今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

メタリカの曲でレギュラーチューニングの曲を教えてください。私はギターにレギュラー弦を張っているのでレギュラーチューニングの曲を練習したいのですが、自分でメタリカの曲を聴いてレギュラーチューニングかわかりません。なので知っている方、回答よろしくお願いします!!

A 回答 (1件)

こんばんは、自分もメタリカのコピーをしているものです。



早速本題ですが、メタリカの曲は基本的にレギュラーチューニングで、最近のライブでは半音下げて演奏しているようです。
なので、CDやスタジオ音源で練習するならレギュラー、ライブにあわせてテンションあげるなら半音下げにすることになります。
チューニングを半音さげるだけでOKなので、その逆もいえます。

質問者さんはレギュラーチューニングで弾きたいということなので、CDにあわせることになると思いますが、
個人的にメタリカの曲で一番コピーしやすいのはEnterSandmanではないかと思います。
ネットで見た話なので本当はどうかは分かりませんが、外国の方は最初はEnterSandmanを練習すると聞きました。

回答になっていなかったり、文章が読みにくいかもしれないですが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答を本当にありがとうございます!!メタリカは基本的にレギュラーチューニングなんですね。がんばって練習します!!

お礼日時:2011/01/20 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qメタルの曲のギター練習法を教えてください!

私は高3のメタル大好きの女です。
いま、ドリームシアターやメタリカを練習しています。
しかし、難しいですね・・。
何か良い練習法があれば教えて頂きたいです。
あと、私は今TAB譜を用いての練習なんですが。
耳コぴの方が良いと聞きました。
したこと無いのでわからないのですが。
そんな簡単には、耳コぴはできないですよね;

Aベストアンサー

こんにちは。僕もメタルファンで一応バンドのギタリストです(^-^;

確かにあなたが挙げられたバンドは難しいですね(笑)
何といってもメタルの王道でもありますし、歴史も長いバンドですから。

僕がメタルを練習したときはメタリカからでしたよ!
リフよりもソロを重視している方も多いので一様には言えないのですが、速弾きをされるのであればメトロノームに合わせてフレーズをゆっくり弾く事から始めて、だんだん上げていく・・・っていうのが一番いいやり方だと思います。

とにかくテンポが安定していないとどんなに速く弾けてもテキトーに弾いているようにしか聴こえませんし、スローテンポの曲をプレイするときなんかは特に目立ちますからね。

あと、指の練習なんかも含めて言えば普段から指を動かすとか(机をネックに見立てて練習してます(笑))指の力を鍛えるには指に輪ゴムを引っ掛けて強制的に練習するとか、そんなところですかね。


また、TAB譜に関しては、僕は全然楽譜が読めなくてTAB譜すら読みたくないので最初から耳コピでがんばってます!
しかしながら、その曲の出す味って言うんですか?(笑)
その曲を弾いているミュージシャンのクセとか、タメとか、そういうのは耳コピでしかわからないのでそちらのほうが良いと思います。

耳コピは難しいとか結構言われていますけど、ぶっちゃけ全然難しいなんて感じたことありませんよ(笑)

だってカラオケでも唄が歌えるじゃないですか。
メロディーがわかってるから歌えるのであって、鼻歌だって聴いていたメロディーが頭の中に残ってるから自然に出てくるのであって、鼻歌歌うのにわざわざ譜面を購入するなんて人はどこ探してもいないでしょうね(笑)

たぶん何度も聴くことが大事だと思いますよ!
そうすればその音がどのフレットから始まっているのかっていうのがわかりますから、ソロを弾くのも簡単になると思います。

ただ、一つ耳コピーでの弱点をあげると「チューニングがわからない」ってことですかね。
こればかりはいろんなチューニングのギタリストがいるので耳コピでは難しいと思います。

その曲の中で一番低い音程のリフがその音より下がらなければそこが6弦の開放弦とわかるのですが、場合によってはドロップDとかそれ以下の時もあったり変則チューニングにしているときもあるので、その辺はお店でスコアをチラ見(笑)して確認するくらいでいいのではないでしょうか。

なんか調子乗ったこと言ったりしてますが、どうか頑張ってくださいね!

