズ。
噴火する火山や南海の孤島など、舞台は様々ですがどれもクローズドミステリです。

「月光ゲーム -Yの悲劇'88」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=994044429X

「孤島パズル」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9960575675

「双頭の悪魔」
http://...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報