今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

そのまんまですが、軽くてオススメのフローティングベストをお教え下さい。
用途はウェーディング時。
身長168cmと大きい方ではないため、シンプルで軽い方が良いなと
思っています。
使い勝手は勿論ですが、下手に収納多くても動きにくそうですし。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は リバレイ社のショートライフベスト(のシリーズ)をお勧めします。



ウェーディング時はやっぱりショート丈であることが肝心になると思います。
収納容量も最大級なんじゃないかな?他社品と比べてみてください。
結構アレンジもききますよ。
ライフベストの面積(体に接触する面積)も比較的小さい方なので、
夏場の装着についても適すると思います。

蛇足ですが、当方のフローティングベスト選びのポイントは、
片手でファスナーが開く。
ファスナーがプラスチック製で錆びない。
ファスナーの開口面積、位置が適当。
等がありますが、これらはの条件は勿論満たしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅くなりました。
店頭でRBB BV10試着してみて、見た目よりも着け心地も良く
重さも思ったほどではありませんでした。
一つ前の型のBV902も良さそうですが、こちらは店頭に置いている
ところが既に比較出来ず残念です。

お礼日時:2011/12/08 21:37

軽くて嵩張らないのを第一と考えるのならボイルの「インフレータブルフローティングベスト」がいいでしょう。


http://www.tiemco.jp/project/fishing_catalog/inf …

カタチは普通のウエーディングベストですが浮力体がありません。代わりに内蔵の浮き袋を手動で膨らませせます。収納量は十分あります。

このベストは磯場やテトラ帯には使わないほうがいいです。浮力体は嵩張りますが転倒時に体を保護する役割がありますから。向くのは干潟などのウエーディングまたは船釣りです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼遅くなりました。
すごく使い勝手良さそうな商品ですね。
しかしながら値段がちょっと手が届かずです…。

お礼日時:2011/12/08 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめライフジャケットを教えてください

沖釣りをメインにしていますが、まったく泳げないので必ずライフジャケットを着用してます。
現在使用しているものがボロくなってきたので買い換えを検討しているのですが、

肩掛け(首掛け)タイプ
http://fishing.shimano.co.jp/product/wear/739

ベルト(ウェスト)タイプ
http://fishing.shimano.co.jp/product/wear/757

ウェストポーチタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/aorinetshop/048-15356.html

で迷っております。
(上記リンクはそれぞれのタイプの見本であり、その商品が候補になっているわけではありません)

緊急時以外はまったく不要な物ですので、なるべく着用感が無く、かついざというときにはしっかり機能する物を選びたいと考えてます。
それぞれのメリット・デメリットやご意見、おすすめなどうかがえればと存じます。
それぞれ自動膨張や手動式ありますが、その点についてもあわせてご意見賜りたいです。

なお、磯などでよく使われるジャケット(ベスト)タイプのものは今回検討しておりませんが、強いてそれを選ぶべき理由があればお聞かせ願いたいです。

よろしくお願いいたします。

沖釣りをメインにしていますが、まったく泳げないので必ずライフジャケットを着用してます。
現在使用しているものがボロくなってきたので買い換えを検討しているのですが、

肩掛け(首掛け)タイプ
http://fishing.shimano.co.jp/product/wear/739

ベルト(ウェスト)タイプ
http://fishing.shimano.co.jp/product/wear/757

ウェストポーチタイプ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/aorinetshop/048-15356.html

で迷っております。
(上記リンクはそれぞれのタイプの見本であり、その商品が候補になっているわ...続きを読む

Aベストアンサー

勧めるのは、肩掛け(首掛け)タイプ
しかも尻バンドをちゃんと股に通しての使用。

ベルト、ウエストポーチタイプはどちらも浮き輪のようになります。

で、落水の状況なんですが。

 頭から落ちて自動膨張すると、ベルト、ウエストタイプが足側にライフジャケットが浮いて身体は沈みますから、浮きだけが浮いてる状態になります。

肩掛けタイプでちゃんと尻ベルトを使ってる場合、頭から落ちても頭を上にして浮き上がる(ベストが身体から離れない)ので生還しやすくなります。

自動膨張タイプはボンベ、膨張体その物に有効期限がありますから一生物ではありません、100%確実に膨張するか?
というとそうでもなく実際は70%の確率だとか?

