歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

最近友達に借りた宮部みゆきとかアガサクリスティーを読んでからミステリーが好きになってきました。
ミステリーには詳しくないので書店に行ってもどれを買ったらいいのか迷ってしまいます。
おすすめの面白いミステリーがあれば教えてください!
出来れば日本のものであまり恐すぎなくて、でもドキドキ感のある推理ものがいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

おすすめ、というより僕の好きなもので読みやすいかなと


思うものですが、島田荘司の「御手洗潔シリーズ」なんか
どうですか?
個性的なキャラクターが多くて僕は好きでした。少し古い
ですが。新作が出なくなって久しいですがいまだに新作を
待ちつづけてます(笑)
あとは、純粋な推理モノとは違うかもしれませんが、京極
夏彦の京極堂シリーズや藤木稟の朱雀十五のシリーズなん
かも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます!

>島田荘司の「御手洗潔シリーズ」なんか
どうですか?

個性的なキャラが登場するのはおもしろそうです☆
シリーズものは次が楽しみになるからよさそうです。
たくさんおしえてくださってありがとうございました☆

お礼日時:2004/01/13 00:48

私のお勧めは


浅田次郎の「蒼穹の昴」(上・下)です。
今まで読んだものとは一味違ってなかなかgoodでした。
それから続編的に出された「珍妃の井戸」。
これまたgoodでした。
ともに中国、清朝時代を舞台にしたもので、西太后や李鴻章・袁世凱など有名人?が出てきて展開するミステリーロマンです。
怖いというよりも、う~んっまさにロマン!といった感じ。
まったく中国の歴史には詳しくなかったのですが、非常に明快で楽しく読めました。
これを読んで実際に本当の中国史を知りたくなり他の中国史の本を買って読んだりもしました。

浅田次郎は私の中で今まで「ぽっぽや」を代表するような短編を筆頭として、とにかく泣けちゃうものというイメージだったのですがこの辺から見方が変わりました。
他にも「シェエラザード」(上・下)や「日輪の遺産」などがあります。
どれも時代背景がしっかり描かれていて、すごくわかりやすく泣かせどころもありで、私的にはすごく良かったです。
一度読んでみてはいかがでしょうか?

あと良かったという表現とはちと違いますが以前、読売新聞でも連載された村上龍の「インザ・ミソスープ」は今でも忘れられません。
ちょっと気持ち悪くて後味が悪いというか尾を引く作品だったのでお勧めではないのですが一応書いてみました。
参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっとみなさんとは変わった感じの個性的なおすすめありがとうございます!
浅田次郎は私もぽっぽやのイメージが強かったです。
蒼穹の昴、読んでみますね!

お礼日時:2004/01/14 01:22

こんばんは。



最近では横山秀夫の警察内部を描いた小説が好きですね。
「第三の時効」、「半落ち」、「陰の季節」などです。

現場から少し離れた部分を描くのが、彼の特徴です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

警察内部を描いた小説、おもしろそうですね。
ありがとうございました☆

お礼日時:2004/01/14 01:20

京極シリーズはかなり!お勧めです!!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました!
絶対に読みますね☆
ありがとうございます。

お礼日時:2004/01/14 01:19

軽快な感じが好きなら 有栖川有栖の国名シリーズ。


北村薫の覆面作家シリーズ。
宮部みゆきのマサシリーズ。がお勧めです。

難解好きなら京極夏彦。森博嗣。

ちょっと受けたいなら子供ものですが、はやみねかおる。東川篤哉(こちらは子供向けではありません)。

しかし、ミステリーなら「半落ち」「第三の時効」がお勧めです。著/横山秀夫。

あとは若竹七海も好きです。
貫井徳郎・東野圭吾は本によってエグっ。ふざけてる?などチャレンジャーな作家だと思います。

私はアガサクリスティ→赤川次郎→西村京太郎→栗本薫→山村美紗→有栖川有栖などの現在に至ってます。

ご参考になれば幸いです^-^

参考URL:http://www.jbook.co.jp/book/fair/book_mystery_ja …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私はアガサクリスティ→赤川次郎→西村京太郎→栗本薫→山村美紗→有栖川有栖などの現在に至ってます。

わぁ~(^-^ すごいですね!
京極夏彦は友達にもすすめられました。
参考URLゆっくりと見させていただきます。
ありがとうございました☆

お礼日時:2004/01/14 01:18

推理小説初心者でも面白いのは、風見潤さんかと思います。

すでに20年近く書かれているシリーズで、「幽霊事件」シリーズ→「京都探偵局」シリーズと続いています。
探偵局になると本拠地が京都になってしまうので、あまり遠くへは行かなくなってしまっていますが、幽霊事件時代は北海道から沖縄まで、日本のほとんどを制覇している状態で、トラベルミステリーとしても面白いかも知れません。講談社のX文庫、ティーンズハートで出版されています。
風見さんのHPもありますのでどうぞ
http://homepage2.nifty.com/kazami-jun/index.htm

少し推理小説に慣れてきたなら、
「ノベルス版 金田一少年の事件簿」もいいかと。
それから、短編が多いので有栖川有栖さんもお勧めします。ただ、ちょっと内容が哲学的というか、スリルという楽しみは少ないかも知れませんね。事件の中に主人公達が引き込まれる、というものではないので。

少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風見潤さんおもしろそうですね!
ぜひ読ませていただきます。
金田一少年はアニメでしか見たことないですが小説で読むともっとおもしろそうです!
参考になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2004/01/14 01:15

私もミステリーあまり詳しくはないですが、好きです!



