『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

メインキャラクターくらいしかまだ把握していない者ですが、その中の一人、ニコ・ロビンについて、素朴な疑問です。
だいぶ前に甥たちに誘われてプレイステーション版のONEPIECEのゲームをやった時、出で立ちも技も現在のニコ・ロビンが「ミス・オールサンデー」の名前で登場していました。
なぜその名前だったのでしょうか。
ホントに「ONEPIECE」に関してはかじり始めたばかりなので、お詳しい方、分かりやすくご解説をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。


ほかの回答者さんとほとんど同じなのですが、ミス・オールサンデーっていうのは昔のコードネームです。

アラバスタ編では、ロビンはバロックワークスっていう組織にいたのでルフィーたちの敵でした。
そのバロックワークスっていう組織は、組織内の人たち同士の素性がばれないようにコードネームで呼び合っています。
なので、そのゲームはアラバスタ編だったんですねぇ。

ここで説明してもアレなので、実際にマンガを読んでみてください。
アラバスタ編はわたしの中でいちばん好きな場面です。
名場面も多くてとても感動します。
ぜひぜひオススメします!

あとちなみにですが、ミス・オールサンデーはMr.1(サー・クロコダイル)とペアをくんでいたので、バロックワークスのトップクラスの人間だったんですよ^^
    • good
    • 0

ニコ・ロビンはもとはバロックワークスと言う秘密結社に所属していたのです。



バロックワークスの中では、コードネームで社員どうしを呼び合うんですが、
”ミス・オールサンデー”というなまえはバロックワークス内でのコードネームです。

ルフィたちの仲間になる前にそういった呼び方をされていた、ということですね☆
    • good
    • 0

「ミス・オールサンデー」とは、ニコ・ロビンが、「バロック・ワークス」という組織に入っていた時のコードネームです。

「バロック・ワークス」は、古代兵器を狙う組織で、元王下七武海、サー・クロコダイルが中心として、活動していました。(犯罪なんですが・・・)「バロック・ワークス」が絡んでくるのは、巻15~巻24あたりです。まあ、最後は、この秘密犯罪会社「バロック・ワークス」は、ルフィたちの活躍により消滅します。その後、ニコ・ロビンはルフィたちの仲間になるのです。

つまり、ニコ・ロビン=本名
ミス・オールサンデー=昔、所属していた組織のコードネーム
ということです。

「ONEPIECE」は、素晴らしい作品です。これから、貴方も「マニア」になりませんか?
    • good
    • 0

 平たく言えば、敵方だった頃のコードネームです。



 回答とは関係ない個人的な意見ですが、彼女が主人公達の仲間になろうとした時のエピソードは結構笑かして(笑わせて)もらいました。
 私も欠かさず読んでいる訳ではないし、そもそも感覚そのものにズレがあるので甥ごさん達には言わないで下さいね。(何様だ私)
    • good
    • 0

こんちくは。


1番の方のリンク先と合わせて。。。

>>なぜその名前だったのでしょうか。

そのゲーム発売が、ちょうどアラバスタ編の頃だったからですかね。


原作、じっくりと読み進めることをオススメいたしますm(_ _)m
    • good
    • 0

Wikipedia:ニコ・ロビン


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3% …

「来歴」を見てください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング