【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

はじめて質問させて頂きます。

小さい頃から、クラシック音楽を学び、たまに作曲もしています。
10年以上前にScore Grapherというソフトを使って、
作曲をしていたのですが、
・ポルタメント、ビブラート、中間音の調整ができない
・音のつなぎが不自然、調整できない
・弦楽器のフラジオレットなど特殊奏法に対応できない
・テンポの揺らし方を上手く調整できない
・シンセサイザーが欲しい
・音声だけをmp3などに落とせず、楽譜もPDFにできない
・打楽器が扱いにくい
など、思ったように扱えず、すぐにあまり
使わなくなってしまいました。

最近また、ソフトを使って規模の大きな曲を書いてみたくなり、
新しくソフトを購入することを考えています。

作ってみたい音、音楽の傾向は・・・
・ラヴェルやドビュッシーくらいの音楽に近い
・タイタニックのサントラで使われてるような効果音
・弦楽器、ハープは使いたい
・ドラム、ロックギターも欲しい
・・・欲張りですね。

お聞きしたいことは、
・そのようなニーズに合ったソフトがあるかどうか
・ソフト同士を以上のような観点から比較したサイトがあるかどうか
・そのようなソフトを購入する相談ができる場所(楽器屋?)
です。

最近の作曲ソフトの動向は殆ど知らず、
実際にソフトを使っている方のお話を聞けたらな、と思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現行シーケンスソフトの大御所は


protools,logic,cubase、performerの4機種です。

どれを買っても貴方の望む大抵の事は出来ますし、貴方の望む大抵の音色がついてきます。
その他のソフトはまぁ…私はあまりお勧めしません。


・テンポの揺らし方を上手く調整できない

上記のどれでも出来ます。使い勝手についてはその人次第というところでどれが一番とは言えません。

・音声だけをmp3などに落とす

protoolsは出来ません、他は知りません。

・楽譜もPDFにできない

protools、cubaseは出来ます。他は知りませんがたぶん出来ます。


・シンセサイザーが欲しい
・打楽器が扱いにくい

これは付属のマルチ音源でカバーできるでしょう。



難しいのは下記です

・ポルタメント、ビブラート、中間音の調整ができない
・弦楽器のフラジオレットなど特殊奏法に対応できない
・音のつなぎが不自然、調整できない

これは作曲ソフト(シーケンスソフト)の問題ではなくソフト音源側の問題です。
作曲ソフトに最初からついてくるソフト音源は簡易なもの、また汎用マルチ音源が多いので、上記のような特殊奏法に関してカバーできていないことがあります。
エディット出来るパラメータも少ないです。

ポルタメント、ビブラート、中間音、フラジオレットに関しては最初からそれがサンプリングされていないと作曲ソフト側ではどうにもなりません。
似たような効果は出せても非なるものです。


管弦の特殊奏法は

カンタムリープ
http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=26370

ビエナストリングス
http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=30800

のような専用音源には入っています。
このシリーズはピンきりなので自分の欲しい音が入っているかどうか、ランク別に調べてみると良いです。

私はビエナストリングスを使っています。
今のこういうソフトは恐ろしいほどリアルなことが出来ますよ。


・ラヴェルやドビュッシーくらいの音楽に近い
・タイタニックのサントラで使われてるような効果音
・弦楽器、ハープは使いたい
・ドラム、ロックギターも欲しい

kontakt5には上記のすべてが入っています。
色々な専用音源の抜粋データが入っていますのでカバーの範囲が広いです。
私も使っています。

kontakt5 DEMOトラック
http://www.native-instruments.com/#/en/products/ …


それでも物足らなければkomplete8ですね。
恐らく貴方の望むの音色が入っています。

http://www.dirigent.jp/products/detail.php?produ …


全部合わせても10万でお釣りがきます。素晴らしい時代です。
10年前なら300万出しても買えませんでした。



・ソフト同士を以上のような観点から比較したサイトがあるかどうか

あるかも知れませんがなかなか捜すのが難しいです。
一つ一つならyoutubeに腐るほど参考動画があります。
自分で頑張って研究しましょう。またそれが楽しいんですよ。

とにかく楽器屋さんで視聴しましょう。
渋谷IKEBE powerrecがお勧めです。

http://www.ikebe-gakki.com/realshop/powerrec/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し忙しくしており、お礼が遅くなってしまって
申し訳ありません。

各項目それぞれについての詳細なコメント、
具体例とリンク先もたくさん紹介してくださって
本当にありがとうございます!!