宮部みゆきとかアガサとかがお好きですか~
岡嶋二人とか有栖川有栖あたりでいかがでしょうか。
あと、高村薫とか安孫子武丸とか・・・

我孫子武丸は「殺戮に至る病」だけちょっと怖いかも。
漫画化もされている人形シリーズは読みやすくてお薦めです。

個人的には綾辻行人とか法月綸太郎の方が、好みですが。
海外ものだとエラリー・クイーンとか。
あと漸く 森博嗣の「すべてがFになる」を読んだのですが、割と良かったです。
霧舎巧は2作目以降、読んでコケましたが
森博嗣はこれからチェックしてみようと思います!

お薦め作品ではありませんが
参考URLに貼ってある「探偵趣味倶楽部」というリングに
登録されているサイトを巡ってみると
いろんな人の感想とか見られて良いかもしれないですよ。

長々とお邪魔しました。参考にならなかったらすみません。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~wb2/wr/myshome.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

toranputanさんはいっぱい知ってるんですね~!
すべてがFになる、は友達もおもしろいと言ってました。
WEBリングの紹介もありがとうございました。
ゆっくりとめぐってみますね!
とても参考になりました、ありがとうございます☆

お礼日時:2004/01/14 01:13

こんばんは。



私の最近のお薦めは鯨統一郎氏と高田崇史氏の作品です。

鯨統一郎氏の作品リスト
→ http://myshop.esbooks.co.jp/myshop/awayokuba

高田崇史氏の作品リスト
→ http://myshop.esbooks.co.jp/search?author_locati …

あと、アガサクリスティーもいけるのでしたら、シャーロックホームズもいけるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

作品リストのサイトURLありがとうございました!
題名を見ているだけで想像力がかきたてられます。
シャーロックホームズのことはすっかり忘れてましたが、ぜひ読んでみようと思います☆
ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/14 01:11

 新本格派の中でも読みやすい太田忠司さんの作品はいかがでしょうか?私のお薦めは「狩野少年」シリーズと、「霞田兄妹」シリーズです。

また、シリーズではないですが、「ミステリなふたり」も、短篇集ですが、この方らしさのあるステキな作品です。

 どんでん返しを期待されるのであれば、同じく新本格派の綾辻行人さんもお薦めです。若干怖かったりはしますが、それをぬきにしても引き込まれること間違いないです。この方の代表作は「館」シリーズになります。ホラー作品も結構書かれていますので、そちらを取らないように気を付けてくださいね。(ホラーははっきり言って怖いです。)

 さらりと読むのであれば、風見潤さんの「幽霊事件」シリーズや「京都探偵局」シリーズも面白いです。シリーズしては結構な数が出ていますが、順番は気にせずにどうぞ。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>新本格派の中でも読みやすい太田忠司さんの作品はいかがでしょうか?

初心者なので読みやすい作品だと嬉しいです☆

>どんでん返しを期待されるのであれば、同じく新本格派の綾辻行人さんもお薦めです。

どんでん返しモノはかなり好きです!
ホラー作品を間違ってとらないように気をつけますね。

たくさん教えてくださってありがとうございました!

お礼日時:2004/01/13 01:21

こんにちは。


「恐すぎないミステリー」が好きな私がお薦めする作家さんと著書を書いておきますね。古本屋さんで見つけるのも楽しいですよねー!良かったら読んでみてください^^

・加納朋子 「ななつのこ」(創玄推理文庫)
       「ガラスの麒麟」(講談社文庫)
       「沙羅は和子の名を呼ぶ」(集英社文庫)
・北村 薫 「盤上の敵」(講談社文庫)
・岡島二人 「そして扉が閉ざされた」

加納朋子さんの本は全部面白いです!
北村薫さんの「盤上の敵」は読むべし!ですよ♪
ではでは、良い読書ライフをお過ごしくださいませ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは☆
>「恐すぎないミステリー」が好きな私がお薦めする作家さんと著書を書いておきますね。

ありがとうございます~!
「沙羅は和子の名を呼ぶ」・・・題名だけでドキドキします!
「盤上の敵」もおもしろそうですね!
古本屋さんに行くのが楽しみです☆
おすすめありがとうございました。

お礼日時:2004/01/13 01:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング