初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)service --status-all



サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/07/07 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCentOS4 and 5 / [chkconfig ---list]で表示される各サービスの内容一覧を掲載してるサイトはありませんか?

自宅でCentOS5,レンタルサーバでCentOS4(VPS)をつかっています。

表題のとおりなのですが、
[chkconfig ---list]で表示される各サービスの内容一覧を掲載してるサイトはありませんか?

X-window でなら、#system-config-services
で、内容がわかりますが、
いかんせん英語ということと、英語を訳せても、いまいち、説明文が短くて、内容がわかりません。

できれば、日本語で(あるいは説明文が適度に長いなら英語でもいいのですが)これら一覧を、まとめて解説してるサイトはないでしょうか?


#windows のmsconfigなんかだと、それに該当するようなサイトがありますよね?

まぁ、man を見ればいいのかもしれませんが、英語だったり、異様に長すぎて、どうもとっつきづらく・・・(なれなくてはいけないとはわかってはいるのですが)

取り急ぎ、可読性の面で、上記のようなサイトをご存じでしたら、おおしえいただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まっすぐなお答えにはなりませんが、

for p in /etc/init.d/*; do rpm -qf $p && rpm -qi `rpm -qf $p`; done

とかどうですか?

QSolaris10でLinux系にあるchkconfigコマンドを使い

Solaris10でLinux系にあるchkconfigコマンドを使いたいのですが良い方法はありますか?

Aベストアンサー

SMFで管理する

参考URL:http://sy2920.s151.xrea.com/solaris/smf.html

QCentOSのserviceコマンドについて

あるサービスについて、

service ** status

** is running
と出ているサービスを
service ** stop
とやっても、
Shutting down ** : [FAILED]
と出てしまうのですが、その後
service ** status
とやると、ちゃんと
** is stoppped
と出ます。
なぜ Shutting down ** : [FAILED]
と出てしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

実行前後でpsコマンドなどにより対象のプロセスがちゃんと動いてる/止まってるのは確認されてますか?
service xx statusは基本的に/var/run/xxのファイル有無で判断しているはずなので、

・一旦起動はしたがその後でエラー終了したため、ファイルが残っており状態がrunningになっている
・ファイルが残っているのでそのプロセスIDのプロセスをkillしようとするが、プロセスがない(のでstopがエラーになる)
・killはエラーしたがプロセスはないのでファイルが消され、状態がstoppedになった

ってとこじゃないかと思うのですが。

Qtarコマンドの"--no-same-permissions"オプション

umaskが"022"の環境で、"tar --no-same-permissions -xf ...."コマンドを実行すると、「読み取られる全てのファイルのパーミッションは"_rw_r__r__"となり、同じく読み取られる全てのディレクトリは"rwxr_xr_x"となる。」と理解していたのですが、そうはなりません。
次の例を参照ください。

# tar cf /tmp/tmp.tar /etc/shadow

$ umask
22
$ echo " " > echofile
$ mkdir dir
$ tar --no-same-permissions -xf /tmp/tmp.tar
$
$ ls -l
drwxr-xr-x 2 user group 4.0K 1月 28 15:05 dir/
-rw-r--r-- 1 user group 3 1月 28 15:05 echofile
drwxr-xr-x 2 user group 4.0K 1月 28 15:06 etc/
$ ls -l etc
-rw-r----- 1 user group 1.8K 1月 26 11:09 shadow

となり、shadowファイルのパーミッションはオリジナルを保持してしまいます。
何故でしょうか?
上の例で"shadow"ファイルのパーミッションを"_rw_r__r__"とするには、tarだけでなくchmodを使用しなければならないのでしょうか?

umaskが"022"の環境で、"tar --no-same-permissions -xf ...."コマンドを実行すると、「読み取られる全てのファイルのパーミッションは"_rw_r__r__"となり、同じく読み取られる全てのディレクトリは"rwxr_xr_x"となる。」と理解していたのですが、そうはなりません。
次の例を参照ください。

# tar cf /tmp/tmp.tar /etc/shadow

$ umask
22
$ echo " " > echofile
$ mkdir dir
$ tar --no-same-permissions -xf /tmp/tmp.tar
$
$ ls -l
drwxr-xr-x 2 user group 4.0K 1月 28 15:05 dir/
-rw-r--r...続きを読む

Aベストアンサー

その辺のからくりは #2 に
「umaskというのは、ファイルを作成するときに指定したパーミッションに対して、umaskで1になっているビットを0にするということです。umaskで0になっているビットはそのままにします。」
と, ちゃんと書いてありますよ.

Qchkconfigの挙動をいまいち理解していないのでお教えください

CentOS5をVPSで使ってます。(Xen)
-bash-3.2# chkconfig --list
clamav 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
courier-imap 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
dc_client 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
dc_server 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
freshclam 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
gpm 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
iptables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
lighttpd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
lxadmin 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
mcstrans 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
messagebus 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
mysqld 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
named 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
netconsole 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
netfs 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
netplugd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
network 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
portmap 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
qmail 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
rdisc 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
restorecond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
saslauthd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
smb 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
spamassassin 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
syslog 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
winbind 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
xinetd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
yum-cron 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

xinetd based services:
chargen-dgram: off
chargen-stream: off
daytime-dgram: off
daytime-stream: off
discard-dgram: off
discard-stream: off
echo-dgram: off
echo-stream: off
finger: off
ntalk: off
pureftp: on
rsync: off
smtp_lxa: on
swat: off
talk: off
tcpmux-server: off
time-dgram: off
time-stream: off
-bash-3.2#
なのですが
なぜ、shutdown -r nowしても、
-bash-3.2# ps aux | grep mysql
root 736 0.1 0.0 2452 1168 ? S 19:51 0:00 /bin/sh /usr/bin/mysqld_safe --datadir=/var/lib/mysql --socket=/var/lib/mysql/mysql.sock --log-error=/var/log/mysqld.log --pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
mysql 791 0.0 0.1 13900 4732 ? Sl 19:51 0:00 /usr/libexec/mysqld --basedir=/usr --datadir=/var/lib/mysql --user=mysql --pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid --skip-external-locking --port=3306 --socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
root 899 0.0 0.0 1832 492 pts/0 R+ 19:52 0:00 grep mysql
-bash-3.2#
と表示されるのでしょうか?
ひょっとして、lxadminが関係してるのでしょうか・・・・?
(ランレベル3、というか、すべてにおいて、mysqldはoffなのに)
よろしくお願いいたします。

CentOS5をVPSで使ってます。(Xen)
-bash-3.2# chkconfig --list
clamav 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
courier-imap 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
dc_client 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
dc_server 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
freshclam 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on...続きを読む

Aベストアンサー

起動/停止のスクリプトは
/etc/rc.d/rc[0-6].d/
の下に S##xxxx とか K##xxxx の名前で置かれます。
(通常シンボリックリンクですが)。

Sは起動時に実行、Kは停止時に実行です。
chkconfigでoffと表示されているところは K##xxxxが
置かれています。つまり停止時にスクリプトが呼び出されます。
実際に停止処理を行うかどうかは、スクリプトの処理に
なりますが、いちおう呼び出されるわけです。

なので、質問のような状況になるのだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報