固形の浮力体の物は24時間経っても浮力の変化が少ないのがほとんどです、落ちてすぐ救助されるならいいですが、流されたりして救助まで時間が掛かる事を想定するのであれば、一般的なベスト式をお勧めします。


手動膨張式はお勧めしません。落ちた時に意識があればいいですが、そうでなければ膨らます事無く沈んでいきますから。

Qリバレイのレインウェアの使い勝手は

レインウェアの購入を考えています。現在、ミクロテックスのレインウェアを使っていますが、20年以上も経っていますし、体型もMからLかLLに変わり(15キロぐらい太りました)小さくなってしまいました。当時は尾根歩きをしていましたが、現在は釣り(エリア、渓流)とバイク通勤の雨具として使っています。楽天やオークションを見るとリバレイのレインウェアが手ごろな価格で売っています。リバレイのレインウェアはミクロテックスと同じぐらいの性能はあるでしょうか。またリバレイの製品もRL13とかRL24など値段の違いがありますがデザインの違いだけでしょうか、それとも雨天時の使い勝手が違うのでしょうか、ぜひ、ご教授いただきたいと思っています。ゴアテックスは予算オーバーなので考えていません。

Aベストアンサー

リバレイのアクアマックスのレインウェアですが、
恐らくミクロテックスよりも実際の耐水圧が低いと思います。
私は、シマノのゴアテックスXCRのレインウェアを年落ちで購入
しましたが16千円ほどで買えました。大手?量販釣具チェーン店
でのことです。
レインウェアは、楽天、オークションで探すよりも、実店舗の
在庫処分の方が安いことが多いような気がします。

それで、一緒に釣行する相棒がリバレイ使用ですが、ゴアテックス
では全然染みてこない雨量でもリバレイではすでに染みていること
が多いです。
ダイワのブレスアーマーの方がリバレイより少しましなようです。
こちらは、透湿性が落ちるので内側にじっとり汗をかきます。

後はデザインの問題で手首や首筋等、雨が入りにくいものを
選ぶということでしょうね。それと動きやすさの兼ね合いです。

Qシーバスロッドでブリも釣れるようなロッドを教えて頂けますか

シーバスロッドでブリも取り込めるようなロッドを探しています。またそれに合うリールも出来れば教えて頂けますか。
条件は以下の通りです。

(1)シーバスロッド
(2)青物(大カンパチ(10kg以上))などの大物に耐えれるロッド
(3)ロッドの価格は、3万以下

実は、海上釣り堀に行く予定なのです。そこには、ブリのような青物もいるようなのですが、私のロッドの中には、
その青物に耐えれるようなロッドの持ち合わせはありません。そこでシーバス釣りは今後やってみようかと考えておりましたので、
出来ればシーバスロッドで、その青物にも耐えれるようなロッドであれば今後も使えるので、良いのがあれば購入したいと考えました。
そこの海上釣り堀のホームページには、「タイやワラサ、ブリ、大ブリ(10kg以上)、
カンパチ、大カンパチ(10kg以上)、ヒラマサ、大ヒラマサ(1m以上)、シマアジ、
イシダイ、クエ、ヒラメ等」が釣れると書いてあり、持ち込み可能なロッドの制限に3.6M以下のロッドとありました。
何とか条件に合うようなロッドを教えて頂けないでしょうか。

シーバスロッドでブリも取り込めるようなロッドを探しています。またそれに合うリールも出来れば教えて頂けますか。
条件は以下の通りです。

(1)シーバスロッド
(2)青物(大カンパチ(10kg以上))などの大物に耐えれるロッド
(3)ロッドの価格は、3万以下

実は、海上釣り堀に行く予定なのです。そこには、ブリのような青物もいるようなのですが、私のロッドの中には、
その青物に耐えれるようなロッドの持ち合わせはありません。そこでシーバス釣りは今後やってみようかと考えておりましたので、
出来...続きを読む

Aベストアンサー

シーバスロッドよりショアジギングロッドのほうがよさそうですね。
ダイコーの「プレミア」、シマノの「GAME AR-C」、メジャークラフトの「ザルツ」等等…

青物はとにかくよく引くので、シーバスロッドより強めのものが必要になります。
(同じサイズでもフッコとイナダでは大違いです)


