仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

車に乗りなれてない、ETCもつけてない、無知な私が悪いのでしょうか? 

先日、下道で行くつもりだったのですが、時間がなかったので、急遽、神戸湾岸線深江浜で乗り、南港北で降りるつもりで、高速に乗ることになりました。

普段、あまり車に乗らず、高速は、殆ど使用しないので、ETCもつけてません。


深江浜の入り口((自動精算機)で、900円支払い、「必要な方は、領収書発行ボタンを押してください~」とアナウンス。 しかし、私用で乗ったもので、会社の経費で落とすことも考えていなかったので、領収書ボタンを押さずに、通過しました。

しかし、10分くらいすると、中島の料金所(人が対応)に到着

そこで、{通行書ありますか?」と聞かれ、勿論そんなものなかったので、
「ありません」と答えたら、900円です。と言われ、その通り払いました。

え?深江浜~南港北まで行くだけで、1800円? 現金払いやから?でも高すぎる!!
私は、車は軽四なのに。払い終わったあとに、思いました。

高速おりてから、中島でもらった領収書の書かれている、阪神高速の番号に電話しました。

女性の方が、対応し、やはり、料金を聞くと、深江浜~南港北までは、900円とのことでした。

この事実を、電話で説明するも、領収書がないと返金できませんと言われました。

深江浜の入り口に普段高速に乗らない知らなかった私が悪いの? 
ちょっと、納得がいきませんでした。ここで、どういうやりとりをしたかを、はっきり覚えていませんが、

「次、乗られたかたが、領収書をとられたかもしれません」というので、
「確認しています」と言われたので、折り返しの電話を待ちました。

この言葉で、一瞬、支払いしたら、領収書、通行書が勝手にでてくるのか?と解釈しました。

その後、2.3時間経って、男性の方から、電話がありました。

「領収書が確認できなかったので、返金はできません」

そういわれましたが、納得がいきません。

よく考えたら、そりゃそうだ、そもそも、領収書発行ボタンを押してないもの。

深江浜の入り口に、中島で通行書が必要なことも、何も掲示されていませんでした。

それなら、なぜ深江浜で、料金を払う必要がるのか?と聞きました。

その理由は、途中、深江浜~中島(料金所がるところ)までに、2箇所(鳴尾、尼崎)ほど、入り口で、料金所がないところが、あるからだとの説明。

そこから、乗った人が、南港北でおりると、無賃になるからだとのことでした。

でも、全然納得いきません。

このような、クレームは、よく連絡がきます。

しかし、皆同じように、領収書がないと返金できない。との対応をさせて頂いております。といわれました。

よく、あるクレームなのに、改善されてないのか!と言うと、

「お客様の気持ちは、よくわかります。返金は、できませんが、お客様の声として報告させて頂きます。」
といわれました。

深江浜の入り口を人のいる料金所(現金払いの皆が領収書を受取れるように)に変えれば、すぐに、改善されるはずなのに。

勿論、人件費がかかるからでしょうけど。だからといってこんなクレームが多くて、そのままなの?

わたしは、独占企業のぼったくりにしかとれませんでした。

領収書を矯正的に、もらっていて、こちらが捨てたから、返金されないなら、納得します。

でも、領収書、通行書の存在を知らない人は、損をするの?

