335の購入を検討しているのですが、
発売されているモデルが多すぎるため絞り込むことが出来ません。

ブルース、ジャズ、ファンクで使用する場合、どのモデル、製造年の335がお勧めでしょうか?

以下に自分の希望と候補を記します。
 ・ブルース、ジャズ、ファンクに適した音を出す335
 ・スリムネック
 ・プレーンナチュラルフィニッシュ
 ・出来ればドット

1963 ES-335 (ヒスコレ)
スリムネック前提なので、ヒスコレで選ぶならこちらかと思います。
1960 ES-335 (50th aniversary)
だいぶ安い上に自分の希望通りです。
1961 ES-335
これはリイシューされてないので買えないかと。

モデルさえ絞り込むことが出来れば後は試弾を多くこなしてそのモデルの中でも好きな音を
出す一本を手にすることが出来ると思います。
ご教授宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

 ほっほ~こういう御質問には、回答が付かないんですねぇ。


 っというワケで、決定的な回答にはならないと思いますが、何方も回答してらっしゃらない様なので。(61は御指摘通りリイシューがなかったはずだし、実際、自分も完全なコンディションの61を弾いた事が無いので除外しますが。)

※63ヒスコレにドットポジションってありましたっけ?なんか63というとブロックインレイって感じがしますが。

※ネックはどちらが薄いんでしょう?
 ワタシ、横並びにして見た事はないので、どちらがよりスリムネックか判らんのですが・・・まぁ、一応アニバーサリーの方は『テンプレートを変えて、よりオリジナルに近付けた』という話があり、一方63と言ったらオリジナルは『置いておくだけでヘッドが折れる』とさえ言われた、超スリムネック時代ですよね。
 ワタシの記憶では差は感じなかったのですが・・・?ま、これは現物を手にすれば一発で判る事ですね。

※ワタシ自身はトーンにも大して差が無かったと記憶していますが、ヒスコレの方は電気回路へのおカネのかけ方がハンパでなく、SPEC.だけで判断すればヒスコレの方がよい様な気がします。

・・・っというワケで、61vs63でも十分絞り込めていると思います。後は実際に弾かないと判らん事ばかりでは?

 ところで、全くの老婆心ですが。

>ブルース、ジャズ、ファンクで使用する場合、

 ま、ファンクはよいとして、ブルースとジャズ?335が適してるジャンルとは思えませんけど・・・?

※ブルースは・・・B・B・キングの様な『ディナーショー・ブルース』、或いはオシャレな流行りモノのR&Bならよいのでしょうが、シカゴ・ブルース(ハウリン・ウルフとか)やエレクトリック・デルタ・ブルース(存命のアーティストならジョージ・ソログッドとか)で335は有り得ないでしょう、ってか、335では本質的なところで、ブルースなトーンは得られませんよ。
 特にキャビティすら無いハードなセンタブロック付きの60年代335は、セミアコ類の中ではブルースとは最も遠いところにいるギターの様な気がしますが。(70年代の『コマ切れ』センタブロックの335なら或いは・・・・???)

※同様にジャズ。
 フュージョンなら335でド決まりな感じですが、いわゆるモダン・ジャズ以前に、335の倍音が足りないノッペリしたトーン(フルアコと比べて)が合っているとは思えません、と言いますか、335をメインにしているジャズ・ギタリストっていましたっけ?いわゆる電化ジャズならいるのかな?あまり最近のジャズは知らんのですが、ん~どうでしょう?
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QES-335の評判のよいコピーモデル。

ES-335の評判のよいコピーモデル。

最近、本家より良い音出してるコピーメーカー多いですよね。
ギブの335はカスタムショップのみなので悪くないのですが高くて・・・。
同じ値段でオーダーメイドしたらどんな宝石ついてくるんだってくらい。

逆に安くても質の良い335モデルを出してるメーカーってありますでしょうか?
参考にさせていただいて弾き倒してくるつもりです。

あと、よく聞くのですが
エピの335のピックアップを交換すれば化けるって本当ですか?
試奏した限りそんな感じしませんでしたが・・・。

10万くらいであればいいんですが。
やっぱり20万はいりますよね・・・。

Aベストアンサー

グレコの「スーパーリアル」が良かったのですが今は製造されていません。

現行モデルではトーカイが良いと思います。

http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/products/vintage/es135.html

http://www.theguitarshop.jp/e_guitar/es/es.html

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/tokaigakki/products/vintage/index.html