リールもシマノの4000番、予算が許すならパワーハンドルのついた6000番くらいのほうが楽かもしれません。

Qモンベル、コロンビア、パタゴニア等のメーカーで売っているレインウェアについての質問です。。。。

値段が1~2万します。そして雨をはじき、
ムレは外に出すと言っています。
あれって本当なのでしょうか?
本当であれば買ってもいいのですが、、、
実際はどうなのでしょうか???
1~2万出す価値があるのでしょうか???
実際着ている人、感想を聞かせてください。

Aベストアンサー

 「雨をはじき、ムレを外に出す」機能を持った素材を"防水透湿性素材"と言います。そして、防水透湿性素材を使用したウエアを"ハードシェル"と呼びます。レインウエアもハードシェルの一種です。

 パタゴニアで1~2万円で買えるハードシェルはないと思うのですが。現行品で最も安いのがレインシャドージャケットで、これは3万円弱の価格です。

 この「雨をはじき」という文言は、言葉そのままだと"撥水性"のことになりますが、完全防水ではないが強力な撥水処理を施したウエア(当然ですが透湿性はハードシェルより高い)を"ソフトシェル"と呼びます。ソフトシェルならパタゴニアでも2万円弱の製品があります。
 登山用の機能性素材に少し詳しくないと、カタログの文言だけではハードシェルとソフトシェルを混同することがあるので注意が必要です。

 ハードシェルに使われる"防水透湿性素材"の代表格がゴアテックスです。これはゴアテックス社による素材で、各アウトドアメーカーはゴアテックス社から素材の提供を受けてウエアを開発・製造しています。

 ただ、ゴアテックス製のウエアはどのメーカーでもジャケットだけで2万円前後、上下セットで3万円あたりが最も安価な製品になるので、1~2万円あたりの価格帯の製品は、ゴアテックスではなくウエアメーカーがオリジナルで開発している防水透湿性素材を使用している可能性が高いです。

 防水透湿性、すなわち「水は通過させないが水蒸気は通過させる」機能のメカニズムには、大きく分けると2種類あります。

 1つ目は「多孔膜メンブレンによるもの」で、水分子は通過させないが水蒸気分子は通過させる程度の大きさの"穴"が無数に開けられた膜を使う、というものです。ゴアテックスがその代表格です。

 もう1つは、「親水性の無孔膜コーティング(またはメンブレン)によるもの」で、穴がない親水性の素材がウエア内の水蒸気を吸湿し、ウエア内外の湿度勾配によってウエアの外に蒸散させる、というものです。
 ま、ゴアテックスも湿度勾配がなければウエア外に透湿することはないので、透湿性能を湿度勾配に依存しているという点では同じですが。

 絶対的な性能はそれぞれの素材の性質によるので一概には言えないのですが、後者の無孔膜コーティングの方が安価にできるので、1万円台からある各メーカーオリジナル素材を用いたハードシェルは、たいていこちらの素材を使っています。

 理屈で考えると、単に"水蒸気の通過を阻害しない"多孔膜メンブレンより、"積極的にウエア内の水蒸気を吸湿する"無孔膜コーティング系の素材の方が、多くの状況で透湿性能を上げやすいはずです。現に多孔膜メンブレンの代表格であるゴアテックスも、現在のものはメンブレンの内側に無孔膜コーティング層を設けています。

 現在は大部分のウエアメーカーがゴアテックス製品を展開する一方で、オリジナル素材を用いたハードシェルのラインアップも展開しています。そのたいていはゴアテックス製品より安価な価格設定にした"廉価版"という位置づけです。

 少し事情がことなるのはモンベルとパタゴニアでしょうか。
 モンベルはオリジナル素材を2種類(ドライテック系とハイドロブリーズ系)開発しているのですが、ドライテック系の方はゴアテックス製品と同価格帯のモデルもラインアップしていますし、ウエア以外のシュラフカバーなどの製品ではドライテック系の方をメインにしてモデル展開をしています。
 またパタゴニアはゴアテックス製品をほとんど作らず(数年に一度、想い出したようにゴアテックス製ウエアをラインアップすることがある程度)、メインは完全にオリジナルのH2Noという素材でモデル展開しています。価格帯も他社ゴアテックス製品と完全に同価格帯(日本ではむしろ高価格帯)です。

