仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

質問させてください

家には15才になる老犬がいます
脳梗塞を患い、さらに老齢という事もあり
最近は寝たきりです
つい先日まで餌も食べなくなったので、
もうそろそろ死んでしまうかな思っていたのですが
昨日あたりから餌を食べるようになりました。
しかし相変わらず寝たきりなのでウ〇チはその場でしてしまいます
便も少し軟便気味で、それが毛に着いてしまい取れないのです。
寝たきりとはいえ衛生的に問題だと思うのですが
毛に着いた便がなかなかとれない
しかも長いので奥の方まで行ってしまって困ってます
ウエットテッシュで拭いても奥のは取れません
毛に着いた便を取るにはなにか良い方法ないでしょうか?

ご存知の方、ぜひ教えてください
宜しくお願いいたします

A 回答 (2件)

(^^)はじめまして H18年に17才の愛犬を介護のすえ、見送った経験があります ♀の中型犬でした



老齢の犬は、うっかりした消毒の薬品をつかうとニオイだけでも腎臓などの内臓に悪影響をおよぼしますから・・・とくにハイター系の強い塩素系のものを使うことは、人間用としても、さけるべきですね

多用は奨められませんが・・・「洗剤革命」という商品をごくうすい濃度で(タライに耳かき一杯分で十分OK)使うと除菌効果があります
でも、なるたけならば本来は、ただのお湯でしぼったタオルでゆっくりと便をとかしながら拭いてあげるくらいが老犬には良いでしょう(除菌は衛生的に、気になったら・・・ときどき、おこなうくらいのペースにしてください

うちは、寝たきりになっていた期間がみじかいのですが・・・オムツをいやがり・・・
またサイズのあうオムツもなくて・・・消耗品にしては高価だし、寝たきりのトイレ問題に、とても困りました

一般的には、やはり…肛門のまわりの毛は、短くはさみでカットしてしまって・・・汚れにくく、また汚れを落とす手入れを、しやすくするようですよ

わたしのやり方は、犬のベッドのふとんが覆えるサイズのキルト布のフチを縫ったものを、数枚作って工夫してました

ベッドにしている布団のうえにペットシーツを敷き詰めるように敷いて、そのうえにキルト布で作った特製シーツを敷いて・・・
ワンコが粗相をしたら、すぐに、上の2枚だけを、さっとはがして交換してました
ペットシーツはゴミ箱に捨てますが、キルト布シーツは洗濯機へ・・・洗濯も「洗剤革命」を、ほんの少しだけ使いました

↓先日、体調を崩したシバイヌちゃんに下記のように回答させていただきました

URLでワンコ用の「葛湯くずゆ」を、紹介してあります クズの粘り気は、オナカの調子をととのえる効果がりますので
便がおちつくかもしれません
軟便ぎみなのは、便秘よりは良いことですが・・・また 時々、ビオフェルミンを一粒くらい飲ませるのもよいかもしれません

お大事に

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7912208.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくご回答ありがとうございましす

便なのですが母が病院に連絡して
整腸剤を送ってもらったようです。
これで少し落ち着くといいのですが・・・

毛が長いのでやはり
毛をカットするのが一番の対策ですね

洗剤革命の紹介ありがとうございました
試してみます

詳しい説明大変助かりました

お礼日時:2013/04/20 23:21

もう外観がどうのこうのよりもワンチャンが気分よくすごせるようにしてあげることを第一に考えたらよいのでは。

肛門周りや、お尻の周囲の長い毛を短くカットしておくことで、対応がしやすくなるはずです。特に長毛種の場合は配慮してあげる必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうです
やはり毛を短くカットするのが一番の様ですね
雑種ですが、おっしゃる通り毛が長いのです
カットしてみます
ありがとうございました

お礼日時:2013/04/20 23:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む

Q老犬ですが、3日もオシッコをしていません

13歳の老犬です。今日で3日目ですが、オシッコをしていません。散歩に行っても、ウンコはするのですが、電信柱などの臭いをかぐだけで、オシッコは、しません。いつもオシッコをする場所でもしません。自宅では、いつもは、朝、起きた時に、裏庭でオシッコをしていたのですが、おしっこをしません。病気なのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは、柴犬を飼ってます。

 No.2の回答者さんと同意見です。オシッコが3日間出てないんでしょう、やはり獣医さんに診てもらってください。

 前立腺はオスにしかありません。電信柱という言葉が出てきているので、何となくオスだとは思いますが。また経尿道的に膀胱に管を入れる、すなわち導尿して出してやる必要もあるかも知れません。

Q寝たきりになった老犬が排尿を我慢します(便秘もあり)

ゴールデン・オス・15歳です。
2年前に突然倒れ、心不全との診断でしたが
処方された薬で、2年間元気にしていました。

しかし半月ほど前から、立ち上がるときに手助けが必要になり、
2日前にとうとう歩けなくなってしまいました。
立たせてみても、足に力が入りません。
トイレ用シーツの上に寝かせたり、オムツをしたりしていますが
外でする癖がついているので、限界まで我慢して苦しそうに鳴きます。
1度だけ知らない間に寝たまま排尿していましたが、
それ以外は2人がかりで立たせて、お腹を圧迫したりして
やっと出す状態で、それも少しずつです。
苦しそうで見ているのがつらいです。

便の方は、最初出ていたのですが昨日から出ず、
今日は、いきんでいましたが出ませんでした。
硬くなっているのかも知れません。

どちらかでもかまいません。
楽に出させてあげる方法はないでしょうか。
よろしくお願いします
(かかりつけの先生に電話しましたが、
チューブで導尿・便は指を入れて出すくらいしかないと言われました)

Aベストアンサー

決まったところまで行って、入らないようですか?
それは獣医もそういっているのですね?
尿道の狭窄があるのかもしれないですね。
結石はないのですよね?

水分は十分取れていますか?
おかかりの医師の意見を尊重して、チューブはそれが適切という見解なら、それで行きましょう。
少し痛いですが、励まして、なんとか1回で入れるよう、ないてもひるまない、ということくらいしか、コツはないですね。

激しく痛がる、結石があるなら、異常は医師が気づいているはずですし・・・。
おかかりの医師はコツや、入れ方など、詳しく教えてくれますか?
痛がり方がひどい、おかしいと思ったら、診察をお願いしてみましょう。

Q犬が突然歩けなくなり、寝たきりになりました。

題名の通り、飼い犬が突然寝たきりになってしまいました。
原因がわからなく困っております。

以下のような状態なのですが、同じような感じで病名などがわかった方が
いらっしゃいましたら教えてください。

7歳のシーズー犬(メス)を飼っています。
昨日の朝、後ろの右足に力が入らないようで、突然歩けなくなりました。
ガタガタと震え、身体も熱く、息も荒いので 慌てて病院へ行ったのですが、
レントゲンを撮っても異常はなし。

とりあえず、原因がわからないので、
「おそらく、足をひねったなどしたのかもしれませんね」と言われ、
痛み止めの注射をして、力が入らない後ろ右足部分にレーザー治療をしてもらいました。
(痛み止めの飲み薬も処方してもらい、現在服用中です。)

帰宅後も、食欲はまったくなく、寝たきり状態です。
スポイトで水を持っていくと飲むことはできます。

先天的に心臓が悪く、膵臓・腎臓も悪いので薬を服用しておりました。
しかし、薬がよく効いているようで、寝たきりになる前日までは食欲もあり、
とても元気な犬でした。

素人の感ですが、右足が原因ではなく、何か内臓の病気なのでは?
と思い始めているのですが、同じような症状が出たワンちゃんを
お持ちの方がいらっしゃいましたら是非参考までに教えて頂けると有難いです。

主治医の先生が現在お休み中でして、
出勤される土曜日にもう一度病院へ行こうと思うのですが、
一日、一日がとても長く感じます・・。

題名の通り、飼い犬が突然寝たきりになってしまいました。
原因がわからなく困っております。

以下のような状態なのですが、同じような感じで病名などがわかった方が
いらっしゃいましたら教えてください。

7歳のシーズー犬(メス)を飼っています。
昨日の朝、後ろの右足に力が入らないようで、突然歩けなくなりました。
ガタガタと震え、身体も熱く、息も荒いので 慌てて病院へ行ったのですが、
レントゲンを撮っても異常はなし。

とりあえず、原因がわからないので、
「おそらく、足をひねったなどしたのか...続きを読む

Aベストアンサー

うちは、ミニチュアダックスフント 13歳です。
ミニチュアダックスフント特有の、腰を悪くして、
一時歩けなくなりました。うちは、他には症状は
無かったです。
慌てて、市内の病院を何件も回ってみましたが、
最終的には、電気針治療をして貰い、4回やって歩ける
様になりました。
他の病院では治らなかったと思います。他の病院では
手術等を言われましたが、したらもの凄いお金を取られて
結局は治らなかったと思います。
自分は色々な病院を回って、今の主治医の先生に絶大な
信頼があるし、見立ても良いし、治らないときは治らない・・
とはっきり言って、それ以上高額なお金を取らない先生なの
で、すべてお任せしています。
まずは、医師を選ぶのもとても大切だと思います。やはりその
地域方の評判は、信頼できると思います。自分の通っている病院
の先生は、かなりげってん(頑固者、変り者)ですが、それで敬
遠する方も多いのですが、腕は確かだし、見立ても良い。
まずは、そういった主治医を探すことから。
自分はその時主治医を見直しました。

色々と他の病気もお持ちなので、何とも言えませんが、
歩けない・・だけなら、電気針治療で、うちの犬は治りました。
その後もう一度なったのですが、その時は飲み薬だけで、すぐ
に治りました。
他の病院では、電気針治療は言われなかったので、うちの近く
では、その病院しかやっていないんだと思います。
山口大学では、同じような治療をされていると聞きましたが、
40万近く掛かるそうです・・。その病院では、電気針治療一回が
4000円程だったともいます。

あと、先日テレビで「未来シアター」という番組で、寝たきりになった
犬などを歩けるようにする、サポーターの様なものをつくられている方
が紹介されていました。
歩けなかった犬が、そのサポーターの様なものを付けて、歩けるよう
になっていましたよ。
参考までに・・

  動物義肢装具士  島田旭緒さん  東洋装具医療器具製作所

さぞご心配で、御心痛だと思います。良くなることを願っています。

うちは、ミニチュアダックスフント 13歳です。
ミニチュアダックスフント特有の、腰を悪くして、
一時歩けなくなりました。うちは、他には症状は
無かったです。
慌てて、市内の病院を何件も回ってみましたが、
最終的には、電気針治療をして貰い、4回やって歩ける
様になりました。
他の病院では治らなかったと思います。他の病院では
手術等を言われましたが、したらもの凄いお金を取られて
結局は治らなかったと思います。
自分は色々な病院を回って、今の主治医の先生に絶大な
信頼があるし、見立ても良いし...続きを読む

Q老犬の排泄の介護について質問です。

老犬の排泄の介護について質問です。
15年間家族として接してきた愛犬が、老化のため衰えてきました。
食事もめったに摂ろうとせず、なんとか食べてもらおうと口に入れても舌で押し出して飲み込もうとしません。
好物のバターロールというパンだけは何とか食べてくれているのですが、太ることはなく、痩せ細っていて直視するのも辛いです。
栄養のほうは、粉ミルクや、動物病院で頂いたもので補っています。

本題なのですが、あまり食べてはいないとはいえ、確かに食べ物を口にしています。水も飲んでいます。
しかし、排泄がありません。
そこで排泄にも介護の仕方があると聞いたので検索してみたのですが、見つかりません。

排泄の介護の方法を知っている方や、このことについての参考サイトがありましたら、教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

自分の身の回りを汚すのが嫌で排泄を我慢している。
という可能性はないですか?

