登場人物が母子家庭だったり、母子家庭そのものをテーマにした映画はないでしょうか。

今のところ「オール・アバウト・ア・ボーイ」は見ました。もっと色々見てみたいです。
オススメの作品を是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

再び(^^)。



ニール・サイモンで検索していただくと色々ヒットしますが、私の好きな物を・・・。

『おかしな二人』・・・妻に離婚された中年男と、彼を慰めるポーカー仲間達の軽いタッチのコメディ

『裸足で散歩』・・・自由奔放な妻と堅物の夫の離婚騒動が周りの人を巻き込んで・・・。

『昔みたい』・・・幸せな結婚生活を送る女性弁護士に、依頼に来たのは前の夫だった。ゴールディ・ホーンがとにかくキュートです!

あらすじだけ書くとなんだか陳腐に見えますが、どれもおしゃれで楽しめますし、見終わった後も気分が良い素敵な映画です♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれも面白そうですね。ありがとうございます。
またまた素敵な作品に出会えそうでワクワクしています。

それから、この場をお借りして・・皆さん、沢山ありがとうございます。
全ての作品は手帖にメモしました。
一気には無理だけど、一つ一つ捜して観てみます。

それからポイントについて、皆さんに20をつけたいのですが、システム上無理だということですので、ポイントの発行は作品の数で・・。本当にごめんなさい。

だけど気持ちとしては皆様全員20Pです。

お礼日時:2003/10/11 03:22

「きれいなおかあさん」


以前からコン・リーの出演する映画は大好きなのですが、コン・リーがこの映画に対するメッセージとして語った
「子供にとって母親はいつも世界で一番美しく、輝く存在なのです。」という言葉が、母子の永遠の真実なのでは?と思いました。下記リンクにあらすじがあります。

参考URL:http://www.movietv.co.jp/product/kirei.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅くなってしまってごめんなさい。

その映画もとても見たくなりました。捜してみます。

お礼日時:2003/10/11 03:16

ジュリア・ロバーツ主演の「グッドナイトムーン」はどうでしょう。


弁護士役のエド・ハリスと同居を始めたジュリアと彼の前妻や2人の子供たちとのお話です。
スーザン・サランドンが前妻を演じていてて、この母親と子供たちの絆にじーんときますよ。
http://www.spe.co.jp/movie/stepmom/

「あの頃ペニー・レインと 」もお薦めです。
厳格で厳しい母親の元で育った少年がロックミュージックに目覚めてライターになるお話です。どんどん成長していく少年も見所ですが、何よりペニー・レイン役のケイト・ハドソンが信じられないくらいかわいいです。
http://www.spe.co.jp/movie/almostfamous/

参考URL:http://www.spe.co.jp/movie/stepmom/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グッド・・は監督が好きなので見たのですが、辛いですね・・・。スーザン・サランドンの気持ちがひしひしと伝わって泣いてしまいました。。

ペニー・・は未見です。これも是非見ます。

お礼日時:2003/10/11 03:18

 スティーブン・ソダーバーグ監督の「エリン・ブロコビッチ」。

ジュリア・ロバーツがシングルマザーを演じている、実話をもとにした作品です。主人公は派手めで強引な所がありますが(^^;)、そこが作品の良さを引き立てていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。シングルマザーだったんですね。確か史上最大の慰謝料だか何だかを勝ち取るというストーリーですよね。見てみます。
(ご紹介いただいた作品はメモしています。)

お礼日時:2003/10/05 00:30

ちょっと古いですが、リチャード・ドレイファスとマーシャ・メイスン主演の『グッバイ・ガール』はいかがでしょう。



年齢的に盛りを過ぎた、ブロードウェイのダンサーの母とおしゃまな娘のお話なんですが、母親はいつも男に「goodbye,girl」と言っては振られている女性なんですね。いつもの通り振られた彼女のアパートに、リチャード・ドレイファスが転がり込んできて・・・。

子供が出てくる映画って、けっこう子役のなまいきさが鼻についたりするんですが、この映画の女の子はこまっしゃくれてるくせに、そういういやらしさがまったく感じられないところが良いです。
脚本の良さをしみじみ感じます。(だってニール・サイモンだもん!)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これも面白そうですね。
リチャード・ドレイファスもいい役者さんですよね。

あと、二ール・サイモンさんの脚本作品、他にはどんな物がありますか?脚本がいいというのも興味を惹かれました。

お礼日時:2003/10/05 00:32

こんにちわ。


★かなり重いですが・・。
「愛を乞う人」('98東宝)はどうでしょう。
当時話題になったから(日本アカデミー賞・文部省推薦)観てあるかも?
映画館で泣きまくりました。
幼年期から少女時代、母親に虐待を受けてきた主人公。(かなりすごい描写です)
現在、自分が母となり、娘と共にお父さんの遺骨を探す
旅をしていくなかで・・っという話ですが。
過去も現在も母子家庭です。

★#1のdiseaseさんが挙げてある「ステラ」も号泣歴ありです。オススメ!
★ディカプリオの「マイ・ルーム」('96米)も母子家庭の母息子と、家族の絆がテーマでした。
生意気ディカプリオがとてもGOOD・・って趣旨が違・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

泣ける系なんですね。見つけたらハンカチ用意して見てみます。「愛を乞う人」。あらすじを読んだだけで切なくなりました。「ステラ」も絶対見ます。

お礼日時:2003/10/05 00:34

「母の眠り」はかなり感動ものです。


母子家庭とはちょっと違うかもしれませんが、
母親が娘を愛してやまないというのが感じられます。

内容は、専業主婦として生きた病身の母親と、彼女を看病するために帰省したキャリア・ウーマンの娘の姿を描いたヒューマン・ドラマというものです。

出演はメリル・ストリープ、レニーゼルヴィガーなど
もう涙ぼろぼろですよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メリル・ストリープ好きです。これも是非見たいです。こちらもハンカチ用意しよう。。(なんか妊娠以来涙もろいのです。)ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/05 00:36

「たんぽぽ」


舞台となるラーメン屋は母子家庭です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらはかなり昔テレビでなんとなく見た気が。。
なんとなく・・というのがとても悔やんでしまいました。また見てみます。ありがとうございます。

お礼日時:2003/10/05 00:38

「依頼人」 グリシャムが原作の映画ですね。

母子家庭の少年がなけなしの1ドルで弁護士を雇うところから、話がスタートします。

「アトランティスの心」 スティ-ブン・キングが原作の映画です。主人公の少年のすぐ上に、一人の老人が引っ越してくるところから話が始まり、この二人の心の交流がテーマです。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アトランティスのこころ、感動しました。
お母さんの気持ちもやっぱり同感する部分もありました。仕事をあそこまで頑張ってたのも息子を育てる為ですよね。きっと・・。

「依頼人」はまだ未見です。捜してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/03 13:39

「ペイ・フォワード」はどうでしょう。


この映画の紹介では「本当の親切とは」というテーマが強調されていますが、実は主人公はあまり幸せではありません。
母親はアル中で、子どもに手をあげることあります。
そんな主人公だから、「本当の親切とは」「本当の幸せとは」というのを真摯に考えているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これも良かったですね。お母さんとおばあちゃんとの和解の場面にはジーンときました。
ありがとうございます。また観たくなりました。

お礼日時:2003/10/03 13:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Qアバウト・ア・ボーイに出てきたフランケンシュタイン

ヒュー・グラントの映画「アバウト・ア・ボーイ」の終わり近くで、「フランケンシュタイン」をビデオで見ている場面が出てきますが、このフランケンシュタインについて、制作年、出演者などがわかれば教えて下さい。フランケンシュタインがタバコを吸っているシーンが手がかりになるかと思いますが、探してもわかりませんでした。

Aベストアンサー

僕も映画を見ましたが、そのシーンについては思い出せません。
で、『アバウト・ア・ボーイ』でフィーチャーされた作品を調べてみましたが、
フランケンシュタインは二つありました。

Bride of Frankenstein (1935)
Young Frankenstein (1974)

前者はモノクロ、後者はカラーなので、それで絞り込めるかと思います。

参考URL:http://us.imdb.com/Mlinks?0276751

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Qア・レーズン・イン・ザ・サン a raisin in the sun について

今、大学の講義でロレイン・ハンズベリーの「レーズン・イン・ザ・サン」、「a raisin in the sun」という作品を原書のまま扱っているのですが、英語が古く、口語的で何が書いてあるのかさっぱりわかりません。この作品についてわかりやすい解説や解析、評価、あらすじの紹介を行っているサイトをご存じないですか?また見たことのある方はその話について何か教えていただけませんか?お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 掲載からひと月の間に回答が無いため、間も無く自動的に質問が削除される寸前ですが、判ったことだけ記しておきます。

 とにかくこの本(戯曲)は翻訳されたことがありません。映画版もアメリカでは制作されましたが、日本には輸入されませんでした。
http://us.imdb.com/find?q=A%20RAISIN%20IN%20THE%20SUN;tt=on
 1961年の映画版以後にTV映画として2度制作されています。このうちの88年版は日本でもビデオ発売のみされています。品揃えの良いレンタル店ならまだ見つかるかもしれません。題名は『黒い一粒のプライド』になっています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6660
 どのような形であるにしても日本語に訳されたのはこれのみのようです。原作、映像化を含めて、簡略な紹介ページもほとんど存在していないようです。物語を知るという意味で多少は役に立つかもしれません。

 オークションには10、11月と出ていたのですが、この前もあとも全く出品がありません。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n20930061
http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s22547391
 東京ならば「アルカディア江古田店」というところが在庫も豊富で、照会にもすぐに答えてくれます。店のページが掲示板しか存在しないため、ここでは紹介できません(削除されます)が、店名で検索すればすぐに業務連絡用の掲示板が見つかります。
 そろそろ大学での授業も終わりでしょうか。間に合って役に立てばよいのですが。

 こんにちは。
 掲載からひと月の間に回答が無いため、間も無く自動的に質問が削除される寸前ですが、判ったことだけ記しておきます。

 とにかくこの本(戯曲)は翻訳されたことがありません。映画版もアメリカでは制作されましたが、日本には輸入されませんでした。
http://us.imdb.com/find?q=A%20RAISIN%20IN%20THE%20SUN;tt=on
 1961年の映画版以後にTV映画として2度制作されています。このうちの88年版は日本でもビデオ発売のみされています。品揃えの良いレンタル店ならまだ見つかるかもしれませ...続きを読む

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q『リトル・チルドレン』の劇場予告編で「ダニー・ボーイ」を歌っている女性歌手は?

現在公開中の、ケイト・ウィンスレット主演、トッド・フィールド監督の映画『リトル・チルドレン』の劇場予告編で流れている「ダニー・ボーイ」を歌っている女性歌手は誰でしょうか?

Aベストアンサー

宮原 彩さんという方でしょうか?

以下のURLのTOPICの中に、記載されている内容から
この方が歌われているのかな?という気がしました。

参考になればいいのですが・・・・

参考URL:http://www.d-ios.com/index.html

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Qサウンドオブミュージックの登場人物について教えてください

サウンドオブミュージックの登場人物が多くて分かりにくいです。
詳しい方教えてください。家政婦さんの名前も教えてください

Aベストアンサー

主な登場人物は、こんなところだと思います。
マリア:修道女見習いでトラップ家の家庭教師になる(ジュリー・アンドリュース)
トラップ大佐:トラップ家の主(クリストファー・プラマー)
マックス・デトワイラー:トラップ大佐の友人(リチャード・ヘイドン)
エルザ男爵夫人:トラップ大佐の婚約者(エリノア・パーカー)
リーズル:トラップ家長女(チャーミアン・カー)
フリードリッヒ:トラップ家長男(ニコラス・ハモンド)
ルイーザ:トラップ家次女(ヘザー・メンジース)
クルト:トラップ家次男(デュエン・チェイス)
ブリギッタ:トラップ家三女(アンジェラ・カートライト)
マルタ:トラップ家四女(デビー・ターナー)
グレーテル:トラップ家五女(キム・カラス)
ロルフ:電報配達で、リーズルの恋人(ダニエル・トゥルーヒット)

Q映画の思い出、映画館の思い出・・

好きな映画、子供の頃に観た映画、タイトルが思い出せない映画、
観たかったけど観られなかった映画、はじめてデートで観た映画、
レンタルで観た映画、映画館であったこと・・。
映画にまつわるお話はありますか?
出来れば楽しいお話で。
良かったら教えてください。

(文章が下手なので、短く拙いお礼しか出来ませんが思いますが、
「それでもいいよ~と」思われたら、回答お願いします。)

Aベストアンサー

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビクビクもので父親に連れられて行ったんです。父は盛んに「怪獣なんて飛び出して来ないから」と言うんですが、私はもうドキドキ。で、映画館に着きました。ところがですね、ここでまた問題が起きたんです。後から考えたら問題だったんですが。普通、映画を観に行く時って上映開始時間に合わせて行くものですよね?ところが父はそんな事お構いなし。映画の上映途中で映画館に入ったものだから、既に映画は始まっていたんですね。だから途中から観たんです。途中で観たもんだから私はチンプンカンプン。丁度あれは、コングがタンカーで運ばれるところからでした。で、コングが撃たれて死んでしまうまで、つまりラストシーンまで観たは良いんですが、肝心の話の初めが解らない。で、もう一回最初から見直したんです。当時は切符1枚で何回も観れましたから。飛び出して来ないと解り、私はもう夢中になって観てたんですが、父は横でグゥーグゥー。そして最初に入った時に観たシーンに入ったんですが、普通は最後まで観るでしょう。せっかく1枚の切符で観放題なんですから。ところが父は「さぁ、こっからは最初の続きだから帰るか」。子供心に「あらららら・・・」。子供だから筋なんてどうでも良い。ただ怪獣が好きだったので、コングが観れれば良かったんですが、何となぁく変な気がしました。何だか今から考えると愉快な思い出です。

ありゃ忘れもしない、私が小学生の時ですよ。「キング・コング」がリメイクされて上映となった時に少年誌で盛んに書きたててるものだから、私が「観たい観たい」と親にせがんだんですね。そしたら父さんが切符を買ってきてくれたんです。前売り券ってやつですか。嬉しかったですねぇ。ところがどっこい、うちの兄貴が意地悪で私にこう言ったものです。「キングコングが映画から出てくるんだぞ~」って。脅かすんですよ。映画なんて物心付いてから「東映マンガまつり」だけでしたから観たのは。そんな訳で内心ビク...続きを読む

Q映画「サムシング トゥ シャウト アバウト」が見たいのですが!

「ユード・ビ・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」・・・・コールポーター作曲のこの曲が主題歌の映画「Something To Shout About」?が見たくて捜しています。どなたか情報を下さい!ビデオ等で販売されているのでしょうか?見ることが出来るのでしょうか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『Something To Shout About』1943年米Columbiaが製作したミュージカル作品ですが、日本公開されておらず、国内でビデオ等の発売もされてません。現行ではアメリカ、イギリス、ドイツでもビデオが出ていません(参考URLをご覧ください)。作品中では、主演のドン・アメチーとジャネット・ブレアーがこの曲を歌ってます。参考URLを見るとデビュー当時のシド・チャリシーも出ているのですね。

監督のグレゴリー・ラトフはロシア出身の俳優で、監督作も多いですが、日本で公開された監督作品は、「陽はまた昇る」('57)、「女の戦い」('45)、「コルシカの兄弟」('41)等があります。

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0036375


人気Q&Aランキング

おすすめ情報