 コロンビアはオムニテックというオリジナル素材を開発していて、やはりメインはそちらに移行しつつあります。

 私はモンベルのゴアテックス製ジャケット、スーパーハイドロブリーズ製のレインスーツ(上下セット)、パタゴニアのH2No製のジャケット、オンヨネのブレステック製のレインスーツを持っています。ゴアテックスとH2Noは複数持っています。

 防水透湿性の性能自体は体感的にはどれもほぼ同じですし、簡単な実験をしてみてもやはり同等です。
 ウエアとしての総合的な機能性は、素材だけではなく各部の仕様に依るわけですが、価格を考えなければベストは文句なしにパタゴニアです。ま、3万円のモンベルのゴアテックス製ハードシェルの倍以上の値段がするのですが、性能も倍違うかと言われれば微妙ですが、モンベルより良いのは確かです。

 透湿性能(ムレを出す性能)だけで言えば、オンヨネのブレステックという素材で作られたウエアも良いです。これも1万円ちょっと程度の価格帯のレインスーツ(上下セット)で、レインウエアとしては最も安い価格帯になるのですが、いくつかの状況では明確にゴアテックスより透湿性が良い、と感じます。

 モンベルは機能と比較した価格が非常に安いのが魅力です。マムートあたりの5万円のジャケットとモンベルの3万円のジャケットで、機能的には同等か、むしろモンベルの方が良いくらいですから。ま、マムートが高すぎるのですが。(マムートを扱っているショップの店員が「マムートなんて"高いだけ"ですよ」と言ってましたが、私も同感)
 スーパーハイドロブリーズ製のレインスーツで1万円あたりですが、これも仕様的にはレインウエアとしては完成されているので、この価格は大バーゲンだと思います。

 コロンビアは所有したことがないので判りません。

 ノースフェイスはアメリカのノースフェイス本体とはまるきり別で、実はその正体はゴールドウインです。
 結局日本メーカーなので無難な造りと仕様なのですが、細かな仕様が私の好みとは微妙にピントがずれていて、数着入手してもすぐ嫌になって手放しているので、長く所有したウエアはありません。

 タラスブルバは・・・何故かまったく食指が動かないですね。今まで興味を惹かれたモデルもないですし。ミレー、ロウアルパイン、アゾロも同様です。

 マムート、アークテリクスは価格が高すぎるので守備範囲ではありません。

 性能的にはゴアテックスでなくても1万円当たりの価格帯の製品で十分"透湿"を実感できます。
 試しにレインウエア上下を着て30分ほど動かずにじっと座ってみると判ります。
 ビニールカッパ(防水性は完璧だが透湿性はゼロ)を着こんで30分ほどじっと座っていると、冬でも身体から出る水蒸気がカッパ内側で結露して"びしょびしょ"に濡れます。防水透湿性素材を使ったウエアだと、ウエア内側はまったく結露しません。

 むろん、これらの素材は結局のところ、ウエア内外の湿度勾配によって湿度が高い方(ウエア内側)から低い方(外側)に水蒸気を放出しているだけなので、暑くて汗をかくような時に、その汗までガンガン放出してくれるわけではありません。汗をかく量が激しくてウエア内が水蒸気飽和に達してしまえば、激しく蒸れることになります。透湿するより身体から水蒸気が"供給"される方が早い場合に飽和に達するわけですから、これは当然のことですが。

 ですが、雨の中ででも着てみれば、その絶大な効果はすぐ判ると思いますよ。
 ゴアテックス登場以前は、森林限界を越えた山で雨に降られると簡単に死人が出ました。私もその頃は体力が有り余る年齢でしたが、危険な場面に何度も追い込まれました。
 それがゴアテックスの登場によって本当に劇的に変わりました。私は初めてゴアテックスのウエアを着て行動した時は、マジに感涙に咽びましたもん。

 「雨をはじき、ムレを外に出す」機能を持った素材を"防水透湿性素材"と言います。そして、防水透湿性素材を使用したウエアを"ハードシェル"と呼びます。レインウエアもハードシェルの一種です。

 パタゴニアで1~2万円で買えるハードシェルはないと思うのですが。現行品で最も安いのがレインシャドージャケットで、これは3万円弱の価格です。

 この「雨をはじき」という文言は、言葉そのままだと"撥水性"のことになりますが、完全防水ではないが強力な撥水処理を施したウエア(当然ですが透湿性はハー...続きを読む

