プロが教えるわが家の防犯対策術!

パソコンがこれだけ普及したのに、労働時間が減るわけではないのは何故ですか?

パソコンがない時代と比べて、革新的に
効率化が進んだはずなのに労働時間が極端に減った訳ではないのは何故ですか。
例えば、四十年前と比べてパソコンの処理速度や通信技術は目覚ましい発展を遂げてるのに、東京の満員電車の乗車率が200%越える現実は全く改善されていない。21世紀はロボットが代わりに働いてくれると思ってたのに普及してるのはお掃除ロボ位ですよね?

パソコンやネットは生活を便利にしつつも、仕事を増やしてはいないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

大体皆さんの御回答で行き渡っていると思いますが、整理してみると、


・器械に使われていないか
・管理方式そのものが改善されたか
・便利になった時間が多売やコスト削減につながっているか
・密にあるいは迅速になった情報は経営管理の上で活かされているか
などに絞られてくると思います。

下々では、仕事の出来ない者がひまなだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

感謝してもしきれない位ありがたい回答でしたo(^-^)o

やはり効率化した時間をいかに戦略的に使っていくかが鍵なんですね(`∇´ゞ

お礼日時:2012/04/28 21:32

そりゃ効率が上がった分そのまま仕事が減るって言うなら楽になるでしょう。


でも、そうではない訳です。
効率が上がったから、同じ時間で沢山の仕事がこなせる…
昔はPCどころか電卓だって無かった訳ですし、コピー機だって無い時代はあったのです。
それが便利になり効率が上がった…それだけです。

ではその効率が上がった分はどこへ行ったか…
それが、物の価格の低下です。
効率が上がれば同じ人件費でも沢山の仕事がこなせます。
これがサービス向上や商品の価格の低下に回されます。
でも売上は一緒だから、給料は一緒、あるいは逆に下がる…
これが何なのかすでにお気づきでしょう。

パソコンやロボットなどが導入されれば今度は経験やスキルさえも不要となります。
こうなれば働ける人であれば誰でも良いのですから、人件費は更に下がります。

消費者として安くて良いサービスを期待すれば、労働者として安い給料で、キメの細かいサービスを要求されるって事です。
この2つは決して切り離せません。

物が安くなった代償は人も安くなったという事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても参考になる回答をありがとうございます(^O^)感謝感激です

デフレとかいう奴ですね。ただ物価は下がれど住宅、医療はお金がかかるから頭が痛いものです。

で、お金がないと感じると人は諦めるかもっと働こうとする訳ですよねε=ε=┏( ・_・)┛

お礼日時:2012/04/28 21:17

パソコンの普及が仕事の効率アップの邪魔をしているからです。




未完成なソフトを使わされかえって効率が悪くなってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

視察深いご回答ありがとうございます。 知識が増えました。感謝です

ただ、パソコンがない時はどうやって仕事してたのかと疑問に思ったりします(・◇・)?

よく高度経済成長を成し遂げたなとV(^-^)V

お礼日時:2012/04/28 21:28

パソコンの前にいないと仕事が出来ないからです。


特に昨今、データの持ち出し禁止やら、データ、個人情報の漏洩などで自宅に持ち帰って仕事の続きが出来ない。(持ち帰らなくても良いようになった)
となれば会社のPCの前に張り付いていないと仕事にならない。
さらに社内LANでつながっていると思いますが、そうなると社員の中に残業を稼ごうと思う人がいれば、
会社全体がその人のスピードまでしか出せなくなります。
さらに、効率化の名の下に一人当たりの仕事量が昔とは桁が違うほど増えています。
ですので、残業が増えたのです。(サービス残業も多いですが)
5時から男が居た時代は会社全体の残業時間が短かった気がします。
その当時はしわ寄せという形で一部の人たちだけが長時間残業をやっていましたが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答者様の知識の深さが滲み出るお答えでした。非常に勉強になります

5時から男のグロンサンの時代ですね♪~θ(^0^ )

在宅勤務が普及すると変わってくるのかもしれませんね(^∀^)ノ

お礼日時:2012/04/28 21:30

事務系の労働時間の短縮が進まない理由は大きく分けて次の二つだと考えます。

一つは現在はまだ過渡期で、デジタル(電子化された情報)とアナログ(紙の情報)の両方の処理をせざるを得ないこと、もう一つは私たちが「足るを知ることができない」からではないでしょうか。

私が就職した1970年代末の職場にはパソコンもワープロもなく、書類はごく一部のかなタイプで打つものや印刷屋に頼むもの以外ほとんどが手書きでした。タイムカードも紙製でタイムレコーダーで時刻を打刻し、事由などの補足の記入は手書きでした。

パソコンなどITが発達して、手書きの必要性は著しく低下しましたが、事務作業量全体が減少したかといえば、必ずしもそうではありません。まだ完全なペーパーレスにはなっておらず、かえって手間がかかるようになった面もあります。例えば経理処理は昔は紙の伝票だけですべてが済んでいましたが、現在では領収証など紙の伝票処理も昔どおりのものが相当残っている一方、オンラインでも起票したものを回送し、決済を受けなければならなくなりました。また日常の情報のやりとりにはメールなど電子化された文書を使う一方で、案内状の発送や辞令の交付など、なお紙の文書が必要な場合もかなりあります。昔はアナログだけで済んでいたものが、現在はアナログ・デジタルの両方を扱うことが求められていて、ある意味二度手間になっています。

ただしこれは次第に完全にデジタル化されてゆくことによって、アナログ部分がなくなり、負担が軽減されると考えますが、もう一方の「足るを知ることができない」ことは人間の本性にかかわる難問です。例えばエクセルなどの表計算ソフトの発達で、数値データの処理が効率化されたことは確かですが、昔そろばんや電卓で計算して手書きの表にまとめていたものがパソコンで楽に作成できるようになっただけで満足している人はあまりいません。コンピューターを使ってそろばんや電卓の時代には簡単にはできなかった、詳しい分析を行いたいと考えるのではないでしょうか。

さらに業務の速度についても、電子化によって飛躍的にスピードアップしています。例えば昔のテレビの動画ニュースはほとんどフィルム(ムービー)だったので、撮影したフィルムを現像設備のある放送局まで持ち帰る時間に加えて、フィルムを現像する時間が30分ほどかかりました。現在はビデオ映像であり、撮影した現場から電波を使って放送局に伝送することが可能になっています。画質を問題にしなければ、携帯電話を使って現場から中継することも可能な時代です。技術的に便利になった反面、テレビ局に限らず多くの職場で、ますます時間に追われるようになっている傾向があるように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂いて色々考えさせられました。ほんと的確なお答えでした。

デジタル化の過渡期 、移行期なんでしょうね。

楽になってもさらに別の高度な次元を求めるから忙しさは減らないんですね(@_@)
22世紀の日本がさらに発展する事を願うばかりですo(^-^)o

お礼日時:2012/04/28 21:42

例えば20時間はかかる仕事がコンピュータのおかげで


半分の10時間で出来るとなったら・・・

『当社では今までの半分の時間で済みますので、料金も
半額でお引き受けできます!!』
何処も皆、こう言って営業かけます。

結果、安売り合戦になっちゃうんです。
仕事ひとつの時間は少なくなっても、報酬はそれ以上に
減りますから今までの倍以上やって、何とか現状維持。

その上、何かと言うと『消費税引上げ』でコストアップ。
頑張ってコスト削減に上手くいった、いきそうだという
ところにまた、『次世代パソコンで時間削減』&『増税』。

仕事に関しては、パソコンなど無かった時代のほうが
良かったのかも知れません。

「あっ、原稿の一部渡し忘れた!!」なんて事があっても
メールで済んじゃうし、つまらん雑用が増えましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めちゃめちゃ勉強になる回答でした。勉強不足を痛感します(>_<)

増税の事すっかり抜け落ちてました!