15歳の老犬介護を経験しましたが、寝たきりの状態で排泄するのがどうしても嫌だったらしく、立ち上がるのにも大変なのに吠えてトイレが行きたいと要求していました(まだ吠える元気があった頃)

だんだん排泄が難しくなってきた頃は、質問者様と同じく排泄をしなくなったので、
排泄補助として、お腹やお尻を温めるように撫でてあげながら、刺激してあげていました。
依然、本人は寝たままの排泄を嫌がっていましたが、排泄出来たらしっかり誉めてあげて、我慢させないようにしていました。


介護って自分も愛犬もとっても辛いんですよね。
でも、生きようとしてくれているだけ嬉しいし、有り難かったな。と亡くして気づきました。
大変だとは思いますが、頑張って下さい。

参考にならなかったら、すみません。

Q老犬の衰弱

我が家の愛犬のことです。

もうじきで15歳になるヨークシャテリアですが、1週間前から何も口にしません。1週間前に病院へつれていきましたが、心臓も弱っているし、天国へいくのも時間の問題とのことでした。

それからは、今日で終わりか・・・と覚悟を決めていましたが、今日も生きてくれています。食事は全く食べませんが、水はすごい勢いで飲みます。かなり衰弱していますが、時々立ち上がって歩いたり、おしっこをします。宿便かと思いますが、さっき真っ黒の水っぽいうんちもしました。

なんとかならないものかと、先ほど注射器のようなものに栄養食品(ゼリー状の)をいれ、無理矢理に口に入れました。
吐き出すかと思いましたが、嫌がりながらも飲み込みました。
このように物を与えてもいいのでしょうか?
どうしたらいいのかわからず、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

昔、実家で飼っていた犬が亡くなった時のことを思い出しました。
お医者様にも診ていただき、出来る限りの手は尽くされた上に、
今もご主人にこんなに大事に見守られている・・ワンちゃんは今
とっても幸せだと思います。
15歳といえば、人間にすれば75歳前後。よく長生きして
くれましたね。でももう自分で物を食べられなくなっていると
いうことは、食べ物を受け付ける力がもう体にないのかもしれま
せん。だから、後は無理や苦しい思いをできるだけさせないように、
ワンちゃんが安心して休める環境を整えてあげて欲しいと思います。

ご主人様が傍にいてちゃんと見守ってくれている。。
それが今のワンちゃんにとって何よりの栄養になっていると
思いますよ。お辛いでしょうが、頑張ってください。

Q老犬の便秘

我が家の老ハスキー犬の、便秘のことで教えてください。

○年齢は12~13歳
○肛門部分に癌があり、手術経験あり。現在は同箇所に腫瘍はなし
(素人の直腸触診ではあります)
○エビオス(ビール酵母)で、便の出が一時よくなった
○この数日、エビオスが駄目で、生薬入りの便秘薬でも出ない…

この場合、何をすれば便が出るようになるでしょうか?
動物病院に行くのが一番とは思いますが、民間療法で何とかなるならそうしたいのです。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

硫酸マグネシウム剤の服用なんでどうでしょうか?この薬剤は、腸内で水分を吸い取られる事を防ぐばかりか逆に便に水分を補ってくれ柔らかくしてくれます。痙攣性の便秘によく効くのですが。便秘は、人間でもそうですが腸の動きそして機能が失われた為に起こる現象です。乳酸菌の摂取 運動による血行促進 薬による療法 今では、腸マッサージなる物もはやっていますよね。是非、試してみて下さい。硫酸マグネシウム剤は医者に聞いてみて下さい。ちなみに、人が服用する代表的な硫酸マグネシウム剤は「ミルマグ」と言う薬です。

Q仕事を辞めて老犬の介護をすべきでしょうか…。

私自身、長らく病気(心の病)を患っており、今まで社会復帰に向け
一歩一歩進んでいました。そして先日、社会復帰の第一歩として
やっと雇ってくれる職場を見つけ、バイトを始めました。

しかしバイトを始めたのとほぼ同時期ぐらいに愛犬の体調が悪化してしまいました。
14歳の老犬で、元々老衰で徐々に体が弱ってきてはいたのですが、ここ最近、
衰弱の速度が急に増しました。
足腰もグラグラで、立ち上がると寝るのが大変、寝ると立ち上がるのが大変で
ほぼ毎日お漏らしもしています。通常の食事は困難で、流動食や食べやすい物、
食べてくれる物などを少しずつ日に何度も分けて与えてみたり(吐いてしまうこともありますが)、
起き上がれない時は口の中に入れてあげるなどして毎日介護をしていますが、
日に日に痩せていくのが分かり、今では骨と皮だけのガリガリの体です。
こんな状態の愛犬ですが、私が仕事で留守をしている間は
介護が出来ず、その間はソファに放置という状態です。