Qロックフィッシュ(アコウ、カサゴ)とエギング兼用のスピニングロッドを購

ロックフィッシュ(アコウ、カサゴ)とエギング兼用のスピニングロッドを購入しようと考えてます。

瀬戸内で夜にアコウ・カサゴなどをワームで楽しんでるロックフィッシュ初心者です、エギングはたまにやってる程度です(エギング:ロック 2:8くらい)

餌でやってたんですが去年からアコウなどをルアーで狙い始め、その時の主流のタックルはエギアリストという安い8fエギ竿(3号のエギまで?)とナスキーC3000かダイワの2500番に1.5号のPEを巻いて、3~10gのシンカーのテキサスリグ・ジグヘッドで主にボトムで本命のアコウを狙ってました。
がしかし30センチくらいからのアコウは引きが強くロッドかリールにパワーがないのか腕が無いのか、取り込むのに苦労しよく根に潜られてましたです。(^^;
しかも事故でロッド折ってしまいました。(T-T)

最近シーズンインしたんで扱いやすく食い込みも悪くなく感度も良いロッドをまれに来るデカいヤツに備えてもう少しパワーのあるスピニングロッド新調しようようと考えてます。(専用ロッドは考えてません)
スピニングリールにPE1.5を巻いて3~10gのルアーを多様するならば・・

・エギングロッドの方が使いやすいでしょうか?。

・エギングロッドならば8fくらいでエギ2.5号~4号くらい使えMHぐらいがいいでしょうか?。

・近くの店に半額でダイワのエギ竿INFEET-X'TREMEがあってかなり気になってるのですがロックフィッシュにはいいですかね?

・リールは4000番くらいにした方がいいでしょうか。

初心者なんでわかりにくい質問ばかりかもですみません、予算は一万円前後と考えてるんででお勧めのロッドがあれば教えてください。他にアドバイスなどあればよろしくお願いします。m(__)m

ロックフィッシュ(アコウ、カサゴ)とエギング兼用のスピニングロッドを購入しようと考えてます。

瀬戸内で夜にアコウ・カサゴなどをワームで楽しんでるロックフィッシュ初心者です、エギングはたまにやってる程度です(エギング:ロック 2:8くらい)

餌でやってたんですが去年からアコウなどをルアーで狙い始め、その時の主流のタックルはエギアリストという安い8fエギ竿(3号のエギまで?)とナスキーC3000かダイワの2500番に1.5号のPEを巻いて、3~10gのシンカーのテキサスリグ・ジグヘッドで主にボトムで...続きを読む

Aベストアンサー

ロッドは8ftくらいが扱いやすいと思います
エクストリームはチタンフレームなので9ftでも扱いやすそうですねー
ロッドはエギングとロック兼用なら感度を求めても、パワーを求めてはいけないと思います
竿さばきでカバーしましょう
根魚が入るところは根掛かり多いものです、逆に言うと根掛かりが多い地形がロックフィッシュ多し!
底を攻めていれば多分どんなロッドでも根掛かりしますよ
根掛かりはロッドパワーでなく、感度で回避しましょう
来た!と思ったら合わせ入れて「うりゃ、りゃりゃりゃりゃー」ってゴリ巻きです
他に「a・ta・ta・ta・ta~」ていうのもおすすめー
短いロッドならラインを張ったまま、一撃必殺でガツン!と後合わせを入れてー、気絶させてから浮かせるという荒技も有ります(へたにやるとフックアウトします・・・笑)
カサゴはアホ魚なので、底をはわせると、のこのこついてきて、アタックしてきますが、クエ・ハタ系って、回収しようと早巻きしてたら、掛け上がりでガツン!と来る感じしませんか?
足下でこれやられると「大きかったのに~」ってバラシあるんですよねー
足下まで駈け上がりがある場所では、手前に来れば来るほど早巻きが必要ですよねー
リールはダイワ・カルディアKIX2508すすめー
一巻き70cmの大きいスプールで、PE1.5号200m巻けます
どうせなら3500番買って、青物とロックの兼用リールにするといいですよ
でかいの釣れますように

ロッドは8ftくらいが扱いやすいと思います
エクストリームはチタンフレームなので9ftでも扱いやすそうですねー
ロッドはエギングとロック兼用なら感度を求めても、パワーを求めてはいけないと思います
竿さばきでカバーしましょう
根魚が入るところは根掛かり多いものです、逆に言うと根掛かりが多い地形がロックフィッシュ多し!
底を攻めていれば多分どんなロッドでも根掛かりしますよ
根掛かりはロッドパワーでなく、感度で回避しましょう
来た!と思ったら合わせ入れて「うりゃ、りゃりゃりゃりゃー」っ...続きを読む

Q釣ったアオリイカはすぐ〆る?活かす?

