p-LaTeX2εを使っているのですが、Åを書こうとして
$\AA$
としたら、Aの部分がイタリックになってしまいました。苦肉の策で、
$\mathrm{\AA}$
としてみたら字面は上手く言ったのですが、guishellのログにWarningが出て、
Command \r invalid in math mode on input line...
と出てしまいました。
文書には何ら問題ないのですが、コンパイルのwarningはやはり気持ちよくないので、無くしたいのですがどのようにすればよいかご存知の方いらっしゃらないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

\AAは、数式モード($$の中)ではなく単に\AAだけでだいじょうぶですよ。



{\AA}と$\AA$で出力を比べてください。{}にはたいしていみありませんが。


The Comprehensive LaTeX Symbol List(参考URL)などをご参照ください。

参考URL:http://www.ctan.org/tex-archive/info/symbols/com …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。{\AA}で出来ました。
\AAにしたらコンパイルエラーが起きたので、仕方なく数式環境に持っていったのですが、どうやら\AAに続く全角文字と結合していたためエラーが出ていたようでした。warningも消え、助かりました。

お礼日時:2003/12/16 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

QLaTeXの付録の表示方法について教えて下さい

下記HPのP14の「付録1.運動量移動理論」のように表示されるにはどうしたら良いでしょうか?

http://www.atomiccollision.jp/collision/syoutotsu/14_1102s.pdf

下記からLaTeXファイル(sample_paper.tex)をダウンロードでして、以下を追加して実行すると添付の通り表示します。

http://www.atomiccollision.jp/collision/collision.html


付録1.運動量移動理論
付録1-1.運動量移動理論の計算
と綺麗に表示させるには、下記texの部分をどのように書けば良いでしょうか?



\appendix %%%%%% これ以降 付録 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

\section{付録1.運動量移動理論}
\subsection{付録1-1.運動量移動理論の計算}

Aベストアンサー

どうぞ

\renewcommand{\appendix}{}
\appendix
\renewcommand{\thesection}{付録.\ \arabic{section}}
\renewcommand{\thesubsection}{付録.\ \arabic{section}-\arabic{subsection}.}
\section{運動量移動理論}
\subsection{運動量移動理論の計算}

QÅ,℃の英字での出し方

基本的な質問ですみません
化学を扱っていると色々な特殊記号に
出会うと思うのですが
タイトルのような文字を
「英字」フォントで出すやり方はないでしょうか?

WORDでは
ÅはCtrl+@+Aで出るのはわかるのですが
他のソフト
(EXCEL,powerpoint等)
では日本語で「ど」「おんぐすとろーむ」
とうたなくてはならずフォントの釣り合いがとれません

temperature(℃)
↑英字    ↑日本語

では格好悪いのです.
word以外では英字用にサポートしていないのでしょうか?
皆さんはどうしておられますか?

Aベストアンサー

Excelで、例えばArialで入力しているときに、
[挿入]→[記号と特殊文字]にて、
フォントをArial Unicodeを選択して、
オングストロームなら、ラテン語アルファベットから選択(文字コード00C5)、
摂氏なら、文字コード2103を選択
すれば、半角入力できると思いますよ。

多分、PPTでも同様にできるのでは。

QLaTeXでのアンダーバーの入力

LaTeXで文書を書いています.
参考文献にURLを掲載するため,

\begin{thebibliography}{99}
\bibitem{...}
\end{thebibliography}

のコマンドを使いました.
でも,URLの中にアンダーバーが含まれているせいで,LaTeXのコンパイルにはじかれてしまいます.

環境{thebibliography}の中では,{\rm }を使うとエラーを吐いてしまうので,文字列として認識させることもできません.
かといって,URLなので,アンダーバーをハイフンなどに置き換えることもできません.

どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

\_

でもだめですか?

QLaTeXの文字の大きさの変え方。

現在、LaTeX2eを使って物理の修士論文を書いています。
ある程度、書き上げたのですが、現在の文字サイズ(12pt)
では少し読みつらく感じ、文字の大きさを少し大きくしたいと思います。

(決して、ページ数が寂しく、文字のサイズを大きくしてページ数を
増やそうとたくらんでいるのではありません^^;)

そこで質問なのですが、

\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle}

のところで、12ptが全体の文字のサイズにあたると思うんですが、
jarticleだと文字のサイズは10、11、12ptの3つからしか
選べないのでしょうか?
それとも、やり方が間違っているのでしょうか?

