昨日、妻(フィリピン人)が日本人の友人からパナソニックのテレビ(TH-L19C5-K)を買ってもらいました。
彼女は「フィリピンへ持って行って家族に使ってもらう」と言っています。

私が取扱説明書を読んだら「地上デジタル・BS/CSデジタル放送のみ受信できます」と有りました。
妻へ「フィリピンはアナログしかないから見れない」と言ったら、妻が「ここ数か月で、日本にいるフィリピンの友人が日本でテレビを買ってフィリピンに持って行ったから大丈夫」と言って口論になりました。
たしか、フィリピンは試験放送の地上デジタル放送は有るが一般の放送はまだアナログのままだと聞いています。(3年前)

これだと、妻へテレビのセッティング方法を教えてもフィリピンでは出来ないのではないかと危惧しています。

デジタル放送のみ受信できるテレビがフィリピンで使い物になるか経験者の方がいましたら
おしえて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

通りすがりのフィリピン大好きな家電系で働いている者です。



先月日本で使っていた液晶テレビを向こうで使いましたが使えました。
当然トランスフォーマー(変電機)を使い100Vにするのは必須です。

ただし、質問者様の場合ですと問題があります。
まずTH-L19C5-Kに関してですが、デジタル放送のみでアナログチューナーがないはずです。
(ここ一年間の間に出た薄型テレビでアナログチューナーがあるのは一部です。)

そのためまずチャンネルスキャンはできません。
利用するためには地デジ化以前のVHSなどを外部入力でチューナーとして用いてください。

またBS放送はフィリピンの一部でも視聴できますが、日本のアンテナではだめです。
直径3mくらいのやつを現地で20~30万円くらいで設置する必要があります。

当然番組表や録画機能がついていても使用できません。
またマニラ近郊でCATVで視聴している場合、日本のアナログバンドはC63までですが、
フィリピンではC99まであるため見れないチャンネルも出てきます。

結果として日本から持ち込むよりも向こうのメガモールで買ったほうが間違いないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

トランスフォーマ(変電機)? トランス(変圧器)の事ですね。

心配なのはチャンネル9などが地デジ放送になっているかです。
地デジはUHFでVHFアンテナでは受信出来ません(信号が弱すぎ)。

アナログチューナーを使ってビデオ入力に接続するにはチューナーを購入する
必要があります。
当然チャンネルスキャンも出来ません。

録画は手動でなら可能と思います。

まあ本人が言い張っているのですから出来なくても知らないって感じです。

お礼日時:2012/11/07 01:58

無理


電圧が違うからコンセントからして使えないし
テレビに限らず家電も

変圧器でも家庭にあれば別ですが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

電圧に関しては全く問題ありません。

お礼日時:2012/10/21 07:29

日本のテレビをフィリピンに持って行っても使えません。


まず第一に、フィリピンではデジタル放送で一般放送が放映されていない。
つまりまだテレビの一般放送はNTSC方式によるアナログのみです。
第二に同じNTSC方式であっても、以前の日本のアナログ放送とフィリピンのアナログ放送では周波数が違います。
そのため、殆どのチャンネルが受信できません。
第三に家電製品の電圧が日本とフィリピンでは違います。日本はAC100V、フィリピンはAC200Vですから、日本国内仕様のテレビをそのままフィリピンの家庭のコンセントに接続すると、接続した瞬間に爆発して火を噴きます。
と、上記理由でフィリピンで日本国内仕様のテレビは使えません。

日本でアナログ放送が終了するころ、廃棄処分となった日本のアナログテレビが相当数、フィリピンに輸出されましたが、これはただ同然で日本国内で引き取た業者が現地の業者に送り、現地で超安い人件費を使って、現地に対応するように改造したのです。
改造内容は、電圧の違いに対応させるためにトランスの交換、現地のテレビ放送を受信できるようにチューナーを交換または調整して周波数の変更を行いました。それらの改造中古テレビが現地で、3000ペソから5000ペソくらいで販売されたのです。

