「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

お恥ずかしい話ですが、9月21日に主人がスピード違反(15000円)をしました。
その翌日か翌々日には支払いをしたようです。(おそらく領収書はダッシュボードで見かけました。)
ですが今日、15800円で請求が来ており支払ったのにこういうことはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

20km以上25km未満の速度超過の場合、違反切符(青切符)が切られると同時に、反則金仮納付書が渡されます。



>その翌日か翌々日には支払いをしたようです。(おそらく領収書はダッシュボードで見かけました。)

渡された反則金仮納付書を使えば、その日のうちに、郵便局、銀行などで反則金を納付する事が可能です。

>ですが今日、15800円で請求が来ており支払ったのにこういうことはあるのでしょうか?

仮納付書の納付期限が切れても納付しない場合、期限切れから2週間後くらいに、納付命令書と一緒に、郵送料として800円が足された本納付書が郵送されて来ます。

仮納付書の控え、納付命令書、本納付書には、違反の日付や、識別の為の固有の番号が書いてある筈なので、同じ日付、同じ番号なのか確認して下さい(10年以上違反をやってないので当方の知識が古いです。今の書類には日付や番号が書いてないかも知れません)

日付や番号が違った場合は「違反を2回やっただけ」です。

仮納付書の控えに銀行または郵便局の受領印が押されてない場合、ご主人は「払ってないのに、払ったと嘘を言っているだけ」だと思います。

仮納付書の控えに銀行または郵便局の受領印が押されていて、仮納付書の控えと、本納付書の違反の日付や番号が同じと言う場合、何らかの手違いで仮納付したのに仮納付してない事になっていると思うので、仮納付書の控え、命令書、本納付書の3点を揃えて、警察署などにお問合せ下さい。

この回答への補足

皆様ご回答ありがとうございます。
主人に聞いてみたところ、職場近くの郵便局で支払いその時領収書?をもらったそうです。
ですがつい1週間前に洗車の際もういらないだろうと捨ててしまったとのこと...。
その旨もセンターみたいなところに連絡したら確認しますと言われ明日まで連絡待ちです。
領収書を捨ててしまったらやはり二重に支払いをしなければならないのでしょうか...?って明日聞けばいい話なのですが気になって気になって...^^;
申し訳ありません。

補足日時:2012/10/25 20:30
    • good
    • 0

あ、#2です。

勘違いをしてる。無視してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
すみません、せっかくご回答いただいたのに質問が漠然としすぎていて...m(_)m

お礼日時:2012/10/25 20:36

15000円って事は青切符でしょ。


だったら納付書が青切符と一緒に渡されるので、
その日でも払えますよね。
う~ん??どんな領収書でした?
ちなみに15800円と800円増えてるのは郵送の手数料です。
なので、普通に考えると払っていなかったって事ですね。
若しくは払ったけど手続きがされていなかった??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ご回答ありがとうございます。
主人に聞いてみたところ、職場近くの郵便局で支払いその時領収書?をもらったそうです。
ですがつい1週間前に洗車の際もういらないだろうと捨ててしまったとのこと...。
その旨もセンターみたいなところに連絡したら確認しますと言われ明日まで連絡待ちです。
手続きって遅くなるものなのでしょうか...

お礼日時:2012/10/25 20:35

違反をして翌日に支払うというのは出来ません。


請求が来るまでに時間がかかります。

と、なると違反を繰り返しした・・・という事じゃないでしょうか?
    • good
    • 2

支払ってないでしょうね。


>おそらく領収書はダッシュボードで見かけました。
どんな領収書でしょうか?
教えて下さい。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。地元の郵便局で支払いをしたようです。
領収書はその時警察からもらった用紙だったとのこと。
支払いをしたと連絡はしたようなので連絡待ちです。ありがとうございました。

補足日時:2012/10/25 20:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/25 20:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通違反の未納金支払い→代理人が行く時に委任状などは必要?

すみません、題名の通りの質問です。
交通違反の罰則金の支払いで通告センターに行くのですが、
代理人が代行する場合は委任状や印鑑、身分証明書などは必要なのでしょうか?
手元にあるハガキの通告書には、反則金と当該ハガキを持参と書いてあるのみです。
代理人を立てる場合の持ち物がわかりませんが、基本と同じと考えてかまわないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

額面どおり支払い者は誰でもけっこうです。
委任状も必要ありません。

Q仮納付とは

交通違反により青切符等で反則金を支払う際の仮納付の「仮」とは何ですか?


仮納付でも納付すればそれは本納付に変わりますよね?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 道路交通法によると,反則行為の認定をする権限は,各都道府県警察の警察本部長にあるとされています(126条3項,127条1項)。現場の警察官が,いわゆる反則切符を切るのは,現場の警察官が認めた反則行為の内容を告知するとともに,警察本部長から,警察本部長の決定の通告を受けるために,いつ,どこに出頭するかを知らせるという行為になります。

 すなわち,現場の警察官から反則切符をもらったというだけでは,反則行為をしたため反則金を納付する義務が生じたということは,法律上確定しておらず,その切符が警察本部長に回って,これで間違いないという警察本部長の決裁があって,その結果を反則行為をした運転者に通告するという一連の行為があって初めて,反則金の納付義務が発生するという仕組みになっているわけです。

 しかし,たいていは,反則行為をした事実は自白していますから,すべての反則行為者を,わざわざ警察署に呼び出して,反則行為の内容と反則金額を通告することで,反則金の納付義務を発生させ,それから反則金を払えというのは,手続が無駄,面倒,かえって自白している反則行為者に負担を掛ける,時間が延びると,緊張がとれて忘れたりして,納付率が下がったり,下手すると刑事事件にまで至ることになる事案が増える,ということから,法律上の納付義務が発生する前に,仮に払っておけば,後は面倒がないですよ,という趣旨で,仮納付という制度が作られたということになります。

 仮納付した場合には,警察本部長の通告は,公示により行うことができるとされて,要するに,警察署に出頭する必要がなくなるわけです。

 まあ,要するに,法律上は反則金の納付義務が発生していないけれども,先々払うべき反則金を,さっさと払ってもらって,お互いに洛をしましょうという制度だということです。

 仮納付は,警察本部長の通告(公示)によって,そのままで,何もせずとも,本納付とみなされることになっています。(129条3項)

 道路交通法によると,反則行為の認定をする権限は,各都道府県警察の警察本部長にあるとされています(126条3項,127条1項)。現場の警察官が,いわゆる反則切符を切るのは,現場の警察官が認めた反則行為の内容を告知するとともに,警察本部長から,警察本部長の決定の通告を受けるために,いつ,どこに出頭するかを知らせるという行為になります。

 すなわち,現場の警察官から反則切符をもらったというだけでは,反則行為をしたため反則金を納付する義務が生じたということは,法律上確定してお...続きを読む


人気Q&Aランキング