物が安くなり、給料が減り、税金は増える

アホくさいですね(^∀^)ノ

お礼日時:2012/04/28 21:47

>>効率化が進んだはずなのに労働時間が極端に減った訳ではないのは何故ですか。



そりゃあ、コンピュータで10倍早くできるようになっても、10人雇っていたところを9人リストラして、1人にしたりするので、労働時間は減りません。
(昔、経営者には「このシステムで100人程度の人が減らせます!」という資料が提出されたものですが、当然ながらそういう書類は「部外秘」扱いになってましたね。)

また、仕事には、コンピュータでできない部分も多いです。そこはコンピュータ化による効率化のメリットがありませんのでね。
たとえば、ソフト開発で、開発ツールの性能が上がり、さらにPCの処理スピードの向上もあって、生産性が10倍になったとしても、それらの恩恵を受けない工程が割とあるので、トータルでみれば、開発期間としては3割くらい短くなるだけだったりします。

>>パソコンやネットは生活を便利にしつつも、仕事を増やしてはいないですか?

たとえば、メールやモバイルツールなどにより「職場から出れば、自宅に帰れば、電車に乗れば、仕事したくともできない」といった制限をなくしました。そういう意味では、いつでも、どこでも仕事に追いかけられる状況になり、仕事が増えているともいえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても参考になる回答をありがとうございます(^O^)感謝感激です

なんか技術屋さんのご意見が聞けて違う見方ができました

また、少数精鋭になるから正社員が減り派遣社員が増え、格差が生まれるのかもですね”(ノ><)ノ

真剣に仕事するようにしますo(^-^)o

お礼日時:2012/04/28 22:06

そのためにリストラをして人員を削減したり、派遣社員等で調整をしています。


なので一人あたりの労働時間が削減されないようにしています、
また、新卒の採用も少なくなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答感謝です。この問題について詳しくさらに調べたくなりました。

少子化じゃなかったら、フリーターはもっと激増してますね!

お礼日時:2012/04/28 23:45

世間一般はわかりませんが、個人的にはネット環境とモバイル端末の普及のお陰で仕事をする時間はかなり減りました



近年は、フルタイムで仕事するのは、月に5日ほどで済みます

あとは、自宅や出先でメールを時々確認して、必要に応じて指示を出すだけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、考えさせられました。回答に感謝致します。助かりました☆

シリコンレバーにお住まいの方じゃないですよね?

お礼日時:2012/04/28 23:46

なんというか、労働時間は減っていますよ



全員が一時間短くなったかそういうことでなく
個人の労働時間は変わらないで

失業者と労働密度が低く給料が安い派遣社員にそのしわ寄せが行っているのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂いて色々考えさせられました。ほんと的確なお答えでした。

雇用問題にまでリンクするとは!質問して視野が広がりましたo(^-^)o

お礼日時:2012/04/28 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ科学技術が発展しているのに、労働時間は減らないの?

科学技術の発展で、例えば30年前は1時間かけてやってた作業が
エクセルなんかのソフトを使って、1分でできるようになっている
と言っても過言ではないでしょう。

では、なぜ労働時間が減らないのでしょうか?

ここからは私の仮説ですが、
現代人はより高品質な商品やサービスを求めるため、
それを生産するためには以前よりも時間がかかる
というのも理由の一つでしょう。

では、なぜ現代人は長時間労働に耐えながらも、
高品質な商品を消費するという選択をとるのでしょうか?

短時間労働で、安価な商品でいいという人もいると
思うのですが、なぜ長時間労働・高品質消費サイドに
全員が合わせることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

