グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

業務で規程管理規程の見直しをしています。
規程類の拘束順位について、
「規程>ガイドライン>マニュアルの順位により、下位にある諸規程等を拘束する」
といった趣旨の文を書きたいのですが、その際の表記で迷っています。

現状は「規程、ガイドライン、マニュアルの順位により」と読点が使われていますが、
読点を使う場合は、2つ以上の語の並列だと、「A、B及びC」というような表記ですよね。

かといって「規程、ガイドライン及びマニュアルの順位により」と表記すると、
規程>ガイドライン=マニュアル
(規程の下位に、ガイドラインとマニュアルが同順位で位置する)
といったような意味にならないでしょうか。

ネットで規程管理規程の雛型を見てみたり、公用文における表記を調べてみたりしたのですが
うまく答えが見つかりません。同様の質問も今までないようです。
どなたかご教示ください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご質問の趣旨である、



>○○の順位により、下位にある諸規程等を拘束する・・

という表現自体、必要のないものだと思います。


一般的に上位規定が下位規定に優先するのは当然の話ですが、本来上位規定と下位規定は「中身」が異なります。仮に似たような名前であっても、その規定等が目的とするものが違うので、例えば「下位規定だけでは解釈がはっきりしないので、上位規定を見てみろ」ということにはなりません。
もしそうだったら、それこそ上位規定と下位規定の中身にあまり違いがないということになり、無駄な規定が余分にあることになります。

上位規定は全社的な考え方や方針を示すもの、ガイドラインは部門の中の分掌や権限、責任を示すもの、マニュアルは実務上の手引き、といった位置付けが多いのではないですか。

普通はまず上位の「○○規定」があり、その下の「○○ガイドライン」の『第1条(目的)』に、
『このガイドラインは、○○規定に基づき~をするために制定したものであり、△△の向上を図ることを目的とする』といった表現になります。

その下のマニュアルについても、『第1条(目的)本マニュアルは、○○ガイドラインに基づき~を実現するために・・・』といった具合です。

ですから敢えて「規定>ガイドライン>マニュアル」を明示することは不必要だと考えます。

ただし、社内の規定体系をはっきりさせるために、規定・マニュアル等の体系図を別途作っておくのは有益です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
各ガイドラインやマニュアルに『○○(上位規程)に基づき・・』との表記はありませんが、規程管理規程の別表1「諸規程等の種類と定義」にて以下のように定義はしています。
 ガイドライン→「規程に準拠して・・」
 マニュアル→「ガイドラインに準拠して・・」

別途記載があれば、規程管理規程本則に記載はしなくてよさそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/19 15:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q規則、規程、規定、準則、何か違いや順番があるのですか。

社内規則を策定中です。
規則、規程、規定、準則、何か違いや順番があるのですか。教えてください。

Aベストアンサー

規則=(従業員が)守らなければならないこと
 例:従業員規則 兼業禁止、秘密保持義務など規則に違反した場合は減給や免職などのペナルティが課せられる場合がある。

準則=行動の規範(規則の下位概念)

 例:総務課被服準則 男子職員は背広に白色ワイシャツとし、ネクタイを着用すること。 女子職員は・・・など、違反しても直ちにペナルティは課せられないが、従業員としてあるべき姿を示すルール。

規定、規程=計算等の基準となるルール
 例:退職金(通勤手当、弔慰金)支給規程など

規定と規程は同義に用いられることもあるが、併用する場合には規定が一般的なルールを示す上位概念で、規程がより細かく具体的なルールを示す下位概念とされることが多い。

例:退職金支給規定:勤務年数が○年以上の者が定年退職または勧奨退職するときは、勤務年数に応じた退職金を支給する。

例:退職金規程:採用時に30才を超えていた場合で、前職の経験年数が○年以上ある者は、その○○パーセントを当社における勤務年数として算出する。

といった感じでしょうか。

Q規定、規則、細則

会社の規定を作成しておりまして指摘をうけたのですが会社の規定で
私は
規定-規則-細則 と思っていたのですが
規則-規定-細則 という声がありました
正式にはどうなのでしょうか?
何か法的に決まってますか?
いろいろ調べてみたのですが確証がないのでどなたかご教授下さい
出来れば参考になるHP等あれば幸いです
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

NO.1です。
まず、「規定」と「規則」は、基本的に同じものの「言葉違い」と考えても良いと思います。
社内の制度上の「決まり」「ルール」・・・条項単位であらわされた「考え方」を「規定」あるいは「規則」と呼びます。

これをひとつの制度に係る「規定条項」を体系付けて文書としてまとめたものが、○○制度の規定の「本則」あるいは「準則」、「細則」と呼ばれます。
「本則」は総括的な条項をまとめた文書で、本則の中の特定の章や条項の内容を詳しく規定した文書が「準則」、さらに準則の中の章や条項の運用の仕方等の細目を定めた文書が「細則」です。

ただし、社内で使う時は、○○制度の「本則」とか「準則」とかいう呼称では使いにくいので、それぞれの会社ごとに「規定管理」に関する規定を定めて、
例えば、本則については○○「規程」、準則については○○「規則」、細則二ついては○○「要領」というように、文書の呼称のルールを決めて運用しているということです。

