自分は高校生なのですが、夏休みに友人と三人でと4~5日ほどかけて
縦走をしようと思っています。
今候補となっているのが槍ヶ岳を含む縦走です。

テントやガスコンロ(キャンプ用)、鍋等を持って行き、
さらに着替えや上着を持っていくことを考えて荷物を用意すると、
結構な大きさ、重さになってしまいました。
鎖場などがあると少し難しいのではないかと思っているのですがどうなのでしょうか

自分とその友人はキャンプは何度かやったことがあるのですが、
登山経験といえば昨年に南大菩薩を2泊3日で縦走したくらいしかありません。
その時は雨にも降られず特別な道具も特に必要なかったので、
本格的な登山とは言えないかもしれないです。
勿論登山道具などは持っていないです。

しっかり準備はしていくつもりなのですが、
こんな自分たちでは槍ヶ岳縦走は難しすぎる、無茶な話だと思いますか?

もし出来るというのであればどのようなコースがいいか教えていただきたいです。
無理だというのであればお勧めの場所をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

高校生の時に北アルプスの白馬岳に登って山の魅力にはまってから40数年のオヤジです。

高校生のような多感な時期に、是非北アルプスに登ってそのすばらしさを実感してください。

さて、槍が岳の縦走ですか、やはり槍が岳の魅力を感じるのはいわゆる「表銀座コース」ですね。中房温泉から燕に登り、そして、大天井岳、西岳を縦走して槍が岳に登るというものです。

一日目は、中房温泉から燕山荘キャンプ指定地(時間があるので燕岳往復)
二日目は、燕山荘キャンプ地から大天井岳を経て西岳ヒュッテキャンプ指定地
三日目は、西岳から槍が岳山荘キャンプ指定地(または殺生ヒュッテキャンプ指定地)
四日目は、槍が岳山荘、
というのが無難なところです。

燕から一気に槍岳までいけないことはないのですが、結構時間がかかります。ただ西岳ヒュッテキャンプ指定地はせまく風が強いですので、西岳に早く着いたらがんばって槍が岳のすぐ手前の殺生ヒュッテをめざしてください。そうすれば1日節約できます。

#1の方が穂高縦走をおすすめされていますが、私はおすすめできません。キャンプの荷物になるとどんなにがんばっても20キロを超えてしまいます。岩登りの基本的な訓練を受けていない人が、そのような荷物を担いで大キレットをいくのは危険ですよ。

なお、日程については余裕をもってくださいね。雨の場合は絶対無理をしないでください。北アルプスでは想像以上に気温が低く、雨の中で体が冷えて低体温症で亡くなられる方が毎年数名いらっしゃいます。

素晴らしい山行になるようにお祈りしています。

コンパスジャパン(北アルプス)
http://www.nature21.ne.jp/compass/compass.cgi?pa …

参考URL:http://www.nature21.ne.jp/compass/compass.cgi?pa …
    • good
    • 0

 槍ヶ岳には東西南北4本の尾根が集まっていて、それぞれ北鎌尾根、東鎌尾根、西鎌尾根と呼ばれています(南鎌尾根という名称はない)。


 その4本の内、北鎌尾根を除く3本の尾根には縦走路があります。また東西に下る谷にも上高地あるいは新穂高温泉へ投じる登山道があります。

 ですから、槍ヶ岳を含む縦走、と一口に言っても3本の尾根のどれを使うか、槍ヶ岳を始点にするのか終点にするのか、あるいは中間点とするのか、等々、非常に多彩なルートを組むことが可能です。

 この中では南へ延びる尾根、すなわち穂高方面への縦走は現時点では避けた方が無難でしょう。
 槍~穂高縦走は北アルプスの中でもかなり厳しい岩稜を多く含むルートなので(大キレットの通過が難易度が高い)、初心者がテント装備で行くのは止めた方がいいです。まああくまで一般登山道なのでロープは不要ですが(一般登山道でロープなんて出していると渋滞を引き起こすので迷惑)。
 というより大キレットや長谷川ピーク、飛騨泣きの通過にロープの確保を必要とするレベルの登山者は入ってはならない、ということです。
 荷物が増えると、このような岩稜帯の通過は飛躍的に難易度が増すので、もっと山慣れするまで槍~穂高縦走は取っておいた方が良いですね。
 奥穂高からさらに先の奥穂高~西穂高の稜線は"論外"です。あの稜線はもはや一般ルートではないと思います。ガイドブックによっては熟練者向けの一般ルートに入れているものもありますが。


 東鎌尾根や西鎌尾根はさして難しいところはないので、体力さえあれば縦走は楽しいでしょう。

 さて、問題は装備についてです。

 シュラフやザックなどの装備はひととおり持っていてテントはボーイスカウトから借りる、とのことですが、それらの装備は「登山用」でしょうか?そうではなく「キャンプ用」である可能性が高いと思うのですが・・・特にボーイスカウトが山岳用テントを持っているとは考えにくいので。

 同じテントやシュラフでも、キャンプ用と山岳用はまったく違います。
 何が違うって、最も根本的に異なるのは重量です。
 山岳用のテントだと4人用で2.5kgからせいぜい3.5kgといった重量が、キャンプ用だと平気で10kgあります。シュラフでも夏の北アで使うようなものでダウンの軽いのだと500gあるかないかくらいですが、キャンプ用だと夏用の薄いのでも2kgくらいあるでしょう。
 重量も大きく違いますが、必然的に「嵩」も大きく違います。つまり大きなザックが必要になってしまうというわけです。