地球とか人類とかまでテーマを広げて考えていいのだと思います。もうそうゆう時代に来ていると思います。昔の人も言っていたかも。

私の背景話ですが…
親と別世帯で暮らすことは、教育的に経済的にいいのか?生活レベルを維持するために共働きし、子供は託児所に、祖父母は老人ホームへ預けてしまう。それは教育的に経済的にいいのか?一方では失業者があふれているといい、一方では労働力が足りないから女性の社会進出を促進しなければいけないといい、一体どっちが本当なのか?共働きの片方が家庭に入ったらどうなるのか?ゆくゆくは夫だけの収入で生活できるようになりはしないか?もしそうなら、託児所や老人ホームのために働き始まったことは、実は他の誰かの私腹を肥やしているだけになってないか?本当は仕事やお金以外にももっと考えなければいけないことがあるのではないか?地域のためにやらなければいけないことがあるのではないか?協力し合える親族や仲間が近くにいれば、託児所も老人ホームもいらないし、現状でも夫だけの収入で大丈夫なのではないか?教育にお金を掛けることは必要か?大学まで行く必要がある人は本当はもっと少ないのではないか?大学のための学費や時間は無駄ではないか?社会全体としても高卒から労働力を得た方が得ではないか?いまや3Kといわれる仕事にまで大卒がどんどん入ってきている。その人生の歩みは本当にまともなのか?私の場合で言えば、大学で学んだことでためになったものは心理学とかの数科目程度です。それ以外は高校レベルに毛が生えたようなもの。何も4年間を費やして学ぶほどのものではなかったです。そしてそこで学んだことを活かした仕事に就いてもいません。人並み以上の職でもありません。むしろ高卒で就職した仲間の方がいいくらいです。なんと無駄の多い人生でしょう。高卒で働き始まった方がよほど社会のためになったかもしれません。
そんなある日、海外旅行をしてみました。たくさんの国と、都市部と農村部を見て回りました。そこで気付いたことは、農村部の人々はとてものんびり暮らしているのに対し、都市部の人々はせかせかして暮らしていることでした。ある片田舎の家にお邪魔したときは、地元の食事を振舞われ、彼らは地元の素晴らしさをうれしそうに話すのです。その家族の子供は建築系の大学に通っており、将来設計士になりたいそうです。父が大工でその後を継ぐということでした。父を尊敬し、地元のために生きようとしていました。しかもそれが過酷な生活の中で行われているわけではありません。とてもゆったりとした生活の中で営まれているのです。車やパソコンなど必要なものはあるし、どうしてこんな心の伴った豊かな生活ができるのか不思議でした。
日本に帰ってきてからは両親や祖父に質問してみました。昔はもっと大変だったのかと。ところが答えは、物がないだけで今みたいにせかせかした生活ではなかったというのです。競争はもちろんあったけれど、今のように他人よりも速く、多く、効率よくと絶え間なく要求されるような労働ではなかったといいます。更に、今のように仕事をしているのに将来が不安だという精神状態ではなかったといいます。
海外の片田舎の話も日本の昔の話も、それがすべてではないと思いますが、今の日本は全体的に心が病んでいるように思えてなりません。私の周りの親族も友人も皆不安を抱えています。仕事は大丈夫だろうか?子供は?教育は?親は?老後は?そして漠然と大丈夫だろうか?と、多くの不安を抱えているのです。あの海外の片田舎で会った家族の精神的に落ち着いて充実している笑顔を見せる者が、一人もいないのです。
私の経済に対する疑問が出てきたのは、こんなことがきっかけでした。

人は本来、もっと豊かに生きていけるのでは?それは楽して得られるものではないと思いますが、過酷を極める必要もないのだと思うのです。では何が原因でそれが可能にならないのか?ゆとり教育はゆとりにつながらないのでは?やらなければいけないことは利益の適正な分配ではなかったか?でも政治はその真逆の政策(大企業や経営陣側に有利な規制緩和)をしてきたのでは?利益はどこかに消えてないか?日本の特別会計は使い切っているのか?それとも溜め込んでいるのか?などと考えるに至った次第です。
更に、今日ではマーケティングは常識になりました。消費者を喚起させる力とそれにのせられる消費者意識に歯止めがきかなくなっていないか?豊かさは、もの作りに比例するのではなく、心作りに比例するのではないか?実はそんな力が経済学で導き出した計算より、飛躍的に豊かな生活を国民に導くかもしれませんね。私の未熟な脳の中身です。