フィリピン人の悪い癖ですが、根拠のない情報をうのみにして、真実を確認しないことです。
「誰々ができたみたいだから絶対できる」みたいな根拠のない話を丸呑みして、あとでできないことが分かり落ち込んだり八つ当たりすることがとても多いです。
またこういう根拠のない話を信用するフィリピン人にちゃんと理論的に説明しても理解できないというか信用しません。
これはある意味国民性ですから仕方のないことですが、これによって騙されたりして馬鹿を見るフィリピン人が大勢いるのも事実です。
多分ご質問されているテレビをフィリピンに送っても、結局は使えなくて(当たり前の話ですが)放置されるのが関の山でしょう。
もしフィリピンで使いたいなら、一般の家電店で購入するのではなく、免税店で海外仕様のテレビを購入して送ってください。

この回答への補足

ここへ報告を書きこむのをお許し下さい。
妻がフィリピンの友人へ問い合わせました。
結論は、そのまま使えるそうです。

その人は、数か月前に日本でテレビを購入しアンテナは現地調達で
接続して問題なく映ったそうです。
しかも、この頃親戚から頼まれて順次3台のテレビを日本で買って
フィリピンへ持って行ったそうですが、何も問題が出ていないそうです。

その人たちはどこに住んでいるか知りませんが、私の妻は首都のマニラの
はずれに家族が住んでいますので、電波事情は彼らより有利だと思われます。
もしかしたら、フィリピンが採用した日本方式の地デジの電波がいくつかの
放送局から出ているのかもしれませんね。(人気の2chも・・・)

そういえば、私がフィリピンで日本から持って行った携帯でワンセグ放送を
見たのは4年前ですから現在は各局が併用放送をしていても不思議じゃないですね。

補足日時:2012/10/23 22:46
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
電圧の違いは承知の上です。
昔から家電製品(洗濯機・ヘヤードライヤーなど)を送っていたのでAC100Vへ
の変換機を持っています。

それにしてもアナログ放送も受信出来ないとは驚きでした。

以前、フィリピンへ頻繁に出張してた時に試験放送のデジタル放送を
携帯のワンセグで受信したのは記憶しています。
はやく日本方式のデジタル放送が普及すると良いですね。

お礼日時:2012/10/21 07:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地上デジタルと地上アナログ放送について(テレビ)教えてください。

地上デジタルと地上アナログ放送について(テレビ)教えてください。

私の理解ですと、アナログ放送は受信電界強度の変化によって直にノイズの影響が出るので、受信電界強度が弱くなるにつれ、だんだん画質が悪くなる?と思うのですが、地上デジタルですと誤り訂正の機能があるので、電界強度が限界値(スレッショルド)より強ければ、ある程度の受信状況でも綺麗に映るということが利点だと思っています。
そこでふと思ったのですが、地アナの電波が十分入る環境で地デジ放送と地アナ放送を見比べるとどちらが綺麗なのでしょうか?CRTとCRT、液晶と液晶という条件です。
もしくは、CRTと液晶では解像度等の違いから、比べるというよりもどちらが適しているかと言う問題なのでしょうか?? 関係性など詳しく教えていただければと思います。