私としては、仕事を辞め、愛犬の、残り僅かな時間を共に過ごし、
介護も精一杯やってあげたい思いがあるのですが、一方で自身の
復帰の為に探し続けてやっと就けた仕事(アルバイトではありますが)でもあります。

仕事先は仕事先で、私が入った直後に一人の方が突然辞めてしまった為、
入ったばかりの私の手でも無いと大変困る状態です。(とても忙しい仕事です)。

仕事を辞めれば仕事先に多大な迷惑がかかる。
そして社会復帰への一歩としてやっと見つけた仕事を続けたいという気持ち。
しかし今日明日の命が分からない愛犬を放って仕事へ行くことへの憤り。
これが交錯しています。

一体どうすれば良いのでしょうか。
悩んでいます。

こうして文章を書いている今も、愛犬がちょっと動いた拍子にマットレスから
ゴロリと落ちてしまい、起き上がれなくなってジタバタしていた所を
抱きかかえてマットレスに戻してあげた所です。愛犬は大型犬です。

死はいつか訪れるものだから仕方ないのは分かっています。
だからこそ介護してあげたいし最期を看取ってあげたいです。
しかし仕事を辞めることで、私のような者を雇ってくれた職場に
多大な迷惑がかかってしまうことも又申し訳が無いのです。
そして仕事を辞めたことでまた社会復帰がふりだしに戻ってしまう
ことへの恐怖もあります。

今日は休みでしたが、明日は仕事です。

どうしたものか…とても悩んでいます…。
皆様がもしこの立場でしたらどのような選択をしますか?

私自身、長らく病気(心の病)を患っており、今まで社会復帰に向け
一歩一歩進んでいました。そして先日、社会復帰の第一歩として
やっと雇ってくれる職場を見つけ、バイトを始めました。

しかしバイトを始めたのとほぼ同時期ぐらいに愛犬の体調が悪化してしまいました。
14歳の老犬で、元々老衰で徐々に体が弱ってきてはいたのですが、ここ最近、
衰弱の速度が急に増しました。
足腰もグラグラで、立ち上がると寝るのが大変、寝ると立ち上がるのが大変で
ほぼ毎日お漏らしもしています。通常の食事は困難...続きを読む

Aベストアンサー

今日は。
ワンちゃんとお仕事との板挟みで、どうしたらいいか悩んでらっしゃること、ご心痛のことと存じます。

どちらを選ぶことが正しいかは、誰にも決められないとは存じますが、私でしたら、金銭的な無理がないのでしたら、ワンちゃんの介護を選択します。
悲しいことですが、ワンちゃんとの残された時間は、僅かしかないでしょうし、また、後から取り戻せるものでもないと存じます。
お仕事がやっと決まって、新たな第一歩を踏み出されたばかりの質問者様が、今、お仕事を辞めるのに躊躇されることは、良く解ります。
けれど、大変かもしれませんが、再度また、一歩を踏み出せる可能性はきっとあります。
もしかしたら、そのお仕事を見つけることがすごく困難かもしれません。その時、あの時仕事を辞めなければと後悔することもあるかもしれません。
けれど、その後悔と、ワンちゃんが亡くなられたとき「もっと、面倒見てあげれば良かった」と思う後悔とを比較したとしたら、2度と戻らず、やり直しも効かない、ワンちゃんとの時を大切にした方が、ご自身も救われるように思います。

私なら、こうするとの私見でしかありません。

万が一のことがあっても、どうぞ悲しまないでください。
あなたと過ごした幸せな時を胸に、天に召される子が不幸せなはずはありません。
いつの日か、再び巡り合うことが必ずあります。
その日を信じて、どうぞ悲しまず、前に進まれることを、心からお祈り申し上げます。