例えば、人事制度に関する社内規定を事例に説明すると・・・、
人事管理に関する本則を「人事管理規程」とし、
人事管理規程の中の人事評価に関する条項の詳細を準則としてまとめて「人事評価規則」とし、
人事評価規則の中の実施細目を細則としてまとめて「人事評価実施要領」とする、というようなことです。

そこで、御社の場合、「規則」の呼称の方が「規程」よりも上位概念にあるという意見が強いのであれば、
「規則」を本則とし、「規程」を準則としても良いということです。

NO.1です。
まず、「規定」と「規則」は、基本的に同じものの「言葉違い」と考えても良いと思います。
社内の制度上の「決まり」「ルール」・・・条項単位であらわされた「考え方」を「規定」あるいは「規則」と呼びます。

これをひとつの制度に係る「規定条項」を体系付けて文書としてまとめたものが、○○制度の規定の「本則」あるいは「準則」、「細則」と呼ばれます。
「本則」は総括的な条項をまとめた文書で、本則の中の特定の章や条項の内容を詳しく規定した文書が「準則」、さらに準則の中の章や条項...続きを読む

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q提供の反対語は

『提供』の反対語を教えてください。

つまり、ものを提供されることですが…

Aベストアンサー

こんにちは~

検索したところ、過去に同じような質問があったので
貼っておきますね★ヾ(´・∀・`*)

「収受」か「受領」が有力候補?のようです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1218136

Q「原則」の意味は?

「原則(げんそく)」の意味を知りたいのです。
たとえば「原則、自動車通勤は禁止。」とか「原則として右側通行です。」といった場合、この原則の意味は?
Goo辞書で調べると「原則」の意味は「多くの場合にあてはまる基本的な規則や法則」と書かれています。

なにが言いたいのかというと、この「原則」という言葉をつけた場合「例外がある」ということを意味しているのか?ということです。
私は、例外がある場合にこの「原則」ということばをつけるのだと理解していますが、先日友人に「原則」とあるのだから、「最低限守る」「絶対に守る」という規則というように言われました。

「原則、~~禁止」とはどう解釈するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

規則という以上、どんな規則であれ守るために作られるわけですから「守る」という基本がおろそかにされないように心配りが必要でしょう。
それゆえの「最低限守る」「絶対守る」という言葉ではないでしょうか。

ただ、「原」には「元」という意味もありますし、「原本」など根本的で大事なものを指す事柄にも使用される語句です。
そのため友人の方が「本当に大事な規則」と勘違いしている可能性もあるかもしれません。

「最低限守る」のではなく「基本的に守る」ということですから、
正解は、あなたの解釈どおり「例外を認める」という含みが当然あります。

QISO9001 規定と基準の違い

ISO9001事務をしています。

社内には「○○管理規定」や「○○管理基準」などが存在していますが、規定と基準の違いはなんでしょうか?
社内の暗黙のルールとして、『規定類』と呼ばれる文書には、規定も基準も様式も含まれておりますので、私の勝手なイメージで、規定の方が上位文書のような気がしていましたが、間違って理解しているように感じ始めました。

来年度よりマニュアル統合などがあり、再度勉強し直し中で、頭が混乱しています。どなたかすっきり明確に教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

会社によっては、長い歴史の中であいまいに使われている場合があるかもしれませんが、本来は以下のような考えになると思います。
#1さんとかぶりますが、
基準は、あくまで、判断基準、目安、行動基準などのようなもので、それ自体が規則やルールではありません。
規定は、規則やルールのことで、遵守しなければいけません。
規定の中で、基準を引用することになります。

Q共有フォルダの整理する【意識が低い】事に対する従業員への施策は何がありますか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
共有フォルダの整理する【意識が低い】事に対する従業員への施策は何がありますか?

例:定期的に「整理しましょう」と呼びかける

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

従業員の立場からしたら「どう整理したらいいのかわからない」のではありませんか?
整理もファイル名、更新日時、ファイル種類、仕事案件ごとなどルール付けすべき候補はたくさんありますから
具体的に細かいルールを制定しなければ「よくわからないからいいや」となると思います。

非常に面倒ですが、全てのケースに該当するような詳細なルールを明文化して配布しましょう。
そして共有フォルダの管理責任者を決めましょう。管理されていなければ責任者を罰する具体的な罰則も決めます。

そしてルールの厳守を共有フォルダに置く場合の絶対条件としておき、ルールから外れたファイルは
社長のであれ誰のであれ、絶対的な管理責任者の権限で削除すべきです。
重要かどうかは関係ありません。ルールとはそういうものなので徹底しましょう。
(削除でなく別フォルダに隠すなどの配慮は責任者がすればよいです)

誰でも痛い目を見ればその後は気をつけるものです。
逆に言えば痛い目をみないとなかなか自分を律するようにはなりません。
甘やかされた環境から厳しくしていけば、最初は誰かが嫌われ役になるものです。
社長や上司の管理に対する理解をとりつけ、有無を言わさぬ管理をすることが必要です。

従業員の立場からしたら「どう整理したらいいのかわからない」のではありませんか?
整理もファイル名、更新日時、ファイル種類、仕事案件ごとなどルール付けすべき候補はたくさんありますから
具体的に細かいルールを制定しなければ「よくわからないからいいや」となると思います。

非常に面倒ですが、全てのケースに該当するような詳細なルールを明文化して配布しましょう。
そして共有フォルダの管理責任者を決めましょう。管理されていなければ責任者を罰する具体的な罰則も決めます。

そしてルール...続きを読む

Q「内部監査」と「内部統制監査」の違いって?