 重量以外の性能だと、テントが厳しいでしょうか。
 キャンプ用のテントだと高さが1.8mとか2mくらいあるでしょう。そんな巨大なテントでは、稜線に張った際の耐風性が極めて不安です。山岳用のテントだと4人用でも120cmくらいの高さです。

 他の装備は大きく重いのさえ耐えられればキャンプ用のものでも使えないことはないのですが(そんな大きく重い荷物を担いで岩稜を歩くのは体力があっても辛く危険ですが)、テントだけはキャンプ用のものを3,000mの稜線で使うのはかなり不安です。稜線上でなければ、まあなんとかなるかもしれないですが・・・

 というわけで、装備はもう少し見直してみてください。
 装備が揃わなければ、小屋泊まりも考慮した方が良いと思います。
    • good
    • 0

槍ヶ岳に登ること自体はさほど難しくありませんが縦走となるとそれなりの体力が必要です


縦走路としては、一般的に表銀座、裏銀座などが有名なところです
表銀座は他の方が説明してますので裏銀座のほうを紹介します
登山口は七倉(大町からタクシー)の少し先ダムを渡りトンネルをくぐった先にあります
登山口から烏帽子小屋(稜線)まで約4時間難しいところはありません
そこから槍ヶ岳までは野口五郎、水晶岳(主稜線から少しはずれたところにあります)
鷲羽岳、三俣蓮華岳などを越えていきます 適度に小屋があるので日程は組みやすいと思います
下りは上高地に槍沢ぞいの道を下り(約7時間)下山します
その他にもヒエ平(穂高からタクシー)から常念岳(稜線まで約4時間)に登り大天井岳を越えて槍ヶ岳
などいろいろ考えられます 西穂高や奥穂高から槍ヶ岳へのコースは岩場のコースゆえ他のコースより
難易度はかなり高くなります 初めてのコースとしてはおすすめできません
山登りで必要なのは体力、装備、経験です ひとつひとつ問題を解決して徐々にレベルアップしていく
ほうが結果的に安全登山につながると思います たとえば高山病にかかってしまうだけで命にかかわる
問題となります もう少し経験を積んでから挑んでみてはいかがでしょうか 
それから北アルプスの稜線では水は有料の小屋が多く水場じたい少ないので注意が必要です
    • good
    • 0

夏休みに行くのは、個人的にはお勧め出来ない。


とにかく混みます、#2さんの回答は正解です、それと重装備で大キレットは
渋滞して長谷川ピークや飛騨泣は進めなくなる、人が多いと北穂高登りは落石危険度が
増すので絶対にヘルメットにザイルで経験者のガイドが必要です。
 私は、上高地→涸沢カール(1泊目)→北穂高岳→奥穂高岳→岳沢(2泊目)→上高地
北穂高岳や奥穂高岳では天候が良ければイヤになるほど槍ヶ岳が見えます、それに
奥穂高岳ではジャンダルムも見える、槍ヶ岳は逃げません、もう少し経験を積んで
技量が上達してから再度仲間と挑戦して下さい。
    • good
    • 0

今日は夏休みに槍ヶ岳ですか山行記録を観ると縦走は厳しいと思いますが槍ヶ岳だけなら行けると思いますしかし登山道具を持っていないとテントや寝袋と大き目のザックや雨具等を買うと金額的に高校生ではこれも厳しいと思いますそれで次のように考えました。



素泊まりの小屋泊まりで行く、素泊まりで6000円~7000円

(1)上高地まで新宿からの夜行バスで行く夜の11時に新宿を出て上高地には朝の6時位に着きます(6000円)
1日目は・・・上高地から槍沢ロッジ(体力があれば槍ヶ岳山荘まで行ける)
2日目は・・・槍沢ロッジから槍ヶ岳山荘
3日目は・・・槍ヶ岳山荘から横尾山荘まで
 帰りは松本まで出て松本駅から高速バスが出ています。

※小屋は素泊まりなら6000円横尾は風呂に入れるので7000円、無理をすれば2泊で行けるが余裕を持って計画を立てるように小屋に泊まれば無料で水が貰えるのであえて下から持って行かなくてもいいです食事(夕食と朝食)付きは9000円で弁当は1000円で夕食の時に予約が出来ます、素泊まりでもカップ麺(バーナーを忘れないように)やパンを持って行けば結構楽しい山行になります。

この回答への補足

すみません、もっと詳しく書くべきでした。
キャンプなどをよくしているのでザック、寝袋、ザックカバー、雨具などは一通り持っています。
またボーイスカウトからテント、コッフェル、ガスコンロ等は借ります。

補足日時:2011/04/11 00:15
    • good
    • 0

どちらへ縦走するのでしょうか。


槍ヶ岳自体は、肩に荷物を置いてほぼ空荷で頂上へ行けば何も問題ないと思います。(実際ほとんどの人はそうしています)。
穂高方面への縦走だと、大キレットに鎖場やハシゴがありますが慎重に進めばそれほど大きな問題ではないと思います。
安全をとるなら東方の蝶が岳などへ行くほうが危険な場所は少ないです。

