ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

1、ガンアクションのリアルな映画を探しています
 「コラテラル」のような抜き撃ち(モザンビーグドリル 胸に二発、頭に一発)
 「SWAT」のような役者が訓練を受けたもの

2、現代戦を描いた戦争映画を探しています
 「ブラックホークダウン」「ティアーズオブザサン」のように、正しい軍事考証
 武器の効果的な運用(シュワちゃんやランボーの様に、やたらと乱射しない) 

3、技術のある綺麗な格闘戦のある映画を探しています
 セガールのような、単なる殴り合いではなく、達人の技を見られるシーン


以上、3種類の映画を教えてほしいです
ストーリーはあまり重視しません。んん?、となるような映画でも結構です
お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ガンアクションのリアルな映画


  「暗殺者」 プロ仕様の消音拳銃なので、スライドがカチャカチャと後退する以外、銃声がしない。
  「ヒート」の銃撃戦
  「タクシードライバー」 全弾撃ち尽くしたら、スリーブガン(仕込み銃)を取り出して撃つ。
  「ダーティハリー」 常に何発撃ったかを意識している
  「レオン」 一撃必殺
> 「SWAT」のような役者が訓練を受けたもの
  『ザ・ロック』のシールズとか『ターミネーター2』のスワットとか
  だいたい、特殊部隊が出てくる映画はアドバイザーとして役者の中に本物が混じっていることが多いです。

>現代戦を描いた戦争映画
 「山猫は眠らない」のシリーズ二作目以降。ワンショット・ワンキル、無駄弾は撃たない。

>技術のある綺麗な格闘戦のある映画を探しています
あんまり、格闘技には詳しくないですが、トレーニングしてるというものを

マトリックス
燃えよドラゴン
バリスティック ルーシー・リューは格闘シーンでタイの棒術をマスターしたとか
SP(エスピー) 岡田准一はフィリピン武術「カリ」とジークンドーをマスターしたとか
    • good
    • 0

天才スナイパー同士の対決がスリリングな「スターリングラード」がお奨めです。


ジュード・ロウとエド・ハリスの最後の対決はハラハラします。

特に映画の前半でジュード・ロウが何人もの敵をものの数秒でやっつけるシーンが
この映画を引き立てており最後まで見入ってしまします。

敵役のエド・ハリスもかっこいいので是非見てください。
    • good
    • 0

2.現代戦からはちょっと外れますが、「プライベートライアン」はご覧になりましたか?


最初のノルマンディー上陸シーンなど、弾のほうが(音より)先に飛んできます。あれには感動しましたね、本物も音速近く・または音速を超えるはずですから。
後半で出てくるドイツ軍キャタピラー付きバイク(正式名は失念です)や20mm機関砲なども結構リアルだったと思います。
1本だけですが、ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銃で人がすぐ死ぬ理由とは

ちょっとえぐい質問です

銃で胸を一発撃たれた人がすぐ活動を停止する映像が映画などでよくありますが、2cm足らずの穴が一個あいただけです
ナイフで10か所刺されて生きている人もいます(箇所にもよるでしょうが)

弾の回転で破壊力が増していると聞いたことがありますが、例え臓器を一つ破壊されてもすぐ死に至る理由が分かりません
一番重要そうな心臓が壊れても、血液を送る機能が無くなっただけなので脳は今ある血液の酸素やエネルギーを消費しきるまで平気じゃないでしょうか

映画で体を一発撃たれた脇役がすぐ死んでいきますが、本来なら死ぬ前に全員数発反撃できるんじゃないかと

あと、撃たれた人が急に立てなくなって這ったりしますがあれも不思議ですね
トカゲなんて尻尾(体の1/3程度)失っても元気に走っています
何で体を撃たれたら手足の機能が即ほぼ停止するんでしょう
這うにもかなりエネルギーが必要だから、実際は歩けるのではないでしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。

>何で体を撃たれたら手足の機能が即ほぼ停止するんでしょう

これは脊髄の「屈曲反射」だと思います。
障害刺激に対し脊髄反射として発生する屈筋の収縮は全ての行動に優先しますので、随意運動はその場でキャンセルされます。
ですから、良く時代劇の果し合いなどで先にひと太刀を浴びせるならば相手の動きが止まってしまうというのは十分にあり得ることです。但し、筋肉は収縮しますが、刀を振り下ろそうとした相手の勢いまでが止まってしまうということはありませんから、この場合はちゃんと避けなければ相打ちになってしまいます。このため、剣道では一本を取るだけではなく、相手の太刀に当たらないというのが心得となっています。

このように、一瞬のうちに運動機能が停止してしまうのは脊髄反射によるものか「意識不明」のどちらかです。では、幾ら拳銃の弾が痛いからといって撃たれた瞬間にショック死してしまうということではほとんどないです。
この場合「ショック死」といいますのは別に撃たれたショックによって死んでしまうということではなく、本来「失血性のショック死」とは臓器損傷に伴う「急激な末梢循環不全」のことをいいます。ですから、処置が行なわれなければ傷害の発生時からその後数時間ぐらいで死に至ります。このため、戦場で命を落としたひとは、ほとんどがみな「失血性のショック死」ということになります。

こんにちは。

>何で体を撃たれたら手足の機能が即ほぼ停止するんでしょう

これは脊髄の「屈曲反射」だと思います。
障害刺激に対し脊髄反射として発生する屈筋の収縮は全ての行動に優先しますので、随意運動はその場でキャンセルされます。
ですから、良く時代劇の果し合いなどで先にひと太刀を浴びせるならば相手の動きが止まってしまうというのは十分にあり得ることです。但し、筋肉は収縮しますが、刀を振り下ろそうとした相手の勢いまでが止まってしまうということはありませんから、この場合はちゃ...続きを読む


人気Q&Aランキング