長くなり申し訳ありませんが、私の理解ですのでおかしな点などご指摘頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地上デジタルと地上アナログ放送では、送信されてくる画像そのものに差があります。
地上デジタル放送のほうが、画像データーそのものが、きめ細かく送られています。
地上デジタル放送で過去の地上アナログ放送番組を送信された場合には、
同じ画質となる可能性はありますが、補正されてから送信されていると思いますので、
地上デジタル放送の方が、綺麗でしょう。
デジタル放送は、アナログデーターを、単位時間あたりのデーターを、
0と1のデーターに変換して送っていますので電波が、受信されていれば
画像の劣化は、おきません。
デジタル放送の欠点は、電波の受信が一時的に悪くなった場合に、
画像が静止画になり、音声がとぎれてしまうことです。
アナログ放送の欠点は、電波の強さが弱くなると、画面のちらつきや、
乱れがおきるし、音声も雑音が入って聞き難くなります。
余談
アナログ放送では、時間てきに連続して情報が、得られるので
画像が乱れたり、音声が聞き取りにくかったりしても、
再度確認しようと思う場合が多いのに対して、
デジタル放送では、画像が静止画の状態及び音声がとぎれている間の情報を、
かってに判断する可能性が、ありますので、
災害時などの放送の時には、注意する必要があります。
VHF帯でのアナログ放送は、山陰などで電波の受信状態が悪くても情報を得ることが
可能な場合もあり、完全に停波するのは、どうかと思う部分もありますが、
画質及び音質では、デジタル放送にはかないません。

地上デジタルと地上アナログ放送では、送信されてくる画像そのものに差があります。
地上デジタル放送のほうが、画像データーそのものが、きめ細かく送られています。
地上デジタル放送で過去の地上アナログ放送番組を送信された場合には、
同じ画質となる可能性はありますが、補正されてから送信されていると思いますので、
地上デジタル放送の方が、綺麗でしょう。
デジタル放送は、アナログデーターを、単位時間あたりのデーターを、
0と1のデーターに変換して送っていますので電波が、受信されていれば
画像...続きを読む

Q地上デジタル放送は、なぜ地上デジタル波放送と呼ばないの?

地上デジタル放送は、なぜ地上デジタル波放送と呼ばないのdしょうか?
「波」をつけたほうが地上波放送のデジタルとしてわかりやすいのではと思いますが。

Aベストアンサー

 それは、電波自体が「デジタル」ではないからです
 テレビ、ラジオ、携帯電話など、電波を利用した通信は、搬送波と呼ばれる電波に、ラジオや電話の場合は音声信号、テレビの場合はそれに加え映像信号を乗せて伝送することになります。
 この、搬送波に信号を乗せることを「変調」と呼んでいます。
 この変調方式に、従来のアナログ放送の場合は、
AM(振幅変調、AMラジオ放送や地上アナログ放送の映像)FM(周波数変調、FMラジオ放送、地上アナログ放送の音声、BSアナログ放送の映像)などの変調方式が利用されます。
 デジタル放送の場合、この変調方式に、デジタル変調を利用します。
 したがって、搬送波自体はアナログ放送でもデジタル放送でも関係ありません。そのため、アンテナは、
地上デジタルの場合、地上アナログと同じUHFアンテナ(周波数帯=チャンネルに適したものでなければいけませんが)、BSの場合もアナログ、デジタルとも同じパラボラアンテナで受信可能で、「デジタル波」という表現はしないのです。

参考URL:http://www.orixrentec.co.jp/tmsite/know/know_qpsk43.html

 それは、電波自体が「デジタル」ではないからです
 テレビ、ラジオ、携帯電話など、電波を利用した通信は、搬送波と呼ばれる電波に、ラジオや電話の場合は音声信号、テレビの場合はそれに加え映像信号を乗せて伝送することになります。
 この、搬送波に信号を乗せることを「変調」と呼んでいます。
 この変調方式に、従来のアナログ放送の場合は、
AM(振幅変調、AMラジオ放送や地上アナログ放送の映像)FM(周波数変調、FMラジオ放送、地上アナログ放送の音声、BSアナログ放送の映像)などの...続きを読む

Qテレビで、アナログ放送の映像がデジタル放送よりも少し遅れてテレビに映る

テレビで、アナログ放送の映像がデジタル放送よりも少し遅れてテレビに映るのは何故ですか?

