『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ノーザンファームに繋養されていた「タイキナタリー」という繁殖牝馬を探しています。

2008年にウルル(父スニッツェル)を産んでその後どうなったのか?2007年に繁殖馬のセールに出されていましたようでしたが、その時は主取りになりました。ウルルを産んでから市場で売却されたのかなと思い調べましたがよくわかりませんでした。先日社台グループの繁殖馬リスト(2010年版)を見ましたがやはり掲載されていませんでした。売却されたのか、死亡したのか・・・?

すいません、詳しい事情をご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これに回答するためにID登録してしまった。

。。笑

https://www.studbook.jp/ja/
ジャパンスタッドブックインターナショナル
旧・登録協会のHPで確認できました。
現在は洞爺のメジロ牧場に居るようですよ。
去年の種付けはタイキシャトルだったようです。

参考URL:https://www.studbook.jp/ja/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仔出しがよくて注目していた繁殖だっただけに、消息がわからなくなって心配しておりましたが、元気にやってるようで安心しました。

教えていただいたURLも今後参考にさせていただきます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/01/11 09:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLありがとうございました。

お礼日時:2011/01/11 09:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング