一般的に6月はジューンブライドで結婚式が多いと思いますが、実際のところどうなのでしょうか?またどの月が安くすいているんでしょうか?挙式されたかたなぜその月に決めたのか参考までに教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

すいているというのは確かにとても良いことですね。



もとから「一日一件」など、組数の少ない会場を選ぶと良いですよ。
    • good
    • 24

安い月はなぜ安いかというと、都合の悪いひとが多いからです。


特に、列席のかたが高齢だったり、小さいお子様連れだったり、妊婦さんだったり、と、健康を考えると、安い月自体、あんまりおすすめ出来ません。

高い、おすすめ月は

10月、11月、5月

安い、おすすめしない月は

8月、9月上旬、7月下旬、1月、2月

その他、考えたほうが良いと思うのは、
ゴールデンウィークやクリスマスや連休など(特に中日)、列席のかたの家族サービスのさまたげにもなりかねないので、避ける。
花粉症の時期も考える。

わたしは晴れてあたたかい、10月下旬にしました。大好評でした。

安くする方法はほかにもたくさんあります。
    • good
    • 9

私は10月上旬に結婚しました。

10月10日が天気の得意日(晴れる可能性が高い)なので、その前後の休日にしました。屋外での挙式だったので、天気にこだわりました。

ただ、中間決算直後だったので、夫婦とも、仕事に追われました。
だいたい仕事が忙しい時期が決まっているのならば、その時期も考慮のうえで日程を決めたほうがいいと思います。知人は6月に結婚予定でしたが、新郎のお父さんが販売の仕事をしていて、ボーナス時期は忙しいということで、急遽日程を変更していました。親御さんの仕事の都合も考慮したほうがいいと思います。
    • good
    • 8

6月の結婚式は確かに多いですね。


他の回答者の方がおっしゃっているように
6月の花嫁云々の話はヨーロッパ由来で
確かにあちらでは天候が良い時期なのです。
日本では梅雨ですからね・・このジンクスがなければ空いているはずですが
結婚式関連業界としてはどうしても格をつけたい思いがあるらしく
お値段も高めに設定されています。

一般的に安く混雑せずに挙げられるのは
やはり寒い12・1・2月、暑い7・8月でしょう。
ついで寒さ暑さの残る3月、9月辺りも安めかな。
ただ、時期を選ぶ為にはゲストの気持ちを考えてあげないといけません。
安く挙げられるということはそれだけ難点があるということ。
下手するとせっかく結婚式をしても新郎新婦の印象を悪くしかねません。

寒い時期、暑い時期はゲストの身体的負担が大きいですし
ガーデンなんて使えないし、外を歩くことも苦痛ですよね。
12月、3月のような仕事の繁忙期は嫌がる方もいます。
その分配慮が必要になることは否めません。

ちなみに私は8月に挙げました。
夫の仕事の関係でどうしても、というのが理由なのですが
やはりオフシーズンなので何でも安かったし
ドレスや小物、会場の予約も取りやすかったです。
ただ暑い中というのはやっぱり申し訳なくて
ゲストへの対応にはすごく気を遣いました。
冗談ながらも「何で夏なのー?」と誰もに聞かれましたもの。
まぁその分オリジナルな結婚式は作りやすいのが利点ですけどね。

ゲストに負担を与えない方向で且つ安くと考えるなら
(もしご両親親戚が許せばですが)仏滅プランが一番お得だと思います。
大安で探そうとするとどの季節もそれなりに人気がありますから。

お幸せに♪
    • good
    • 4

6月がいいというのは海外でその時期に晴れが多いという事もあります。


 日本だと気候的には当てはまりません。でも、縁起かつぎで6月が人気なせいで、雨が多いのに料金的に高いです。

気候的にいい4月や5月、10月や11月は値段が高いです。反対に暑い7月や8月、12月1月2月はサマープランやウィンタープランがあって割安です。

ガーデンウェデイングを希望するならばやはり気候のいいときを選ばないといけないですけど、ホテルだったらあまり季節は気にならないかもしれませんね。まあ、道中は大変かもしれませんが。

また、お二人や親戚が縁起を担がないならば、仏滅プランも割安です。
平日プランというのもあるでしょうが、それは列席者の人が大変ですからね。

いろいろ検討してみてください
    • good
    • 4

私は今年の三月に結婚しました。

時期的に安い月は『三・七・八月』が最も安い月ですこのシーズンはいわゆる業界では「オフシーズン」といって、あまり結婚する人がいない月です。逆にジューンブライドと九・十月(ましてや大安・友引はなおさら)高くなります。

私らの場合、そのオフシーズンの三月で、しかも仏滅の日曜のH15.3/23(日)に結婚しました。理由は簡単『一年で最も安いから!』です。値段的にペーペーなのに、式場の秋が多い為、本当は中くらいのスペースでやる結婚式なのに、大会場で結婚式をやらせてもらいました。かなり得しましたよ。

ただ、仏滅に結婚式をする場合、自分と相手の両親を説き伏せる必要があります。もっとも、自分らの場合は両方の両親が寛大だったので、仏滅に抵抗感がなくて説き伏せるという手間が不要でしたけどね。結構、結婚式を縁起のいい日にやりたがる古風な親が多いと聞きます。

関係ないけど、自分の周りはジューンブライドに結婚した人は何故か全員(三人)離婚しています(笑)
    • good
    • 6

今年3月に式を挙げました。


といっても田舎なのであまり参考にならないかも(^^;

>実際のところどうなのでしょうか?
>またどの月が安くすいているんでしょうか?

6月は確かに多いそうです。
安い、高いというのは私たちの場合ありませんでした。
安く済ませたかったのでパックになっているものを選んだので・・・(^^;
日時によって変わることは無かったです。
あとは年によって変わりますが、
大安で連休初日とか土曜日などは多いそうです。
まあ、式場によって変わると思いますので
まずは相談・・・したほうがいいですよ。
    • good
    • 6

おはようございます。



確かに6月は結婚式は多いと聞きますが、
梅雨時期でもあることから減ってきている傾向に
あるようです。
でも他の月からしてみると人気はあるようですね。
ただ、考えてみると秋の結婚式も多いような気がします。
今年だけで10月11月に呼ばれた結婚式は4回もあります。
気候が良いですからね。

私は4月に結婚式をしました。
入籍を10月にし、そのちょうど半年後に式を挙げました。
年末に式場探しをしていたのですが、
準備などで3ヶ月は必要だということもあり、
ちょうど半年後の同じ日が空いていたことで
記念日を忘れないね、なんて言ってその日にしました。
そして「仏滅」だったので
「仏滅割引」があってあらゆるものが半額だったこと。
後から思うと、4月は気候もいいですし、
4月頭だと桜もきれいです。
しかも雨が降る確率も低く、私の時も快晴でした。
なので、結果よかったと思っています。

ご参考になれば嬉しいです。
    • good
    • 4

結婚式だけなら、いつでもご本人達の記念日がよろしいと思いますよ。



現実的な事を言うと、古典的な披露宴も行うなら、春か秋が最適です。
何故なら、親族のご婦人方は留袖着用だからです。和服は夏は暑く、冬は天候が悪く着ていて辛いので好まれません。
6月は雨も多いので、出席する方が着るものに困る。
などという理由です。

逆に言えば、その時期は避ける方が多いので、会場は安いと言う事になります。また平日は安いプランが有ったりします。
2、8月はニッパチと言って経済が落ち込む月で、安いプランが多いはずですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/10/30 09:51

自分の周りでは10月の方が多いです。


どの月が安いとかすいているかは分かりません。すみません。
    • good
    • 12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「6月の花嫁」ジューンブライドの実情

結婚と言えば「6月にしたい。ジューンブライドだもん」というイメージがありますが、
日本で6月といえば、ちょうど梅雨にあたりますよね?
6月に外で挙式をあげたくてもあげられない場合が多くなってしまうと思うのですが、どうなんでしょうか。
そこで、お伺いします。

1・実際に日本でも6月に結婚したいという人は多いのでしょうか?

2・6月に挙式をあげたいが、梅雨で雨が降る可能性が高いから、挙式の日時をずらした、
または6月に挙式はあげたが、やはり雨に降られてしまい、理想通りの挙式があげられずに後悔した、
なんて人は結構居るのでしょうか?

3・もし上に書いた問題があるとして、各披露宴会社はその対策はしているのでしょうか?
(例えば、雨の日は費用を半額にする、雨を逆に挙式に利用する、など)

Aベストアンサー

ウエディング業界の者です。

全国的なデータまでは知りませんが、確かに6月は結婚するカップルが多いですよ。
ジューンブライドという言葉に関しては他の回答にありますようにヨーロッパでの昔からの言い方ですね。
仰るように日本では梅雨の時期に当りますから、昔はどちらかと言うと結婚式は敬遠される時期だった筈です。
日本ではジューンブライドという言葉がウエディング業界から発信されたものかどうかは解りませんが、日本に定着したのは80年代頃からではなかったかと思います。

日本人は流行を追います。
流行の発信元として現在でも大きな力を持つのが皇室です。
皇太子徳仁親王と雅子さまカップルも、秋篠宮と紀子さまカップルも6月に結婚されたので、その時にマスコミは“ジューンブライド”と大きく報道していますから、こうした皇室効果もジューンブライドの定着に貢献していると思います。

日本では昔から1年の内、結婚シーズンといわれる時期が明確にあり、春と秋は結婚シーズンであり、夏と冬はオフシーズンとなり、そこには結婚数の大きな差があります。
春のシーズンの中では、昔は4・5月が中心でしたが現在は6月が多くなり、秋のシーズンでは10月が多いという傾向です。

なお、雨自体は日本では1年中降る可能性のあることですから、雨に対する式場側の費用などの対策などありません。
結婚式は基本的に屋内で行うケースが多いですから、雨によって何か大きな問題が発生することはありません。
稀に屋外での結婚式という式場はあるのでしょうが、そういう特殊な式場はそれなりに何らかの代案を設定していると思いますし、料金を割引くなどは聞いたことがありません。

日本では、夏は蒸し暑い、冬は寒くて雪も降る、梅雨時は雨でジメジメ、秋は台風、、、こうして考えると天候によっていちいち対応などしていられないですよ。

ウエディング業界の者です。

全国的なデータまでは知りませんが、確かに6月は結婚するカップルが多いですよ。
ジューンブライドという言葉に関しては他の回答にありますようにヨーロッパでの昔からの言い方ですね。
仰るように日本では梅雨の時期に当りますから、昔はどちらかと言うと結婚式は敬遠される時期だった筈です。
日本ではジューンブライドという言葉がウエディング業界から発信されたものかどうかは解りませんが、日本に定着したのは80年代頃からではなかったかと思います。

日本人は流行...続きを読む

Qジューンブライド?

と言って、
6月に結婚式を挙げる人が多いのはどうしてですか?
縁起が良いとか?

Aベストアンサー

 Juneはローマの結婚を司る女神Junoからきています。6月には彼女を讃える祭が行われたようで、このため六月はJuneになりました。六月に結婚すると縁起がいいという話はこのためで、結婚の女神の祝福を受けられるということのようです。

↓こちらのサイトの"Juno"などを参考までに。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/antiGM.html

Q親族のみの挙式披露宴されたかた、または参加したかた、どういう演出をされ

親族のみの挙式披露宴されたかた、または参加したかた、どういう演出をされたか、どんな感じでやったか教えてください。

Aベストアンサー

この度は、ご結婚おめでとうございます♪
妹の結婚式は両家共に親族のみの出席でしたが、一般的な披露宴と同じでウエディングケーキの入刃もしましたし、お色直し後のキャンドルサービスもしましたよ。
違う点と言えば主賓のあいさつがなく、乾杯の挨拶で披露宴がスタートしたことくらいでしょうか。
余興はスピーチをほぼ全員がさせられました(^ ^ ;)
司会者の方が各卓を回って一言スピーチをするという感じでした。
母の案だったんですが事前に何も知らされていなかったので、スピーチの苦手な人たちは嫌だったんじゃないでしょうか・・・。
後は普通にカラオケして両親に花束を贈呈してお開きという流れでした。
引き出物も親族のみと言うことで引き菓子だけだったと記憶しています。
良い披露宴になるといいですね。

Q2月中旬の海外挙式でグァムかハワイか迷っています。現地では挙式と家族で

2月中旬の海外挙式でグァムかハワイか迷っています。現地では挙式と家族での食事会、買い物とマリンスポーツが目的です。調べてみますと、ハワイの方が費用面や施設面で充実しているようですが、少し気温が低く海に入れるかなと不安です。どちらがオススメか教えてくだされば幸です。

Aベストアンサー

こんにちは。

私はハワイで挙式をあげました。

ハワイとグアムの違いは以下が主だと思います。

値段 ハワイ<グアム
時間 ハワイ<グアム
ショッピング ハワイ>グアム
日本語 ハワイ>グアム

 文面からですと、家族の方も同席されるようです。
そうなると、家族の方の単独行動もあるかと思いますので日本語のより通じやすい
ハワイのほうが良いと思います。

 グアムに比べると、ちょっと値段が高いのと移動の時間がかかることがネックです。

 また、海の件ですが気温もさることながら挙式終了後までは海に入ることは基本的には
オススメできません。(旅行会社やウエディング会社からも言われます)

 怪我の可能性や女性の場合は日焼けの問題などもあるからです。
日本でネイルや髪をある程度準備された場合はなおさらです。

 そう考えると、5泊くらいだと以外と時間がありません。

以上、ご参考頂ければ幸いです

 

Q挙式後ディナーの費用は誰が払う? 来月中旬にハワイのコオリナで挙式を挙げる事になりました。 挙式後

挙式後ディナーの費用は誰が払う?
来月中旬にハワイのコオリナで挙式を挙げる事になりました。

挙式後は挙式場に隣接してある会場でパーティを行う事になっております。そこでの費用はプラン内に含まれているのでその流れで私達が支払います。

パーティ終了後、ホテルにいったん戻ってからワイキキ周辺にて親戚一同でディナーを予定しており、その支払いで頭を悩ませております。
この場合の費用も私達が支払うべきなのでしょうか?
予算は1人1万円程を目安にしております。
親戚一同合わせまして9名になりますので、
結構な出費になります。

ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

日本のどこの出身かでかなり異なってきます。

私の出身地では、どんなに遠くから結婚式にきてくださっても、車代も泊まり代もなし、です。挙式後のパーティ、これは披露宴ですから、招待者の参加費はなし。その後のデイナーは、どちらかの親が支払いです。

これが当たり前だと思っていたのに、ここでの質問なんかで、遠方からの招待者へには、お車代とか、宿泊代などの質問があり、驚いてしまいました。本当にお祝いしたければ、どんなに遠くとも、自腹で行くものだと、幼少の時よりしつけられていましたので。ものすごくお世話になった人で、家計が貧迫されている人には、必ず来てほしいので、招待状に必要交通費の倍額、宿泊場所も予約で前払いもしますが。

私の娘はスペインで結婚式、40人以上がヒコー機で15時間ほどかけて参列していただきましたが、費用負担をしたのは一人だけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報