『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

競馬では血統より調教が全てだと考えています。ブエナビスタが4着に敗れたときも調教が全くダメの過剰人気だと分かるように、叩き台のレースや本気で勝負をしてきたレースなど調教で全て分かるものです。今調教の情報は競馬のテレビで生中継されている解説者などからの調教情報でしか分かりません。ブエナビスタが4着に敗れたときも女性の鈴木さんでしたっけ?その人がブエナビスタの調教は全くダメでしたと強く言っていました。
あとは、サタウマの川田のオッチャンが軸にする馬の調教を教えてくれるぐらいです。調教の数字とか書かれていても全く素人には分かりませんし、理解出来ません。かと言って、調教師のコメントなんて良い事しか言わないで信頼できません。
ここで質問なんですが、素人にも理解しやすく詳しく調教などを教えてくれる公式サイトなどありますか?例えば、この馬は走りもスピードも悪く本来の調子には戻っていなく、お腹回りも太っていて今回は見送りです。みたいな、教えてくれる公式サイトなどがあれば教えてください。または、本でも調教が素人に分かる競馬新聞の調教の見方などを書いてある調教の本があれば教えてください。Amazonや楽天で調教の本を探したのですが、評価が良い調教の本が、たくさんあり決められませんでした。とりあえず、調教の公式サイトとオススメの本を教えてくだされば助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔から言われている格言は『調教は縦に読め』です。

その馬が、各レースごとにどんな調教をして、どのくらいのタイムを出したのかを時系列に見ろと言うことです。調教とレース結果を縦に見るということ。そして、レース後のコメントを読む。私の予想検討は、血統も重要視しています。詳細は企業秘密ですが、(1)ローテーション(2)血統(3)調教(4)コース(5)持ち時計と上がり時計(6)展開予想 などです。このなかで調教は、先にも述べたように過去の調教との比較です。いつも単走の馬が2頭併せした時にはその理由を考える。いつも併せる馬が単走のときにも同じ。馬は毎日運動していますが、時計を出す追いきりは大体、水曜日・木曜日ですが、馬によっては追いきりは軽めでも本番に走る馬とか、追いきりに走ると本番も走るとか有ります。このパターンを馬ごとに覚えること。そして、見落とせないのが、前日追いです。レースの前の日に時計を出す追いきりをする馬で人気薄が穴を出すケースが多いです。これには幾つか理由が有ります。水・木に追いきった後も飼い食いがよく太ってしまうので一叩きするケース。好調維持目的です。水木に追いきったがもう一つ動きが良くなかったので、調整の為に前日追うケース。この場合、競馬新聞のコメント欄は、もう一叩きほしいなどと出ていますが、レースで走って穴を開ける。いずれにしても、わざわざ前の日に時計を出す調教をするということは、何かがあると考えて損はないのです。注意すべきは、新聞によってはこの前日追いの時計を載せていない新聞が有りますので要注意です。競馬ブックは載せています。もう一つ調教で見逃せないのが、強い馬と併せて先着した格下馬です。とくに、併せた格上馬がそこそこの成績を出した時の格下馬は買いです。これもそれぞれの馬の調教パターンとの比較ですが。調教は馬の好調度のバロメーターです。後は、パドックでの状態との突合せ。ダート戦では調教で走る馬は好成績を出しやすい。芝のレースでは必ずしも調教で時計が早くなくても、走る場合が多い。これも調教パターンとの突合せです。これらの調教タイムはブックと週間ブックには載っています。
宣伝する訳ではないですが、女房がブックファンなので。このカテのJCDの質問欄に昨日の鳴尾記念の予想を乗せていますが、▲△〇で3連単27480円取りました。調教の好調さに加え阪神コース適性と血統などの要素検討の結果です。ご質問のブエナビスタの調教が天皇賞時は良くなかったと鈴木が言ったというのは、恐らく鈴木由紀子さんでしょうが、確かにあの時の調教は、松田師自身も余り良く無いと言っていました。しかし、イン抜けられない位置取りがなければ、あの速い展開でも2・3着は有ったと思います。陣営も4着と言う結果は予想していなかったと思います。調教が良くなかったのは事実ですが、岩田の騎乗に問題が有りました。だからJCで勝って泣いたのでしょうね。因みに、このカテの天皇賞・JCの予想も見てください。天皇賞ではトーセンジョーダン・JCではブエナ◎としてます。最後に本日のJCD、枠順決まり◎エスポ〇トランセンドですが、過去10年2番人気は一度も連対していない。というデータが、昨年はシルクメビウスが消えました。大外16番の過去10年は3着すら一度もないというデータです。果たしてトランセンドは? 私はエスポからの3連単一頭軸マルチで勝負です。相手はワンダー・テスタ・Tフリ・Yキング・トランセンドですかね。そして、エスポ1着付けで2着にワンダーテスタなどを入れ、3着にもそれらをいれ、ミラクル・ソリタリ・バーデイBなどをいれた3連単フォーメーションを薄く合計で2万までの投資予定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。競馬ブックは好きですが、数字やデーターが難しすぎて素人の自分には、なかなか手が出せません。今は分かりやすいギャロップの雑誌でデーターを見ていますが、イマイチです。今度、競馬ブックを購入して競馬ブック専用の調教の見方って本があるので購入して勉強します。競馬は調教が大切だなんて全く考えてもみませんでしたが、競馬をしているうちに、やたらと調教から馬を見て予想する方が多く、それで穴馬を的中させているのは凄いと思いました。自分の父親も昔、競馬をしてまして、よく調教から穴馬馬券を的中させ5年間も負けなしで飲み屋って言うんですか?勝ちすぎて飲み屋で馬券を購入できなくなった事からも、調教から導き出される馬は穴馬をも軸にできると解釈しています。ですが、ほとんどの競馬ファンは調教を無視して過去の実績や人気から軸を決めている方が多いですよね。ジャパンカップダートは穴馬はフリソと考えています。2009年も12番人気のゴールデンチケットが3着でして、前走はブラジルの2着でした。今回フリソの前走もブラジルの2着なので穴馬に決めました。そして南部杯の連対した中央馬は、かなり信用が高いのでダノンカモンも良いかと思ってます。南部杯とJBクラシックの馬が、ほとんど活躍しているのでトランセンドから軸にしたいと思ってます。基本的にはエスポワールシチーのファンなんですが、2番人気が活躍できていない不安要素もありますし、トランセンドも大外では活躍できていない不安要素があります。安定感があるのはダートのスターフォースであるエスポワールシチーですね。詳しく教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/04 14:01