もう、900円返せ!とかどうこうより、なんだかこの体制に納得いきません。

絶対、1日1人は、私と同じように過剰払いしてる人がいると思います。

あまり使われない、入り口だと思うので、湾岸線は高いというイメージと、あまり利用してないという人が多いので、気づいてない人も沢山いると思います。

このような、クレームはよくあるみたいですが、結局、皆、泣き寝入りで終わってるみたいです。

文章でわかりずらいところあれば、ご指摘ください。

無知な私が悪いといことで、私も、泣き寝入りするしかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

独占企業のぼったくりとまでは言いませんが、さすがに元公団だけに、普通の民間企業では考えないことをやってのけていますね。



実は質問者様の疑問以前に、もっと恐ろしい事実があります。
阪神高速の料金はかつて、均一制で一旦料金を払えば、次の料金所に来るまではどの区間で利用しても同じ値段でした。
質問事例で言うと、深江浜で入れば阪神西区間として600円均一で、中島までのどこで降りても同じ値段でした。
で、中島から先は別の区間に入るのでさらに700円追加となりました。(値段は間違えて憶えているかもしれません。まあイメージとして捉えてください)
この方式は、料金を収受する料金所を少なくでき、高速側にメリットが大きいため、阪神高速のほか首都高速などでも使われていました。
ETCも基本は同じで、上記で計算した金額に対して、各種割引が適用されました。

しかし、この方式だと、同じ区間内でも距離に関係なく同料金なのが不公平感が感じられるし、距離が短いのに2つの区間にまたがる場合非常に割高になりました。
そこで、その体系を見直してほしいとの声が多くなりました。

そこで、距離に応じた料金にすることになったのです。
http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/ryoukin/ann …

ところで、この料金なぜか、ETCの場合だけで、現金の場合は一律900円になっていますね。
なんと、その理屈は一般の商取引では考えられないとんでも理論だったのです。つまり、以下のような理屈です。
ETCの場合、どこから利用したかが記録できるので、料金計算ができる。だから、距離に応じた料金体系とする。
しかし、現金で利用した場合、どこから乗ったかがわからない(じゃあわかるようにしろよ、名神などの普通の高速道路ではやっているではないか)
そこで、その料金所から最大の料金(通常900円)を強制的に請求することにする。
しかも、現金利用者に対して取りはぐれがないように、料金所の配置は今までどおりとする。
その場合、利用の仕方によっては料金所を何回も通ることがあるので、2回目以降の料金所ではちゃんと料金を払った証拠を見せてね。
http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/ryoukin/201 …

この話は、距離制料金を検討するとしたかなり早い時期から伝えられており、当初は一部マスコミ等もかなり問題視しました。
私も某新聞でかなり前からこの話を知り、「こんな業者よりの制度が実現するわけはない」と思っていました。(実際かなりもめたのか実現までに時間がかかっています)
しかし、実現してしまいました。料金制度変更の際には、報道等でこの話も一応されましたが、そのほとんどは「ETC利用者の大部分は現行どおり又は値下げ」の強調で、現金利用車に対する冷たい仕打ちのことなど、ひっそりと報道されただけでした。

総論では質問者様の仰る通りです。
しかし、「どこから乗ったかわからないから最高料金を取る」だけでも許せないのに、「領収書の要否を利用者に選択させながら、領収書がないことを理由にもう一度料金を請求する」という罠まで用意されているとは知りませんでした。

ですので、問題視するなら、質問者様の経験以前に、ちゃんと現金利用者も本来の料金体系である距離別料金にしろよという点を問題にしたいです。
名神高速などのように、各入口で通行券を発行するようにして、それで料金精算すれば、現金でも距離別料金が適用できるどころか、質問者さまのような悲劇も回避できます。
しかし、それすら「できない」のだそうです。(もちろん単に面倒なだけと想像します)

と、制度の根本的欠陥を述べさせてもらいました。

本題です。たとえとんでもない制度であろうと、ルールはルールです。
ルールについて無知だった人は、損をする世の中なのです。

ですので、領収書がなくて二重払いした証拠がない以上、返金に応じてもらえる可能性は0%です。
そんなやさしい団体なら、料金制度をもっと常識的なものにしてますって…

今後は、いろいろなものについてルールをよく知るようにしましょう。
この件に限らず、お金を払う際に一々契約を交わさないものは、約款という契約条件が予め定められています。
そして、その約款は尋ねれば教えてくれますが、尋ねなければ教えてくれません。
しかし、利用者は約款の内容をすべて了解した物とみなされます。