文字サイズを大きくする方法を教えてください。

ちなみに、14ptにすると、10ptのサイズになってしまいます。

Aベストアンサー

LaTeX2εでは文字の大きさを指定する命令があり,
小さい方から
\tiny
\scriptsize
\footnotesize
\small
\normalsize
\large
\Large
\LARGE
\huge
\Huge
となっています.
標準は \normalsize です.
\large とやると,それ以後の文字がすべて1.2倍の大きさになりますし,
\Large ですと1.44倍になります.
したがって,
\begin{document} のすぐ後にでも上の命令の適当なものを入れておけばOKです.

上の命令の効果は \documentclass のポイント指定と相対的なものです.
例えば,\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle} の \normalsize と
\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle} の \large は同じ大きさです
(厳密には少し違うかも知れませんし,
組み合わせによっては思うようにならないときもあるようですが).
上の命令と \documentclass のポイント指定組み合わせをいくつか試してみて,
気に入る組み合わせにすればいかがでしょうか.

上の命令はそれ以後ずっと有効というタイプの命令ですから,
一部分だけフォントを大きくしたいときは { } でくくるとか,
もう一度命令を入れてフォントの大きさを戻すとか,
そういう必要があります.

自分でフォント指定をする方法もありますが,
上のやり方が一番簡単かと思います.

> (決して、ページ数が寂しく、文字のサイズを大きくしてページ数を
> 増やそうとたくらんでいるのではありません^^;)

つい吹き出しそうになりました.
12ポイントは普通の大きさのような気もしますがね.

LaTeX2εでは文字の大きさを指定する命令があり,
小さい方から
\tiny
\scriptsize
\footnotesize
\small
\normalsize
\large
\Large
\LARGE
\huge
\Huge
となっています.
標準は \normalsize です.
\large とやると,それ以後の文字がすべて1.2倍の大きさになりますし,
\Large ですと1.44倍になります.
したがって,
\begin{document} のすぐ後にでも上の命令の適当なものを入れておけばOKです.

上の命令の効果は \documentclass のポイント指定と相対的なものです.
例えば,\docume...続きを読む

Q【10の13乗】って英語でどう読むのですか?

【10の13乗】って英語ではどう読めばいいのでしょうか。

これにかかわらず指数の英語での読み方を教えてください。宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こういうのは乗数とか累乗というのでは?
xのn乗は、x to the nth powerといいます。
2乗はsquared(5の2乗はfive squared),3乗はcubed(7の3乗はseven cubed)ともいいます。

『これを英語で言えますか?』講談社 は、他にも数式の読み方なども載っていますよ。

QLatexで図番号だけを「図1.1」ではなく「Fig. 1.1」と英語で表記したいのですが、どのようにすればよろしいのでしょうか。

ここのカテゴリーでよいのかどうかわかりませんが、質問お願いいたします。

タイトルにある通りなのですが、現在「図1.1」というように日本語で図番号をつけているLatexで作成した論文を「Fig.1.1」と英語にするよう命じられました。

このようにするには何か特別なパッケージが必要なのでしょうか。同様に「表1.1」も英語にしたいのですが。本文は日本語で図・表だけは英語で書くということになります。ちなみに下記は図挿入の部分です。

\begin{figure}[tbp]
\begin{center}
\includegraphics[width=0.8\linewidth]{fwall.eps}
\end{center}
\caption{Isometric view of main in-vessel components\cite{parker1}.}
\label{fwall}
\end{figure}

Aベストアンサー

\documentclass のオプションがLaTeX標準のjarticle などの場合、
\renewcommand{\figurename}{Fig.}
\renewcommand{\tablename}{Table }
などとすれば変わると思います。

それ以外のスタイルファイルを使っているなら、No.1の方が仰るとおり、そのファイルをいじるのがよいでしょう。

QTeXで画像が表示されない

TeXでPDFを作成していますが、画像(EPS)がうまく表示されません。
\usepackage[dvipdfm]{fraphicx}
とし、画像を入れる場所で
\includegraphics[width=6xw]{test.eps}
としたのですが、画像の入るべき場所が真っ白で、何も表示されません。Winshellではエラーメッセージは出てこなかったのですが、画像が表示されていません。
コマンドプロンプトで、
C:\work> dvipdfm test.dvi
と入力すると、
pdf: image inclusion failed for (test.eps).
等のメッセージが表示されます。(このエラーメッセージの前にも数行の文章が表示されます。)どうすれば画像が表示されるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.