ブログ公開しているものです


おっしゃるとおり調教は大変重要な要素です
結果論で言うようですが今日のJCDも的中です
今年の秋は4大競争のうち3つが済みましたが、全て的中です

調教は調子の悪いものを見つける場だと思います
素晴らしく調教の良い動きをする馬でも意外と結果につながりません
有力馬を絞る方法に有効です

方法はマル秘ですが、さわりをご紹介すると、一定の実績のある馬を絞り(5~10頭位)、調教の動きを見て調子が良くなさそうな馬を2~4頭探し、これを落とします

この先は教えられませんが、ここで調子の悪い(動きの良くない)馬を切って捨てるのは大変有効です、馬を見る目を養いましょう

私は七大競争(皐月賞・ダービー・菊花賞・春秋天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念)以外は原則購入しませんが、調教がJRAで公開されているので今日のJCDも参考公開し的中しました
ブログを閲覧された方は購入できたと思います

なお、目を養うためには、JRAのホームページに大きなレースのある時は全馬の調教を公開していますのでこれを見て養ってはどうでしょうか(今日もJCDは公開されました)

また、ブエナビスタのように日頃からあまり形の良くない走りをする実力馬がいますので、強そうな馬は通常の調教を覚えておくことが必要です

前々走は普通、前回は追っても重そうな走り、今回は戻ってまあ良さそうな走り・・これがブエナビスタの私の調教から見た走りでした

結果はご存知の通り、2着、4着、1着

あとは年に1回あるかどうかのパドックで凄みのある歩様を見せる馬がいます、これは間違いなく買いですが気をつけていないと見落とします

これも、テレビをみて見る目を養いましょう
ちなみに私が最近見たのは2年前のウォッカ、迫力を感じました、勿論1着でした

つまるところ競馬は実績と、調教と、・・で相当なところまで絞れます
あとは絞った馬の中で最後の総合決断をどう下すかです

新聞やサイトではなく自分の目で感じ絞る練習をすることが大事です、他人の目はあてになりません
土日だけで3場所もあれば見る人も違い、頭数も百頭を越えるのですから所詮力を入れて見るレース以外はあてになりません

ちょっと極意を公開してしまいました、自分で予想する楽しさ味わってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。調教などは、なかなか素人判断では難しいですね。
ですが本を読んだりして勉強したいと思います。自分は調教が素人ですから、買い目が増えて荒れる競馬でしかプラス収入できません。如何に絞れて少ない頭数で的中できるかが課題です。今日のジャパンカップダートみたいなガチガチになればトリガミになってしまいます。
今年は、まだ何とかプラス収入ですが、調教の勉強をして、もっと的中させていきたいと思います。
今は調教が分からないぶん、データー重視で競馬をしています。ギャロップの雑誌や公式サイトのサラブレのデーターや、たくさんのデーター本を頼りにしていますが、やはりイマイチです。

