修学旅行を題材にした児童書に心当たりはありませんか?
正統派の児童文学でもエンターテインメントでもなんでもかまいません。
自分が思いつくのは、はやみねかおるの『あやかし修学旅行』や
那須正幹の『夢のズッコケ修学旅行』くらいなのですが、
ほかにもありましたら是非教えていただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

有沢佳映『アナザー修学旅行』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062162903.h …
修学旅行には行きませんが。

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常6』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062693798.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、妖怪アパートにも修学旅行のエピソードがあるのですね。
ありがとうございます、確認してみます。

お礼日時:2011/04/12 07:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q修学旅行 金閣寺周辺 ランチ 中学生

修学旅行 金閣寺周辺 ランチ 中学生
あの、中学生の修学旅行で12月に京都に修学旅行があるのですが、自由行動の際に金閣寺から徒歩10分以内で、予約が要らず、すぐ食べられる(1時間程)、5名でも大丈夫、予算1500円以内でどこか、いいところはありますか?

Aベストアンサー

中学生が修学旅行で、どんなお店に行くのか好みがわからないのですが、
ファミレスみたいのでいいのですかね?

金閣寺前の木辻通を立命館方向に向かったところに、『くら寿司』。
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=3161635543109498472&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%B9&hl=ja&cd=1&ei=8h2vTJ-OLobYugOrhNyiCA&sll=35.034929,135.727673&sspn=0.002258,0.004093&brcurrent=3,0x6001a92b8e7f241d:0x190bbf3f83e70871,0&ie=UTF8&ll=35.036058,135.725623&spn=0,0&z=18

西大路を南へ向かうと、『ジョリーパスタ』
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=16247553952037921094&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%B9&hl=ja&cd=1&ei=Zx6vTLiwFZSuuwPCypjMCA&sll=35.035579,135.73213&sspn=0.002258,0.004093&brcurrent=3,0x6001078b3ee908db:0x3fd808eb95508453,0&ie=UTF8&ll=35.036629,135.730253&spn=0,0&z=18&iwloc=A

その隣に、『ビッグボーイ』
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=12356598793217988603&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%B9&hl=ja&cd=4&ei=Zx6vTLiwFZSuuwPCypjMCA&dtab=0&sll=35.035579,135.73213&sspn=0.002258,0.004093&brcurrent=3,0x6001078b3ee908db:0x3fd808eb95508453,0&ie=UTF8&ll=35.036682,135.730253&spn=0,0&z=18&iwloc=D

もうちょっと、南へ行くとマックもモスもあります。

北大路を東へ行くと、『フォルクス』
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=11657068401164417511&q=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9&hl=ja&cd=1&ei=sB-vTL7KIY7-uQPU0ejGCA&sll=35.040863,135.73647&sspn=0.001129,0.002047&brcurrent=3,0x600107f5a287a21b:0xdbce345223324046,0&ie=UTF8&ll=35.041427,135.735446&spn=0,0&z=19

このあたりが10分圏内だとおもいますが。

中学生が修学旅行で、どんなお店に行くのか好みがわからないのですが、
ファミレスみたいのでいいのですかね?

金閣寺前の木辻通を立命館方向に向かったところに、『くら寿司』。
http://maps.google.co.jp/maps/place?cid=3161635543109498472&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%82%B9&hl=ja&cd=1&ei=8h2vTJ-OLobYugOrhNyiCA&sll=35.034929,135.727673&sspn=0.002258,0.004093&brcurrent=3,0x6001a92b8e7f241d:0x190bbf3f83e70871,0&ie=UTF8&ll=35.036058,135.725623&spn=0,0&z=18

西大路を南へ向かう...続きを読む

Qロシア児童文学

ロシアの代表的な児童文学作品はなんなのでしょうか?
ロシア人の子供ならみんな知ってる的なものはあるのでしょうか?
ロシアに詳しい方・児童文学に詳しい方教えてください(汗

Aベストアンサー

誰でも知っていると言えば、「おおきなかぶ」ですね。
福音館から出ている絵本は誰でも一度は手に取っていると思います。

また、「てぶくろ」も有名ですね。ラチョフの作品は全体的に有名なのではと思います。
てぶくろ(家)の中にかえる・ねずみ・うさぎ・・・どんどん大きな動物が入ってくるあの話です。

トルストイの「イワンのばか」のお話は誰でも知っているのではないでしょうか?

他には、鶏の脚の上に立っている家に住んで知るロシアの魔女「ババヤガー」の話も知っている子は多いと思います。

「魔法の馬」岩波書店も有名だと思います。・・・小学校高学年くらいの人向けかなと思います。ワクワクするようなストーリーです。

昔話を含めてロシアの児童書を読んでいると、ヨーロッパの国なのだと感じさせられる、ドイツやフランスのお話と同じようなものがたくさんあります。地続きということなんですね。

Q中学2年です。今僕は不登校です。でも、11月に修学旅行があって、行こうか迷ってます。でも、学校

中学2年です。
今僕は不登校です。でも、11月に修学旅行があって、
行こうか迷ってます。
でも、学校にもいってないのに、なんで修学旅行だけ来るんだとか、皆に
言われそうで怖いんです。
でも、修学旅行は行かないとっては思ってるんですけど、上の理由で迷ってます。
とうしたらいいですか?

Aベストアンサー

確かに修学旅行だけ、と思われても辛いですよね。
なので明日から、登校してみませんか…

不登校になった理由は分かりませんが、まだ10月のうちから登校できれば楽な気持ちで旅行に行けると思いますよ。

Q忍者の児童文学のタイトル

自分が小学生だったころ、なので10年くらい前ですが、学校の図書館に忍者の児童文学が置いてありました。シリーズ物で10冊位あったと思いますが、いまいちタイトルが思い出せません。結構忍術とかたくさん出てた気がするし、なかなか人気で結構貸し出し中でした。かなり面白かったです。挿絵はかわいらしい感じで、いまいち思い出せる情報が少ないのですが、分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検索しただけですが,「あかね書房」から出ている「なん者ひなた丸」のシリーズ(15冊?)はどうでしょうか?

 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/bwtsea.cgi?STRCT=1&FLG=&REV-COD=JB60%2FJ65

 「10年くらい前」,「忍者の児童文学」,「シリーズ物で10冊位」,「結構忍術とかたくさん出てた気がする」,「挿絵はかわいらしい感じ」と結構該当する様な気がしますが・・・

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/bwtsea.cgi?STRCT=1&FLG=&REV-COD=JB60%2FJ65

Q中学生の修学旅行バッグ

こんにちは。現小6の娘がおります。
今月、1泊2日の修学旅行があり着替え等を入れる
バッグで悩んでいます。
今のところ、手持ちのボストンバックを使おうかと
思っているのですが、若干小さそうなんです。
どうせ、新しいのを買うのなら、中学生になっても
使えるのにしたいのです。
中学生でも修学旅行はナイロンのボストンバックを
使いますか?(もちろん地域や年代で流行りとかは
あるのでしょうが。)
娘が通う事になる中学校の修学旅行は2泊3日です。

Aベストアンサー

大きめのエナメルバック
イメージは、野球部
エナメルなので雨にあっても困らない
部活が運動部になったとき使える
悪い点
使わないときしまうのが大変
でかすぎる
布のスポーツバック
使わないときしまうのが楽
細長い
悪い点
整理が効かない
身体の事を考えたらリュックもアリです
ノースフェイス
ヘリーハンセン
等々
25L~30Lくらい
リュックの利点は、両肩で背負うので方の負担がない
ポケットが魅力
使わないときしまうのが楽

悪い点
リュックの人は、いないかもしれない
でもリュックは、意外と助けられたりするかも

マチのあるスポーツバック
大きめのエナメルバック
25L~30Lのリュック

やめた方がいいのは、布のスポーツバックや大きめのトートバッグですね
手では、持たない
斜め掛けか両肩に掛けるのがいい

Q大人も楽しめる児童文学のおすすめ

タイトルそのままなのですが、新刊で手に入るものだと有り難いです(絵本除く)
古いものから、最近のものまで、時代は問いません。
とりあえず、子供の頃に読まなかった少年探偵団シリーズを2冊ぐらい買ってみて、積ん読にしてあります。
ダークな話より、明るくて心温まる話がいいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