こんにちは。僕もメタルファンで一応バンドのギタリストです(^-^;

確かにあなたが挙げられたバンドは難しいですね(笑)
何といってもメタルの王道でもありますし、歴史も長いバンドですから。

僕がメタルを練習したときはメタリカからでしたよ!
リフよりもソロを重視している方も多いので一様には言えないのですが、速弾きをされるのであればメトロノームに合わせてフレーズをゆっくり弾く事から始めて、だんだん上げていく・・・っていうのが一番いいやり方だと思います。

とにかくテンポが安定して...続きを読む

Q半音さげの曲って結構ありますよね?あれってなんのためにやっているんです

半音さげの曲って結構ありますよね?あれってなんのためにやっているんですか?一個キーさげるのじゃだめなんでしょうか?むしろレギュラーチューニングの曲と半音さげの曲交互に歌う場合とかだるくないですか?

Aベストアンサー

半音下げチューニングをなぜやるか…という点については、大抵は、
1)コードを変えずに、曲全体が重みのあるサウンドになるので、その効果を狙う、
2)弦のテンションが下がるので、チョーキング等がしやすくなる、
3)太めの弦が張れるようになるので、その分パワーのある音にできる
4)ボーカルの高音の負担が少し軽くなる(歌いやすい)
なんていう理由が多いです。

>一個キーさげるのじゃだめなんでしょうか?

それはそれでかまいません。
ただ、上の「4つの理由」に重きを置くなら、キー1個下げで得られる効果は4)だけです。
また、キー1個下げる=コードが全部1音程違うコードになる…ってことになるので、コードが全部変わりますし、場合によったら本来は簡単なローコードがすごく押さえにくいハイコードに変わったりします。

それでも良いなら全然OKです。

>むしろレギュラーチューニングの曲と半音さげの曲交互に歌う場合とかだるくないですか?

実際にライブやる時には、

「ちょっと狙った曲感覚とズレる曲が出るのは覚悟で、全部の曲をレギュラーか半音下げかどっちかに無理矢理合わせる」
(チューニングを変えないだけなので、弾き方自体は変わらない)

「レギュラーと半音下げのギター2本を用意して、曲によって持ち替える」

のどっちかですね。

最初に掲げた『半音下げの効果』のうち、曲の感覚や弾きやすさの効果を重視する人なら、ギター持ち替えをする方が普通です。
まぁ、そういう効果に凝る人なら、大抵は予備ギターの2本や3本持ってるベテランですし。

半音下げチューニングをなぜやるか…という点については、大抵は、
1)コードを変えずに、曲全体が重みのあるサウンドになるので、その効果を狙う、
2)弦のテンションが下がるので、チョーキング等がしやすくなる、
3)太めの弦が張れるようになるので、その分パワーのある音にできる
4)ボーカルの高音の負担が少し軽くなる(歌いやすい)
なんていう理由が多いです。

>一個キーさげるのじゃだめなんでしょうか?

それはそれでかまいません。
ただ、上の「4つの理由」に重きを置くなら、キー1個下げで得られる効...続きを読む

Qサスティーンが良いとは?

はじめまして。初めてここで質問させてもらいます。
質問は2つあります。

1.初歩的な事?で申し訳ないんですが、ネックがディープジョイントだと
  サスティーン?が良いとかよく言われてるんですが、
  サスティーンとはどういった物(感じ)なのでしょうか?
  なぜディープジョイントの方がいいのかもできれば教えてください。
  よくわかりません。宜しくお願いします。
  現在所有しているギターは1本で、1989オービルバイギブソンLPCです

2.この度、一生を共にしていくレスポールを買おうと思っていて、
  色々と調べていますが、ギブソンのヒストリックモデルレスポールで
  57、68とかあるんですが、違いがよくわかりません。
  57と68では、具体的にどんなところが違うのでしょうか??
  58.59は価格が手に届かないんですが、
  57.68とかならなんとかなりそうなんです。
  詳しい方がいたら、回答おねがいします。

Aベストアンサー

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
 接着面積が大きく取れるので接着強度・剛性がかなり高くなり、この部分での振動減衰が小さくなるのでサスティンも長くなるワケです。
 この方式はレスポールならスタンダードやカスタムで採用されており、同じレスポール一族でもスペシャルやジュニアはここまでヒールが巨大ではありません。
 ネックジョイント以外全く同じギターなら、サスティンはディープジョイントの勝ちですが、条件によっては必ずしもそぅとは言えません。
 サスティンはネック剛性やボディの質量、ブリッジやテールピースの剛性と質量などへの依存度が高く、単純に「ディープジョイントだからサスティンいっぱい」とも言い切れません。
 レスポールの場合、まずあの極端に短いネック(=ボディからあまり突き出していないネック→短い分だけ高剛性)の寄与度が大変高いと思われます。
 リペアマンによっては、「例えばスルーネックで24フレット・ダブルカッタウェイのギターよりも、レスポールの方がサスティンが長い」と断言される方もいらっしゃいます。

2.レスポールの57と68の違いは・・・・ここで挙げられているヒストリックモデルとは、最近の復刻モノ?或いはオリジナルでしょうか? 
 オリジナルなら、ヘッドアングル、ネック幅やヘック厚、ボディトップのアーチ形状など木工が既にかなり違うのではないでしょうか・・・・更にペグ、マイク、ブリッジ/テールピースなどハードウェアもほとんど違い、そぅなりますと勿論音もかなり違い、どちらかとゆぅと「似て非なるモノ」と言ったところだと思いますが、如何でしょう?
 復刻モノなら、現物を見たことがないのでどこまで復刻されているのか判りませんが、ただ、最近のギブソン社の復刻モノのデキから想像しますと、オリジナルにかなり忠実だと考えられます。そぅしますと、57と68の違いは上記致しました様な事になっていると思いますが・・・・。

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
...続きを読む

Qエレキギターを弾くときの右手の位置を教えてください

今エレキギターを練習中です。主にヘビィメタルをコピーしてます。右手の位置がわからないです。コードを弾く場合や、ミュート、リードなのでかわってくるのでしょうが、いまいち詳しく載っている教則本がありません。お解りの方解答お願いします。

Aベストアンサー

 確かに、ピッキングする弦上の位置によって音質/音色は変わることになり、実際に曲中でそのような方法を使うこともあるわけですが、”どのような体勢やテクニックにも柔軟に移行できる”という意味での”基準となるようなフォーム(右手の位置)”は、とりあえずは存在します。

 特に、ヘヴィメタル系ということですので、メタル系で一般的に使われる各種テクニックへ移行しやすいような”基準フォーム”というものは大いに意識すべきです。
 例えば、単音弾きでは、ある程度高度なテクニックを多用する場合、タッピング等のテクニック時を除いては、”ブリッジ付近に手首位置がくる”という右手の位置に固定しがちです。(⇒常に一定フォームをとらないと、正確に弾きにくくなることが多いということです。)

 したがって、このようなジャンルでの単音弾きでは、弦上でピッキング位置を変えて音質/音色を変えるということは少なく、弦上でのピッキング位置は、フロントピックアップとリアピックアップの中間位置程度になることが多いかと思います。


 ということで、ロック系のギター(特にハード/ヘヴィ系)で基準となるようなスタイルを目的別に書くと、以下のようになるかと思います。

1.一般的な単音弾きの場合

 ⇒ブリッジミュート等が容易に行えるようにするため、5~6弦寄りのブリッジ上、およびこの周辺のボディ上面に手首付近を置く。同時に、可能な限り、ひじから手首にかけての腕部分もギター上面に置いて安定させるようにする。
 弦上のピッキングポイントは、フロントピックアップとリアピックアップの中間位置あたりになる。

2.より速い速度で単音弾きを行う場合

 ⇒基本的な右手の位置は1の場合と同様であるが、腕の振りも利用するため、手首部分はブリッジ等から多少浮かすような状態に変わる。
 弦上のピッキングポイントも1と同じ。

3.通常のコード弾きの場合

 ⇒ひじ付近の腕部分をギターの上面に置くようにし、ひじから先の腕から手首の上下の振りの動作が容易になるようにする。
 弦上のピッキングポイントは、フロントピックアップ周辺になることが多い。(指板上等でも可)

4.パワーコード等で、ブリッジでのハーフミュートを行う場合

 ⇒ブリッジでのミュートを行うため、1の場合と同様に、手首付近を5~6弦のブリッジ(サドル)部に置くようにするが、腕の振りの動作もある程度利用するため、3のようにひじ付近をギターのボディ上に置くことも同時に必要となる。
 弦上のピッキングポイントは1と同じ。