お礼日時:2011/12/04 21:35

追伸:先の回答のときに競馬ブックの1番人気がエスポで2番人気がトランセンドになってたので、エスポからとしましたが、トランセンドが1番人気になっていたので、トランセンドから一頭軸マルチで200円取りましたが投資額2万円でとりがみ。

12Rで更に取られてマイナスで終了です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。今日はジャパンカップダートで3連単が的中しましたがトリガミになりました。

お礼日時:2011/12/04 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競馬の調教データが無料で見れるとことありませんか?

最近競馬の調教を参考に馬券を購入したいと考えているのですが、競馬新聞を毎日買うのは高いのもあり、気が進みません。どこかサイトで調教データやタイムをきちんと見せてくれるところは無いでしょうか?
(無料が一番のぞましいのですが、有料でも内容がしっかりしていればかまいません)
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

全馬載っているというわけではありませんが、各コースの上位20位まで載っています。

http://www.nifty.com/keibafan/fan/kurih.htm

QJRAより地方競馬が勝ちやすい??

このサイトでもよくお答えに出てくるのですが、【JRAは勝てない】【地方競馬専門でやってますが】等見る事があるのですが、当方JRAが専門のような(大半の方がそうかと思います)ものですが、最近は楽天でも地方競馬が買えたりと便利なのか、どうかはわかりませんが、購入した事はあります。しかしながら何にも判らず、参考になるのは馬体重とオッズくらいのものです。当然負けるわけですが、地方競馬は本当に勝つ確率は高いのでしょうか。配当も見てますが、決して穏やかではありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。

こちらは中央も地方も両方買っています。毎日競馬してるって感じですが。
自分からすると、あんまり変わらないって感じです。

中央は展開が読みやすいですが、地方は難解です、騎手の判断によるところが大きいかと。
普段後ろから走ってた馬が突然逃げて穴開けたり(・_・;)
各競馬場の騎手を知ることも重要かと思います。

地方は全レースをライブで見ることができるので(インターネットで無料で)便利ではあります。
また、地方競馬の各新聞もインターネットで購入して検討できるし。

在籍する馬が限られていて、同じようなメンバーでの出走となるので比較はしやすいかと。

Q年間収支プラスの人って

競馬で年間収支プラスになった経験を持っている人は、どのくらいいるのでしょう。毎週やっていると、年間トータルで勝つのは、なかなか難しいですよね。

Aベストアンサー

競馬を楽しむのであるのなら毎週やるのもいいと思います。しかし、年間収支プラスを狙うのなら買わない週があることも必要ですよ。実際にはレースを絞らないと黒字なんて無理でしょう。どう絞るかは経験によるものが大きいと思いますが・・・
全てのギャンブルに言えることですが、”いかに勝つか”ではなく”いかに負けないか”が重要だと思っていたほうがいいですよ。欲を出すと収支が急激に下がっていきます。そのあたりはしっかりと自分のデータを持っていれば改善できていきますよ。
ひとつだけ言える事は、負け組に入らなければ勝ち組みになるってことです。
ちなみに私、EXCELに記録されてある記録上、8年連続(それ以前は記録がない。)プラスですが、「G1(重賞)だから買う」っていうのを少なくすればもっとあげられるとおもっています。

Q競馬の馬は「これは競走なんだ!」と知って走っているの?

競馬には全く無知なものです。
テレビで競馬を見るといつも思うのですが、競馬の馬は、競走のとき、「これは競走なんだ!」とわかっていて走っているのでしょうか?
人間だったら、お金のためとか、名誉のために一生懸命になるでしょうが、馬にそれほどの動機があるとも思えませんし。
馬にも人間と同じような競争心があるのでしょうか?
ものすごく初歩的な質問ですみません。

Aベストアンサー

こんばんは。
競馬が好きでよく見に行くのですが、本当にどれだけのことを理解して走ってるのかな?って、確かに思いますね。
聞いた話だと、レースに負けると悔しさからか大暴れする馬もいるそうで。
洗い場で、ガンガン壁を蹴っ飛ばしたりするんですって。
悔し泣きしたことがあるのはナリタブライアンでしたっけ?
オグリキャップはあまりの悔しさに、レース後しばらく一歩も動けなかったというし。
調教や普段の生活でも、自分の前に他の馬がいることが許せない、という性格の馬はよくいるようです。