いずれにせよお盆あたりは槍の肩もキレットのハシゴ場も結構渋滞しますので避けたほうが賢明です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q槍が岳 ベストシーズン(山小屋の混雑状況と寒さ)

おととしは白馬の唐松岳、駒ヶ根の駒ヶ岳あたり、去年は上高地の焼岳、西穂高の手前あたりに遠征し、あの有名な槍が岳も一番易しいコースならそうでもないと知り、今年、初挑戦を考えています。札幌から女ひとり。
上高地から山小屋に2泊し、穂高ロープウェイ側におりるコースが一番易しいとの事なのでそれにしようと思っています。
北海道には本州のようなふとんや食事が用意されている山小屋はないので、そちらの1枚のふとんに2人や3人が寝るという状況は想像するだけで怖いですが、まずはどんなもんか、人生1度は体験してみようかと。
富士山なら富士宮の7合目に1泊して登ったことがあり、山小屋体験はその1度だけ。この時は運良く、寝台車のようなスペースをひとりじめでき快適でした。

去年、9月下旬の紅葉の時期だと山小屋はひどい混雑と聞き、ビビってやめました。
お盆もひどい混雑だそうで、しろうとなので夏の方がいいと思い、だったら7月。
7月12日前後か7月19日前後を考えていますが、この時期、山小屋の混雑はどんなもんでしょうか?やはり土日はひどいんでしょうか?金曜や月曜だとそうでもないでしょうか?
それから、この時期の私が行く予定のコースの季節はどんな感じでしょうか?
北海道の大雪山だと7月下旬になれば雪はほぼ融けますが、7月上旬だとまだあちこちに残雪がありますが、そちらも7月上旬と下旬では違ったりしますかね?
7月上旬でも雪もなく、暖かいようならば7月6日前後も良いかなと。
まさか、6月は早いですよね?でもそっちって5月から信じられない程暖かいからどうなんでしょう???

山小屋の混雑状況と残雪状況、暖かさにより、行く時期を決めようと思っているのでアドバイス、よろくしお願いします。

おととしは白馬の唐松岳、駒ヶ根の駒ヶ岳あたり、去年は上高地の焼岳、西穂高の手前あたりに遠征し、あの有名な槍が岳も一番易しいコースならそうでもないと知り、今年、初挑戦を考えています。札幌から女ひとり。
上高地から山小屋に2泊し、穂高ロープウェイ側におりるコースが一番易しいとの事なのでそれにしようと思っています。
北海道には本州のようなふとんや食事が用意されている山小屋はないので、そちらの1枚のふとんに2人や3人が寝るという状況は想像するだけで怖いですが、まずはどんなもんか、人...続きを読む

Aベストアンサー

>大雪山と違い、6月23日頃でも雪がないようならばその時期も良いと思ってます。

梅雨のない北海道と違い、本州のその頃は梅雨の真っ盛りです。雨が多く、あまり登山には向きません。

>残雪があっても登山靴でも歩ける程度ならそれもありかも?

2000m以上には場所によって登山道に残雪はありますが、普通の登山靴で大丈夫です。6本爪の軽アイゼンがあると楽でしょう。

>GWの北海道の羊蹄や大雪の黒岳などの残雪は登山靴で登ったことがあるので、テント泊ならばしろうとなので考えられませんが、山小屋だときっと暖かいと思うので空いてて狙い目でしょうかね?

夏休み前は山小屋は空いていますよ。

>でもやっぱ、残雪だらけの時期より「残雪はたまにある」程度の時期の方が楽そう。
それって何月頃でしょうか?大雪山だと7月になってから。。になります。

標高が大雪山より千メートル高いので、同じと思っていいです。6月なら槍沢あたりは大雪渓でしょう。

Q初心者の北岳登山について。

一人で北岳に登ろうと思っています。
登山経験は富士山に一人で登った経験があるだけです。やはり、北岳のほうが体力技術的に考えると、一人というのは危険でしょうか?

日程は8月25、26日を考えているのですが、その頃には高山植物のシーズンは終わっていますか?
また、広河原出発で北岳肩の小屋で一泊しようと考えています。時期的に混雑するんですかね?
肩の小屋の詳しい情報が分かれば、教えてくださると助かります。

体力についてですが、週2回ほど5キロのジョギングを行っている程度です。富士登山の時はそれほど疲れることなく登頂できました。

Aベストアンサー

今月7日に登頂してきました。私も一人での登山です。
62歳ですがガイドブックに記載のコースタイムより少な目の時間でした。
広河原に宿泊なら5:30前に出発すれば正午前に山頂に着くことでしょう。(広河原山荘の朝食は5:00から)そうする事で展望が期待出来るし、午後に多い雷雨も回避可能の確率が高いでしょう。
私は間ノ岳も登頂したので北岳山荘に宿泊しましたが、どちらの小屋からも東に大きな富士山とご来光が綺麗でした。(肩の小屋は同室者の情報)ちなみに山荘は2食で7900円でした。毎年100円ずつ値上げしているみたいです。
当日は定員未満で布団1つに一人でした。耳栓は必需品ですよ。
高山植物の多いのは山荘から八本歯のコルに行くコースに8種類の開花を確認出来ました。季節的に期待しないほうが賢明でしょう。
富士山で疲労も感じず、ジョギングで鍛えていれば体力に心配無用ですよ。
但し、天候と気温により又前夜の睡眠時間によって影響があります。
早い時間に出発し早く到着する計画を心掛けましょう。