>管弦の特殊奏法は
ハーモニクスやコルレーニョなども入っているのですね♪
もちろん人が弾くようにとはいかなくても
イメージにかなり近いものが作れそうな気がします。


>それでも物足らなければkomplete8ですね。
9月2日に発売になるのですね!
とても楽しみです!


>全部合わせても10万でお釣りがきます。素晴らしい時代です。
本当ですか!嬉しいなぁ♪
友達にはあまり詳しい人がいなくても、
このような場でいろいろな方に親切なアドバイスをいただけることだけでも、
今はとてもすばらしい時代だと思わざるを得ません(笑)


>一つ一つならyoutubeに腐るほど参考動画があります。
>渋谷IKEBE powerrecがお勧めです。
youtubeはみなさまにアドバイスをいただいてから、
何度か調べて、視聴しています。
操作方法とかもあるし、どんな音楽を作れるのか、
いろいろわかってとても面白いですね。
渋谷にそんな所が・・・!
今まで知りませんでした。
どうもありがとうございます。
ぜひ行ってみようと思います。

お礼日時:2011/08/27 20:33

Cubaseはどうでしょうか。



私はこれを使ってミュージカルなどの音楽を制作しています。

音源はHALION SYMPHOHIC ORCHESYRAをよく使います。

管楽器の音がとてもリアルに再現できます。

クラシック音楽を作曲されるのであればおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほうほう♪
確かに金管木管、今まで使ってたやつとは
全然違って驚きました!笑
Cubase6が出ているのですね。
MIDIでも色々手を加えられそうで期待増!
イベントやセミナーなどもあるみたいだし、体験版もあるし…
色々細かい仕様をみて、考えようと思います。
ありがとうございます!

お礼日時:2011/08/21 00:25

最近は音楽制作ソフトのことを作曲ソフトなどと言う場合が多いので勘違いしやすいのですね。


ちょっとした日本語のアヤですね、曲を製作するんだから作曲、で間違いではないですが・・。
ソフトを使って曲を書くのではなく、自分で考えた(作曲した)曲を、ソフトを使って作品にまとめたい、音楽作品を作りたい、という話ですね。

10年前のソフトと今とではものすごく違います。
ソフトの機能としては、今現在有名所のソフトなら問題なくカバーしていると思います。
と言うのも、最近はあまりに機能が多いので、全てを把握しきれませんし、私自身が確認したわけではないからです。
ただ、有名なプロアーティストなどもソフトを使って作品を作っているので、たぶん、問題無いのだろう、と思います。
有名なソフトはいろいろありますのでネット検索ですぐ探せると思います。
(一つの目安として定価¥5万以上くらいのレベル、という考えもあります。)

ご存じと思いますが、標準MIDI音源を使って作る場合、使える音色は決められていますし、限られていて、かつ、音質的に低レベルの場合がほとんどです。
特殊な音、気に入った音が欲しい場合は、近年のソフトに必ず付属しているソフトウエアのシンセやサンプラーなどを使います。
最終的にMIDIデータとして作品を作るならNGですが、近年は、打ち込みはMIDIでも、最終的にオーディオの変換するのが一般的なので、その場合、凝った音を作って使用できます。
ソフトシンセもいろんなのがあります、音楽ソフト付属以外にも単品であったりしますし、そういう別物も後からとりこんで(プラグイン)ソフトで使えるのが普通です。

高性能ソフトは高性能なPCも要求します。
ローランドなどで、専用ハード側に機能を多く持たせ、PCは低レベルでもOK、などというシステムもあります。

音楽制作ソフトの比較などは専門誌などで時々のってると思います。
昔でいえば「サウンドレコーディングマガジン」のような雑誌などです。
音楽の専門誌は普通の本屋にはないので楽器屋さんで買いましょう。