以前、世田谷の馬事公苑で流鏑馬を見学したのですが、そこではポニー、クォーターホース、サラブレッドが使われていました。
流鏑馬はご存知の通り、走っている馬の上から的を射るわけですが、当然スピードが出ていると射にくいんです。
でも、サラブレッドはそんなことお構いなしにガンガン飛ばしていました。
解説の方も「サラブレッドは走るのが大好きなので・・・」と説明されていました。
サラブレッドは競争することを目的として作られた動物です。
酷な言い方をすれば、「競争出来ないサラブレッドには価値が無い」ということになります(私的には賛成しかねるんですけどね)。
本能として「競争すること」が刷り込まれている動物がサラブレッドなのではないでしょうか?

こんばんは。
競馬が好きでよく見に行くのですが、本当にどれだけのことを理解して走ってるのかな?って、確かに思いますね。
聞いた話だと、レースに負けると悔しさからか大暴れする馬もいるそうで。
洗い場で、ガンガン壁を蹴っ飛ばしたりするんですって。
悔し泣きしたことがあるのはナリタブライアンでしたっけ?
オグリキャップはあまりの悔しさに、レース後しばらく一歩も動けなかったというし。
調教や普段の生活でも、自分の前に他の馬がいることが許せない、という性格の馬はよくいるようです。

...続きを読む

Q競馬の秒差って、何馬身差になるのでしょうか?

競馬新聞等で、1位の馬との秒差が表示されていますが、これを、何馬身差という表現にするとしたら、コンマ何秒が一馬身になるのでしょうか?皆さんの物差しのような物教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、
『0.2秒=1馬身』と言われています。
    

Q馬場状態と脚質について

いつもお世話になってます。

競馬ファンとしては常識的なことだと思いますが、
馬場状態と脚質の関係について、質問させて下さい。

芝コースの場合、馬場状態が良~不良になるにつれて、速い脚というかキレのある脚がつかいにくくなるために、逃げや先行の馬が有利になりますよね?(もしや、この知識から間違ってるかもしれませんが・・・)

ダートコースの場合、馬場状態が良~重(さすがに不良は除く)になるにつれて、脚抜きが良くなり速い脚が使いやすくなるので、タイムも速くなり、前残り有利の状態が解消され、差し・追い込み脚質の馬も届きやすくなると思ってたんです!

しかし、ダート・馬場状態は重のレースで、TMがこのレースは高速馬場なので、前の馬が止まらないので、前有利といっていました。フェブラリーの時も同じようなことをいろんな方がいってました。

私の知識が間違っていたのは、間違いないですが、ではダートでは、差し・追い込み脚質は良馬場のほうが届きやすいのでしょうか?

そこらへんのことをよろしくお願いします!

Aベストアンサー

 馬場状態で前有利、後ろ有利を考える際に重要なファクターが1つ抜けています。芝の荒れ具合です。例外もありますが、最後の直線においておよそ逃げ馬は最内を通り、差し馬は外を通ります。その際開幕前半で内も外も芝がいい状態(好タイムが出やすく、この状態を高速馬場といいます)は先行した馬も脚が殺されないため先行有利です。開幕後半で内が荒れてくると先行馬の脚が殺され差しが決まります。ここで重要なのは外を回った馬はどちらの馬場にしろ同じ脚を使っているということです。言い返せば差しが決まり易いか否かは(差し馬が切れる脚を使えるかではなく)先行馬の脚が殺されるか否かに因るという事です。芝の不良馬場の場合は(質問者様のおっしゃるとおりですが)内も外もグチャグチャで、内も外も荒れている状態です。ですからこの場合は先行、差し馬ともに脚が殺されるため、内外差という意味では高速馬場のとき同様なためロスのない先行馬有利です。まとめますと差しが有利なのは内が荒れて外が荒れていないときだけということになります。(基本的に競馬は先行有利なんです!)
 さてダートですが、荒れてようが荒れてまいが結局脚が砂にめり込むため、芝と違って内外差はありません。その上で脚抜きのいい馬場となると、芝で言うところの開幕前半の高速馬場と同じですから前有利になります。とゆうか内外差がないという時点でダートは常に前有利なんですね(^^;そのTMはわかったげに物を言ってただけでしょう。と思います(あまりにも断言的に言い過ぎてる気がするので違ったときのために逃げときます)。ダートで前有利か後ろ有利かは展開、コース形状等のほかのファクターに因ります。
 最終的にまとめますと、差しが決まるかどうかは芝の内外差と展開とかいろんなことを考慮して考えてくださいということ。そして質問のように馬場のみに着目した場合は芝で内が荒れてるとき以外はすべて前有利ですよという感じです。

