「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の、T・レックスがサンディエゴの街でゴジラ化して大暴れするシーン。

あそこで逃げるヒトタチの中に、数名のスーツ姿の日本人がいるのですが、そのときなにやら日本語(多分)でわめいているそのセリフ、なんて言ってるのでしょう?ワタシは何度聞いても、語尾しか聞き取れません…。

聞き取ることの出来た方(推測でも可)、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DVDの日本語字幕は表示されませんが、英語字幕だと「What is Godzilla doing in America? He's supposed to be in Tokyo!」と表示されていました。


実際のセリフとは異なるように聞こえますが、訳すと「なぜゴジラがアメリカにる? 奴は東京にいるはずだ!」と言っているようです。
「「ロスト・ワールド」の日本人」の回答画像2
    • good
    • 0

「わざわざ日本からきたのに、なんでこんな目にあうんだ」


みたいなことを言っていたと思いますが…。

アメリカで購入したビデオは、この部分のセリフが結構聞き
取りやすかったと記憶しています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジュラシック・パークIIIでは・・・

「スピノサウルス・エジプティアクス」と言っていました。
Wikiでは
「スピノサウルス・アエギュプティアクス」
「スピノサウルス・マロカンヌス」などがありました。
何故名前が3つもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

スピノサウルス・エジプティアクス=スピノサウルス・アエギュプティアクスです。発音が違うだけです。エジプトで化石が発見された種です。かなり巨大な固体の化石が発見されています。化石として発見された固体は肉食恐竜としてはティラノサウルスを凌ぐほどの体長ですが、非常に華奢でワニのようなホッソリとした体つきであったと考えられます。映画にでてきた固体のようにガッシリはしていません。

マロカンヌスは上記とは違う種類です。犬や猫にも地域によって種類があるように若干違います。

Q【映画】ジュラシックパーク4のジュラシックワールドが4DXで公開されるらしいですが、4DXってなんで

【映画】ジュラシックパーク4のジュラシックワールドが4DXで公開されるらしいですが、4DXってなんですか?デラックス?それとも4D+αで何かあるってことですか?

4DのXって何か教えてください。

Aベストアンサー

こういうことですよん!
http://matome.naver.jp/odai/2141490284990805201

Q「ジュラシック・パークIII」について

「ジュラシック・パーク」シリーズの製作において
古生物学者の意見を取り入れてるなど
リアルさを追求していますが
何故、ジョー・ジョンストン監督や
スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮は
顎の筋肉が弱いスピノサウルスが
ティラノサウルスの首を折ったシーンを
撮ったのですか?
演出>リアルさ という事でしょうか?
マンネリから脱却するための演出だと
小6の時から解ってはいたのですが
我慢できずに今回質問しました。
同じファンとして大変失礼な質問だという事は重々承知しています。
それでもお願いします。

Aベストアンサー

仰るとおりマンネリ打開策の演出ですね。3作目で飽きられムードのT-REXを凌ぐ新しい恐竜を出したというとこでしょう。
リアリティに欠けるかどうかは映画ですから微妙なところです。普通に考えればスピノサウルスはあんなに巨大ではないですしティラノサウスルより強いとは考えにくいですね。もちろん製作者たちはそれを承知の上です。ですから、映画に登場したあの固体が異常だと考えれば納得できるのではないでしょうか?
スティーブン・スピルバーグの生物系パニック映画の元祖といえばなんと言っても「ジョーズ」です。ジョーズには異常に巨大なホホジロザメが登場するのですが、特異固体と考えられています。同じことです。あのスピノサウルスは特別巨大で凶暴な特異固体です。それを証明するために恐竜の王様というイメージが強いティラノサウルスをかみ殺すシーンがあるのです。
身近な動物で例えますと、巨大なネズミが猫をかみ殺すシーンというイメージですね。巨大なネズミが登場すればリアリティに欠けますが、ネズミの天敵である猫を殺すシーンを差し込むことによって視聴者は「ああ。このネズミは特別なんだ」ということを理解します。そういった説明シーンがひとつあるだけでリアリティは補完されるのです。パニック映画に出てくる巨大生物にはよく「突然変異」という説明が差し込まれます。それだけでリアリティの欠如を回避(?)できるのです。

問題は恐竜に詳しい人が少ないってことです。恐竜に詳しい人ならいいですが、詳しくない人はスピノサウルスについて誤った知識を持った人もいるでしょうね。実態はワニに近い生態で平均的なサイズはあんなに巨大ではないのです。私の友人にも映画のせいでスピノサウルスはティラノサウルスより強いと思い込んでしまった者がおりました。

仰るとおりマンネリ打開策の演出ですね。3作目で飽きられムードのT-REXを凌ぐ新しい恐竜を出したというとこでしょう。
リアリティに欠けるかどうかは映画ですから微妙なところです。普通に考えればスピノサウルスはあんなに巨大ではないですしティラノサウスルより強いとは考えにくいですね。もちろん製作者たちはそれを承知の上です。ですから、映画に登場したあの固体が異常だと考えれば納得できるのではないでしょうか?
スティーブン・スピルバーグの生物系パニック映画の元祖といえばなんと言っても「ジョ...続きを読む

Qジュラシック・パークの醍醐味について

先日USJに行きました。そして映画のジュラッシク・パークを見たいと思いました。
映画ジュラッシク・パークはなぜあんなに反響をよんだのか、何がすごいのかおしえてください。
知ってからでないともったいなくてビデオが見れません。
ちなみに「ロスト・ワールド」との関係も教えてください。

Aベストアンサー

一、原作のアイディア勝利。恐竜のクローンを作ろうっていう発想が、遺伝子研究の進歩著しい時代に説得力があります。
二、「スピルバーグ」のブランド効果。解説不要ですね。
三、今では定説となりつつある<恐竜→鳥類>説を、世に知らしめる先駆けとなっている。個人的に、この功績は大きいと思っています。
四、勿論、CGを駆使した迫力ある映像は、劇場観客の度肝を抜いたでしょうね。これはやっぱり監督の技量だと思います。タンクローリー1台(「激突」)、サメ1匹(「ジョーズ」)であれだけスリルを表現できる方ですから、数種多数の恐竜に次々と襲わせたらやっぱりスゴイです。
五、「ロスト・ワールド」って’97公開の続編のことでいいのかなあ。「実は自然繁殖してまして」っていう<その後>が描かれてます。サム・ニールは出てません(「3」で主役復活)。

Q映画ロストワールドについて(車関係・・・)

初投稿、よろしくお願いします。
先日映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」をTVで見たんですが、崖から落ちそうなトレーラーをベンツが引き上げるシーンで運転手が何かスイッチ?見たいなものを押してギアをバックから2速あたりに入れていたのですがバックしてました。。。

普通なら前進するはずですが、スイッチが関係しているのでしょうか?調べてもなかなかわからなかったので詳しい方、教えていただけたら嬉しいです。

車種はMTのベンツSUVでした。
スイッチには「LOW DRIVE」とかいてありました。

Aベストアンサー

かなり前に見たので覚えてはいないのですが

ベンツでも、ウニモグなどは車種によってはミッション+Hi/Lowモード、後退はバックギアがあるのではなく、独立した逆転機を使うタイプのミッションがあります(大型の農業用トラクターや工事用、鉱山用車両だとよくある)、この場合、逆転機をリバースにすると全段で後退できる設定になります。
物語上ですが、カスタム車という設定だと思います。

スイッチをLowにしたのは、後退時のトルクを稼ぐためで、別に逆転機を操作していのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報