梨木香歩 「西の魔女が死んだ」「裏庭」

両作品とも新潮文庫で入手可能です。ファンタジー系ですが、謎をはらんだ展開が続くのでミステリー好きの人にも合うと思います。内容は「西の魔女」の方がわかりやすい。「裏庭」はミヒャエル・エンデの小説に近く、児童文学の形態を取っているが奥が深い。いずれも、教科書的な押しつけがましさは全く無いのに、人が精神的に成長するとはどういうことなのかを考えさせられる物語になってます。

「西の魔女が死んだ」
http://bookmeter.com/b/4101253323

「裏庭」
http://bookmeter.com/b/4101253315

Q中学の修学旅行などの行事って保護者の承諾も必要だけれど

中学の修学旅行などの行事って保護者の承諾も必要だけれど
その生徒の同意や承諾も必要ですよね?
(あまり行きたくないので・・・・)

Aベストアンサー

中学の修学旅行ですか。私も行きたくありませんでした。本当に苦痛でした。
友達もいなかったし、私がいるとグループがシーンとしてしまったり、明らかに仲間はずれになっている状態だったからです。

しかし、「行きたくない」という明確な意思表示もできず、結局、苦痛の4日間を過ごすことになりました。あまり思い出もありません。

ただ、大人になって考えてみれば、あの苦痛の数日間もある意味、無意味の時間ではなかったと感じます。なぜなら、一緒にいたくない人と数日間過ごさなければならない状況は、働いたらいくらでも出てくるからです。修学旅行は「一緒にいたくない人と」いたわけではありませんが、自分の居場所がないところにひっそりと自分がいなければならなかったのは事実です。大人の事情で言う「つきあい」みたいなものですかね。大人になって初めてそういう状況に出くわして、今回の修学旅行のように「行きたくない」と意思表示すると、「わがまま」とか「社会性がない」と評価されます。若いときにそういう経験をしていれば、「こういうこともあるんだな」という気持ちひとつで収めることができます。若いときにある程度のつらい経験は必要なのです。

だから、親御さんが承諾するなら、いろんな意味で行かなければなりません。

もしも、行きたくない理由が「面倒くさい」ということなら、論外です。
授業の一環なのですから間違いなく行かなければなりません。

中学の修学旅行ですか。私も行きたくありませんでした。本当に苦痛でした。
友達もいなかったし、私がいるとグループがシーンとしてしまったり、明らかに仲間はずれになっている状態だったからです。

しかし、「行きたくない」という明確な意思表示もできず、結局、苦痛の4日間を過ごすことになりました。あまり思い出もありません。

ただ、大人になって考えてみれば、あの苦痛の数日間もある意味、無意味の時間ではなかったと感じます。なぜなら、一緒にいたくない人と数日間過ごさなければならない状況は、働...続きを読む

Q児童文学を探しています。

幼稚園に入る前ころに読んでいた児童文学の名前を知りたく、質問させていただきます。
記憶に残っている特徴を下記いたしますので、お心当たりのある方、回答をお寄せ下されば幸せです。

「大まかな時期と本の装丁」
・たしかわたしの十歳年上の姉が生まれたころ(1970年頃?)に、親戚がわが家に寄贈した、児童文学集のなかの一冊でした。他にどのような話があったかは忘れてしまいましたが、このシリーズの物語二十冊くらいは本棚にあったように記憶します。外国が舞台のものもあれば日本の昔話のようなものも入っていたはずです。(この段、かなり記憶が怪しいので、過度に参考になさらない様)
・絵本ではなくいわゆる児童文学です。絵は時々一ページを使って白黒の挿絵が刷られてある程度。装丁はソフトカバーの本で、表紙は表にバタ臭いイラストが描かれてあり、裏表紙はオレンジ色が基調で、白とチェックになっているような模様(その集のどの本もそのレイアウトだったはずです)。この模様についてははっきりと覚えております。