 馬場状態で前有利、後ろ有利を考える際に重要なファクターが1つ抜けています。芝の荒れ具合です。例外もありますが、最後の直線においておよそ逃げ馬は最内を通り、差し馬は外を通ります。その際開幕前半で内も外も芝がいい状態(好タイムが出やすく、この状態を高速馬場といいます)は先行した馬も脚が殺されないため先行有利です。開幕後半で内が荒れてくると先行馬の脚が殺され差しが決まります。ここで重要なのは外を回った馬はどちらの馬場にしろ同じ脚を使っているということです。言い返せば差しが決ま...続きを読む

Q降級馬について

質問です 
1 そもそも降級馬とはなんですか システムを教えてください
2 なぜ降級馬がひつようなんですか
3 降級馬って上のクラスから下がるわけだから 勝つ可能性は高いんですか
すいませんおねがいします

Aベストアンサー

先に降級馬は、一度そのクラス(以上)を勝ったことがあるため
(もしくは重賞競走で2着になったため)
年齢的な衰えや故障がないとして、次も勝つ可能性は高いです
(競馬のクラスは勝ったら次にあがります)

降級が必要な理由は
1 ギャンブルとして成立するためには同じような実力の馬で
  レースを  組む必要があるため、たまに上位のクラスで
  負けている馬と下位のクラスで勝ちきれない馬に混ぜたほうが
  競馬番組の魅力が上がるため
2 馬主・調教師の立場として、上位クラスにあがって入賞できなく
  賞金が入ってこないと経営上成り立たないので、
  救済措置としてあります。

Q勝負気配の見分け方

私は競馬予想する際に、陣営の勝負気配を重視しています。必ずレース出走には思惑があり、中でも勝ちに来ている陣営の見分け方の研究をしています。

これは勝負気配が高いと感じるファクターを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

必ずレース出走には思惑があり、中でも勝ちに来ている陣営の見分け方の研究をしています。
>私も競馬と係ること40年ほどですが、20年位前からそう思って予想を組み立てています。
その考え方の方向性は絶対に間違っていないと思います。
私は2002年から有料メンバー向け予想を運営していますのでその辺りはよく掴んでいると自負できます。飯の種ですのでメンバーでない方にまで(たとえメンバーでも核心には答えませんが)その極意を教える気はありませんが
競馬はたてまえは勝つことを目的に出走していることになっていますが
「(スーパー未勝利戦でもない限りは)勝つことを前提に全ての馬が出走しているわけではないこと」をまずは見極めることが重要です。たとえ人気馬でも。
そして「何故に芝レースがあり、ダートレースがあり、クラス分けがあり、
右回りだの左回りがあリ、出走条件や距離が異なり、坂もあるなしがあるのか?」
この辺りを貴方が馬主や調教師や騎手になっととして妄想して見て下さい。
それがヒントです。それぞれの立場では全く思惑が違います。
これ故私が思っている重要ポイントは
1がローテーション、2が調教、3を上げるなら調教師・騎手=エージェントで
最終決断の決め手は・・・と・・・です。
ただ現在では一番弱い立場は騎手と言われ、一番強いのが社台系(社台でもあそことあそこ)の生産牧場だそうです。最近では社台系か非社台系かなんて言われてますよね。
あからさまなのが委託先の調教師でありヤネとなる騎手であると思っています。

最後にいくら◎競馬場の◎Rに出走させたいと思っても「優先出走権などを含めある条件を満たさなければ出走できない」このあたりのことも当然知らなければいけませんよ!!
また全ての条件から「ここ勝負」と私なりに見抜いても「出遅れ・道中の不利やケガ」などで不可解なレースとなることも競馬の側面です。まぁ~わざと出遅れたり進路が狭まれ出るに出られなかったように見せかけることもありますが・・・
ただこの勝負気配のあった馬は必ずどこかで帳尻合わせがありますので追っかけることです。

必ずレース出走には思惑があり、中でも勝ちに来ている陣営の見分け方の研究をしています。
>私も競馬と係ること40年ほどですが、20年位前からそう思って予想を組み立てています。
その考え方の方向性は絶対に間違っていないと思います。
私は2002年から有料メンバー向け予想を運営していますのでその辺りはよく掴んでいると自負できます。飯の種ですのでメンバーでない方にまで(たとえメンバーでも核心には答えませんが)その極意を教える気はありませんが
競馬はたてまえは勝つことを目的に出走していることに...続きを読む