Q登山ザックの外付け荷物について

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている方も良く見ますが、コーヒーなどを作って飲む場合でしたら、他の器具や材料をザックから出すので、マグカップだけ外にある必要はないと思いますし、水場で水を飲むためだとすると、腰ベルト辺りにあれば、すぐ手にとって飲む事が出来ますが、ほとんどの方がされているザックの後部に吊り下げている場合は、ザックを下さなければ手に取る事が出来ず、ザックの出しやすい場所に収納してるのと使い勝手は変わらず、あえて不衛生な外に吊り下げる必要が無いように思えます。
ザック後部にマグカップを吊り下げる目的を教えてください。

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている...続きを読む

Aベストアンサー

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザックは横に出っ張らないように
体の幅に合わせた縦長軽量タイプがほとんどです。
しかし、かつては横長のキスリングが主流でした。
帆布製でしっかりしていましたが、
その分重量もあって担ぐのには体力が要りました。
このキスリングは横長であるがために上部の面積が広く、
主にテントやポールなどを外付けで載せたものです。
キスリングはきれいに詰めれば上部はほぼ平らになり、
そこにテントを載せても縦方向にはさほどかさばりません。
この状態ですと雨の場合にはポンチョが被れたのです。
ポンチョは自分+背荷物をカバーできるので重宝します。

ところが、今の縦長ザックでは上部が高くなってしまうので
この便利な雨具であるポンチョが使えません。
被ったところで襟足から一旦生地が上方に上がり、
ザックを超えるようにして下方に垂れ下がります。
つまり、ザックが上に飛び出ている分ポンチョの後方は短くなり、
下半身の後ろが雨に濡れ易くなるのですね。
これを避けるにはカッパの下+ポンチョの組み合わせがいいかもしれません。

さて、マグカップやシェラカップをザックにぶら下げる。
たしかに不衛生ですし、カチャカチャと音がうるさい場合もあります。
水場で水を飲む場合はそこで休憩することが多いでしょう。
この時にザックは下に下ろすことが多いと思います。
下ろしたついでにぶら下げてあるカップをはずす。
つまり、一連の動作の中でカップを手に取れるので便利♪となるのかも
しれませんが、見た目の格好よさというのが本音であることが多いです。

因みに、私は質問者さんと同じような考え方で、
カップは手作りの袋に入れてザックの取り出しやすい場所に入れています。
キスリングを使う時はサイドの大きなポケットの一番上に入れていますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザック...続きを読む

Q上高地マイカー規制の駐車場

名古屋から上高地へマイカーで8月18日に行く予定です。
シャトルバスに乗り換えるのに沢渡か平湯どちらにしようか迷っています。
どちらの駐車場を利用する方が便利か、アドバイスよろしくお願いします。
名古屋ICから安全運転経験者の方の所要時間が夫々わかれば併せてお教えください。

Aベストアンサー

名古屋からだと、中央道松本→沢渡という行き方と、東海北陸道→高山→平湯という行き方が考えられますね。
この選択肢については、東海北陸道を走ったことがないのでなんともいえません。

沢渡と平湯のどちらがいいかですが、中央道側からという前提で、メリット・デメリットを挙げてみます。

沢渡は駐車場が大小18カ所(全部で1,500台)・バス停が6カ所あります。
平湯は駐車場(860台)が1つ、バス停も1つです。
そこからのバス料金は両方とも同じで往復1,800円です。
駐車場はどこも1日500円で、ぼったくるところはないのでご安心ください(沢渡のほうは手招きしててなんだかあやしいですが)。

沢渡のメリットは、松本側からは近いこと。安房トンネル通行料(1,500円)がかからないこと。
デメリットは、関東側から来る人が多く、必然的に混むことです。収容は平湯の倍でも、目指してくるくるまがそれより多いです。
駐車場とバス停が分散しており、時間帯によっては上流側のバス停では満員で乗れないことがあります。
上高地バスターミナルから戻る際、バス待ちの人が非常に多く長蛇の列になる可能性があります。
沢渡に停める場合は、いちばん大きい第2駐車場(600台)を目指すのがお勧めです。

平湯のメリットは、駐車場が広くすいてることです。
駐車場・バス停が1カ所で始発なので、来たバスに乗れないということはないです。
デメリットは、松本側からは遠い、関東側から行くと安房トンネルの通行料(往復1,500円)がかかることです。
また、平湯バスターミナルと駐車場(アカンダナ駐車場)が少し離れています。
オフィシャルには「駐車場→バスターミナルは無料シャトルバス利用」となっていますが、半分ぐらいの便が「アカンダナ駐車場→上高地」直通です。
シャトルバスに乗らなくても、駐車場からバスターミナルまでは雰囲気の良い温泉街(足湯もあります)を抜けて平坦な道で10分かからない程度です(車道はものすごく登ってものすごく下りますが、実はバスターミナルと駐車場の高度はほとんど同じで平坦です)。