一見、利用者にとって一方的に不利な制度にみえますが、契約の際に一々契約書を交わし、契約条件を説明するなど現実的には不可能なことですので、仕方ありません。
このようなことは法的に認められている代わりに、業者側にとって一方的に有利な条件にならないよう、所掌官公庁が法律や指導等でその内容について細かく基準等を定めています。また、約款の多くは所掌官公庁がチェックする仕組みになっています。

だからこそ、こんな一方的な制度が堂々とまかり通るのがすごく不思議なのです。
    • good
    • 1

NO3です。


阪神高速のホームページに載っていますね。
http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/ryoukin/201 …

http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/faq/index.p …

しかし、阪神高速に利用するのにここまで調べて読むのでしょうかね。

料金所の入口をそのままにしてるのが問題ですね。

私は気にもしないので、深江浜にどれだけの表示があるかわかりません。
摩耶から湾岸線の乗り継ぎ券は、かなり大きく書いています。

阪神高速に、料金所のない入口に料金所を設置するかなど対応策を聞きたいですね。
    • good
    • 1

気持ちはわかりますが、それを証明するものがないとやはり泣き寝入りでしょうね。

法律ってのはそういうものです。近くの有料橋の料金所でも、わずか150円なんですが、大半のドライバーは急いでいるので、ほんの一瞬停車して金を渡して終わりってパターンで、それでも係員が領収書をさっと渡せば済むのですが、中には領収書をなんとなく渡そうとしない係員がいて、領収書を渡さずに受け取った料金を自分のポケットに入れちゃえばわからないんじゃない?とよく思います。彼らもそうだとはいえませんが、疑いをもたれることは確かでしょう。
    • good
    • 1

私はETCなので、知りませんでした。



ひどい話ですね。

以前の料金体制から、値下げとうたって料金変更しましたが・・・・。

その時に、料金所の作り替えをしていないのでしょうね。

それだったら、現金の車は以前の料金を置いていたら良かったのにね。

NO2さんの言う通り相談したらいいと思います。
するべきですよ。

中島での領収書は持っていますか?
時間書いていませんか?
それから逆算して深江浜の通過時間がわかると思います。
料金所では、カメラが作動してるので、深江浜から入ったのは確認できると思うのです。

邪魔臭いのでしょうね。
    • good
    • 0

「独占企業のぼったくり」とは思いません。


しかし、「システムの不備」であることは間違いありません。

問題は、中島料金所で領収書/通行書が
必要であるにもかかわらず、
「深江浜の入り口に、中島で通行書が必要なことも、何も掲示されていません」
ことにあると思います。
これは、阪神高速が早急に改善すべき点でしょう。
現状では「深江浜で乗った証拠」がないと、
返金は難しいですね(鳴尾や尼崎で乗ったと思われます)。

泣き寝入りは仕方がないとしても、第三者機関に抗議すると
いう手はあるかもしれません。
国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/
兵庫県立健康生活科学研究所生活科学総合センター
http://www6.ocn.ne.jp/~seiken/
この辺に通報、もしくは相談。
できるだけ簡潔に。
ダメ元ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。腹が立ってそうとってしまいましたが、そうですね、冷静に考えると、ぼったくってるわけでないですね(T_T) 簡単にシステムを変えれない、経費がかかる、そいうった理由もわかりますが、普通の企業より、競争相手のない企業だから、こういったクレームも簡単にスルーされていそうな気がしました。今は900円返してっていう気持ちより、今回も、同じように処理されてお客様の声で終わらないないように何とかしたいという気持ちです(T_T) せめて大きく深江浜の料金所に、掲示するべきだと思いました。私が、電話したクレームも無駄にしたくないです。消費者センターに連絡しようと思います。有難うございましたm(_ _)m

お礼日時:2013/03/17 20:51

いかんせん・・・お金を払った証拠がないのでアウトだと思いますよ。

領収書ボタンを押さなかったのがアウト。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高速道路通行料金の請求間違いについて

軽のジムニー(JW23:新軽規格後の現行型)に乗っていますが、高速料金を5回に2回くらいの割合で普通車料金で取られそうになります。入口の自動通行券発券機が間違って普通車と認識して普通車用の通行券を発券してしまう為です。どういうシステムで普通車と誤って認識するのかわかりませんが、他にもこんな経験された方おられますか?

Aベストアンサー

こんにちは、nachtzug さん。
自分も以前、遠い昔ですが、人が常駐している料金所で「普通車」扱いされました。
ジムニーがあまり一般的ではなかった頃で、と言いますか、今のように RV と言うカテゴリーが一般的でなかった頃のように思います。
ブースからおじさんが出てきてジムニーのナンバープレートを確認し、「あらま、ほんとだ、軽だ」と言ってまたブースに戻っていく光景は、自分にとっては珍しいことではありませんでした。
また、別の人から同じような体験談を聞いたこともあります。
以上、20年くらい前の話でした。
失礼します。

QETCの払い戻し料金について

ETCを使っていると、まれに『払い戻し料金は50円です』とETCが知らせて
くるのですが、払うのは分かるのですが、払い戻しって???
実際にその分が払い戻されているのか確認はした事はないですが、
この払い戻しについて何なのか知っている方、教えて下さい。
また、その料金はどうやって計算されているのでしょうか?
大阪へ行った時によく払い戻しは有るみたいですが・・・。

Aベストアンサー

今、首都高速(阪神高速なども)で話題になっていますが、一律料金から距離に応じた料金にしようと…一足先にETCでは実験と称して運用しているようです。
ですので、最初に一律料金で徴収しておいて、特定区間で降りるとその差額を返却してくれると言うわけです。
実際には、あらかじめ相殺した額が請求されているんだと思います。

Q高速道路の入り口に間違えて入ってしまった場合

高速道路の入り口に間違えて入ってしまった場合
どうすればよいのでしょうか。先日、私は一般道から高速道路に進入する道に間違えて入ってしまいました(都市高速ではなく、四国の某ICです)。もう仕方がないと観念して、入口のチケットを受け取るゲートまでの坂道を走ったのですが、入口の手前で、それと出口を分ける中央分離帯の柵の一部が空いているのに気づきました。私は、結局そのまま高速道路に乗ったのですが、今回の場合、中央分離帯の空いている部分からUターンすることは可能だったのでしょうか。また、今回のように入口手前の中央分離帯が空いているICは全国的に見てどのくらいあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ほとんどのインターではゲート前とゲート後にUターンする場所があります。
Uターン禁止のところ以外では、どちらでもUターンする事が出来ます。

近くのIC(東海北陸の各務ヶ原)では、ゲート前がUターン禁止ですので、
ゲートをくぐってからUターンして外へ出ます。
この時は、有人のゲートへ行く必要があります。(ETCでも有人の所へ)

私は、結構やりますよ!
入っていって、渋滞とか事故の情報を見たときなど
ゲートの前後でUターンして出て行くことがあります。

Q高速道路で入口・出口を間違えたら…

1 高速に乗るとき
間違えて入口に入ってしまった場合、料金所の手間でUターンするスペース(中央分離帯の一部だけカラーコーンが立っていないなど)を目にします。
そのようなスペースがない入口(首都高など)に入ってしまった場合、間違えでも乗らなければならず、料金も払わなければならないのでしょうか?