 一般的に、ロック系のギターにおいては、単音弾きでは”手首から先を上下に振るピッキングスタイル”、コード弾きでは”ひじから先の腕および手首を上下に振るスタイル”が基本となってきます。(⇒芯のある十分な音量の音を出し、かつリズムを安定させるためです。)

 したがって、右手の位置に関しては、単音弾き時には”5~6弦側のブリッジ部分(サドル周辺)に(小指側の手の平側面の)手首近くを置く”ようになり、コード弾き時には”ひじ付近の腕部分をギターのボディ上に載せるようにする”という形となるのが標準かと思います。

 ただし、パワーコードにブリッジでのハーフミュートをかけて弾く場合には、単音弾き時の状態に近いものとなるということで、逆に言えば、単音弾きでの形は、パワーコードにハーフミュートをかけて弾く場合を考えていただければ良いということでもあります。
 また、単音弾きにおいて、より速い速度で弾く場合等には、ひじから先の腕の振りで弾く形を利用しがちですので、このような時には、コード弾きの状態に近いような、ひじ付近の腕を安定させるというものとなってきます。

 ちなみに、ストラップでギターを非常に低い位置に吊るして弾くような場合には、上記のような体勢がとれないこともありますので、それなりの対策が必要になってきます。(⇒基本的には、このような状態では、あまりテクニカルには弾けないということになります。)

 確かに、ピッキングする弦上の位置によって音質/音色は変わることになり、実際に曲中でそのような方法を使うこともあるわけですが、”どのような体勢やテクニックにも柔軟に移行できる”という意味での”基準となるようなフォーム(右手の位置)”は、とりあえずは存在します。

 特に、ヘヴィメタル系ということですので、メタル系で一般的に使われる各種テクニックへ移行しやすいような”基準フォーム”というものは大いに意識すべきです。
 例えば、単音弾きでは、ある程度高度なテクニックを多用する場合、...続きを読む

Q水かきを切る

手の水かきを切って、指を思いっきり広げられるようにする手術が存在する、というのを聞いたのですが、これって本当に出来るのでしょうか?

今、普段の生活で困ることはまったくないのですが、
趣味でピアノをやっていたり、ベースを弾いたりしているときに、「もっと指が開けばな、、、」といつも思っていました。

余程困ってないのならオススメできない、という方がいるかもしれません。そんな意見も含めて、この手術が存在するのか、費用はいくらくらいなのか等、どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>まったくありえないのでしょうか?
水かきの部分は深横中手靭帯+表裏の骨間筋+皮で出来ています。深横中手靭帯は、指がバラバラにならないように束ねる役目を担っています。

ですから、生来的に開き難い方や病傷による短縮の場合、そうでない一般者の場合、どちらの場合であっても、「指が開く動作(外転)」や「掌・背側へ互い違いになる」のを制限しているのは事実です。

ただし、実際の動作として手全体を動かすときには、その動きを思った方向に引き出すためには、どこかが支点となって動きを支えなくては、まともな動きにはなりません。

(例えると、プロ野球ピッチャーであっても高飛び用マットの上に立っての投球では、コントロールやスピードが出せないのと同様です。)外からの力で開くのと、指間にある筋肉に入力して開くのではメカニズムが違います。

かえって素人レベルでしたら有効かも知れませんが、プロの指コントロールには付いてこないように思います。

技術的に仰るオペは、やってやれない事はないでしょう。深横中手靭帯の各部位それぞれに対して、何処かから靭帯を取ってきてくっ付けて云々…延長させれば、確かに「指が開き易くなる」と思います。でも、「指が開くようにする」のと「指を大きく開いて使えるようにする」ことはイコールではないので…。

術後、動かせるようになるまでに、指の開閉をつかさどる背側&掌側の骨間筋はもとより、様々な筋肉等は衰えてしまいます。それでしたらその分、ダンパー&ソステヌートペダルの扱いを練習したりするほうが効果があると思います。

実際にオペされた音楽家がおられるようですので、私の頭の中の知識だけでは、このような回答しか出来ません。ゴメンナサイ!

