世界名作劇場シリーズでつまらないと思う
作品ベスト3を教えてください。
ちなみに私は


小公子セディ。
そんなに不幸でもなく、盛り上がる展開もなく?
OP曲だけはやけに記憶に残っていますが、物語は印象が薄い。


ロミオの青い空。
少女漫画家が描いた男の友情モノって感じ。
これにファンが付くのはわかるが、個人的にはなんだかなあと。


私のあしながおじさん。
前半はそこそこ良いのですけど後半が。
後半も幾つか感動的なシーンがありましたが結末がつまらない。
最後に○○さんと結婚しなかったら名作だったかも。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)


小公女セーラ
悪気の無いいたいけな少女をひたすら虐め続け、同情出来ないくらい歪んだ性格の持ち主がわんさか出てくるという、ひたすら人間に対する疑心が募るばかりで希望も持てない、とにかく悪趣味な作品。当然話は大味。昼メロばりのノリがギャグにすら思えますが・・・作り手はこんなの望んでいたのでしょうか?


家なき子レミ
低人気が続いた同シリーズのとどめを指しただけのことはある、スッカラカンな作品。どんなにいまいちな作品でも一応は同シリーズを観続けていた自分ですが、序盤でさじを投げてしまったという唯一の作品。


'80年代後半以降の作品の多くはつまらないです。セディ、トラップ一家、ブッシュベイビー、ティコ・・・・思い返してもどれも微妙。3つに収まりません。
アニメが「冬の時代」と呼ばれていた理由が、これらの作品からも少なからず伺えます。「母をたずねて三千里」や「赤毛のアン」とは到底同じ土俵にも乗らないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>小公女セーラ
確かにセーラーの周りってやけに性格が悪い人ばかりでしたよね。
良い人もいたけど後半のラムダスやクリスフォード以外は
セーラのあまり役には立たないという(笑)
「昼メロばりのノリがギャグ」というのもわかります。
でも実際そういう一部の人が好む濃いノリ(実は私も好き)が
あったからこそ数年前に実写ドラマ化されたのでしょうね?

>トラップ一家
確かに赤毛のアンは名作ですね。
個人的には名作劇場で一番良い作品だと思います。
でも、トラップ一家ダメでしたか?
序盤の子供たちと仲良くなるまでは退屈でしたが
私は中盤以降は面白いと思いました。
ただ、終盤の亡命が足早過ぎる気はしましたが…。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/03 21:52

それら3作品、私にとってはベストに入ります。

(ベスト3とは言わんけど)
セディは導入部のニューヨーク編が後になってあまり生きてこないのがなんだかなぁ、ですよね、確かに。でも、折笠愛さんが主役というだけで十分おなかいっぱいです。
黒い兄弟は折笠さんと藤田さんの掛け合いが聞けるだけで幸せになったものです。
あと、ジュリア・ペンデルトンなんて、初めて2次元キャラに恋しました(笑)。

つまらない作品といったら、普通はワースト3になるところ、ベストを選ぶということで、佳作を選んだのかなぁ?とうがってみたりして…(苦笑)。

個人的なワースト3は以下のものです。

1.あらいぐまラスカル
そんなに不幸でもなく、盛り上がる展開もなく?
毎回ラスカルが騒動の発端となったはずだが、物語自体は印象が薄い。
淡々と少年とペットの日常を描かれているからいいのかもしれないけれど、ネ。

2.家なき子レミ
「ちびっこレミと名犬カピ」のほうがまだいい。
いや、ミッチは大好きですよ、たとえ歌ってなくてもね。
でも、設定とストーリーは改悪以外のなにものでもないから、つまらない。
絵的にも東京ムービーの作品に負けてるし。

3.名犬ラッシー
これまでにいろんな実写作品があったわけで、それをアニメにする意義が感じられなかった。
というか、「母をたずねて三千里」のようにオリジナルを越える脚色が世界名作劇場の肝のはずなのに、この作品からはどうしたかったのか、伝わってこない。
(確かに脚色してた、というか、ほとんどオリジナル?いや、ラッシーってそういう物語じゃないでしょ?という違和感ありありの展開って、「世界名作劇場」じゃなければアリなのかもしれないが)
ディズニーアニメに対する「ピーターパンの冒険」、名作ミュージカル映画に対する「トラップ一家物語」などは、過去の作品には見られない、改めて訴える部分というのがあるのに。