一般的には、ソフトで、人間的なゆらぎ、や、正確でないテンポの演出、などの表現は難しいかもしれません。
もし、支持するアーティストがいて、その人が使っているソフト、なんかを探すという手もあるかもです。

また、こういう話題は楽器屋さんでOKですよ。
店をのぞいてみて、DTMコーナーがしっかりしている楽器屋さんなら、たいていは専門知識のあるスタッフがいます。
相談は無料なのでどんどん相談してみましょう。

具体的にソフト名を出せ、というなら、私はローランドのファンなので「ソナー」がお勧めですが、これは、人によってお勧めは違いますので参考までに。
(ヤマハ系なら別のソフトになりますし・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ソナーX1は2週間ほど体験版を利用できるのですね。
雑誌やネットで調べたり、
時間のできたときに体験版を使ってみてから、
楽器屋さんでいろいろ細かな相談に乗っていただくのが良さそうですね!
どこで調べればいいのか、どこに行けば情報が得られるのか
具体的に教えていただき、とても助かります。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/19 21:58

先ず一つ挙げておきますが、この世に作曲ソフトは存在しません。

(数学的な組み合わせで、音符を羅列するソフトはありますが)


そして、あなたの要望の場合、ソフトよりハード(音源)に依存する部分が多いと思います。

音(音色)に関しては、同じバンク、プログラム#を指定しても各メーカー其々違うので、楽器屋等で、シンセサイザーを試奏して、要求に合うものを探してください。

この回答への補足

私が作曲ソフトと言っているのはたとえば、フリーソフトであればピストンコラージュやMuseScoreなどのようなものです。http://www.gigafree.net/media/midi/
このようなソフトは無料有料含めたくさんあるようなのですが、どれが自分のニーズに合ったものなのか、を知りたくて相談した次第です。
フレキシブルに記譜ができて、シンセサイザーのような演奏機能で作った曲を演奏してくれる作曲用ソフトをご存じであれば、情報を頂けると助かります。

補足日時:2011/08/18 22:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフルオーケストラの曲の作曲について

長い間、疑問に思っていたのですが・・・・。
Beethoven や Mozart などのフルオーケストラの曲を作曲するときって、彼らはどうしたのでしょうか。 あれだけの、さまざまな楽器があるわけで、現在のように トラックに分けて演奏を保存し、音を重ねていくことは 昔はできなかったはずです。

作曲家の頭の中で 数十にわたる 楽器の音がどのように響くのか作曲するときにイメージできたのでしょうか?
そうだとしたら、もはや 天才ですよね?

Aベストアンサー

こんにちは。クラシックの作曲家です。オーケストラの曲も書いています。

一般の方は、こういう疑問をよく持たれるようですね。それを一番痛感したのは、例の佐村河内氏の事件です。音を一切聞かず、ピアノも使わないで作曲することが、すごいことのように思われるようです。

しかし、プロの作曲家を目指す人は、すべてそういうことができるように訓練します。そもそも、音楽大学の作曲科の入学試験で作曲をするときは、数十人の受験生が一つの部屋へ押し込まれて、ピアノも使わず、歌うことも許されず、すべて頭のなかだけで創作しなければなりません。オーケストラの曲を書く場合も同様です。まさか、作曲するたびにオーケストラを雇って試演するわけにはいきません。頭のなかだけでイメージできるようになるようにちゃんと学習するので、天才とはほとんど関係がないのです。

