新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

こんにちは、バラに関する言葉などを知りたくて投稿しました。
ゲーテの「薔薇の季節過ぎたる今にして~」のように、バラに関するちょっとおしゃれな名言や言い回し、慣用句やことわざなどを教えてほしいです。
できれば誰が言った言葉なのか、という点も明らかにしてほしいと思っています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は、初めての彼女に、綺麗なほど、とげが有るよと


自信を持っていわれました。

今のカミさんと違いますが、結構、本当の意話だろうと、若いころに、悩んだことが有ります。

でも、棘の有った、彼女は、自慢の可愛い彼女でした。

貴方は、どうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

綺麗なバラには棘がある――有名な慣用句ですね。
私はバラのように華やかな女性とは違いますが、身近にいる女性がちょうどそういうタイプの人なので、なんか納得しちゃいます(^-^)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/06 15:30

御質問と関係ないのですが、私は映画「アンネの日記」のアンネ(アウシュビッツで虐殺・生きておられたら82才)がナチスの探索を避けるためオランダで家族と潜んでいた隠れ家の傍に咲いていたバラの子孫を育てています。

私はアンネの平和への想いを重ねて「バラ=平和」と勝手に決めています。関係のないことですみません。それにしてもバラは美しい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
アンネの日記、私も以前に文庫版の方を読みました。
そちらにもバラの記述が少しだけされていたのを思い出しました。
バラ=愛、という連想が一般的ですが、そういう意味では確かに平和という見方もありますね。
関係無いなんてとんでもない、回答ありがとうございました。
バラはいつの時代も美しいですね^^

お礼日時:2013/02/06 15:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桜を詠んだ短歌・俳句を教えて下さい。

いい季節ですね。
桜を詠んだ短歌・俳句はたくさんありますが
古典として有名なもの、また皆さんのお気に入りなどを教えてください。
超有名な歌でも 結構うろ覚えだったりしますので、ぜひこの機会にちゃんと覚えたいのです。よろしく。。。

Aベストアンサー

情景の美しさでは次の2つが気に入っています。

  ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ (紀友則)
  山里の春の夕暮れ来てみれば入相の鐘に花ぞ散りける (能因法師)

西行には花の歌が山ほどありますが,このちょっと皮肉な歌が好きです。

  花見にと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜のとがにぞありける

参考URL:http://www.wombat.or.jp/arumukos/unnk/unncssry/prl.html

Qなぜ、バラの花にはとげがあるのですか?

なぜ、バラの花にはとげがあるのでしょうか?
なにかから自分の身を守るためなのでしょうか?
植物学にはとても疎いので、どなたかお教えいただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 サボテンの棘は葉であって、乾燥に耐えるために棘状になっています。サボテン自体を守る働きはありません。

 バラの棘は樹皮が変化したものです。おそらくは、偶然に棘状になったものでしょう。バラを食う昆虫などからバラを守る働きはありません。そもそも、バラの原種は花の色彩や香りで昆虫を引き寄せることによって、繁殖できるんですね。昆虫を遠ざけてしまうような棘を持ってしまったら滅んでしまいます。

 しかし、バラが今のように全世界で見られるのは、人間が好んで栽培したからです。観賞用や香料用などで、バラの栽培は非常に長い歴史があります。中には突然変異で棘の無いバラが生まれたこともあるでしょうね。でも、棘なしバラが広まることはありませんでした。交配で棘なしバラを作りたがった人も事実上いません。

 バラを庭で栽培してバラ園を持てる人は、昔から裕福な人だけでした。そしてバラは花としては高価で貴重品です。棘があったほうがいいんですね。バラ狙いの盗人よけになります。バラ園を通り抜けて邸宅に入り込もうとする強盗よけになります。バラの棘くらい大した防御力じゃない、といえばそうなんですが、他の棘のない花畑に比べれば、かなりの威力はあります。

 そういうメリットがあるので、棘のあるバラが栽培され続けてきたのではないかと思います。

 サボテンの棘は葉であって、乾燥に耐えるために棘状になっています。サボテン自体を守る働きはありません。

 バラの棘は樹皮が変化したものです。おそらくは、偶然に棘状になったものでしょう。バラを食う昆虫などからバラを守る働きはありません。そもそも、バラの原種は花の色彩や香りで昆虫を引き寄せることによって、繁殖できるんですね。昆虫を遠ざけてしまうような棘を持ってしまったら滅んでしまいます。

 しかし、バラが今のように全世界で見られるのは、人間が好んで栽培したからです。観賞用や香...続きを読む


人気Q&Aランキング