個人的には、生命について、社会のあり方や宗教のあり方について、もちろん心理学や哲学からの見解も詳しい方がいたら聞きたいですね。

地球とか人類とかまでテーマを広げて考えていいのだと思います。もうそうゆう時代に来ていると思います。昔の人も言っていたかも。

私の背景話ですが…
親と別世帯で暮らすことは、教育的に経済的にいいのか?生活レベルを維持するために共働きし、子供は託児所に、祖父母は老人ホームへ預けてしまう。それは教育的に経済的にいいのか?一方では失業者があふれているといい、一方では労働力が足りないから女性の社会進出を促進しなければいけないといい、一体どっちが本当なのか?共働きの片方が家庭に入ったら...続きを読む

Q部下に残業をしないよう注意しました。でも・・・

5人の部下を持つ、OLです。
部下といっても、全員自分より年上、勤続年数も同じぐらいです。

部下のうち女性1人は、仕事ができることもあり
給料面、ボーナスなど、他の部下よりある程度優遇しています。

それもあり、今年の1月から、彼女の担当業務を増やしました。

最近、業務が多忙なこともあり、彼女は勤務時間内に業務を終了することができなくなり、
残業をすることが多くなりました。
去年の同時期より10時間をオーバーしています。

うちの部署では残業は基本的に禁止。
やむを得ない場合としては、上司である私が指示した場合
または、終業時間前に部下から報告を受け、私が必要と判断した場合のみ残業を認めることになっています。

その女性部下が残業する時は、最近は事前報告もなくなっていました。
いつの間にか自然に居残ってガリガリやっている、という感じです。
私も数日は様子を見ていました。

先日再び残業をしていました。
他のスタッフには残業を禁止している手前、さすがに注意しました。
すると
「今日は、某得意先の締め日処理があったから(仕方なく残業しただけ)」
という半分開き直った態度。
私は
「あなたには確かに業務の負荷が多いが、でも残業について特別扱いはできない。
あなたが残業しているを見て、他のスタッフも不審に思うでしょ」と。

あわせて
「どうしても業務上問題があるなら、報告してほしい。こちらも業務分担を再考するから」と
伝えました。

彼女は主婦ですので、基本的には「残業はしたくない。定時に帰りたい」というスタンスです(だいぶ前に聞いたのですが・・・)。

ただ彼女に注意した後、自分なりに悩みました。
「かといって、彼女には業務をきっちりこなしてもらわないと困る。中途半端に済ませられて、定時だからと帰られたら困る。うーん・・・」
と考えました(;一_一)

部下を管理しなくてはならないとはいえ、元々注意したりするのが得意ではないので
こういう時はいつも悩みます。

さらに上の上司にすがることでもないし・・・

何かアドバイスいただければ幸いです・・・

5人の部下を持つ、OLです。
部下といっても、全員自分より年上、勤続年数も同じぐらいです。

部下のうち女性1人は、仕事ができることもあり
給料面、ボーナスなど、他の部下よりある程度優遇しています。

それもあり、今年の1月から、彼女の担当業務を増やしました。

最近、業務が多忙なこともあり、彼女は勤務時間内に業務を終了することができなくなり、
残業をすることが多くなりました。
去年の同時期より10時間をオーバーしています。

うちの部署では残業は基本的に禁止。
やむを得ない場合としては...続きを読む

Aベストアンサー

素朴な疑問として「なんで報告を待つのだろう」と思います。

上司はもっと積極的に、部下の仕事内容を把握することが必要なのではないでしょうか。

私の仕事はお客様のところに行って、決められた時間内にすべてを終わらせてくることが要求される仕事ですので、なにがあっても時間内に終わらせて帰る事が必要になっています。
10人ぐらいで入ることもあるのですが、すべての人員の進行具合は30分ぐらいの間隔でチェックし、進行が遅い場所には早く終わった人員を当てたり、ちょっと遅いが終わるはずの場合には「昼休みまでに、ここまで終わらせてください」と明確に指示を出して動くようにします。
基本的に無線を利用していますので、部下の手元を見ているわけではありません。