以前は、バスの往復割引運賃が平湯のほうが安く、人数がいればトンネル料払っても合計では安かったのですが、最近バス料金は同じですので、安房トンネルの通行料と、平湯のメリットを天秤にかけるという感じになると思います。
上高地から戻ってきて、温泉などに立ち寄りたい場合は、平湯のほうがいいです。平湯側には温泉が点在しています。

東海北陸道を利用して高山側から来る場合は、トンネルを超えて沢渡へ行く理由はなく、平湯がいいと思います。

名古屋からだと、中央道松本→沢渡という行き方と、東海北陸道→高山→平湯という行き方が考えられますね。
この選択肢については、東海北陸道を走ったことがないのでなんともいえません。

沢渡と平湯のどちらがいいかですが、中央道側からという前提で、メリット・デメリットを挙げてみます。

沢渡は駐車場が大小18カ所(全部で1,500台)・バス停が6カ所あります。
平湯は駐車場(860台)が1つ、バス停も1つです。
そこからのバス料金は両方とも同じで往復1,800円です。
駐車場はどこも1日500円で、ぼったくる...続きを読む

Q初心者には槍ヶ岳?北岳?

8/12より8/20の夏季休暇に登山に行きたいと思います。

昨年から登山をはじめ、、富士山(1泊2日)/雲取山(1泊2日)/奥武蔵日帰りを何回かというまったくの素人です。
書店で旺文社のアルプス登山ガイドという雑誌をみて、槍ヶ岳もしくは北岳に行きたくなってしまいました。
1)上高地~槍ヶ岳
2)広河原~北岳
では、比較的、初心者向きなコースはどちらになりますでしょうか。

こちら月に数回、サッカー、フットサルを行っており、体力は人並みにあります。
単独で、テントは持っておらず、埼玉県が出発地です。

Aベストアンサー

No2です。確かに単独行というのは、そんなに甘いものではありませんが、お盆の槍ヶ岳や北岳ならばそんなにびびることはないと思います。サッカー等をやっているということは割りと若い方ですよね。それに普段から運動しているようですし。お盆の槍、北岳は、想像以上にすごい混みます。本当の意味での単独行は体験できません。単独行のトレーニングには良い時期であり、良い山であると思いますけど。むしろ奥多摩や奥武蔵の低山でも人が少ない山での単独行の方がかえって危険な場合もあります。

 まぁ、無理は禁物ですけど。他の山でしたら、徳沢(上高地から2時間ほど)から蝶ヶ岳長塀尾根はどうでしょう。頂上近くまで樹林帯ですが、頂上からの穂高連峰の眺めは最高ですよ。
 

Q富士山 登山靴必要!?

富士山に今度5合目から頂上まで1泊2日で河口湖コースから登ろうと思っています。
今後、人生で登山なんてあまりしないと思うのでわざわざ登山靴を買う必要があるのかなと思います。
20代なのでスニーカーでも登れるかと。
あと、登山靴が普段の靴としても使用できるなら買ってもいいと考えています。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは!
富士山の魅せられて,もう十数回登っている者です。
登山靴で登ったことは一度もありません。マラソンシューズばかりです。
毎年,7月に富士登山競走という富士吉田市役所から山頂までの早登り競争が開催されますが,参加選手はマラソンシューズです。登山靴履いて完走した人を聞いたことがありません。
ですから,スニーカーで充分登れます。
ただ,注意点は,
(1)古くシューズはゴムの劣化が始まっているので,登山中に底の部分からパカッと壊れることがあるので,古くないシューズを履きましょう。(2)下りで小石や砂がシューズに入るので,気になるならときどき靴の中
を払いましょう。
 以上です。富士山は独立峰なので,遠く九州の低気圧の影響まで受けて山が荒れることがあります。スニーカーで良いですから,雨具(下からまくり上げるような風,洗面器をぶっ掛けるような雨→カッパに限ります)と防寒衣類と現金(山小屋でいろいろ買えます)を持って,登りましょう。
 昨年登ったときは,背広のネクタイに革靴にカバンという人を見かけました。しかし,何か考えがあってそうしているようで,登坂力はありましたね。
 それから私は,富士登山競走で2回使ったシューズもあります。今は記念品として永久保存していますが,そんなにシューズがガタガタになることはありません。富士山は日本一の標高を持つ山ですが,外国に行けば富士山より高い山はたくさんありますし,標高5,000mを自転車でいける道もあります。
 どうぞ,慎重に準備されて,楽しい登山をしてきてください。

こんにちは!
富士山の魅せられて,もう十数回登っている者です。
登山靴で登ったことは一度もありません。マラソンシューズばかりです。
毎年,7月に富士登山競走という富士吉田市役所から山頂までの早登り競争が開催されますが,参加選手はマラソンシューズです。登山靴履いて完走した人を聞いたことがありません。
ですから,スニーカーで充分登れます。
ただ,注意点は,
(1)古くシューズはゴムの劣化が始まっているので,登山中に底の部分からパカッと壊れることがあるので,古くないシューズを履きま...続きを読む

Q槍~穂高 縦走の時期(夏)について

今年の夏(7-8月)に大正池-槍沢-槍-キレット-北・奥・前穂-大正池 を計画しています。単独です。山中停滞も入れて3-4泊で検討しています。

山小屋利用も考えたのですが、聞く所によると人の足の臭いを嗅ぎながら寝る、とも聞き テント(ツエルト)持参で ゆっくり行こうかととも考えています。
8月8日(日)-16日(日)のお盆は避けても(もちろん梅雨明け以降)7/Eや8/Fでは山小屋はお盆と同じような状況なのでしょうか?
また、場合によってはテントも張れない(各小屋のHPを見ると、いっぱいの場合他へ、となっているので)状況なのでしょうか?

経験者の方情報お願いします。

Aベストアンサー

 予備日も入れて3-4泊ということは、行動そのものは2-3泊で計画する、ということですよね。
 仮に2泊だと、
1日目:上高地-槍ヶ岳肩
2日目:槍ヶ岳肩-大キレット-北穂高
3日目:北穂高-奥穂高-前穂高-上高地
 という行程になるかと思いますが、これはかなりきついのでは。私だったら、
1日目:上高地-槍沢
2日目:槍沢-槍ヶ岳-南岳
3日目:南岳-北穂高-白出乗越
4日目:白出乗越-奥穂高-前穂高-上高地
 という計画にすると思います。
 また、テントを担いでこの国内屈指の難コースを歩くのはあまり気が進みません。小屋泊まりですかね。

 ちなみに私は登山歴30年で、高校大学は山岳部に所属し、北アの別の山域ですが山小屋のバイトも3シーズンしています。
 大学時代の夏山合宿は剱岳で3週間の定着+槍ヶ岳まで縦走というパターンが決まっていたので、槍穂高周辺は冬にしか入ったことがありません。

 大キレットと北穂高~涸沢岳の区間は、一般ルートとしては国内でも屈指の難ルートです。
 沢や岩の経験があるようですから、岩場の通過そのものについてはまったく問題はないでしょう。難ルートといってもしょせん"一般ルート"の範囲内ですから、せいぜいIII級程度しかないわけですから。ただ、高度感は桁違いですが。
 ただ、鎖がなければ普通の岩登りのクラシックルートでしょ、と言いたくなる場所がほとんどなので、精神的にはそれなりにきついです。私も剱岳には総計で100日くらいは入っているはずなのですが、一般ルートから登ったのは2回だけです。精神的にはバリエーションルートを普通にロープ使って登った方が楽です。

 一般ルートの通過は、他の登山者が大勢いるので自分のペースで通過できません。他の登山者による落石のリスクもあるし、場合によっては順番待ちでリスキーな場所で止まることを余儀なくされたりもします。
 なので、仮に本人は3時間で通過するだけの技術と体力があったとしても4時間かかってしまうことがあるのが、岩稜の一般ルートなのです。なので精神的にけっこう辛いです。

 また、3000m級の経験は浅いのでしたら、やり無理をせず小屋泊まりの方が良いと思います。3000m級の岩稜ってやはり独特の世界なので、岩場の処理そのものは心配なくても、その他の面については初心者と考えた方が良いでしょうね。

 天候も例えば4日間の山行で全日程好天を期待できるのは、梅雨明けから盆までの短期間です。盆の頃になれば、4日あれば1日は荒れることは覚悟しなければならないでしょう。
 この標高のテント場で荒れると相当辛いですよ。「ツェルトならどこでも寝れる」という気にはとてもとても・・・私はツェルトで100泊以上はしていますが、3000mの稜線で荒れた夜のビバークが最も辛かったです。同じ3000mの稜線なら冬の方がまだマシでした。冬は"雨"は降りませんから・・・テントでも飛騨乗越や北穂あたりのテント場で荒れたら、かなり辛い夜になります。

 というわけで、よほど体力に自信がおありでない限り、小屋泊まり3泊、予備日を入れて4泊の計画が無難だと思います。私は学生時代では30kgの荷物を担いで2日分のコースを涼しい顔して1日で歩いていましたが(今は見る影もなし・・)、それでも当時このコースを計画すれば、小屋泊まり2泊かテント泊3泊という計画にしたと思います。
 特に大キレット、涸沢岳の核心部は、「自分のペースでは通過できない」ことを前提として計画に組み入れるべきだとは思います。
 最後の前穂高からの下りも、地図見れば判りますがあまりに急傾斜で、たいして難ルートと認識されていない割には死亡事故も多い区間ですし、ここを重荷を担いで疲れた状態で下るのはちょっと嫌ですね。

 なお、秋はこの界隈は混むそうです。
 涸沢のテント場で、朝のトイレ待ちが30分、なんて話もよく聞きます。ということは小屋も相当に混むのでしょうね。
 紅葉の時期になると、稜線ではもういつ降ってもおかしくない状態になります。降ればアイゼン&ピッケルは必須なのは当然ですが、雪の状態が不安定でたいていが岩と雪のミックスになるため、状況によっては厳冬期より通過が難しくなる場所もあります。
 なので、この時期の縦走は相当慎重な天候の読みと経験が必要になるかと。

 剱もそうですが3000m級の岩稜では、中級山岳でどれだけ経験が豊富でもあまり役に立たない面があります。
 それは例えば、沢登りでは一般ルートでの経験がどれだけあってもあまり役に立たない、というのと同軸上の話です。
 もちろんまったく役に立たないわけではないのですが、一般ルートの経験に固執すると沢登りでは却って危険なこともある、ということは理解していただけるでしょう。
 ですので、3000m級では初心者、と考えて少し抑え気味の計画を立て、行動も慎重さを心がけた方が良いと思います。
 基本的には別に心配しているわけではないのですが、なまじ経験がある人が突っ走った時が最も危険な状況に陥りがちなので、そこだけ気をつけてくださいね、ということです。

 予備日も入れて3-4泊ということは、行動そのものは2-3泊で計画する、ということですよね。
 仮に2泊だと、
1日目:上高地-槍ヶ岳肩
2日目:槍ヶ岳肩-大キレット-北穂高
3日目:北穂高-奥穂高-前穂高-上高地
 という行程になるかと思いますが、これはかなりきついのでは。私だったら、
1日目:上高地-槍沢
2日目:槍沢-槍ヶ岳-南岳
3日目:南岳-北穂高-白出乗越
4日目:白出乗越-奥穂高-前穂高-上高地
 という計画にすると思います。
 また、テントを担いでこの国内...続きを読む

Q軽アイゼンの存在意義が無い気がします。

先日初めて雪渓の登山道を登ってきました。
アイゼンは用意していなかったのですが、
野営場の方にも問題ないと言われ、
実際、歩く上での問題は感じないで
楽しむことができました。

その際、登山道を歩いていて、前を歩いている方が
少しきつくなった傾斜で立ち往生しているのを見かけました。
2人とも6本爪と8本爪のアイゼンを付けていました。

その傾斜、私は普通に登れました。

そこで、今回の疑問が思い浮かんだのです。

土踏まずにあるあの爪を使おうとすると、
傾斜に対して平行に足を置こうとしてしまいますよね。
あれって、逆に傾斜を登りにくくしている気がします。

ブーツの爪先や踵を蹴り込めないアイスバーンに対して、
12本爪や10本爪のアイゼンが有効なのは理解できます。

でも土踏まずの歯は、
傾斜が少なく柔らかい雪面では意味が無いし、
急斜面のアイスバーンで足の裏を傾斜に置こうとすれば、
頭から滑落する危険性さえ出てくるのでは。

夏山専門だった私の行動範囲が
軽アイゼンで広がるなら購入を検討したいのですが、
どうも正しい使い方が想像できません。

トレッキングブーツでの雪渓歩きと、
アイゼン&ピッケルのアイスクライミングの間に、
軽アイゼンが必要とされる場面というのは
あるのでしょうか。

もしくは軽アイゼンが無いとこういう場面で危険だから
ぜひとも持つべきという初心者へのご注意があれば。

よろしくお願いします。

先日初めて雪渓の登山道を登ってきました。
アイゼンは用意していなかったのですが、
野営場の方にも問題ないと言われ、
実際、歩く上での問題は感じないで
楽しむことができました。

その際、登山道を歩いていて、前を歩いている方が
少しきつくなった傾斜で立ち往生しているのを見かけました。
2人とも6本爪と8本爪のアイゼンを付けていました。

その傾斜、私は普通に登れました。

そこで、今回の疑問が思い浮かんだのです。

土踏まずにあるあの爪を使おうとすると、
傾斜に対して平行に足を置こうとしてし...続きを読む

Aベストアンサー

 Jagar39です。

 質問者さんも、そしておそらく軽アイゼンを使っている多くの人達も勘違いをしていると思うのですが、アイゼン歩行の基本は「雪面に足をフラットに置く」ことです。これは相当な傾斜になっても、です。
 爪先を雪面に蹴りこんで登る、いわゆるキックステップは、アイゼン歩行の時にはやりません。アイゼンの前爪を積極的に使うのは、ほとんど「壁」と言えるほどの傾斜になってから、です。

 ですから、アイゼン歩行の基本を身につけた人にとっては、土踏まずに爪が付いているだけの軽アイゼンでも、X字型の4本爪軽アイゼンでも、履けば履いたなりの効果はあります。言い換えれば、軽アイゼンであってもその爪をきちんと効かせることができます。

 ツボ足の時は比較的緩やかな傾斜でもキックステップを使いますが、アイゼンを履いた時点で歩き方は大きく変えなければならない、というわけです。
 ちなみに一般ルートにはアイゼンの前爪を積極的に使わなければならない場面は皆無ですし、バリエーションルートや冬山ですら、そのような場面はごく一部です。普通の稜線縦走のような冬山では、アイゼンを着けて行動している時間の9割以上はフラットフッティング、すなわち雪面に足をフラットに置いて歩いています。
 前足を蹴りこめば、12本爪のアイゼンでもそのうち4本くらいしか雪面に効かせることができません。12本の爪のうち、前爪を除いた10本の爪全てを雪面に効かせた方が安全なのは明らかです。

 下りならなおさらです。
 アイゼンの踵には「後爪」はありませんから、ツボ足で下るときのようにキックステップをしても、ツボ足とたいして変わりません。爪2本が効いているかどうか、というとてころでしょ?
 下りの時はどんな傾斜でもフラットフッティングが基本です。それで下れないような傾斜は懸垂下降、ということになります。

 土踏まずだけの軽アイゼンが意味がない、というのは、それは「アイゼン装着時の歩行技術を知らないから」なんです。
 もっとも、それを身につけている人は、その程度の傾斜ではアイゼンが欲しいとは思わないので、やはりあまり意味がないのですが。アイゼンを着けて下り斜面でキックステップ(踵を蹴りこむ)している人は、実は滑落リスクはツボ足とほとんど変わっていないことを知らないだけです。
 でも、知らないことで、ツボ足なら恐怖にすくんでしまうような場面でも、アイゼンを着けているという「心理的な効果」だけで無事に下れているわけです。

