【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

「連帯保証人」 になったことで生じた悲劇についての話をいろいろと見聞きします。それでも連帯保証人の制度はなくならないようですが、この制度は 「存在する方が社会的メリットがあるので廃止されない」 ということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

社会的なメリットはあるから廃止されないのだと思います。



連帯保証人がいないとなると、金融機関は不動産を所有している人物(既にある程度の財産を持っている者)にしか融資しないと思われます。いざというときに回収先がなくなるからです。

そうすると現在アパート暮らし等で不動産を所持していない人は、いくら収入があってもローン(自動車や住宅)等が組めない場合があります。

連帯保証人制度は悲劇を生む場合がありますが、それは無知ゆえの悲劇。恩恵を受ける人の方が多いです。
現実問題として連帯保証人制度がなくなると、預貯金+収入の25%を借りるのが限度額になると思います。そうなると大半の個人が金融機関で融資を利用できなくなります。融資されたとしても預貯金の範囲内で、それを担保にされてしまうでしょう。借りる額も制限されますし、預貯金の範囲内でしか借りられないのであれば、借りない人の方が多いと思います。

中小企業相手の融資も金融機関は貸し渋るでしょう。どんなに素晴らしい事業計画で、日本経済に貢献しそうな会社でも、絶対の保証はありません。貸し倒れのリスクを回避する手段がなければ融資しないだろうと思われます。結果、金融機関を頼らないで独自の資本のみで事業展開できる会社しか存在しなくなり、そのような会社は金融機関を必要とはしていません。
ベンチャー企業や、起業家、中小企業はなくなります。

連帯保証人制度は意外と有効な制度なのです。これを廃止する代わりに、自己破産制度もなくして、個人に無限に債務を負わせるというのも一つの考えではありますが、これはこれで悲劇になりそうです。
自分で借りたお金は、他人に頼らず自分で返せればよいのですけれども。
    • good
    • 0

「存在する方が社会的メリットがあるので廃止されない」


のでしょうね。

だって連帯保証人がなければお金貸してくれる人なんて
いると思いますか??
貸す方だってボランティアでしているんじゃないんです(^^)

お金貸す人が居なければ、会社しかり個人しかり、それ
相応の担保が無ければ貸す人はいないでしょう。
すなわち昔で言う質屋です。

連帯保証人をつけて、お金を貸して金を回して経済がよく
なるんです。
だから無くなることは絶対にないです。

でも連帯保証人、イヤならわざわざなる必要もないし。
さらに誰でも保証人になれませんよ。
連帯保証人だってそれ相応の収入がないと。
身元保証人ではないのですから。
    • good
    • 0

連帯保証人になったことで生じた悲劇についての話をよく聞くが、ではなぜこの制度がなくならないのか?という疑問ですね。



では、なぜこのような制度があるのか?ということですが、
お金を借りたり、マンションを借りたりすることはお互いよくあることですね。
しかし、これを貸す方からみて、もし貸したお金を返してくれない、貸したマンションの家賃を払ってくれないといったことになった時、借りた人の代わりに返してくれる人がいないと取りはぐれることになるので、代わりに返してくれる連帯保証人を立てるように要求するのです。
立て替えた連帯保証人は、借りた本人から後で立替金を返してもらうことが出来るのですが、もともと資力のない人の連帯保証をしたのであれば、なかなか返してもらえずおっしゃるような悲劇ということになっているのです。

ですから、連帯保証をするときは一時的に立て替えても後で返してもらえる見込みがあることを良くチェックすることが肝心ですが、なぜこのような制度がなくせないか?ということは、貸す側がこれをなくすと返済金なり家賃が回収できなくなって事業を続けることが出来なくなる、そのような危険をカバーするために必要な制度なのです。

もっとも、連帯保証人に代えて、保証金なり、担保物件を取ることができれば問題ないのですが、それを要求されれば借金なり、マンションを借りることが出来ない人にとっては誰かに連帯保証を頼むということが必要となるからなのです。
    • good
    • 1

なくならない理由は簡単です。

日本では貸し手の方が圧倒的に強いからです。融資するときに連帯保証人をつけないと貸さないと強く出ることができるからです。借りる側はこれに応じないと貸して貰えないので必死に連帯保証人になってくれる人を探すことになります。これは賃貸アパートも同じです。
    • good
    • 1

社会的メリットというよりも、貸す方のメリットでしょうね。


もし仮に廃止となれば、銀行は担保を有する人にしか貸せなくなります。
そうなれば、個人は破産、中小企業も大半はつぶれるでしょう。
    • good
    • 0

貸す側の保険は必要ですよね。



そもそも借金して何かを手に入れようとする考え方が問題ですよね。

クレジットカードだって同じだと思います。

もし、自分の持っているお金だけで買い物をするならば、車や家を買う人もほとんどいなくなるでしょうね。

消費しないと経済も活性化しないしですよね。

連帯保証人は高額な商品の購入や賃貸契約などにも必要な存在なんだと思います。

貸した側が損をするような世の中になったら、きっと国が破綻しますよね。

借りた側とその責任者が損をするのは自然の成り行きだと思います。
    • good
    • 0

だれでも、かした、お金を返して欲しいでしょう。



銀行はAさんに、お金を貸すときに、信用調査をします。

貸したお金に、商売が失敗しても、取り上げるお金に満たなければ、

Aさんの友人、知人、Bさんの同意をと言うわけです。

Aさんが、かえせないばあい、Bさんから残りの分を回収します。

貸すほうからしたら、安全な制度でしょう。
    • good
    • 0

そうで無いと、完全な担保がない限りお金は貸せないということになるね。


家とか、車とか買う場合は、かなりの頭金が必要になってしまうね。
新規事業で、お金を借りたりすることはできないね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本特有? 「連帯保証人」どうにかならない?