もしかしたら dviout などの dvi viewer でも画像が表示されていないのでは
ないかと感じます.(これは大丈夫なのでしょうか?)
だとすると以下の作業をやり直したほうが早いと思います.

ghostscript の version が少し古いようですので,最新版に入れ替えましょう.
このサイトに従って,最新版の ghostscript と ghostview に入れ替えてください.
http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~khotta/ghost/index.html
その際は section 2 に述べられている,インストール時の注意点に留意してください.

・前の version の完全削除(ソフトの uninstaller で OK,念のためにコントロールパネル
のプログラムの追加と削除でまだ見えているようなら,そちらかも削除)
・インストールする順番を指示通りに行うこと.
・特に,ユーザ名が日本語の場合は gs に限らず,Unix 由来のソフトではことごとく
インストールに失敗しますので,ascii 文字のみで構成された新たなユーザアカウント名を
設定し,それに_superuser/root 権限_(管理者権限を与えてください).

NG: 【ユーザ名】太郎,【権限】一般ユーザ
OK: 【ユーザ名】taro,【権限】管理者

また同様にインストールに使用するフォルダ(ディレクトリ)に日本語が含まれてもだめです.
> Creating temporary file c:\documents and settings\ユーザー\local settings\temp

この「ユーザー」が日本語の場合失敗するということです.
アカウントを上に従って作り直せばOK.


これで,gs と gsview がインストールされたはずです.
次に,gs の Path を追加します.XP なら「マイコンピュータ」のプロパティを
開き,「詳細設定」タブ下の環境変数を開き,システム環境変数の Path に gs のパスを
追加してください.上のインストール時の注意点(install.txt)に詳細があります.

ここまでやれば コマンドプロンプトから dvipdfm(x) で pdf 変換できるはずですが,
その前に dviout ツールバー (options → graphicタブの ghostscript [gsx:] を押して
自動サーチで gs を見つけられるか確認してください.
正しくインストールされていれば以下のように,自動で設定されるはずです.

[gsx:] C:\gs8.50\bin\gswin32c.exe

問題なければ save, OK を押して,設定を保存します.
最後にテストファイルで dvi 作成(dviout で図が見えるはず),
dvipdfm(x) で pdf を作成してみてください.

こんにちは.

もしかしたら dviout などの dvi viewer でも画像が表示されていないのでは
ないかと感じます.(これは大丈夫なのでしょうか?)
だとすると以下の作業をやり直したほうが早いと思います.

ghostscript の version が少し古いようですので,最新版に入れ替えましょう.
このサイトに従って,最新版の ghostscript と ghostview に入れ替えてください.
http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~khotta/ghost/index.html
その際は section 2 に述べられている,インストール時の注意点に留意して...続きを読む

Q\mathrmと\rmの違いについて教えて下さい。

\mathrmと\rmの違いについて教えて下さい。


TeX2imgというソフトウェアを使ってTEXで数式を画像化しています。


\mathrmと\rmの違いって何なのでしょうか?
例えば、
A_{\mathrm BC}
と書くとBだけが斜体がキャンセルされます。
A_{\rm BC}
と書くとBとC両方とも斜体がキャンセルされます。
でも字体には特に違いはないように思います。
ネットなどで検索しても特に使い分け方などが書かれていません。

ネットなどで他の人の文書を見てみると、下付き文字は全て立体文字で書くべきなようなので
\rmを使うべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

>つまり、\rmと\mathrmは、使い方は異なるけれども
>表示される書式としては全く同じということですよね?

そうです.しかし,\rmは
\DeclareOldFontCommand{\rm}{\normalfont\rmfamily}{\mathrm}
というように定義されており(「Old」とわざわざ書かれている),
しかもclsファイル内での定義です.
つまり,clsファイルの実装に依存しており,
使えないときもあるわけです.

>\mathrmは、打つのが面倒くさいので\rmを使いたいといったことが書かれているページが見つかりました。
宗教論争になりますが,
主観ではそのブログの内容は論外です.
入力が面倒であるならば,
それこそエディタの置換機能を使えばいいだけです.

見易さですか?
\mathrm{AB}とあれば,ABだけが確実にローマンであることがわかります.
\rmの場合,同一グループ内の\rm以降がすべてローマンになることと
{ }による閉じ間違いでわけの分からない状態になること,また
\rm{AB}というような誤用で混乱しているTeXソースはやまほどあります.
意識的に「何をローマンにするのか」を表現できるほうが見やすいでしょう.
なお,\rmは数式専用ではないので,
semanticの意味でも問題があるかもしれません.