2 高速から降りるとき
降りたいインターチェンジを越えてしまったり、手前のインターチェンジに入ってしまった場合、証明書がもらえて、そのままの料金でもう一度希望のインターチェンジまで高速に乗れるという話を聞いたのですが、本当でしょうか?
料金所で申し出れば簡単にもらえるものなのでしょうか?
何か条件・ペナルティーはあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.5です。
首都高などでは当てはまらないでしょう。

2の場合、出口に突っ込んでしまうとセンサーが反応するので料金支払いするしかないそうです。
左方に止めて歩いていくのがコツです。

Q首都高速で間違えて下車した場合

複雑な首都高速で進路を間違えてしまい、やむを得ず下車し再度乗車して本来の目的地に向かいたい場合、救済措置ってあるんでしょうか。
(1回目の下車がなかった事にするため、2回目の乗車時の料金徴収を免除するとか割り引くとか)

Aベストアンサー

周回できる路線(都心環状線など)は、もう1周して正規の方向に向かう手があります。ただ、周回できない路線ではこの手は使えません。

首都高速は出口に料金所がありませんので、出口に向かってしまうとUターンできなくなります。その場合はもう1度乗りなおして正規の料金を払う必要があります。

ETC車ですと距離別料金導入で安くなりますが、一般車は最大料金を払うことになりますので注意が必要です。

Q普通車で登録したETCカードを軽自動車に使いまわしていたのですが、これ

普通車で登録したETCカードを軽自動車に使いまわしていたのですが、これって軽自動車でも普通車の料金になるのでしょうか?

Aベストアンサー

ETC機器は、購入しただけでは使えず、購入後に「セットアップ」が必要です。
 
車検証を元にセットアップを行うと、ETC機器は「高速料金の料金種別」を記憶します。
 
料金の請求は「セットアップ時に記憶した料金種別」で行われます。
 
従って、普通車でセットアップしたETCで料金所を通過すると、軽自動車やバイクに乗っていても「普通車料金」になります。
 
因みに「セットアップ時に使用した車検証の車」以外で使用する事は出来ません。別の車両で使用すると「不正通行」となり、損害賠償を請求される場合があります。
 
当然ですが、余計に払ってしまった軽自動車と普通車料金との差額は請求出来ません。ETCの使い回しは「不正通行」ですので、お金を払わされる事はあっても、お金が返って来る事は絶対にありません。

Q標識交付証明書と自賠責の書類はコピーを携帯?

中古のバイク(125CC)を購入したのですが、知り合いの人に標識交付証明書と自賠責の書類は、コピーをバイクに携帯して原本は家に保管したほうが良いといわれました(盗難されたときに直ぐに売られてしまわないように)。
標識交付証明書と自賠責の書類は、車の車検証のように原本を車体に保管する必要はないですか(通常、コピーを車体に保管するのが普通ですか?)?

警察の検問などでそのバイクに乗っているときに止められて標識交付証明書や自賠責を確認された場合、携帯している標識交付証明書と自賠責がコピーであっても問題ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

車両に常時積載しておく義務は有りませんが、職質や事故の時に必要なのも事実です。

その為に一般的にはコピーを積載している場合が多いですね。

実際問題として盗難に遭った場合に持ち主が廃車手続きしようとした時でも
車体と一緒に無くなっていると手続きも面倒ですし。

Q【阪神高速、神戸線から5号湾岸線への乗り継ぎ】

明石方面から関空方面へいくのに、神戸線と湾岸線を乗り継ぎたいと思っています。

先日は、京橋で降りてハーバーハイウェイを経由し湾岸線に乗りましたが、これ以外の乗り継ぎルートを具体的に教えていただけませんか?
(神戸線から環状線を経由するルート以外でお願いします)

Aベストアンサー

摩耶で降りて、出口を右折してすぐに左折です。
道なりに直進して六甲アイランド方面のバイパスに行けば住吉浜入口があります。

ただこのコース、結構渋滞しています。
摩耶出口を左折して43号線に出て東明を右折して六甲アイランド方面のバイパスに。
そんなに、変わらない時間かも。

となれば、京橋で降りて、有料ですがハーバーハイウェイの方が早いと思います。

時間帯にもよりますが、摩耶の出口も渋滞していますからね。

私なら、京橋が一番いいかな。

ETCですよね。現金なら領収書を捨てないように。中継料金所で確認があるみたいです。乗継券も必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報