上司から「内部監査」と「内部統制監査」の違いをはっきり認識しておくように言われました。
この二つって、何がどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者の方は、上場会社にお勤めだと思われますので、決め付けてしまうことになり申し訳ないですが、その前提で回答を記載させていただきます。
前の回答者の方が「内部監査」と「内部統制監査」の定義についてご解答いただいておりますので、それ以外のところを回答いたします。

「内部監査」は、事業活動に対しての効率性の診断や違法性の有無の確認を対象としたものであり、「内部統制監査」は会社の内部統制が有効に機能しているかどうかを評価するものと、単純化できるでしょう。
つまり、「内部監査」は会社の事業活動に係る行動を対象とするのに対し、「内部統制監査」は会社の事業活動に係る行動をチェックする活動を対象とし、監査の対象が違います。

監査対象という観点から、監査役や内部監査室が行う監査のみを内部監査として考えるのではなく、各組織で行われる相互チェックも一つの内部監査として捉えるのであれば、「内部統制監査」は会社の「内部監査」が有効に機能しているかどうかを監査するものと言えるでしょうね。

また、「内部監査」は内部監査室や監査役といった会社が行うものですが、「内部統制監査」は財務諸表監査を行っている監査法人、公認会計士により行われるものですから、監査を行う主体も違います。

上司の方がどのような意図で質問者の方に違いを認識するようにと仰ったのかはわかりませんが、監査主体であったり、監査対象であったりが異なるので、そもそもの監査の目的が異なります。
そこをわかってほしいのはないのかな、と推察しました。

なるべく専門的な用語は用いずに説明をしようとしましたが、もし使っている用語に難解なものがありましたら、ご容赦ください。

もし、興味があるのでしたら、内部統制について監査法人のHPを見たり(「内部統制監査」の観点から)、日本内部監査協会のHPを見てみても(「内部監査」の観点から)良いのではないでしょうか。

質問者の方は、上場会社にお勤めだと思われますので、決め付けてしまうことになり申し訳ないですが、その前提で回答を記載させていただきます。
前の回答者の方が「内部監査」と「内部統制監査」の定義についてご解答いただいておりますので、それ以外のところを回答いたします。

「内部監査」は、事業活動に対しての効率性の診断や違法性の有無の確認を対象としたものであり、「内部統制監査」は会社の内部統制が有効に機能しているかどうかを評価するものと、単純化できるでしょう。
つまり、「内部監査」...続きを読む

Q会社に必要な規定等文書類を教えてください

会社に備え付けておかなければならない書類として、
就業規則や賃金規定、従業員名簿などが思いつきますが、
それ以外の書類などとしては、どんなものが必要でしょうか?

できれば、マニュアル的な参考書・本か、サイトをご紹介いただけると
うれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>他の法令は特に必要無く、民法・商法のレベル程度でいいのでしょうか?

いえ。これは業種によるとしかいいようがありません。

例えば、ゲームセンターなどであれば、風営法をある程度
知らないと、営業や経営に差しさわりがあります。

建設業であれば建設業法などもからみます。
そのあたりは、業種ごとに詳しい人に聞かないとなんとも。

雇用に関して。だけであれば、それでいいとも言えます。

賃金規定に関して言えば、一度ぶちあげた規定を、
後から業績が悪いからと書きかえることは至難の業と
思ったほうがいいです。コンプライアンスを遵守する方向なら
余計にです。

業績が安定しない新規の会社ほど、そのあたりは幅を持たせたいので、
最初はかなりいい加減。。というのも見受けます。
そこそこ安定してきて、ようやく雇用契約書など明記できるものが
でてきます。完全に安定して初めて賃金規定も作れるというのが
一般的です。

残業などに関しては、毎年三六協定などを職安に提出する必要はあります。
他にも変形労働制を取る場合も、その手の書類を出さないといけません。
http://www13.ocn.ne.jp/~srsol/shugyou-sec/36kyoutei.html

>他の法令は特に必要無く、民法・商法のレベル程度でいいのでしょうか?

いえ。これは業種によるとしかいいようがありません。

例えば、ゲームセンターなどであれば、風営法をある程度
知らないと、営業や経営に差しさわりがあります。

建設業であれば建設業法などもからみます。
そのあたりは、業種ごとに詳しい人に聞かないとなんとも。

雇用に関して。だけであれば、それでいいとも言えます。

賃金規定に関して言えば、一度ぶちあげた規定を、
後から業績が悪いからと書きかえることは至難の業と
思った...続きを読む


人気Q&Aランキング