QES-335とES-355の音の違い

ES-335とES-355のどちらを購入しようか迷っているのですが、
この2本の音の違いを大体で良いので教えていただけないでしょうか。
やっているジャンルはブルースです。

Aベストアンサー

355が高級機種、335が通常機種ということで、装飾や指板材質等いろいろ違いますが、決定的なのはバリトーンの有無です。355はバリトーンが付いており、イコライザみたいな感じでロータリースイッチでいろいろ音質を変えられます。時計のような外観のヤツです。
しかしながら355も335もエフェクターがあまり発達していなかった時代(1950年代後半)に発表された製品であり、60年代以降、外部エフェクターが当たり前の時代になると355のアドバンテージは少なく、335に人気が集まりました(355は長い間生産中止になり、最近復刻したと記憶しています)。またバリトーンはスイッチをOFFにしても多少信号が漏れる(詳細は省略)ので、古い355、345を持っている人にも配線をカットして使っている人もいます(その方がストレートな音になるとか)。
バリトーンはBBキングが愛用しているはずです。その手の音に興味があれば355、そうでなければ335をお勧めします。

Qナローネック、スリムネック、ミディアム・スケール

私は成毛滋がずっと提唱してきた、「ナローネック、スリムネック、ミディアム・スケール」を採用したギターを探しています。(現行モデル)


今までは、GRECO EG-420のセミオーダー品やSTM-Dr.Siegel Custom使っていましたが、
車上荒らしに合い盗まれてしまったのでお教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

FENDER-JPのST57M-US、ST62M-USって違いましたっけ?
NUT幅が40mmなのは公式で確認できますね。
ただ、スリムネックという情報がうろ覚えです。ごめんなさい。


イシバシ楽器に問い合わせた人がいて、回答を頂いたそうです。

石橋楽器さんからの回答がきました。
・ネック厚に関して
→1フレット部で21.5mm、12フレット部で23.5mmです。また、ウルトラスリム・ネック、スリム・ネック、という公式に採用されている規格、名称は無いようでございますが、握った感触としては'68タイプストラトに近い様です。

・グリップエンドに関して
→約56mmです。 ※この箇所に関しては手作業でペーパー掛けにて微調整を行うので若干の誤差が生じます。

・ブリッジに関して
→通常通り10.8mmピッチです。

・ボディーサイズに関して
→以前のSTMと同等サイズでございます。

http://room314danwasitu.green.coocan.jp/?m=listthread&t_id=350

QES335のシリアルナンバーについて

中古でオールドのES335のブランコテールの物を購入しました。
話によると65年製との事だったのですが、正確にはわからないと
話していました。本当に65年製なのか気になったんで、ギブソンの
ホームページとかで調べてみたのですが、シリアルが6桁の物は
記載されていませんでした。シリアルは516186と刻印されています。
ヘッド裏にはそれ以外の刻印はありません。
よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

ギブソンのホームページでシリアル ナンバー インフォメーションというところをクリックすると、アクロバット・リーダーで詳細を見ることが出来ます。

ここに、6桁の製造番号も出ています。

503405から520955は、1965年と1968年の二つの年度に製造されているようです。

この当時のギブソンでは、統一された方法でシリアルナンバーを振っていません。非常に不規則で、今となっては解読は困難です。ギブソン本社にも記録は残っていないようです。

65年製か、68年製のどちらかであることは、間違いないように思います。65年製であるとの説明を受けたのなら、65年製の可能性が高いのではないでしょうか。

英語のサイトですので、英語力の乏しい私は、とてもじゃありませんが、自信ありには出来ないので、自信なしにしておきます。
参考URLで、ご自身でご確認ください。

参考URL:http://www.gibson.com/downloads/bluebook/

QGibson ES-335のシリアルについて

Gibson社のシリアル解説PDFや他のサイトによると、

■ A+6桁のシリアルナンバーは1973年~1975年製である。
■ 1961年~1975年の全てのギターはヘッド裏に刻印がある。

とのことです。

しかし、私の持っているES-335のシリアルは"A+6桁"でありながら、
F穴内のオレンジ楕円ラベルでのみ表記されており、
ヘッド裏に刻印がありません。

これはどうしてでしょうか?
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

リフィニッシュされたか、ヘッド折れなどに寄る修復歴の有る個体。
という事になると思います。
昔の刻印は薄いのでリフィニッシュすると消えるものが殆どですので、
ユーザーの意向でヘッド裏は塗装しないか刻印を消さない様に。
と注文してリフィニッシュされます。
しかし、特に注文せずにリフィニッシュすると大概消えて帰って来ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報