日本特有?「連帯保証人」どうにかならない?

わたしは親からはどんなことがあっても連帯保証人(保証人)にはなるな!
 ※借金関係の保証人のほとんどは連帯保証人であることも承知しています。

親しい友人であっても絶対ダメ!
そのときに友達でなくなる覚悟をしろ! としつけられてきました。(特に母から)

・社会生活の中で連帯保証人になってほしいという相談が同僚や友人から来ましたが、
 すべて断っています。
 友人とは数年会うのをやめました。一人は借金問題は解消したそうです。付き合い再開。
 その後消息不明の友人もいます。
 同僚の一人は、社内の多数を保証人にさせ蒸発してしまいました。
 総額5千万円 100万円規模の損害をこうむった社員が多数出ました。
 (私は、かたくなに断りました。被害に遭いませんでした。
  ヤバいと思って周囲に警戒を高めるよう言ったのですが後の祭りでした。))

それでも連帯保証人になっているのは、離れて暮らす子の賃貸物件の賃貸借契約だけです。
(この先は、住宅ローンであれば考えなければならないでしょう。)
(保証人? としては甥姪の就職時の保証人)


※私が子供のころ 父母が夫婦喧嘩をしていました。
 父が部下の住宅ローンの連帯保証人になったことです。
 父としては部下を信じたようです。 幸い、ローンは完済 事なきを得ました。
 
 父が亡くなったとき、部下の方が葬儀の前に家にお参りに来ました。
 「あのときの恩が忘れられない。」

借金の種類も関係ありそうですが、
そもそも、日本の連帯保証人制度自体がおかしいような気がします。

商売をやっている人はいやでも保証人になると聞きます。
連鎖倒産になるかもしれないのに。

サラリーマンのお前にはわからない!といわれたこともあります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
参考にしたサイト
http://allabout.co.jp/gm/gc/12165/3/

日本特有?「連帯保証人」どうにかならない?

わたしは親からはどんなことがあっても連帯保証人(保証人)にはなるな!
 ※借金関係の保証人のほとんどは連帯保証人であることも承知しています。

親しい友人であっても絶対ダメ!
そのときに友達でなくなる覚悟をしろ! としつけられてきました。(特に母から)

・社会生活の中で連帯保証人になってほしいという相談が同僚や友人から来ましたが、
 すべて断っています。
 友人とは数年会うのをやめました。一人は借金問題は解消したそうです。付き...続きを読む

Aベストアンサー

会社経営しています。

日本の連帯保証制度は本当にひどいですよ。なにせ銀行が担保として現金(つまり連帯保証)ぐらいしか認めないので、お金が無くて借りるのに、手元(連帯保証人の手元)にあるお金をあてにしているのですが、日本にベンチャーが誕生するはずもなく、リスクばっかり高いので新しい産業もおきないわけです。

でも最近は少しましになってきました。

うちの会社も何度か銀行からお金を借りていますが、基本的には保証協会に担保してもらうことでお金を借りることができます、結構な率の手数料を取られますが、それでも誰かに連帯保証をお願いするよりはましです。

また、住宅ローンも保証協会に保証人になってもらっているので、大丈夫ですし、団信に加入しているので私が死んだら保険からお金が下りてきて誰も損しないようになっています。

今回は見送られたようですが、連帯保証の原則禁止の法案が用意されています。零細企業の代表取締役の本人保証は別にして「連帯保証人を取ることを禁止」する法律ですので、出来たら質問者様の心配はほとんどいらなくなるわけです。

Q海外には日本のような連帯保証人制度ってあるの?

最近保証人制度に疑問を持ってます。
就職内定時や部屋を借りる場合に必ずといっていい程日本では
「連帯保証人」を必ず立てますよね?

欧米、アジア問わず海外の場合も日本にあるような保証人制度はあるのでしょうか?
もし制度があった場合、保証人がいない人をフォローするような団体が存在するのでしょうか?
日本へ留学してる方々は、保証人をどうやって探し出してるのでしょうか?

Aベストアンサー

詳細は存知ませんが、自由主義国家では欧州(大陸)型[スイス・ドイツ型、フランス型]、米国型、東南アジア型、日本型とがあるようです。また、証券化して「保証証券」を買うような制度もあるようです。保険のようなものなのでしょう。
「保証する」というのが自由経済(取引の自由がある)からこそ必要となることなので、共産圏には制度が存在しないようです。

ところで、就職(内定)のときに必要なのは「身元保証人」ではないでしょうか?身元保証人は賃料債権の保証のようなものと違い、「身元保証ニ関スル法律」で最長年限が5年(通常は3年)と定められ、「将来発生するかもしれない損害」を無限責任で補償するものです。


人気Q&Aランキング