>検索すると以下のページが見つかりました。
つまり「ルールがある」ということです.
これはISO式とか数学系・物理系でいろいろ違います.
物理の中でも核融合系とか天文系とかでも微妙な差異があったりします.

ものすごい大雑把なところでは
添え字に複数のアルファベットが使われ,
それが何かの略号だったり単語そのものだとローマン,
単なるパラメータだとイタリックです.
たとえば,行列のij成分なんかだと
$a_{ij}$であって,$a_{\mathrm{ij}}$ではない.
例の「定圧熱容量」の場合,熱容量で$C$で「定圧」であることをpressureの頭文字pで表し
$C_{\mathrm{p}}$となるのでしょう.
ただし,この手のルールは雑誌ごとのルールもあり厳密なものは存在しません.
ルールがない雑誌もありますので,「慣習に従う」としかいえません.
ただし,何でもかんでもローマン・イタリックというわけではないのです.

>「Latex2ε美文書作成入門」だけがありますが、こういったことに関して解説は載っていません。
LaTeX2εですが・・・奥村先生のサイトはみましたか?
「表記の哲学」というページがあります.
奥村先生ご本人に確認したわけではないですが
あえて美文書では「表記の哲学」の宗教論争の奥地に
入るのは避けたのではと思います.
ご自身でTeX Q&Aで聞いてみたらどうですか?
次回の改訂六版(たぶん2013年だと思う)に
何か反映されるかもしれません.

>つまり、\rmと\mathrmは、使い方は異なるけれども
>表示される書式としては全く同じということですよね?

そうです.しかし,\rmは
\DeclareOldFontCommand{\rm}{\normalfont\rmfamily}{\mathrm}
というように定義されており(「Old」とわざわざ書かれている),
しかもclsファイル内での定義です.
つまり,clsファイルの実装に依存しており,
使えないときもあるわけです.

>\mathrmは、打つのが面倒くさいので\rmを使いたいといったことが書かれているページが見つかりました。
宗教論争になりますが,
主観...続きを読む

Q金属、半導体の抵抗の温度変化について

金属は温度が高くなると抵抗が大きくなり、半導体は温度が高くなると抵抗が小さくなるということで、理論的にどうしてそうなるのでしょうか。
金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?
半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。
あと自分で調べていたところ「バンド理論」というのを目にしました。
関係があるようでしたらこれも教えて頂くとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?

だいたい合っています。
金属については、温度が上がると正イオン(自由電子が引っこ抜かれた残りの原子)の振動が激しくなるので、自由電子が正イオンに散乱されます(進路を乱されます)。
それをマクロで見たとき、電気抵抗の上昇という形で現れます。

>>>半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。

半導体の中において金属の自由電子に相当するものは、電子とホールです。この2つは電流を担う粒子ですので、「キャリア」(運ぶ人)と言います。
ホールは、半導体物理学においてプラスの電子のように扱われますが、その実体は、電子が欠けた場所のことを表す「穴」のことであって、おとぎ話の登場人物です。
電子の濃度とホールの濃度に違いがあったとしても、一定の温度においては、両者の濃度の積は一定です。
これは、水溶液において、H+ と OH- の濃度の積が一定(10^(-14)mol^2/L^2)であるのと実は同じことなのです。

中性の水溶液の温度が高くなると、H2O が H+ と OH- とに解離しやすくなり、H2O に戻る反応が劣勢になります。
それと同様に、真性半導体においても、温度が上がると電子とホールが発生しやすくなるのに比べて、両者が出合って対消滅する反応が劣勢になるため、両者の濃度の積は増えます。
キャリアが増えるので、電流は流れやすくなります。

こんにちは。

>>>金属については、温度が上がると粒子が熱振動し自由電子が流れにくくなるというようなことを聞いたことがありますがあっていますか?

だいたい合っています。
金属については、温度が上がると正イオン(自由電子が引っこ抜かれた残りの原子)の振動が激しくなるので、自由電子が正イオンに散乱されます(進路を乱されます)。
それをマクロで見たとき、電気抵抗の上昇という形で現れます。

>>>半導体についてはまったく理由がわからないので詳しく教えて頂くとありがたいです。

半導体...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報