ヤエン初心者です。アオリイカを釣っておられる方々に質問なんですが、チヌとかではつれたらスカリなどで帰るまで生かしておいたりすると思うんですが、アオリイカの場合はどうなんでしょう?まわりに詳しい人がいないので教えてください。釣り行時間は夕方から~翌昼ぐらいまでです。
すぐ〆た方がいいのか帰るまでスカリなどで生かしておいた方がいいのか(アオリってスカリの中でも生きてるのか?ブログでスカリに入れると虫?なんかがついたりするとか書いてあったので不安)みなさんどうしているのでしょうか?大きさや数にもよるのでしょうがどうなされてるのかおしえてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

エギング歴、20年近くになりますが私は必ず釣ってすぐに絞めて1匹ずつビニールに入れて
クーラーに入れています(サイズに合わせて大中2種類を数十枚バッグに入れています)

イカは身体の大半が水分で、魚のように鮮度が落ちることによって、すぐに細胞が破壊されて
肉が腐敗してなどいうことが少なく冷凍でも1ヶ月は十分においしく刺身で食べることが出来ます。

船で釣ってすぐに食べて美味しいというのも、ほとんどはヤリイカやケンサキイカなどのツツイカ類で
これらはアオリのように身が固くなく、釣ってすぐでもさわやかな甘みがありますから
船上で食べても甘く美味しいですが、アオリイカは冷蔵や冷凍後の方がはるかに甘く
身も柔らかくなって皮も剥げやすく、釣ってすぐより冷蔵などをした方が良いことずくめです。

それに捌くのが上手な船長さんなら、ツツイカ類もしっかり繊維と逆に隠し包丁を入れて硬くないようにしていますから
その日でも柔らかく感じますが、500g以上のアオリなら釣ってすぐなら甘みもなく硬いだけで
全然美味しくないですよ。

かく言う私もどうしてもその日に食べたい時はありますが、その時は最も小さい(出来れば300g前後)
ものを食べるようにして、それ以外はマジックで1匹ずつビニールに日にちを書いて
そのまま冷凍して、その後は日にちの前の分から順に食べるようにしています。

この方が釣って帰っても非常に楽だし、イカはおいしくなるしで良いのですが
シーズンになると冷凍庫がアオリだけで満杯になるので小型の冷凍庫が欲しいところです。

冷凍や冷蔵をするにしても水洗いすると、真水はイカの鮮度を一気に落としますから
釣ってっすぐに絞めてビニールに入れたら、スミを吐いていてもそのまま冷凍するのが
長く鮮度を保つコツです。
あとは食べるときに自然解凍して、その時に初めてスミなどを洗えば良いだけです。

1kgオーバーのアオリなどはいくら身に隠し包丁をしても非常に身が固いので
冷凍して食べるにも身を刺身用に切るときに、フグやヒラメのように斜めに薄くそぎ切りにすると
上下の皮の部分が非常に少なくなって、ほとんど内側の身だけになりますから
柔らかく何とも言えないトロッとした甘みが出て、アオリ本来のおいしさを味わえます。

スカリで活かしておくと、その海域によってはウツボなどに簡単にスカリは喰い破られて
中のアオリはすべて食い尽くされてスカリも穴が開いて使い物にならなくなります。

私の地域は九州でもおそらく最もアオリイカのエギングやヤエンなどが盛んな地域で
県外者もメチャクチャ多いですが、スカリは全く見ませんね。
唯一スカリを使っている年配の方などがいらっしゃいますが、そんな方は全員ウツボなどの
対策に金属製のスカリを使用しています。