今日は。
ワンちゃんとお仕事との板挟みで、どうしたらいいか悩んでらっしゃること、ご心痛のことと存じます。

どちらを選ぶことが正しいかは、誰にも決められないとは存じますが、私でしたら、金銭的な無理がないのでしたら、ワンちゃんの介護を選択します。
悲しいことですが、ワンちゃんとの残された時間は、僅かしかないでしょうし、また、後から取り戻せるものでもないと存じます。
お仕事がやっと決まって、新たな第一歩を踏み出されたばかりの質問者様が、今、お仕事を辞めるのに躊躇されることは、...続きを読む

Qペットの最期の瞬間を看取ったかたに伺いたいです。

16年間一緒に暮らしてきた愛犬が31日の朝、天国に旅立ってしまいました。雑種で捨て犬だったのですがクリッとした大きな目の、本当にかわいい顔をした、見た目も存在も唯一無二の愛犬でした。
骨肉腫だったのですが、最後の2日間は痛みからか夜通し鳴いていて、私も1日仕事を休み看病をし、夜は母が寝ずにそばについていました。

亡くなる朝、私が出勤準備をするためにまさに2階へあがろうという時、玄関に寝かされていたその子を見ると、枕から頭がガクンと落ちてしまっていました。前日に強い鎮痛剤を処方してもらっていて「やっと痛みが和らいできたかな」と家族と言っていたくらい、久々に目をウトウトさせ始めていたので、私たちも少し安心して朝食をとっていたのです。そのほんの少し目を離した間でした。
頭が落ちるくらい熟睡しちゃったのかな?なんて思いつつ近寄ってみると、目が一点を見つめ、今まではいくら目を見開いていても顔を撫でるとまばたきをしていたのに撫でても何の反応もしませんでした。私が両手で顔を起こしても反応が無く、お腹を見たら呼吸をしていない・・・一生懸命名前を呼びました。すると固まった目のままで私を見つめ(見えていなかったでしょうが)、もう呼吸すらできていない状態の中、口を小さく開いて鳴いたのです。鳴いたと言っても空気が漏れる音の中にかすかに「ひゅーん」と聞こえるくらいでしたが、本当に一生懸命鳴いたのです。全部で3回。だんだんと小さくなり最後は口を開いただけでした。なんとも言えない声でした。目は完全に生気を失っていたのに、口を一生懸命開けて、最後の力をふりしぼってくれたんだと思います。

私はあれだけ最期を看取りたいと望んでいたのに、いざ愛犬の命の火が消える瞬間に立ち会ったら、最期にどんな想いで鳴いたんだろうかと考えては胸が痛くてたまりません。最期に立ち会えなかった飼い主さんもたくさんいらっしゃるのに、その瞬間を自分の手の中で迎えてくれたこと、私は本当に幸せ者だし嬉しいのに・・・。

まだ亡くなった翌日だからかもしれませんが、あの時の声と目と、懸命に開けた口元が忘れられません。でもずっと忘れたくありません。なんとも複雑な想いでどう整理したらよいのかわからないのです。ただ悲しいとか寂しいとかじゃない、それ以上のものです。

ペットの最期を看取った方にお聞きしたいです。最期に立ち会って何を思いましたか。どんな気持ちでしたか。辛いことを思い出させてしまうかもしれませんが、どんなことでもいいのでお聞かせ願えないでしょうか。よろしくお願いいたします。(長文・乱文お許し下さい)

16年間一緒に暮らしてきた愛犬が31日の朝、天国に旅立ってしまいました。雑種で捨て犬だったのですがクリッとした大きな目の、本当にかわいい顔をした、見た目も存在も唯一無二の愛犬でした。
骨肉腫だったのですが、最後の2日間は痛みからか夜通し鳴いていて、私も1日仕事を休み看病をし、夜は母が寝ずにそばについていました。

亡くなる朝、私が出勤準備をするためにまさに2階へあがろうという時、玄関に寝かされていたその子を見ると、枕から頭がガクンと落ちてしまっていました。前日に強い鎮痛剤...続きを読む