 雪上歩行に馴れていると、アイゼンを装着するよりキックステップで登下降した方が早いし楽です。フラットフッティングってけっこう足の筋力を消耗しますから。

>雪渓では常に履いておくということになると、
>雪面が途切れ途切れになった一般道では、
>かなり頻繁に着けたり外したりを繰り返しますね…。

 ですから、そこは判断のしどころですね。
 窮地に追い込まれる前に着ければ良いわけですから。
 まあ、雪渓で最も難しいのは雪渓の切れ間ですから、場面によっては本当に頻繁に脱着を繰り返すことになるかもしれません。

>では、本当に無理だと
>思うところまで行くような実戦を
>何度もするということ、
>そのものに対するリスクについては、
>どう管理していけば良いと思いますか?

 それはやはり山岳会に入るのが一番早いと思います。
 ロープを使った確保技術も学べますし、何度も反復して訓練を受けることもできます。
 また、自分の限界を超えた領域もしょっちゅう経験できますし。やっぱ限界って超えてみないと判らないですから。

 雪上訓練は私も学生山岳部時代に何度もやりましたが(年に5回は)、いつも難しいと思っていたのは、雪上訓練って「滑落すればマジでヤバい」くらいの傾斜でやらないと意味が薄いんです。
 ツボ足での歩行技術(最終的にはこれが一番生きる機会が多い)にしろ、アイゼン装着での歩行技術にしろ、滑落停止にしろ確保技術にしろ、ある程度以上の傾斜になった途端に飛躍的に難しくなります。だから訓練もその傾斜でやらないと意味がないのですが、「マジでヤバい」場所での安全を確保しながら訓練をするのって、まあ普通は無理ってもんです。

>お話を総合すると、軽アイゼンの購入よりも、
>とにかく雪上歩行の訓練ということでしょうか。

 質問者さんが一般ルートしか登らなくて、その中で雪渓歩きなどに馴れていないので軽アイゼンを購入すべきか、と迷っておられるのでしたら、購入すれば良い、とアドバイスすると思います。
 しかし、「行動範囲を広げる」のが目的なのであれば、軽アイゼンの購入は無意味だと思います。
 きちんとした雪上歩行技術を身につけない状態で軽アイゼンを持ち、それで「行動範囲を広げる」のはたいへん危険なことですから。
 下りのキックステップのように、ちゃんとした歩行技術を身につけないまま軽アイゼンを導入しても、安全性はほとんど向上しません。一般ルートなら「安心」を装備すると思えば良いのですが、行動範囲が広がれば本当に危険性も増してくるので「気は心」では済まないところも出てきますから。

 訓練を受ければ(おそらくまともなアイゼンやピッケルを持っていることが受講の条件にはなるところが多いでしょうが)、多分「軽アイゼンを買おう」という気は消失していると思います。アイゼンが必要ならアイゼンを買えば良いじゃないか、ということですね。

 Jagar39です。

 質問者さんも、そしておそらく軽アイゼンを使っている多くの人達も勘違いをしていると思うのですが、アイゼン歩行の基本は「雪面に足をフラットに置く」ことです。これは相当な傾斜になっても、です。
 爪先を雪面に蹴りこんで登る、いわゆるキックステップは、アイゼン歩行の時にはやりません。アイゼンの前爪を積極的に使うのは、ほとんど「壁」と言えるほどの傾斜になってから、です。

 ですから、アイゼン歩行の基本を身につけた人にとっては、土踏まずに爪が付いているだけの軽アイゼ...続きを読む

Q剱岳、別山尾根からのルートにハーネス?

いつもお世話になっています。

さて、この週末に北アルプス剱岳に登ってきたのですが、ハーネスやヘルメットを
装備させているツアー団体が複数ありました。また、ユーチューブでもそのような
映像があるところをみると、結構このような装備は一般化しているようです。

わたしとしては、剱岳の一般コースでハーネスやヘルメットを装備させる理由がわ
かりません。あのようなところで鎖にカラビナをかけていこうとすれば、時間はか
なり余分にかかるため、後続のパーティがかなり待たされてしまいます(最盛期
にはカニのタテバイで1時間待ちと言うこともあったそうです)。

そもそも、ザイルで確保しなければならないような人は、剱のような山は登るべき
ではないと思います。
なぜ、このような「過保護」ともいうべき登山が増えたのでしょうか?

Aベストアンサー

いちばんの理由は剱が百名山だからだと思います

何の意味もない百名山をありがたがり登る人が増え
旅行業者も登山者が増えて大儲け

しかし事故は困るといったところでしょうか

登山者は安全はお金を出せば買えるのだと思っているようにも思えます
本来登山は自己責任であると思いますが
集団登山が安全であるように思っているのかも知れません

登山者は経験がなくとも団体なら難しい山に登れると思っているのかも知れません
(剱の一般コースは決して難しいコースではありませんが)

私も百名山で何度も渋滞に巻き込まれたことがあります
せめてひと団体10人くらいにできないものか
道を譲ると次から次へと人が現れ何分も待たなければならない
なんとかならんのかなーと思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報