上司なら、それぐらいの気持ちで早め早めに積極的に割り振りをするぐらいでもいいのではないでしょうか。また、その大変な仕事をしている人の下にサポート役を付けられるようにしておき、忙しい部下には「必要に応じてヘルプを入れるから、残業になりそうならすぐに報告をすること」とサポートにつく人には「あの人の手伝いをしてもらうこともあるけど、その分有能な人の仕事ぶりを覚えて成長できるはず。貴方をわざわざ選ぶ意味は分かるわよね(言外に、あなたに期待している、とにおわすこと)」
と言っておくのです。

こうすれば全部とはいわないものの、残業になっても早く帰れるでしょう。また、上司であるあなたはよほどのことが無い限り、残業が終わるのを見届けてかえるべきです。(特に最初は・・)

このようなするときに、部下に指示して(ある意味残業しそうな部下の仕事を取上げて割り振るのも)上司の権限であり、それができるようになるためには、他の方のいうようにそもそも業務の分担と内容の精査が終わっていないとなりません。これは、上司の仕事と言えます。

全員女同士なのでしょうか?それだとカドがたつこともあると思いますが、給与査定権限を握っているのは貴方ですから、あなたがきちんと割り振りを行うのが筋だと思います。

最後に注意の仕方について、
これはすごくむずかしいですが、上記の場合だったら注意よりも質問のほうが有効だと思います。
>「あなたには確かに業務の負荷が多いが、でも残業について特別扱いはできない。あなたが残業しているを見て、他のスタッフも不審に思うでしょ」
という上からの注意ではなく
「一応残業禁止の部署なんだけど、ここのところ残業がおおいのはどうして?」
-今日は、某得意先の締め日処理があったからです。
「なるほどね、でもあまり多いとみんなの手前もあるし、あまり特別扱いはできないんだけど、どうしても残業増えてしまうのかな?(上司として、なにか手伝えないかという意味での問いかけ)

そして
「私としても貴方の担当を増やして、がんばってもらっているとありがたいと思っているけど(年下なら信頼を、年上ならお礼を伝える)、全体的には残業をしない方向が会社の指示でもあるから、残業が増えるような一緒に見直しをしていきたいんだけどどう?(見直す=仕事を取上げられる、と感じる人もいるので、あくまでも協力したい、というスタンスを貫く)

という感じでアプローチしてみるのがいいと思います。ビシッと注意することも重要ですが、部下の不始末や行動はすべて上司の責任であることを忘れてはなりません。基本的には上司にまったく非が無いような注意のしかたは出来ないのだと思います。

素朴な疑問として「なんで報告を待つのだろう」と思います。

上司はもっと積極的に、部下の仕事内容を把握することが必要なのではないでしょうか。

私の仕事はお客様のところに行って、決められた時間内にすべてを終わらせてくることが要求される仕事ですので、なにがあっても時間内に終わらせて帰る事が必要になっています。
10人ぐらいで入ることもあるのですが、すべての人員の進行具合は30分ぐらいの間隔でチェックし、進行が遅い場所には早く終わった人員を当てたり、ちょっと遅いが終わるはずの場合には「...続きを読む

Q日本人の労働時間は、なぜ減らない?

パソコンや携帯など、便利な道具は増えたのに、なぜ日本人の労働時間は、減らないのですか?

少し前のデータですが。

2011年の日本人1人あたりの総実労働時間は平均1728時間、英国(1625時間)、フランス(1476時間)、ドイツ(1413時間)、などに比べると長時間労働が依然続いている。オランダ(1379時間)に比べると、実に349時間もの大差となる。一方、2011年の日本の労働時間1時間あたりの生産性は41.6ドル。米国(60.2ドル)、フランス(57.7ドル)やドイツ(55.8ドル)に比べて、日本は生産性が著しく低い(数字はいずれもOECD調べ)。これは、長時間労働→疲労の蓄積→生産性の低下、という世間一般の常識にも適うものである。

日本人は、マスコミや役人に洗脳されて搾取され続けるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

政治も行政も、企業の味方ですから。


人気Q&Aランキング