オーケストラの作曲をするためには、まず、管弦楽法という科目を勉強することになります。各楽器が演奏できる音域や、それぞれの音域の特性、例えば、この音域では大きな音が出せるが、別の音域の音は弱いので、ほかにたくさんの楽器が鳴っているときは聞こえなくなる、などのことを学んだり、指使いによる演奏の可、不可、また、どの楽器とどの楽器を重ね合わせるとどういう響きになるか、ということを、過去の作曲家の作品から例を取りながら学習したりしていくことになります。それと同時に、過去の優れたオーケストラ作品の録音を聴き、オーケストラのスコアを隅から隅まで読み込み、どう書いたらこういう音が出るのかを経験的に蓄積していきます。ですから、ヴァイオリンとフルートがユニゾンで同じ旋律を演奏したときにどんな音色になるか、あるいは、フルート、オーボエ、クラリネットが3本ずつ、計9本で同じ旋律を演奏したらどう響くか、金管楽器の和音に弦楽器のピチカートを加えるとどのような効果が出るか、というようなことは、完全に響きとして記憶されています。その引き出しを開けながら書いていくわけですが、いくら蓄積があっても、引出しの中に見当たらないような自信のないケースもありますし、今まで人がやったことのない音色を作ってみたいと思うことも当然あります。そういう場合も、一応それまでの蓄積を応用して、自分で考え出すしかありません。あとは、実際に演奏されたとき、自分の計算通りの音になったかどうかを確認して、ダメだった場合は原因を考え、修正します。そういう経験を積んでいくと、自ら新しく考えたオーケストレーションも成功する確率が大きくなります。ただ、これは一生の勉強です。熟練した作曲家でも、一度書いたオーケストラの曲を何度も改訂しなければならないケースは多いです。

モーツァルトやベートーヴェンの時代は、今のように録音がありませんでした。しかし、当時は作曲しかやらないという人はまれで、普段からオーケストラと一緒に仕事をしていたわけです。ですから、生の音を毎日のように聞く機会もありましたし、楽器の奏法についてわからないことがあれば、直接奏者に聞くことができます。それに、自分の曲が演奏される機会も今よりは多かったと思います。今日でも、ヨーロッパの作曲家のなかには、オーケストラで楽器を弾いている人もかなりおりますので、毎日古典の作曲家の曲を演奏することで、オーケストラの書き方や響きを毎日習得できる理想的な環境にいるわけです。また、録音のない時代の作曲家たちは、とにかくたくさんのオーケストラの楽譜を常に貪欲に読み、研究していました。私事で恐縮ですが、私が通った高校には幸いオーケストラ部がありました。最初はチェロを弾き、すぐ指揮者になりました。学校の催し物などの折、映画音楽などを自分の手でオーケストラに編曲し、自らの指揮で演奏させました、それ以前に、古典的なオーケストレーションは独習済みでしたので、大体予想した通りの音になり、修正はほとんど必要ありませんでした。しかし私は天才ではありませんので、勉強すればだれでもできると考えます。

なお、大編成のオーケストラ作品を書く場合、最初からオーケストラのスコアを書くことはできないので、まず、ピアノ譜のような2段の五線や、曲の複雑さに応じてもう少し多く、6段、8段といった五線紙上で、まず音楽そのものを作曲します。これをスケッチと呼びます。このスケッチを作成している段階で、今書いている音を最終的に何の楽器で演奏させるかというイメージを明確に持っていなければなりません。そして、スケッチの中に、使用する予定の楽器の名前をメモしていきます。スケッチで音楽の作曲が終了したのち、初めてオーケストラ用の段数の多い五線紙を出してきて、曲の冒頭から改めて書き直していくという作業になります。

なお、最近はパソコンを使った作曲も行われていますが、私たちクラシックの作曲家は、楽譜制作ソフトのプレイバックや、DTMにはあまり頼れません。私は今Finaleを使用しており、ヒューマンプレイバックという、実際の楽器にかなり近い音が再現できますが、これまでの経験から、このような音になるはずはない、と考えるケースが多いので、あくまでも参考程度にとどめ、基本的には自分の体験蓄積により判断します。

以上、御参考になれば幸いです。

こんにちは。クラシックの作曲家です。オーケストラの曲も書いています。

一般の方は、こういう疑問をよく持たれるようですね。それを一番痛感したのは、例の佐村河内氏の事件です。音を一切聞かず、ピアノも使わないで作曲することが、すごいことのように思われるようです。

しかし、プロの作曲家を目指す人は、すべてそういうことができるように訓練します。そもそも、音楽大学の作曲科の入学試験で作曲をするときは、数十人の受験生が一つの部屋へ押し込まれて、ピアノも使わず、歌うことも許されず、すべて...続きを読む

Q世界10大オペラって?