「話の内容」
 ページ数は100ページ以上はあったはずです。150~200ページくらいだったのでしょうか(まったく自信がありませんが、大まかな目安として一応書きました)。
 作者は外国人だったように思います(その場合物語の筋からして、アメリカ人の可能性がきわめて高いように思います)。少なくとも話の登場人物は外国人。
 ある日、主人公の寝台の下(?)に怪獣が現れる。それがどうしてだったかは分かりませんが。人に危害を与えるような怪獣ではありません。名前は「ブクブク」だか「モグモグ」だか、そんなんだったはずなのですが、ひょっとしたら全然ちがうかもしれません。
 怪獣はのろまで、ちょっと醜いような風体をしている。よくいえばムーミンのような印象で、悪く言えばカバみたいな感じでしょうか。イラストでは怪獣は二足歩行のワニか、人間と同じくらいの背丈の恐竜のように描かれていたはずです(表紙のイラストでは緑色の身体の色だったような)。
 怪獣は、語尾にいつも「~だわさ」とつけるような、変なしゃべり方をしていました。
 どんな理由でだったか、主人公である少年(小学生くらいだったのかなぁ。内気な子ではなく活発な男の子だったと思います)は、その怪獣とともに世界中のあらゆる場所へ冒険に繰り出す、という筋立てです。
 道中仲間が増えたりするようなことはなく、基本的な登場人物は主人公と怪獣の二人だったように記憶しています。確実に覚えているのは西部に繰り出した主人公と怪獣が、ともにカウボーイハットを被っている挿絵。それと最後のほうでは宇宙空間にまで繰り出していた。砂漠に行ったり船に乗ったりもしていたかもしれませんが、とにかく一章ごと、色んな場所に冒険に繰り出す、という筋立てでした。結末は覚えておりません。怪獣と少年が別れて終わるのだったか、それとも家に帰って終わるのだったか…。子供の読むものですがあまり教条的な色彩はない話です。

幼稚園に入る前ころに読んでいた児童文学の名前を知りたく、質問させていただきます。
記憶に残っている特徴を下記いたしますので、お心当たりのある方、回答をお寄せ下されば幸せです。

「大まかな時期と本の装丁」
・たしかわたしの十歳年上の姉が生まれたころ(1970年頃?)に、親戚がわが家に寄贈した、児童文学集のなかの一冊でした。他にどのような話があったかは忘れてしまいましたが、このシリーズの物語二十冊くらいは本棚にあったように記憶します。外国が舞台のものもあれば日本の昔話のようなものも...続きを読む

Aベストアンサー

「サムくんとかいぶつ」
/ マンロ-・リ-フ∥作
1968
学習研究社, 新しい世界の童話シリ-ズ ; 30
176p ; 22cm

http://niwatoribunko.ocnk.net/product/169

愉快な怪物ニョゴニョゴとありました。

Q中学3年です。 修学旅行の前日に体育館で結団式が行われます。僕は修学旅行の実行委員なので決意表明をし

中学3年です。
修学旅行の前日に体育館で結団式が行われます。僕は修学旅行の実行委員なので決意表明をしなければなりません。(1人だけで)
どういうことを言えばよいかがわからないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9275973.html

Q昔読んだ少女向け児童文学のタイトル

小学校高学年の頃読んだ少女向け児童文学のタイトルが知りたいです。

主人公は小学校高学年か中学生の女の子。

お母さん(有名な料理研究家?)とお姉ちゃんはお菓子を作るのがとても上手なんだけれど、その子は下手で、学校のお菓子クラブに入ってるんだけど、その下手さを必死で隠してて、周囲にばれないように自分はほとんど作らないようにしている。

おぼえているエピソードはこんな感じ↓です。

クラブで焼きりんご?を作る時に、主人公の女の子がアルミホイルをりんごの形にしたりして、ラッピングの上手さで料理下手をごまかすシーンがあった。

好きな男の子に泣く泣く失敗した焼き菓子をあげる。お菓子自体は美味しくないんだけど、その男の子は優しくてけっこう喜ぶ。その子のお母さんが洋酒につけて寝かせれば美味しく食べられるんじゃない、みたいなことを言う。

最後はハッピーエンドだったと思います。

どなたかご存じの方はおしえてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ご質問の「焼きりんご」のエピソードで、あれ?と思い、古~い記憶をたどってみた結果、
お尋ねの作品は、

 『恋曜日』(花井愛子/著 講談社X文庫ティーンズハート)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%97%F6%97%6A%93%FA
ではないかなぁ、と。
なにぶん古すぎる記憶なので、もしかすると、同作者の別作品の可能性もあるのですが…。
(1987年刊行の本で、中古でしか入手できない状態なので、表紙画像のあるページが添付できませんでした。「花井愛子 恋曜日」で、Googleの画像検索をかけてもらえば表紙画像が見られます。よろしければ確認してみてください。)


お探しの作品に出会えるといいですね。
参考になればと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報