Aベストアンサー

放送局側では、画像や音声のアナログ信号をサンプリングしてデジタル化し、更に圧縮し、一定の大きさに細切れ(パケット)にして送り出し、受信側では、パケットを繋ぎ合わせ、圧縮データを元に戻して再生するための処理時間が遅れとなって現れています。

さらに、衛星放送になりますと地上から宇宙に一往復するための時間の遅れも加わります。

Q地上波デジタル放送とアナログ放送の番組表

新しく購入したテレビのリモコンには、地上波デジタル放送とアナログ放送を切り替えるボタンがあります。
まだデジタル放送用のアンテナを購入していないのですが、両者は画質が違うだけで番組はまったく同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

サイマル放送といって同じ番組を流すことになっていますので、基本的には同じ番組が放送されています。ただし、アナログ放送が4:3の画面比率のみに対し、デジタル放送は16:9のワイド放送を実行しているものもあり、アナログでは表示されない部分が見えたりします。音声も5.1chサラウンドで臨場感を楽しめるものもありますし、データ放送もしています。またNHK教育放送は実験的に分割放送をしていますので、時間帯によってはアナログ放送では見ることのできない番組を放送(ほとんどが再放送番組)しています。インターネットにつなげられるテレビの場合、双方向通信で番組に参加することもできるようになります。とにかくデジタルはきれいですし、ちらつきが少ないので、目も疲れにくいです。

Q【TV】アナログ放送と地上デジタル放送の復号方法の違い

表記テレビに関して、下記のような認識を持っています。
【アナログ放送】
電波の干渉・遅延受信によりゴースト・遅延放映が発生する
【地上デジタル放送】
一定レベル以上のデジタル信号受信時に、信号復元と同時にノイズ信号を除去する
これにより、ゴースト等を発生をほぼ無くすことができる

上記地上デジタル放送文章に関して、質問いたします。
上記事項の認識自体間違っていましたら、ご指摘お願いいたします。

Q1.一定レベルの値はノイズ除去処理と関連があるのでしょうか?また、関連がある場合はその値はノイズ除去処理にどのように利用されているのでしょうか?
Q2.どのようなノイズ除去処理を行なえば、ゴースト現象を抑えることができるのでしょうか?簡単に之に関するデジタル信号処理について知りたいです。

以上、二点ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ご認識の仕方でほぼ良いのですが、さらに追加しておくことがあります。

 アナログでは、信号波形を変調して送り出し、受信信号波形を「忠実に」再生するため、極僅かな遅延波形があってもそれも再生してしまいます。それがゴーストとなります。

 一方、デジタルでは、信号を一旦数値列に置換え、その数値列を0-1の二値信号として送ります。受信側では受けた信号を、例えば、0.5未満は0として、0.5以上は1と判断して処理します。
 つまりこの場合は、雑音が0.5未満までは画像劣化が起こらない訳で、ゴーストや妨害波を受けたとしてもその値が、微弱な場合は影響を受けないということです。
 逆に、ノイズがその判定値(0.5)に影響するようになると、画像がぐちゃぐちゃになってしまいます。マラソン中継などで時々画像に穴が空いたり、飛んだりする状況がそれにあたります。
 この性質は、デジタル信号の基本的な性質と理解されればよろしいかと思います。

 なお、アナログ波形をデジタル信号に換えることを、「パルス符号変調PCM」と呼んでいます↓
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/binary/pcm.html
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00136/contents/0021.htm

 ご認識の仕方でほぼ良いのですが、さらに追加しておくことがあります。

 アナログでは、信号波形を変調して送り出し、受信信号波形を「忠実に」再生するため、極僅かな遅延波形があってもそれも再生してしまいます。それがゴーストとなります。

 一方、デジタルでは、信号を一旦数値列に置換え、その数値列を0-1の二値信号として送ります。受信側では受けた信号を、例えば、0.5未満は0として、0.5以上は1と判断して処理します。
 つまりこの場合は、雑音が0.5未満までは画像劣化が起こらない訳で、ゴ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報