クラシックファンの皆様、お世話様です。

「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」を選べと言われたら、どのようなオペラを選ばれますか?

実はオペラに無知でして、フィガロの結婚のDVDを始めて買ったのですが、以後どのようなタイトルのDVDを検索していくべきか迷ってます。

ご意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの個人的な印象ですので、世間的評価とは違っていると思います。が、的外れでもないと自己評価しております。(こう言うのが一番怪しいのかも知れませんが・・・)
曲の多くが、先輩回答者と重なると思いますがご容赦願います。

●モーツァルト:「フィガロの結婚」K.492 <30歳 1785~86年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ
貴族と従僕や農民と言った階級社会をテーマにしていますが、それよりは、美しい音色と旋律で綴る、登場人物たちの「心の移ろい、襞」の表現で、今更ながらモーツァルトに唸ります。
参考《所持ソース》
CDショルティー指揮:ロンドン・フィル/ロンドン・オペラ・コーラス(ロンドン)
DVDカール・ベーム:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」<1787年作曲>
社会的堕落者、規範意識皆無、そんな主人公を同描くか、オペラ毎、演出家毎で、人間設定が違う!
どう捉えるかで、このオペラから得られる事が違ってくる気がする・・・受け手の感性が試される様・・・
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)

●ベートーヴェン:「フィデリオ」<1804~05年 初作曲/1814年 第3版>
男装のフィデリオ!実は健気な愛妻レオノーレ!生涯独身だったベートーヴェンにとって理想の女性!?
私もそんな妻を今からでも欲しいなァ~!ナァ~ンちゃって!今時、そんなの居る分けが無いって言うか、私には縁が無い世界の人!?
参考《所持ソース》
CDフェレンツ・フリッチャイ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「魔笛」K.620 <35才没(1791年9月28日完成→30日初演)の作品>
恋する男の子の試練の旅!試練の旅に出た恋人と結ばれる為に耐える試練!そしてもう一つの恋P&Pは??
庶民レベルに一段と近付いたオペラの様に感じます。現代でも何処かにそんな恋をしてる若者もいるのかな?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDサバリッシュ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(フィリップス)

●ロッシーニ:「セビリアの理髪師」<1816年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ←気付きましたか?フィガロの結婚!
そうなんです、セビリアの理髪師とフィガロの結婚は、同じ原作者。登場人物のフィガロはどこか似たキャラの様にも・・・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」<1835年作曲>
人間性のかけらも認められない人間関係と環境に繊細な心は!人は狂乱しただけでは死なないが・・・ルチアは・・・?
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・シンガーズ(テルデック)
DVDリチャード・ボニング指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(ジェネオン)

●ベッリーニ:「ノルマ」<1831年作曲>
人間の器が釣り合っていない男女の三角関係の成り行きは?小粒な男像は現代に通じていたりして・・・
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ナショナル・オペラハウス管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDジュゼッペ・パターネ指揮:トリノレッジョ歌劇場管弦楽団/合唱団(ドリームライフ)

●ヴェルディー:「リゴレット」<1850~51年作曲>
人間とは何か・・あまりにも惨い!・・身障者ゆえに差別され憎まれ役を演じなければならない主人公も愛娘に対する父の時に見せる人間らしさ・・・
参考《所持ソース》
CDリッカルド・シャイー指揮:ボローニャ歌劇場管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDリッカルド・シャイー指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(デッカ)

●ヴェルディー:「トロヴァトーレ」<1852年作曲>
筋書きだけを読めば、矢継ぎ早の血生臭く解り辛い事件に腰が引けそう・・・
でも、聴き始めると歌と場面を楽しませるイタリア・オペラの真髄、歌声のバトルに時を忘れそう・・・
参考《所持ソース》
CDカルロ・マリア・ジュリーニ指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ヴェルディー:「椿姫」<1853年作曲>
原作=アレクサンドル・デュマ・フィス
女心と男の言い分!デュマの原作とヴェルディーのオペラは合せ鏡!セットで一段と面白く・・・
参考《所持ソース》
CDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音1991年
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音・録画1982年

●ヴェルディー:「アイーダ」<1870年作曲>
古代エジプト!大スペクタクル!三角関係!オペラ界の娯楽超大作!理屈抜きにリッチな気分で浴びましょう!
でも、内容に踏み込むと結構深いかも・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDフランコ・カプアーナ指揮:NHK交響楽団/藤原歌劇団合唱団(キングレコード)録音・録画1961年
私が小6だった時に連れて行かれたNHK招聘のイタリア歌劇団のライブ!・・・マリオ・デル・モナコとシミオナートが忘れられず購入!

●ワーグナー:「タンホイザー」<1843~45年作曲>
男の女に対する矛盾する本音!そんなタンホイザーの無軌道が故の魅力?聖処女のエリザベートと娼婦の様なヴェーヌスを同じ一人の歌手に歌わせる舞台も存在する。その演出には深い意味を感じます。内容重視か音楽重視かに因るのだろうと思っています。
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●ワーグナー:「ローエングリーン」<1845~48年作曲>
宇宙人?異界からの救済者を夫に持った人間の妻!不安感から夫を地上のしがらみに取り込みたい妻!しかし夕鶴にも似て夫は・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(ロンドン)

●ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」
作曲者没1年前の作曲!最後のオペラ!宗教劇とみなすより、それまでにワーグナーが問い掛けて来た問題の解決とみるべき作品と思っています。しかし、そうは言ってもキリスト教の思想を基礎にして、究極のテーマの救済を主題にしている。
参考《所持ソース》CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱眼(グラモフォン)

●ワーグナー:ニーベルングの指輪(全曲所要演奏時間 約15時間)四日に分けて演じられる。
 ○序夜「ラインの黄金」
 ○一夜「ワルキューレ」
 ○二夜「ジークフリート」
 ○三夜「神々の黄昏」
これを抜く訳にはいかないのでしょうが、私は、未だ、まともに聴いた事が有りません。ハイライトばかりです。
興味がお有りでしたら、詳細は下記URLを覗いて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%8C%87%E7%92%B0

●ビゼー:「カルメン」<1874年作曲>
人は何故、想ってくれる人を邪険にし、無いものネダリで身を滅ぼすのか?想い想われのスパイラル!馬鹿は死ななきゃ直らない!?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/パリ・オペラ座合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「ラ・ボエーム」<1893~95年作曲>
か弱きミミ!男はそのか弱き女を守れず不甲斐無さを嘆く!が、一番強かな生活力の持ち主は・・・??
男は何時も騙される!騙される事に心地良さを感じるのだから仕方が無い生き物?だから可愛いのかも!
参考《所持ソース》
CDバーンスタイン指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団/少年合唱団(グラモフォン)
DVDカラヤン指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「トスカ」<1900年作曲>
女は何時の世も、意識・無意識のどちらにせよ悪に惹かれる!(カヴァラドッジ⇔トスカ⇔スカルビア)官能的関係はどちら?・・・・悪役振りが良くなければドラマは盛り上がらない・・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ナショナル・フィル/ウェールズ・ナショナル・オペラ合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「蝶々夫人」<1901~03年作曲>
日本女性の男性に対する自己犠牲の賛美?それとも、人種差別?どちらの立場で鑑賞しますか?
それより、非日常的な好奇心と憧れから盲目的に育った相手に対する身勝手な理想と妄想の果ての死!男の都合と女の都合!
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/アンブロジアン・オペラ・コーラス(グラモフォン)

●R・シュトラウス:「ばらの騎士」<1909~10年作曲>
何時の時代も女は歳と戦っている。他の価値観を見つけては重ねる歳を納得しようとするが本音は・・・身を引く大人の女!
オペラの中では女の格闘相手だった筈の年齢が、現代では、男にとっての加齢の方がよりシリアスな問題かも・・!?
楽しめなくなってしまったかな(苦笑)?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場管弦楽団(グラモフォン)
DVDカルロス・クライバー指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

以上、これが私の「死ぬまでに聴いておきたいオペラ」の一部です。
マニアックには、成らない様には気を付けた積りです。つまり、有名どころ限定です。

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


人気Q&Aランキング