>まったくありえないのでしょうか?
水かきの部分は深横中手靭帯+表裏の骨間筋+皮で出来ています。深横中手靭帯は、指がバラバラにならないように束ねる役目を担っています。

ですから、生来的に開き難い方や病傷による短縮の場合、そうでない一般者の場合、どちらの場合であっても、「指が開く動作(外転)」や「掌・背側へ互い違いになる」のを制限しているのは事実です。

ただし、実際の動作として手全体を動かすときには、その動きを思った方向に引き出すためには、どこかが支点となって動きを支え...続きを読む

Qノーマルチューニングでメタルを

最近思ったのですが、メタルのギターパートってだいたいがダウンチューニングですよね?
ハードロックであればDEEP PURPLEなどノーマルチューニングでやってるバンドは結構あるように思えますが、メタルバンドでダウンチューニングやってないバンドって、聞いたことがないような気がします。ノーマルチューニングのメタルバンドって、存在するのでしょうか?

自分はギター弾いてるんですけど、メタルが好きで初めはゆっくりのテンポでいいからコピーをやってみたいと思ってます。が、DEEP PURPLEなどのコピーもやってるので、できればノーマルチューニングは維持したいな、と思ってます。

そこで、もし『ノーマルチューニングのまま弾けるメタルバンドの曲』があれば、ぜひ教えてください☆できれば洋楽がいいのですが、なければ邦楽バンドでもかまわないです。
よろしくお願いします☆m(_ _)m

Aベストアンサー

ご質問の通り今のメタル系バンドはダウンチューニングが多いですね
基本はレギュラーで曲によってダウンさせている場合も有ります
メタルも色々な種類があるので一概に言えませんが
ジューダスプリースト、パンテラ、スレイヤー、アイアンメイデン、オジーなど・・・
レギュラーで弾ける曲が多数あり私自身もレギュラーで練習した事が有ります
取り敢えずバリバリのメタル系バンド名を挙げてみましたが如何でしょうか?

Qレスポールがジャズで普及しなかったのはなぜ?

レスポールはジャズの録音もたくさん残したのに、なぜかジャズギタリスト
でレスポールモデルの楽器を使っている人をほとんどみかけません。

私の知る限りでは、1955~56年のあいだにジムホールがまだサイド
マン時代だった頃にレスポールを小脇に抱えたレコードの写真だけしか
見たことがありません。
(そんなジムホールも57年にやっと念願かなった自己の初リーダー吹き
こみではESに持ち替えてしまっていました・・・)

レスポールが愛器のジャズギタリストって、ほかにどんな人がいたかご存
知のかた、手当たり次第に色々教えてください♪

あと、ジャズというとフルアコ専門の世界みたいに見えてしまいますが、
ジャズ界に大きな接点を持っていたレスポール本人が、仲間のギタリスト
に自分の楽器を勧めて回らなかったのだろうか?と不思議でなりません。
(1950年代のジャズはとにかく新しい物好き志向だったので、もっ
と多くのレスポール使用奏者が多くてもよさそうに思いました・・・)

この辺の事情をご存知の方、手当たり次第で結構です!いろんなエピソー
ドを教えてください♪

レスポールはジャズの録音もたくさん残したのに、なぜかジャズギタリスト
でレスポールモデルの楽器を使っている人をほとんどみかけません。

私の知る限りでは、1955~56年のあいだにジムホールがまだサイド
マン時代だった頃にレスポールを小脇に抱えたレコードの写真だけしか
見たことがありません。
(そんなジムホールも57年にやっと念願かなった自己の初リーダー吹き
こみではESに持ち替えてしまっていました・・・)

レスポールが愛器のジャズギタリストって、ほかにどんな人がいたかご...続きを読む

Aベストアンサー

1っす。
>タルファーロウのようにカキンカキンの音を一生懸命フルアコで
頑張っているギタリストも多いので、どうして彼らはソリッド楽器
を使わなかったのか、とても興味があります!

堅めの音色を使うにしても
フルアコとソリッドじゃ音の太さが全然違いますからね。。
なんていえばいいのかな、レスポールじゃ
中域のもっちり感やフルアコにフラット弦を
張ったときのようなコンプレッション感が
全然でないです。

そういえば天野丘氏もレスポールをメインに使ってましたが、トラディショナルなジャズを弾く人でレスポール使ってる人はやはり見かけませんね。増尾さんにしてもトラディショナルなジャズの時はレスポール使わないし。

Qアンプシュミレーターって何ですか?

