映画のオープニングとして、「終盤の1シーンをちょっとだけ見せる」という手法があります。僕が知ってる例で言うと、「ユージュアル・サスペクツ」「ファイト・クラブ」「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」「オールド・ボーイ」など。

1)あの手法に名前があれば教えてください。
2)クラシック映画で見たことがないので、比較的新しい手法じゃないかと
  思うのですが、最初にやったのは、誰の、何という映画でしょうか。
3)あの手法を効果的だと思ったことがほとんどない(あのオープニング
  要らねーじゃん、といつも思う)んですが、できれば上の4作品の
  どれかを例にして、あれによってこれこれの効果があってよい、と
  いうように、ポジティブな感想を語っていただけないでしょうか。
  (ほとんどないということは少しはあるのか、というとひとつだけあり、
  それは「500日のサマー」です。オープニングでとても幸せそうな
  シーンが流れる、が、終盤、実は悲しいシーンだった、という驚きに、
  こりゃ一本取られた、と思いました)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

技法のネーミングについてですが、『イージーライダー』(69)の評などで、”未来を暗示する映像(登場人物の死など)、すなわち「フラッシュフォワード」が使われている”と説明されています。

これとは違いますか?。なお、本作の評において、「フラッシュフォワード」は、当時「禁じ手」を破ったとされていたようです。未来の映像が手前に挟まれることは「映画文法」を破綻させる(観客を混乱させる)からだと思われます。これすなわち既出作品の有無を説明していると思えますが。
まあ、でもこれは違うのでしょうね。

上の4つだと、「ユージュアルサスペクツ」だけ覚えていますが、当該シーンは、観客をひっかける役割をしていますよね。あの縄の後ろで見ていたはずの彼が実は「C・S」だったので、実は縄の後ろには誰もいなかったという・・・。というかそのシーン自体が彼の口頭による説明の映像化なので、その縄の映像自体が誰の作った(想像した)「絵」なのかすらあやふやという。誰もいないのに縄をクローズアップするのは、ブライアン・シンガー監督による観客の故意の「ミスリード」で、「やられた」と思えない要素となっています。

「500日のサマー」の説明で思い出したのですが、「ある日どこかで」の最初の方で出てくる「写真の女性」に主人公はひとめぼれするのですが、その理由は、その写真が過去にタイムトラベルした主人公を見つめる恋人を撮影したものだったからと後にわかるというのがありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>これとは違いますか?

違うか違わないかを判断できないのですが、今度そういうつもりで
『イージーライダー』を見直してみます。

『ユージュアルサスペクツ』についてのご説明は、正直なところまったく共感できない
(僕の映画脳では、さっき(冒頭)のあのシーンの、煙草吸ってたあのシルエットの男が、
この話で問題になってる肝心のその男だよな、というところまで理解が届かないため、
僕にとってはそもそもひっかけにすらならない)のですが、
なるほど、理解力の高い人に対してはそういう効果があるのかも知れない、という
知見を得られたので、有益でした。

「ある日どこかで」にも惹かれるので、観てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/10 23:53

1)あの手法に名前があれば教えてください



こういった手法に関してはっきりとした呼称はないと思いますが、時間軸を交差させて観客の興味を引いたりするのは”倒置法”の一種です。
「終盤の1シーンをちょっとだけ見せる」という”ちょっとだけ”というと、編集でいうところのフラッシュ(フラッシュバック)という技法にも相当します。

最近の映画は、始まって○○分以内に、観客の興味を惹き付けないといけません、なぁ~んていうハリウッド脚本術のセオリーみたいなものがあって、アクション映画だと派手な場面から始まったり、ドラマでも、???と思わせるようなカットを早い段階に挿入したりします。

最近見た作品だと「ワン・デイ 23年のラブストーリー」という恋愛映画の冒頭にエンディング少し前のシーンが使われていました。この作品は7月15日だけを23年間追ってふたりの男女の恋愛模様を描いた作品ですが、始まってすぐに23年後の7月15日の様子がチラリと映されて、すぐに23年前の7月15日に切り替わります。
で、その後は時系列で進み、エンディングでまた23年後と23年前が描かれるため、けっこう効果がありました。
「500日のサマー」は主人公の男性の女性に対する想いが、冒頭の”陽”からラストには”陰”だったことがわかり、最後の最後は”実は未練もあるけど恨み節?”といった感情だったことがはっきりするのが、効果的だったと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …

「ユージュアル・サスペクツ」「ファイト・クラブ」「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」「オールド・ボーイ」は始まってまもなくにラスト近くの映像がどんなカットとして使われていたのか、あまり覚えていませんので、すみませんが説明できません。
どれもかなり短いフラッシュで、倒置法と言える構成の妙よりも、あのカットは何?的な編集で興味を惹かせるような使い方だったと思うのですが....


時間軸でラストに来るはずの、Dから始まってA~B~Cと時系列で進んで行き、最後のDで、ああなるほどぉ~と納得する映画はけっこう古くからあります。
この手法を使い、かなりの効果をもたらした有名な作品で古いものは「逢びき」だと思います。
のちに「戦場にかける橋」や「アラビアのロレンス」など超大作を監督するデビッド・リーン初期の作品で、モノクロの大人の恋愛映画ですが、機会がありましたら、ぜひどうぞ。
はっとさせられるほど驚きと効果をもたらした演出が見事に決まっています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=298


フラッシュだけで言えばもっとも効果をあげた使い方をしたのは「質屋」という作品です。俗に言うサブリミナル効果をもたらしていまして、この作品がはじめて映画にサブリミナルを持ち込んだ作品と言われています。
ネタバレになってしまいますが、下記の紹介には出ていませんのでごく簡単に.....
この映画はNYで質屋を営む孤独な男の話なのですが、現在進行形のものがたりのなかに、3コマ、6コマ、8コマと突然ほんの一瞬だけ???となんだかわからないカットが挿入されていきます。で、時間を追う毎にこのコマ数が長くなるので、観客は次第にそれがなんなのかわかっていくわけです。それがこの男の恐るべき過去であり、それがあったためにこんな性格の男になってしまっている、というのがはっきりする仕掛けになっています。
ラスト近くに、それが何なのかはっきりしっかり映された時には、ゾゾォ~としたもんでした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=9 …



なんだか長くなりましたので、このあたりで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。めちゃくちゃ興味を惹かれました。
「逢びき」「質屋」、観てみます。
「フラッシュ(フラッシュバック)」という語を教えていただいたことにも、感謝です。

お礼日時:2012/09/10 23:37

1.回想からのスタートで検索したけど,分らななかった。


2.自分の知る限りでは,黒澤明の「羅生門」も終盤からの回想でスタートしたと記憶している。
比較的最近では,「タイタニック」なども現在からの回想でスタートした。
現在生きている人が居る,災害や戦争作品は,この手の手法は少なくないと思う。
3.結末が分っていないと,本や映画を見られない人も居るので,無くていいとは思わない。
サスペンスでは,「ゴールデン・スランバー」「アフター・スクール」のように、一周すると視点が一変するのもある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。『羅生門』、観てみます。

お礼日時:2012/09/10 23:28

すみません、


前の回答書き間違えてしまって、
どちらも後者のタイプです。
本当にごめんなさい。
よくわからないのに回答して、かえって迷惑かけてしまいました。
コメントは結構ですので・・本当にすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ。感謝はしてますが、迷惑はまったくしてません。ありがとうございました。

お礼日時:2012/09/10 23:30

>「脈絡不明のシーンをオープニングにちょっと見せる」のは


「こんなことになってしまいました、そもそものことの始まりは・・・」
と語り始めるのとは全く別物

なるほど~。ちょっと違いますよね。
冒頭でそのシーンを観ても「意味がわからない」っていう感じですか。
前者のタイプだと他に「イブの総て」や「市民ケーン」なんかが思い浮かびますが、
それほど珍しくないのかも・・。
あまり参考になるような回答じゃなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>前者のタイプだと他に「イブの総て」や「市民ケーン」なんか
>あまり参考になるような回答じゃなくてすみません。

とんでもないです。どっちも観たことないので、めちゃめちゃ参考になります。
今度観てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/28 19:58

そうゆう手法をなんと呼ぶかはしりませんが、


ビリー・ワイルダーの「サンセット大通り」もそんな風だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、サンセット大通りですか。
死んだ主人公の独白で始まる「アメリカン・ビューティ」と似たタイプですね。

「脈絡不明のシーンをオープニングにちょっと見せる」のは
「こんなことになってしまいました、そもそものことの始まりは・・・」
と語り始めるのとは全く別物だと思ってましたが、
そう言われて見ると、後者が前者のルーツかも知れませんね、
というか、たぶんそうですよね。なるほど。ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/28 16:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q洋画 スナッチ ブラットピット主演 終盤のボクシングシーン 流れてた音楽 教えて

映画スナッチ ブラットピット主演 
映画終盤 ボクシングシーンがあると思うのですが、その時に流れてるかっこいい音楽の曲名わかる人いますか?教えてください。
それとも、あの映画のオリジナルのサントラですかね?
教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

Oasis (オアシス)の「Fuckin' in the Bushes」(ファッキン・イン・ザ・ブッシーズ)ではないでしょうか? 映画のサントラ・アルバムにも入ってますし、オアシスの2000年のアルバム『Standing on the Shoulder of Giants』(スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ)にも入ってます。ライブではオアシスの登場曲として使われてました。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/Oasis/discography/ESCA-8118?bcRefId=40501120_ESCA-8118_01SFL
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/Oasis/ESCA-8118/index.html

Q映画館は人が入らない方が儲かる??? 映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね? 日本人の

映画館は人が入らない方が儲かる???

映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね?

日本人の映画館利用率は年2回が平均だそうです。

みなさんは年2回を年3回に、いや年4回見るようになると映画館は儲かると思うのでは?

でも、本当の映画好きは映画のポイントスタンプを貯めて10回見たら1回分の無料券をプレゼント!の上客はその映画館の株主になってるんですよね。

要するに本物の映画好きは株主優待券で見てるからタダで見てるわけです。

しかも株主は節約家か金持ちが多いので不味い映画館のポップコーンなんて食べないわけですよ。

だから映画好きが増えると株主が増える。

でもその株主は幾ら映画を見てもタダなわけです。年何回とかあるけど色んな映画館の株主になってるので映画のチケットを買うことがない。

で、映画好きが増えると株主が増えすぎて、映画館の資金より多くなってもう一個映画館を建てるか別のビジネスを始めて余剰金を回さないといけなくなる。

で、トチって破綻する。映画館がガラガラでも映画館は存続する。逆に映画好きが増えると余剰資金を回すために大きく出て破綻するケースが多い。

よって映画館はガラガラの方が経営は長続きするのである。

年2回客がポップコーンやコーラやらを買ってくれるから経営が成り立つ。

年3回、年4回と来る回数を増やす努力をした映画館は規模がデカくなりすぎて破綻するのだ。

映画館は人が入らない方が儲かる???

映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね?

日本人の映画館利用率は年2回が平均だそうです。

みなさんは年2回を年3回に、いや年4回見るようになると映画館は儲かると思うのでは?

でも、本当の映画好きは映画のポイントスタンプを貯めて10回見たら1回分の無料券をプレゼント!の上客はその映画館の株主になってるんですよね。

要するに本物の映画好きは株主優待券で見てるからタダで見てるわけです。

しかも株主は節約家か金持ちが多いので不味い映画館の...続きを読む

Aベストアンサー

映画好きな人が増えたら映画館が儲かると思いますよね?・・・・思いません。理由は、配信会社が儲かるのです。
昔から映画は版権がありますね。あれが金になるから、少しシステムが違います。

Qシーンが変わるときの手法について

 場面が変わるときのテクの名前についてです。

 例えば、拳銃を撃とうとしているシーンの次に
すぐに花火の爆発音がしているシーンを入れて、
花火の爆発音で拳銃が発射されたという
ことをイメージさせるような場面がありますよね。

 こういったシーン展開の手法が、映画関係者の
間で何と呼ばれているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

モンタージュ。
1925年にセルゲイ・エイゼンシュテインが生み出したとされるモンタージュ理論による編集手法の一つです。

参考URL
oossii氏によるレビュー
http://plaza.rakuten.co.jp/okumokum/7006
戦艦ポチョムキン
http://www.asahi-net.or.jp/~IJ9S-UCYM/senkan.html
第310回 モンタージュ理論
http://sorekika.com/dame.jsp?idx=310

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/okumokum/7006

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Q銃器にとてもこだわりがある映画、狙撃シーンがある映画を教えてください!

銃器にとてもこだわりがある映画、狙撃シーンがある映画を教えてください!

こんにちは。
欲張りな質問で申し訳ないですが銃に配慮されている映画と、狙撃がある映画を探しています。

例えば銃へのこだわりというと夕陽のガンマンとかですが、ウエスタンでなくともぜんぜんOKです!
できたら銃に木が使われているのがいいです。金属だらけだと無機質で怖いので…

狙撃のほうですが、こちらもできれば銃にこだわりがあるといいです。(ホント欲張りですみません。できたら、でお願いします)
戦争映画もいいですが、例えばイタリアの町並みで家の窓から銃を構えて…みたいなのも良いですね。


思いつくものがあればぜひ教えてもらえないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

銃そのものにこだわりがすごくあったかはもううろ覚えなんですけど
銃撃戦とか、銃ってので印象強いのは
「ワイアット・アープ」とかどうでしょう。
ただ割と生々しかったような。
(ケビンコスナーですし…)

http://movies.jp.msn.com/movies/movie.aspx?movieId=10888

かなり古いですけど「狙撃者」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5266/comment.html
とかも隠れた名作って感じです

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q戦争映画で通信文を「ブラボー、エコー・・・」などと確認するシーンがある映画

「クリムゾン・タイド」で本国からの通信文(指令文)を、事前にしまってあるプラスチックのケースを割ってあけたコードと照らし合わせて、本物の通信文であることを確認するシーンがあります。
「ブラボー、エコー、チャーリー・・・」などと読み上げて照合するシーンです。

他の映画で同様のシーンがあったと思います。(最近テレビで見たような気もするのですが・・・)
クリムゾン・タイド以外で、このようなシーンがある映画をご存じの方、映画のタイトルを教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ウォーゲーム」の冒頭(核ミサイル発射サイロ内のシーン)に、同様のシーンがあったと思います。

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある

洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある物はありますか?

Aベストアンサー

卒業


人気Q&Aランキング

おすすめ情報