こちらの外洋に面した波止ではグレやアオリなどをスカリに浸けていてクーラーなどに縛っておくと
大型のエイがスカリを噛み破りながらクーラーごと引き込んでいく事例が過去に何度も発生しています(笑)
アオリは別に活かしておいても何も良いことはないので、釣ってすぐ絞めるのが良いですよ。

エギング歴、20年近くになりますが私は必ず釣ってすぐに絞めて1匹ずつビニールに入れて
クーラーに入れています(サイズに合わせて大中2種類を数十枚バッグに入れています)

イカは身体の大半が水分で、魚のように鮮度が落ちることによって、すぐに細胞が破壊されて
肉が腐敗してなどいうことが少なく冷凍でも1ヶ月は十分においしく刺身で食べることが出来ます。

船で釣ってすぐに食べて美味しいというのも、ほとんどはヤリイカやケンサキイカなどのツツイカ類で
これらはアオリのように身が固くなく、釣って...続きを読む

Qベイトリールでキャストできるお勧めのPEラインは?

アブの5600C4にラパラのラピノヴァの黄緑色1.5号を巻いて初めてベイトを使い海でPEを使用してみました。ラピノヴァにした理由はブログ等で腰があってベイトリールに合うと書かれていたからです。しかし、実際に使用してみるとコーティングがすごく荒く、糸と糸の摩擦がすごく糸が全然でません。指で引っ張らないと時折ひっかかりがあり糸が出ない状態です。糸はテンションを掛けてこれでもかという程きっちり巻きました。あげくの果てに数回キャストでルアーが吹っ飛んで行き一気にテンションが下がり帰宅です。ちなみにメタルジグ45グラムを着けて、ただクラッチを切ってたらした状態でもひっかかりがあり途中で糸が止まってしまうくらい醜い物でした。私の買ったラピノヴァはもしかしてコーティングが粗い不良品だったのでしょうか?コーティングがあるとベイトで使い辛いのは色々調べて購入前に分かっていたのですが、カヤックフィッシングで有名な方がラピノヴァ0.8号をアブの4000番台で気持ちよく使っているという記事を見たのでそれを鵜呑みにしたのです。
再度挑戦したいのですが、キャスティングで使えてなるべく安いおすすめのPEラインを教えてください。昔、バスのトップウォーターでPEを使っていた事がありますが恐らくコーティングのついてないめちゃくちゃに太い物だったと思いますが銘柄は忘れてしまいました。

アブの5600C4にラパラのラピノヴァの黄緑色1.5号を巻いて初めてベイトを使い海でPEを使用してみました。ラピノヴァにした理由はブログ等で腰があってベイトリールに合うと書かれていたからです。しかし、実際に使用してみるとコーティングがすごく荒く、糸と糸の摩擦がすごく糸が全然でません。指で引っ張らないと時折ひっかかりがあり糸が出ない状態です。糸はテンションを掛けてこれでもかという程きっちり巻きました。あげくの果てに数回キャストでルアーが吹っ飛んで行き一気にテンションが下がり帰宅です。ち...続きを読む

Aベストアンサー

お使いのリールは私は使ったことがないので推測ですが、密に巻くタイプではないでしょうか?そうだとするとコーティング云々の前に食い込みが発生して出にくくなると思います。いわゆるハイスピードレベルワインド採用のリールならこのような現象は起こりにくいです。

さてPEラインですが、私の愛用するのはヨツアミ G-SOUL SS112 です。コーティング系ではなくダイニーマとエステルのハイブリッドPEです。エステルによってハリを持たせているためコーティング系よりは長期に渡ってコシ・ハリを保っています。現在は0.8号から1.5号まで使用していますがバックラッシュしてもハリがあるためほどきやすく大変気に入っています。10数個ストックしているほどです。

45gのジグですと1.5号でもちょっと不安ですね。2号まではあったと思います。太い方をおススメいたします。

Qサーフでのルアーの飛距離について

去年からサーフでルアー釣りを始めましたが全く釣れずに終わり
個人的に分析すると、飛距離が足りない(30mほどしか飛んで
いません)、ライントラブルが多いのが主な原因かと思いました。

ライントラブルは着水する前にサミングすることで解消できると
アドバイスをもらいましたが、飛距離は60~80m必要でしょうか?

竿は購入するつもりですが9ft程度が良いとアドバイスを頂いています。
(10ftだと初心者では竿が上手く曲がらず扱えないとのことでした)

竿は遊びでするのでお店で購入またはオークション、ネットショッピング
で安価で購入したいのでこれについてもアドバイス頂けると助かります。

現在竿はもらいもので硬くて短い、ラインはナイロン2号、リールは3号?(
セール品)を使用しています。

Aベストアンサー

ルアーにもよりますが、普通は皆さん40~70mほどは飛ばしてます。
総じて飛距離は正義ではあると思いますが、
遠浅な場所でなければ30mの飛距離でも魚は釣れる事があります。
飛距離を出すには、竿をそれなりに長くする、ラインを細くする、重めのルアーを使う、
他にもキャスティングの練習も必要となります。

竿の長さや固さは慣れるまで大変ですし、
10ft超えだとへたすると自分に合わないものとなるかもしれません。
8.6~9.6ftのMLクラスが使いやすいと思います。
ナイロン2号より細くするのは微妙なところなのでおいおいPEライン等にすれば良いでしょう。
リールの番手は2500~3000番くらいのものを使用すると竿とのバランスも取れると思います。
出来ればワゴン等のセール品のリールはライントラブルを起こしやすいので、
シマノだとナスキーやエルフ、ダイワだとレガリスやレブロスクラスが低コスト。

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Qルアーの選択方法について

遠浅のサーフでヒラメを狙おうと思っています。種類が多すぎてルアーの選択方法がわかりません。

ベストにはルアーケースが2個以上入りますが、1個に入る限界の12本だけ持つとします。

どのように考えて選びますか?取り敢えず以下のように考えました。

・レンジが異なるミノー:表層・中層・下層の3種類
・ヒラメ用ジグ1種類
・色のバリエーション:上記各3色

以上から (ミノー3種類+ジグ1種類)×3色=12本 となります。

当然ながら色を減らせばルアーの種類を増やせますし、ルアーの種類を絞れば色を増やせます。

このような考えでよいでしょうか?具体的なルアーの銘柄を聞いているわけではありません。


アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

毎年11月から6月まではほぼ毎週グレ釣りとヒラメ釣りの週ごとの繰り返しをしています。

私の場合は九州東部ですの、地元も隣県もかなり遠浅で、着水点60m前後でも2mあるなし程度です。

ルアーケースは2個に分けていますが

まずメインの12cm前後のミノー

表層:シャアラインシャイナーR50LD(ゴールド系とリアルホロ系)

中層:ima SASUKE列波120(キャンディー系と改造キスカラーやイワシ系)ほぼこれがメインかな

下層:ヒラメミノーIIと同じシマノのMD-NA(共にクリアキス)

次にベイトの小型対応に9cmミノー
シマノ:サイレントアサシン99S(ウエイトチューンでより遠投、ファーストシンキングにチューン)
※腹と尻のフックの間に3mm幅程度の鉛シートを貼っている(厚さ0.3mm)

これ以外に8cmから9cmのヘビーシンキングミノー
驚異的な飛距離のスピンドリフト80HSと価格が安くアクションもも良いアンリパのF-LEAD
(これらを各2~3色程度)

ほぼこれぐらいです。

以前はこれ以外にジグやバイブ、ワームまで各2個ぐらい入れていましたが
ジグやバイブの代わりはヘビーシンキングミノーで十分異常に代用可能(と言うか飛距離は変わらず
アクションはよりアピール出来る)なので、遠投してボトムからリフト&フォールやリトリーブ&
フォールでヒラメ、マゴチまで十分釣れますから、他の必要性は最近は全く感じていません。

※銘柄を書きましたが、あくまでこんな程度の使い分けをしているぐらいでお考え下さい)

毎年11月から6月まではほぼ毎週グレ釣りとヒラメ釣りの週ごとの繰り返しをしています。

私の場合は九州東部ですの、地元も隣県もかなり遠浅で、着水点60m前後でも2mあるなし程度です。

ルアーケースは2個に分けていますが

まずメインの12cm前後のミノー

表層:シャアラインシャイナーR50LD(ゴールド系とリアルホロ系)

中層:ima SASUKE列波120(キャンディー系と改造キスカラーやイワシ系)ほぼこれがメインかな

下層:ヒラメミノーIIと同じシマノのMD-NA(共にクリアキス)

次にベイトの小型対応に9c...続きを読む


人気Q&Aランキング