こんにちは。ベース&ギターをやっている者です。今更ながら聞きたいのですが、先日「LINE6 POD XT」というレッドのアンプ種ミレーターを見つけました。
 ですが、これってエフェクターでもなければリズムマシンでもないしアンプシュミレーターと総称で呼ばれるみたいなのですが具体的に何をするときに役に立つものなのでしょうか?
 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制約がかかる面も出てきます。
そうしたところから、ギターを直接ラインに入力して、なおかつアンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、アンプシミュレータという機材が出てきました。 アンプシミュレータを利用すると、ラインに入力する際にギターアンプをつないで音を出してマイクで拾うというプロセスを省略して、より手軽にアンプを通したギターらしい音を作り出し、ラインで録ることができることになります。
また、アンプシミュレータには、有名どころのギターアンプの特性をシミュレートしたモデリングアンプとしての機能もあり、アンプシミュレータ一台でいろいろなタイプのアンプの音を利用できるということにもなります。 他にも、キャビネットのタイプを選択できたり、マイキング(スピーカーに対してどうマイクを設置するのか)の違いをシミュレートする機能などを搭載しているものもありますね。 ただ、作られる音については、シミュレータ的な匂いは抜けきらないかも知れません。
アンプシミュレータについては、そうした録音の時に便利な機材として開発された物と見るのが妥当かと思います。

ただ、アンプシミュレータをプリアンプとしてギターアンプの前段につないで使うこともあり、ステージ用の機材として利用されることも多くなってきているといえます。 また、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、逆にアンプシミュレータの側にモジュレーション系や空間系のエフェクトが追加されたりと、最近ではマルチエフェクターとアンプシミュレータの区別自体に曖昧な領域もできつつあるようです。

参考になれば。

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制...続きを読む

QEMGピックアップの電池の持ちと音の変化

フェンダーの62年リイシューストラトなのですがピックアップが不満なので、今いろいろ選定の候補を挙げてるところでして、そのうちEMGも検討しています。
ただEMGは電池を使うアクティブタイプなので、電池の消耗と、消耗による音への影響が心配です。実際このようなアクティブPUの電池はどれぐらい持つものでしょうか?また電池が減ってくると出力が落ちてくると思いますが、やはりだんだんドライブ具合も変わってきて常に同じサウンドコンディションを保つにはそれなりに気を使うものですか?

実際に使用しておられる方、そのあたりの使用感など教えてください。

今までたくさんギターを弾いてきましたが、アクティブタイプのピックアップを持っていたのは1本のみ(シャーベルの多分オリジナル?のPU)で、“あれ?もう切れたの?”って思うぐらい電池がすぐなくなっていました。メーカーやタイプにもよるとは思いますが、EMGに関してはどうでしょうか。今までアクティブを避けてたのもそのあたりのことがあったのでイマイチ使う気になりませんでした。とはいえアクティブのあのハッキリ感とローノイズは捨てがたく、一度つけてみても良いかなと思っています。
よろしくお願いします。

フェンダーの62年リイシューストラトなのですがピックアップが不満なので、今いろいろ選定の候補を挙げてるところでして、そのうちEMGも検討しています。
ただEMGは電池を使うアクティブタイプなので、電池の消耗と、消耗による音への影響が心配です。実際このようなアクティブPUの電池はどれぐらい持つものでしょうか?また電池が減ってくると出力が落ちてくると思いますが、やはりだんだんドライブ具合も変わってきて常に同じサウンドコンディションを保つにはそれなりに気を使うものですか?

実際に使用し...続きを読む

Aベストアンサー

1番です補足です。
電池が切れてくるとハイが落ちてサスティーンがチリチリになります。
尚電池のもちは搭載されてるEQ回路でも違ってきます。
EQ回路の無いPUとパッシブEQのアッセンブリなら関係ないのですが
3PUとEQ回路付きのセットを購入した場合ハイとローの増幅に使われてるOPアンプがLF412等の低消費電力の物を使っているものであれば、さしっぱで2週間、普通に使って2ヶ月は行けますよ。


人気Q&Aランキング