なんだかんだって、みんな一応見られる作品ではある。
とりあえず最低でもこの程度の出来の作品をコンスタントに作っていたってことはすごいことだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

間違えました。ベストじゃなくワーストでした。(汗)

なるほど。私のつまらない作品は回答者様のお気に入りでしたか。
足ながおじさんは、他作品より恋愛が濃く描かれていましたし、
ロミオも、まじめな作品だとは思いますが、
何となく最近流行のBL的な雰囲気もある気がしますので
女性に人気があるのもわからなくはないです。(笑)

>家なき子レミ・名犬ラッシー
確かにこの二作は名作劇場の終わりを感じさせる作品でしたね。
レミなんかはヴィタリスの死あたりからの
大味な展開にガックリきましたよ。
リアルタイムで見ていた当時は、もう名作劇場に初期のパワーは
残っていないんだなと思わされたものです。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/04 18:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤毛のアンを知ってる男性(女性でも良いですが)に質問です。

赤毛のアンを知ってる男性(女性でも良いですが)に質問です。

よく、「赤毛のアン」は 日本の女の子のファンが多いといいますよね。
私も好きだったですが、
宮崎駿氏が 「アンは嫌いだ 後はよろしく」といって去って行った話を聞いて

日本の男性ってやはりアンのようなタイプは嫌いなんでしょうか?

嫌いな要素は

1.容姿が ブスではないが、美少女でもない。とくにそばかすは不可

2.ギルバートが 「にんじん」とからかった件で、5年間を彼を許さなかった件でも
 日本の文化だと 「男の子の女の子の容姿をからかうのは ささいなこと、大目に見ろ」に反する
 確かに日本男性は 女性を褒めるよりけなす方が得意なのでアンのようなタイプとはやってけない・・

3.おしゃべりなのも不可!日本の男性は控えめなタイプ(とくに宮崎世代の男性は)が好みなので

確かに、知り合いの男も ハイジやフランダースの犬は見てたが、アンは見てないってのが多かった!

上の3つのうち、どれが理由なんでしょうかね?(複数回答可)

それか、他に理由があればそれも書いてください。

(ただ藤子不二夫氏が「赤毛のアン子」ってマンガを描いてたので、好きでないとこのようなマンガは書かないので
 ドラえもんでも、赤毛のアンを読んでるシーンもあったので 男性でも好きな人もいるのかな?とは思いましたが)

赤毛のアンを知ってる男性(女性でも良いですが)に質問です。

よく、「赤毛のアン」は 日本の女の子のファンが多いといいますよね。
私も好きだったですが、
宮崎駿氏が 「アンは嫌いだ 後はよろしく」といって去って行った話を聞いて

日本の男性ってやはりアンのようなタイプは嫌いなんでしょうか?

嫌いな要素は

1.容姿が ブスではないが、美少女でもない。とくにそばかすは不可

2.ギルバートが 「にんじん」とからかった件で、5年間を彼を許さなかった件でも
 日本の文化だと 「男の子の女の子...続きを読む

Aベストアンサー

私の友人がそうでしたが、少女期のDQN行動&妄想が嫌いという人はいますね。
赤毛を気にして行商人から買った墨汁で髪を染めたり、声に出して木や花に話しかけたり酷い被害妄想癖があったりするそういう所。
アニメの場合は、あの手のかかる少女期を我慢して最後まで観ないと正当な評価ができない所に誤解が生まれる。
成長したアンは少女期ほどおしゃべりでもないし落ち着きがあり周りに気配りの出来る人間になってるけど、質問文に挙げられている理由で否定的な意見を述べている人はそこまで知らないのだろうね。

宮崎駿はアンを途中降板してルパン三世カリオストロの城の制作に入り、アンオーディションの最終選考で山田栄子に負けた島本須美をヒロイン(クラリス役)にするなど自分が監督になって自由にアニメが作りたかったようにも思われる。
アルプスの少女ハイジ(74)、母をたずねて三千里(76)、赤毛のアン(79)とずっと高畑勲監督のサポートをする形で場面設定・レイアウトの仕事に従士していたフラストレーションが溜まりに溜まっていたのではないかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報