Aベストアンサー

16年も一緒に暮らしてきた愛犬が亡くなる事は、本当に言葉には表せないくらい悲しい事ですよね。お気持ちお察し致します。

私も、16年間一緒にいた愛犬を2年前の10月に亡くしました。うちは小型犬のパピヨンで最後は老衰でした。
亡くなった時の事は、もちろん今でもはっきり覚えていますし、一生忘れません。
うちの子は、亡くなる3年程前から白内障で目が見えなくなっていました。最後の1年ぐらいはボケも始まっていましたので、犬用のオムツをしていました。
もう年老いていましたので、ほとんど1日中寝て過ごす毎日で、動きも遅く走ったりする事もありません。でも起き上がれないとかそういう事はなかったのに、亡くなる3日前の夜、いつも寝ているベットではなく、台所の方で横になっていたんです。横になっていたというより、起きたくても起き上がれないという感じです。
びっくりしましたが、その時はそこまで気にしていませんでした。

そして、亡くなる前日の夜、私が帰ってくると細い声で『ワン・・ワン』と2回ずつ鳴きながらベットで横になっていました。ずっと鳴いているんです。その時はもう自分で起き上がる事はできてませんでした。
うちの母が夕飯を作りながら、『もう死んじゃうかもしれない』と泣いていました。朝はこんな風に鳴いてなかったしいつもと同じように見えていたので、信じられませんでした。何で急に?どうして?という気持ちでいっぱい。
その日の夜は、家族で交代しながら見ていて、時々向きを変えたり支えながら座らせたりしていました。
その日は1日、水も飲まず、もちろんご飯も食べれない状態で、ずっと鳴いていたので、かなり体力は弱っていたと思います。

そして次の日の朝10時頃、静かに亡くなりました。

目は開いていました。1点を見つめる感じで・・・
だから目を閉じてあげて、家族全員で交代で抱っこして・・・
まだ体はあったかかったけど、支えてないと頭がダラ~ンとなっちゃう感じで、それを見た時に ”あぁ、本当にもう死んじゃったんだ”って思いました。『ありがとね』『頑張ったね』って言いながら家族全員で号泣しました。私とその子と2人っきりになった時は、もう鼻水ダラダラで泣き叫んで、本当に気が狂いそうなくらい辛かったです。

やっぱり、どこの家庭もうちの子が一番可愛いと思いますし、いつか死んでしまうのは分かっているけど、でも死ぬなんて信じられない、信じたくない、うちの子は死なない みたいに思いませんか?
私は思っていました。これからもずっとずっと一緒。同じ瞬間に死にたいと思っていました。それぐらい大好きで愛おしかった。
ペットじゃなくて家族ですよね。うちは、私が小学生の頃から一緒にいたので、兄弟みたいな感覚でした。

嬉しかったのは、あの子が最後に着てくれた服が私が買った服だった事。あの子の匂いと毛がついた洋服。2年経った今でも洗わずに大事にしまってあります。

16年も長生きしてくれた事、いつも一緒にいてくれた事、いつも大きな瞳で見つめてくれた事、必要としてくれた事・・・全てに感謝の気持ちでいっぱいです。出会えて本当に良かった。

質問者様のずっと忘れたくない気持ち、痛いほどわかります。
忘れないで下さいね。本当にただ悲しいとか寂しいとかじゃない、それ以上のものですよね。言葉にはできない。経験した人にしかわからない気持ちだと思います。

質問者様は、『虹の橋』と『虹の橋のたもと』というお話はご存じですか? 私は、これを読んだ時は涙が止まりませんでした。でも、亡くなってから毎日毎日泣いていたのに、これを読んでからは、何故か少し気持ちが楽になれたんです。それからは、よく空を見るようになりました。もしよろしければURLを貼っておきますので、一度ご覧になってみて下さい。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

16年も一緒に暮らしてきた愛犬が亡くなる事は、本当に言葉には表せないくらい悲しい事ですよね。お気持ちお察し致します。

私も、16年間一緒にいた愛犬を2年前の10月に亡くしました。うちは小型犬のパピヨンで最後は老衰でした。
亡くなった時の事は、もちろん今でもはっきり覚えていますし、一生忘れません。
うちの子は、亡くなる3年程前から白内障で目が見えなくなっていました。最後の1年ぐらいはボケも始まっていましたので、犬用のオムツをしていました。
もう年老いていましたので、ほとんど1日中寝...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報