出産前後の痔にはご注意!

竹取物語における「翁」の性格はどうだったのだろうか?

例えば、「かぐや姫」を預けて自分の子のように育てたという優しい面もあれば、高貴な人達の求婚が恐ろしく、かぐや姫に結婚するように言った。他にも、欲張りの性格もあるように見られます。

このように、いくつかの面から翁の性格を教えてくださいませんか。

宜しく、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近現代の、人間の心理を描く小説ではないので、統一的な性格を求めること自体無理だと思います。


もともとかぐや姫の話はいろいろな要素の寄せ集めからなっており、(例えば初期の話ではかぐや姫を見つけたのは若者で、その若者が求婚した、という羽衣伝説に似たものもあるそうで)そんないろんな話の人物の性格が話に盛り込まれているのでしょう。
また、恐らくこの頃の人たちは、現代人である私たちと違って「矛盾」を「矛盾」と思わないところがあります。例えば、英雄である倭建命がおばさんの前でメソメソ泣くとか。昔話って、そういうものじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

 私たち関東の者、1930年代浅草生まれで戦災にあい江戸びとの大川である隅田川を越えましたが、関東者にはサンカは被差別の方々ではなく、大和朝廷の系統の変換で山間にのがれた、古族であり本来の大和族の系譜だと認識して、憧憬しております。


 サンカは箕つくりをしながら遍歴する方々ですね。
 私は竹取の翁の素性をそのようにイメージするのですが。論拠はなく単なるイメージの重ねですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹取物語~主人公が竹取の翁だった場合~

普通、竹取物語の主人公はかぐや姫です。

しかし竹取物語は別名、“翁の物語”とも言われています。

もしも主人公が翁だった場合、竹取物語は何を伝えたいのでしょうか?


例えばかぐや姫が主人公の場合、

━━姫は月で罪を犯し、罰として地上に行くことになった。
そこで5人の貴公子と帝に求婚されたが、全て断った。
 ある日、月から使用人らしき人が現れ、月に帰る━━

という話じゃないですか。

それが翁だった場合は、何を伝えたい物語になるのでしょうか?

Aベストアンサー

普通に考えて、
親子の絆とは血の繋がりではなく共に暮らしてきた時間によって育まれるものである、
ということを伝える物語 とするのが単純明快で良さそうに思えます。

また、かぐや姫が、育ててくれた老夫婦にいついつまでも健勝に過ごして貰いたいとの思いから、最後に不老不死の薬を渡します。
しかし老夫婦はこの薬を使わず、姫の事を思い出して悲しみながら、一番高い山に登って薬を燃やしてしまいます。

このエンディングから、
不老不死は人間にとってある種の夢であるが、そうなることは一概に幸せな事であるとは言えないという教訓を行間に込め、限りある生というものの大切さ、死による救済の物語、として語ることも出来なくもないと思います。

Q竹取物語の求婚について

竹取物語では、5人の貴公子がかぐや姫に求婚し、いずれも難題をもちかけられて失敗しています。
この難題求婚説話の性格をもつ昔話が、竹取物語と今昔物語集の「竹取翁」以外にあったような気がするのですが、まったく思い出せず困っています。
竹取物語より古いものでも新しいものでもかまいません。
ぜひお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

課題婚ですね。
オオクニヌシがスセリヒメと結婚するためスサノオから難題を出される話が有ったように思います。
蛇やムカデの部屋に入れられるとか、焼き殺されそうになるとか。
スセリヒメの助けで危機を脱したはずです。


人気Q&Aランキング